更新情報とお知らせ

11月19日:Evil and Flowers~新居浜・両親殺害事件⑪~
記事公開しました、まだ続きます。

10月7日:善き人の、誰も知らないためらい傷~桑名市・家族2人放火殺人事件~
記事公開しました。

10月2日:青空~苫小牧・2児ネグレクト死体遺棄事件~
記事公開しました(後日加筆修正の可能性あり)

9月27日:DV女と逃げなかった男の愛の水中花~岩国・交際男性殺害事件~
記事公開しました

9月24日:郵便局員が繰り広げた禍々しき愛の劇場~八尾市・妊婦襲撃事件~
記事公開しました

9月23日:殺害依頼した女の「それでもいいと思えた366日」~東京・闇サイト殺害依頼事件~
記事公開しました 続きを読む 更新情報とお知らせ

Evil and Flowers ~新居浜・両親殺害事件①~

平成31年1月9日夜

「誰か2階におるよなぁ・・・」

新居浜市高木町。国道11号線から北に市役所方面へ走った、閑静な住宅街。
その一角にある家の前に、中の様子をうかがう人の姿があった。
その家に住む男性が出勤時刻になっても出勤しておらず、心配した同僚男性が自宅の様子を見に来ていたのだ。

時刻は午後8時40分。近隣の人も出てきていた。
男性らはドアをノックするも、応答はなかった。しかし、その家の中からは明らかに人の気配がしていた。
言い知れぬ不安を覚えた同僚らは、すぐ近くの新居浜警察署に連絡。午後9時過ぎ、警察官が到着して、再びドアをノックするなど接触を試みたが、やはり中から応答はなかった。
警察官らも事件性を確認できないとして引き揚げていったが、同僚男性はどうしても胸騒ぎをおさえられなかった。

9時45分、同僚らがしかたなく引き揚げたその5分後、静かに2階の窓が開いた。

続きを読む Evil and Flowers ~新居浜・両親殺害事件①~

Evil and Flowers ~新居浜・両親殺害事件②~

血に染まった家

検察官は続いて証拠の提示を行う。
まず、事件現場となった高平家の外観、間取りなどを事件当時の状態で示していく。
裁判官、裁判員にはモニターで見取り図などが示されたが、傍聴人には検察官の説明がすべてだ。
比較的聞き取りやすい声でゆっくりと説明してくれるのでありがたい。

高平家は築20年ほどの2階建てではあるが、どこにでもあるごく普通の近代的な住宅である。周囲は同時期に建てられたという似たような家が6軒ほど軒を連ねる、奥止まりの小さな住宅地だ。
高平家は、その一番奥に位置していた。

玄関を入ると北側に風呂やトイレ、奥には和室があり、階段を中央部に配してその南側(玄関を入って右手)にLDKがある。
階段をあがると、剛志被告の部屋などがあり、トイレは2階にもしつらえられていた。

次に、家の周囲に説明が移る。
その際、なにか妙な感覚にとらわれた。検察官は、家の周囲に「アルコールの空き缶などが入ったゴミ袋」が点在している、と語った。
さらに、部屋の中にも缶ビールの空き缶が放置されていた、と。
私自身がほとんど酒を飲まないため、自宅にアルコールの空き缶があるということが馴染まず、そのせいで引っかかったのかな、とその時は流したが、この何とも言えない感覚は後の被告人質問で腑に落ちることとなる。

そして、遺体発見時の現場の状況ならびに遺体の状況についての説明が始まった。

父の勝浩さんは、2階の剛志被告の部屋で発見された。正座の状態から前のめりに倒れた状態で、俯せのその右胸には刃渡り20センチほどの文化包丁が突き刺さったままだった。
勝浩さんが受けた傷は、防御創と思われる2センチほどの切り傷と擦過傷のほかは、この右胸に受けた創のみだった。
しかしその刃先は、右胸から心臓に達するほど差し込まれており、大動脈ならびに上大静脈が切断されたことによって失血死を招いた。
勝浩さんの手はテーブルの下に入り込み、その周辺には血だまりがあったという。

一方、母親の洋子さんが受けた傷は凄惨を極めた。
身長154センチ、体重は40キロ程度の小柄な洋子さんの顔面は複数回の殴打によるものと思われる傷で腫れ上がり、左側頭部には硬膜下血腫も認められた。
上半身を殴打された形跡もあり、さらに背中には6か所の刃物による刺し傷があり、防御創含め、刃物による切り傷は全身に17か所あり、頸部にもタオルで絞められた痕跡があった。
血痕は1階のいたるところにあり、そこには逃げ惑う洋子さんの痕跡が残っていた。

そして、和室で膝を立てて仰向けて息絶えていた洋子さんの左胸にも、深々とステンレスの包丁が突き立てられていたのだ。
検察官によれば、高平家に残された犯行に使用したと思われる包丁は全部で3本。
キッチンシンクに放置されていた血の付いた包丁は、中央部がぐにゃりと曲がっていた。よく、刺してるうちに包丁が折れたとか曲がったとか聞いていたが、実物を見たのは初めてで、ありえないものを見てしまったという得も言われぬ感覚が駆け抜けた。

そしてそこには、誰の目にも明らかな非常に強い殺意が見てとれた。

高平夫妻のそれまで

愛媛県新居浜市は、松山市から東へ車で1時間半ほどの場所にある。
工業地帯が多く、住友グループの会社が多く存在し、近隣の西条市などへのアクセスも良く人口密度は高い。
また、居住する年代も、全国平均に比べると若い世代が多いのも特徴だ。20代から40代までの人口数は全体の平均を上回る。
壮大で華麗な太鼓台が集まる新居浜太鼓祭りには、県外からも帰省して参加する新居浜市民がいるほどだ。新居浜の祭りなどの伝統文化が若い人の流出を抑えているのもあるだろうし、
大きな工場などを有するため、働き口が確保されているのも要因の一つかもしれない。

全国、世界にまたがる企業の工場が多いことで、当然、県外からの転勤組や、移住者も少なくない。
高平さん夫婦も、そのケースだったようだ。
勝浩さんは長崎の出身で、7人兄弟の三男である。幼いころから母が病弱だったため、姉が世話をしてくれたという。
成人し、長崎を出た後も良くよく実家へ帰っていた勝浩さんは、病弱な母を思う優しい性格で、温厚の一言に尽きる、と勝浩さんの姉が話す。

裁判でも、勝浩さんの姉だけでなく、洋子さんの弟までもが「懐の広い、いい兄貴だった」と話した。
仕事も3交代制の工場勤務で、会社でのトラブルなどは一切なかった。

一方の洋子さんも、中国地方の出身で、仕事で愛媛に来た際に勝浩さんと出会い、結婚。そのまま愛媛で生活していたせいか、勝浩さんの実家とはあまり行き来がなかったようだ。
平成6年には剛志が生まれ、おそらくこのころ高木町に家を購入。離婚して独り身だった実の母も呼んで、当時は4人暮らしだったという。
平成10年ごろまではパートなどの職に就いていたようだったが、このころから洋子さんに異変が起こる。

先述の勝浩さんの姉によれば、電話で話すこともあったが非常にきつい性格だと感じていたという。浪費家という印象も姉は持っており、付き合いづらい面があった。
ある時電話で姉は洋子さんに罵倒される。
詳細は不明だったが、その頃から距離的なこともあってかほとんど洋子さんとは没交渉になった。
この洋子さんの人柄については、実は洋子さんの弟の証言もある。
もともとまっすぐな性格で気の強い面はあったが、10数年前からその傾向がさらに強くなり、弟は「病気なのではないか」と思うほどだったという。
剛志とも、剛志が14歳の時を最後に会っていなかった。
弟から見た勝浩さんと洋子さん夫婦は、ケンカが多かったようだった。しかしそれを、勝浩さんがうまく収めていたといい、心の広い人だと思っていたとも話す。

親族の葬式の場で、洋子さんは金の無心を繰り広げ、応じない相手には罵声を浴びせたという。
そして、母親の葬儀の後、高平家から香典として受け取った金を、「あれは貸した金だから返せ」と言い始めたのだ。
弟はその際のやり取りがよほど堪えたのか、金を返してその後絶縁状態だった。

どことなく、田舎にはそぐわない薄すぎる親戚関係が窺える。夫妻ともに県外出身者であり、近くに親戚がいないということがある程度影響していたのかもしれないが、小さな分譲地の中でも高平家は浮いていた。
5年ほど前に近くに家を建てたという男性は、自治会で高平家の人を見たことはなかったし、洋子さんと会話したのは事件の数日前が初めてと言った。
さらには、剛志の存在は知らなかったという。

それには理由があった。剛志は、高校生の時からすでに実家を出ていたのだ。

剛志のそれまで

平成6年8月29日、高平家の長男として剛志は生を受けた。
新居浜市内の小、中学校を卒業した後、新居浜西高校定時制へと進む。
高校2年生の時、同じ高校に通う女子生徒と交際を始めるが、その交際相手が妊娠する。産みたいという希望だったのか、未成年である剛志は両親に結婚と出産について許可を求めたとみられる。
当然のことながら剛志の両親は結婚どころか交際自体に反対であり、かつ、洋子さんは交際相手の実家が気に入らないと話していた。
結婚については交際相手の女子生徒の母親も難色を示したことから、未成年の間は結婚はせずに子供を産むという話にまとまった(?)ようだった。

ただ、このことを剛志の両親が納得したわけではなく、剛志が黙って家を出るということでの結果であり、剛志はその後家を出てから6年間、実家に戻るどころか自分から親に連絡を取ることもなかった。

平成25年の春、長女が生まれ剛志は父親になった。
この頃はずっと交際相手の実家で生活し、高校へも交際相手の実家から通っていた。定時制ということで4年間通う必要があり、子供が生まれても剛志は高校生だった。
この頃の写真が、剛志のFacebookに今も載せられている。未婚ではあったが結婚を前提にした関係であり、とても幸せそうな若い夫婦とその娘。
事実、平成27年に次女が生まれたとき成人していた剛志は、その交際相手と結婚した。

剛志は子育てが苦手だったという。可愛がったりはするものの、世話はあまりしなかった。
妻の実家での同居はその後も続いたが、平成29年、剛志は妻に対して離婚を切り出す。理由について、裁判で剛志はこう証言した。

「まぁ・・・やっぱり人を信用し切れてなかったっていう部分はあって。自分、悩み打ち明けてないこと実際あったし・・・。妻の母の方も自分的には好きではなかったから、やっぱダメかな、と思ってました。」

妻も認めている話だが、少々金遣いの荒い面がこの妻にはあったという。剛志が独立するために貯めていたお金(高校生の頃からGSで働いていた)を、妻やその母親が外食費に充てることがあったといい、それを剛志は会社の上司に相談している。

また、夫婦で話し合いをしていても、いつも妻の母親が割って入るために本音での話し合いも出来ず、結局剛志が言いくるめられて終わる、という状態の繰り返しだったとも話した。
日々の不満をどこにもぶつけられないまま過ごしていた剛志は、その年の夏、ある出会いを経験した。
会社の飲み会に参加した剛志は、Aさんという年上の女性と知り合う。
シングルマザーで二人の子供を育てているというその女性と意気投合した剛志は、LINEを交換して連絡を取り合うようになった。
この時点では、お互い気心の知れた友人という立ち位置であり、カラオケに行く程度の間柄で不倫関係ではなかったという。

しかし、若い男女がいつまでもカラオケで終わるはずもなく、平成29年末には不倫関係へと発展してしまう。
この時、剛志は離婚の意思を強くし、けじめをつけるとAさんにも話していた。
一方妻はというと、外泊した夫と連絡がつかなかったことで職場を訪ね、上司に夫婦関係の相談をしていた。
剛志本人、さらには社長まで同席したその話し合いの場で、社長らは剛志の話を聞いていたこともあってか、妻に対して「もう少しお金をしっかり管理し、剛志に自由になる金を渡したらどうか」とアドバイスしたという。
この席でも剛志は離婚したい旨を打ち明けた。ただそれは、社長に一喝されてしまったことで、剛志は黙ってしまう。
結局、離婚話は全く前に進まないまま、平成30年の6月、離婚話から妻と大喧嘩をした剛志は、妻に殴る蹴るの暴行を受け鼓膜が破れる。そして、いつもように妻の母親が現れて「謝りなさい」と剛志をたしなめた。
剛志は妻に対し、90度に頭を下げて謝罪した。
しかしその二日後、妻の実家に居場所をなくしていた剛志は、LINEで「実家に帰る」と妻に告げ、
6年間戻らなかった実家へ帰ることになる。

Evil and Flowers ~新居浜・両親殺害事件③~

執着する母親

「実家に帰ってからの関係はどうだったの?」
弁護人に質問された剛志被告は、言葉を選ぶように、あるいは適当な言葉が見つからないのか、ところどころに沈黙を交えながら答えていく。

「親は…多分、最初は喜んどったと思うんスけど、実際自分でわかってなかったけん、どうなんかなと思っとったんスけど…。」

要領を得ない返答に、弁護人が聞き返す。
「親が本当に喜んどるんかどうか、わからんかった。」

剛志は元妻の実家を出る一か月ほど前に、母親にメールで連絡を取っていたという。長い間、剛志から連絡を取ることは一度もなかったわけだが、行くあてが全くなかったために不本意ながらも実家へ戻る許可を求めた。
祖母の葬儀にすら出席しなかった剛志が自分の都合で実家に戻るというのは、いささか躊躇することにも思えるが、剛志が実家を頼れるかも、と考えたのには訳があった。

その一か月ほど前、母親から「重い病気にかかった」という連絡を受けていたのだ。
その時はやり過ごしていた剛志だったが、その母親の言葉から、なんとかして我が息子を家に戻したいという思いがおそらく透けて見えたのだろう。
その剛志からの申し出に、洋子さんは「とりあえず帰ってこんかい。」と伝えた。
実家での生活は、それまでと何も変わらなかったという。
剛志は実家へ戻ると、月に食費として3万円入れ、それから父が購入してくれたという乗用車の代金を1万円ずつ支払っていた。
また、別居状態になった妻子のためにも、毎月10日に養育費を振り込んでいた。
剛志の収入は、年齢的なことを考えてもおそらく20万円あるかないかであったと思われる。税金などをひかれると、もっと少なかったかもしれない。
ただ、妻の実家で同居しているときは妻に管理されていたようなので、実家に戻ることでこれだけの支払いをしたとしても経済的には余裕が出来たと思われる。

しかし、実家での生活は居心地の良いものではなかった。洋子さんの過干渉がまた始まったのだ。
休みの日などは、必ず洋子さんの買い物に付き合わされたという。拒否すれば機嫌が悪くなるため、いつも付き添っていた。
洋子さんは剛志の私物もいちいち確認していた。剛志が購入した洋服があれば必ず洋子さんが袖を通し、アクセサリーなども勝手に身に着けていたという。
携帯チェックも常であった。母に言われたことに、抵抗はするものの最後は懐柔されてしまう。いつしか、剛志にとって母の言葉は一種の「命令」となっていた。
そして、この洋子さんの異常とも思える剛志に対する執着が、じわりじわりと剛志を追い込んでいくことになる。

ゴミ屋敷の住人の迷走

裁判では検察側が提出した証拠として、元妻(裁判時は離婚済み)の証言が取り上げられた。
出会いから事件までのことを、妻なりに証言したものだが、内容はかなり剛志に同情的かつ、両親の異様な言動が述べられていた。

結婚の許しがもらえなかった剛志が実家を出て元妻の実家に身を寄せたのは先に述べたとおりだが、それで剛志が完全に両親から逃げられたわけではなかった。
すでに成人して入籍を済ませた平成27年12月。突然、元妻の実家に剛志の両親がやってきた。玄関の敷居すらまたがず、家にいた剛志を外に呼び出した両親は、
「どうして何の連絡もしないんだ。」「ほうれんそう(報告、連絡、相談)を知らんのか」「盆や正月くらい帰れ!」
そうまくしたてると、剛志を殴りつけ、むりやり連れて帰ろうとしたという。
剛志は入籍の事実も次女の誕生も知らせておらず、どこからかそれを知った両親が激怒したのだ。

当然、全力で拒否する剛志と、両親そして元妻も入り乱れての乱闘騒ぎが家の軒先で繰り広げられたが、その際、母親の洋子さんが元妻らを小馬鹿にするような発言をしたという(詳細不明)。
そこへ、元妻の実母が出てきて、騒ぎ立てる剛志の両親に対し、
「あんたらとこみたいなゴミ屋敷に連れて帰らせるわけにはいかん!」
と言ったところ、それまでの勢いは消え、父親の勝浩さんが洋子さんを連れて踵を返したという。

そう、冒頭の間取り外観説明で私が抱いた違和感はこれだったのだ。
もしかしてゴミ屋敷?そう思っていたのだ。閑静な住宅地で丸見えのゴミ袋がいくつも放置されているのははっきり言って「異様」である。
剛志も法廷で証言していた。

「子どもの頃からぜんそくとアトピーに悩んできた。それなのに、両親はタバコをやめてくれんかった。中学の頃はアトピーが一番ひどく、顔を掻きすぎて眉毛が全部抜けていた」

実は元妻の母親が剛志の同居を許したのは、これのせいだった。
もともと、元妻の母親も剛志に対して良い印象を持っていたわけでもなく、苦々しい思いは抱いていたという。
しかし、ある時実家の惨状を聞き、さらには幼いころからの待遇を知った元妻の母親が同情し、「あんな家には帰せない」となったのだ。

この事実を突きつけられた勝浩さんは、あれだけ怒っていたにもかかわらず、なぜかぷいと帰って行ってしまった。
おそらく、痛いところを突かれたのだろう。逆ギレしない辺りは、勝浩さんの生真面目な一面とも思える。
その後、母親が一人で訪ねてくるなどもあったようだが、結局6年間、剛志と両親は絶縁状態が続く。

そんな状態を経て、平成30年6月5日、剛志は実家へ戻った。
妻とはLINEで連絡を取り、妻もまた、子どもの写真や日常のことなどを頻繁に伝えていたという。
妻には離婚の意思はなかったが、心の奥では無理かなとも感じていたようだ。その上で、友達も少なく若くして父親になったために遊ぶことも知らない剛志に対し、好きにさせてみようと思ったという。
(どうでもいいが、新居浜西条あたりの、愛媛で言うところの「東予の女」はこういうキップが良いというか、男前な女性が多い、ような気がする。)

離婚になっても仕方ないと思い始めていた矢先、あれほど怒っていた勝浩さんから、条件付きで結婚を許すという連絡が入った。
その条件とは、
①高平姓を名乗ること
②実家を出て4人(夫婦と子供二人)で生活すること
であった。そして、それが出来るようになるまでは、毎月10日に生活費が振り込まれた。
優しくなった剛志の両親に対し、妻も歩み寄り、子どもたちを預けることもあったという。

ところが1か月後の7月上旬。突然剛志にLINEをブロックされてしまう。
理由もわからないまま、しようがないので妻は連絡をしないでいた。すると、剛志の両親から離婚を迫れたのだ。
ついこないだまでは離婚はやめろ、と言っていたのに、今度は離婚を強引に持ちかけ、あげく、妻の自宅のポストに記入済みの離婚届を入れてきた。
しかもご丁寧に、妻の欄まで記入済みだったというから恐れ入る。(ただ、妻は職業欄に無職と書かれたことにエライご立腹だったw)
当然、夫抜きに離婚の話には応じられないとし、勝浩さんに対し、剛志本人に連絡させてほしいと頼んだ。洋子さんは、聞かれてものらりくらりはぐらかすだけだった。

10月の初め、ようやく剛志から連絡が来て、LINEをブロックしたことを謝罪されたという。その際、離婚についてのやり取りをしたものの、10月末にはまた連絡が取れなくなった。
11月、再び離婚の話し合いで会った際、剛志から離婚届を渡された。しかしここで妻は、公正証書を作成してほしいと要求。離婚は進んだようで進まず、クリスマスの日に子どもたちに渡すプレゼントを受け取るために会ったのが、剛志と妻の最後だった。

1月9日の事件当日。午前11時38分。
「お疲れさん。今日会えるかい?」
剛志からのLINEに、妻は「会えるけど、子供どうする?」と返信した。
ただ、すぐに返信できなかったため、返信したのはおよそ1時間後の午後12時26分だった。
以降、剛志からの連絡は途絶えた。この時、高平家は邪悪なものに侵食されつつあったのだ。

続く

Evil and Flowers~新居浜・両親殺害事件④~

Aさん

検察側は、元妻の証言に続いて不倫相手であったAさんの証言も読み上げた。
不倫を咎められたとはいえ、それは親子間の問題であり、夫婦間の問題ならばいざ知らずなぜ不倫相手の証言がここで証拠として提出されるんだろうと、最初は疑問だった。

Aさんと剛志の出会いは、先述の通り会社での飲み会の席だった。
意気投合した二人だったが、実際に不倫関係になったのは出会いから半年ほど先で、その時点でも「正式な交際」には至っていなかった。
Aさんは剛志にとって、数少ない「愚痴を吐き出せる相手」で、離婚話や両親との関係もことあるごとに話していた。元妻の実家を出て家に戻ることになった際は、Aさんから見れば剛志は安堵しているようにも見えたという。 続きを読む Evil and Flowers~新居浜・両親殺害事件④~