業火に焼かれる母と娘~福山・保険金放火殺人事件~

平成17年12月

福山市三之丸町にある雑居ビル「グリーンパキュラビル」1階の喫茶店「リバージュ」から火が出て、焼け跡から男性の遺体が発見された。
遺体は、同店を経営する女性の夫で、辻祥一さん(当時50歳)と判明。
当初は寝たばこによる失火とみられていたが、祥一さんの遺体から睡眠薬の成分が検出されたこと、広島県警科学捜査研究所により放火と断定されたことなどから、祥一さんの妻で同喫茶店の経営者・辻冨美恵(当時48歳)が殺人と現住物放火の容疑で逮捕された。
冨美恵は当時結婚相談所も兼ねたこの喫茶店の経営に行き詰っており、1500万円ほどの借金があった。祥一さんには1億5千万円もの生命保険金が冨美恵を受取人にしてかけられていたが、実は冨美恵と祥一さんはわずか9日前に婚姻届けを出したばかりだった。 続きを読む 業火に焼かれる母と娘~福山・保険金放火殺人事件~

業火に焼かれる母と娘~福山・保険金放火殺人事件②~

その夜

事件のあった12月28日は仕事納めで、祥一さんは退職も決まっていたことから会社の忘年会に出席していた。
しかし、午後八時ころ、電話を持って席を離れたという。そして、そのまま途中で帰ってしまった。

警察では、この時富美恵が何か理由をつけて祥一さんを見せに呼び出したとみていた。
そして、睡眠薬を飲ませて眠らせた祥一さんに灯油をかけ、店もろとも焼いたのだった。
富美恵はこの日の計画を万全のものにするために、一週間前からこの日友人らと会う約束をしていた。
そして、火災が起こった直後に友人らと合流し、そこでさも今この時間祥一さんが生きているかのように装い、自身のアリバイを成立させようとしたのだ。 続きを読む 業火に焼かれる母と娘~福山・保険金放火殺人事件②~

鬼畜の宴~群馬・赤城村男性リンチ殺害事件~

平成14年4月23日

「また行き会ったな。早く車に乗れや。」
早朝の群馬県渋川市の路上で、男性(当時39歳)は男らに声をかけられた。
男性が躊躇していると車から男らがおりてきて、男性を押さえ込み、そのまま車に無理やり乗せられた。
車はそのまま市街地を離れていき、北群馬郡榛東村へと移動した。そこの路上で男性は男らにこう凄まれる。
「お前、俺に金を借りて渡すって約束したろ。嘘ついてねぇで今日こそ金作ってこい」
男性は過去に、男らのうちの一人に言われるがまま、消費者金融で借金をしてその金を渡していたことがあった。
ただ事ではないと悟った男性はその場をやり過ごし、前橋市内の消費者金融までついていった。
そこで、「20万で許してやる」と言われて消費者金融の窓口へ行くよう命じられる。
男性はそこで警察に通報し、難を逃れた。

しかし、男たちはこれより前に、ひとりの男性を激しいリンチの末に殺害し、山中に遺棄していた。 続きを読む 鬼畜の宴~群馬・赤城村男性リンチ殺害事件~

鬼畜の宴~群馬・赤城村男性リンチ殺害事件②~

なぶり殺し

山中へ分け入ると、角田らはかわるがわる島村さんに暴行を働いた。
素手ではなく、こん棒のようなもので島村さんを滅多打ちにし、それぞれが疲れ果てるまでその暴行は続いた。
そして、一緒に連れてきた6歳の子供の目の前で、近場にあった重さ約70キロの丸太を信沢と七海が担ぎ上げ、もはや虫の息の島村さんの胸部めがけて投げ落とした、2度も。
さらに、その丸太の上に乗って飛び跳ねるなどした。
結果、島村さんは心臓破裂、肝臓破裂による内蔵損傷で死亡した。 続きを読む 鬼畜の宴~群馬・赤城村男性リンチ殺害事件②~

耐えに耐えた女がブチ切れた”深夜のからあげ”~岐阜・関市同居男性刺殺事件~

平成25年6月15日

岐阜県関市緑ヶ丘の住宅で、その家に住む山村理さん(当時59歳)が胸や腹など複数個所を刺された状態で倒れているのが発見された。
この家は山村さんの所有ではなく、当時64歳の女性が住む住居であった。
山村さんが殺害されたのは6月15日の午前零時から翌朝にかけてと思われたが、その時間帯に家の主である女性は就寝中で気が付かなかったと話した。
朝になって、朝食の支度をするために階下へ降りたところ、台所で倒れている山村さんを発見したというものだった。

山村さんは発見当時、左胸に長さ約18センチの文化包丁が突き刺さったままで、それ以外にも腹部にも刺し傷が認められた。

警察は、外部からの侵入の形跡が全くないこと、盗まれたものやそもそも部屋も荒らされていなかったことから同居している女性に任意で話を聞いた。
そして、この女性が山村さんを殺害したと断定し、逮捕となった。

続きを読む 耐えに耐えた女がブチ切れた”深夜のからあげ”~岐阜・関市同居男性刺殺事件~