悲しみのある風景~自死・無理心中からみえるもの②~

這い上がれない街

先ほども述べたとおり、愛媛県は全体として住むには非常に良い場所である。環境面でも、気候面でも、他の地域に比べればいくらもマシと思える。
県民の平均年収は400万円台と全国的に見ても低いものの、それでも「暮らしていける」ということはそれ自体が魅力ともいえる。
若い世代が給料が少ないために結婚できないとかいう話をよく聞くが、愛媛では若いうちは貧しくて当たり前という風潮もあり、経済的なことが結婚や出産の足枷になっているとは言い難い。
それは、田舎ゆえに近所に親兄弟の存在があるから、というのもある。10代の若い無職カップルでも、なんとかやっていけるイージーさがある。
また、若いうちは選り好みさえしなければ職にあぶれることはまずないというのもあるだろう。中卒でも失業しても焦る必要はない。
また、実家が近くにあればとりあえず住む場所は確保できるわけで、飢え死にする危険はぐんと下がる。 続きを読む 悲しみのある風景~自死・無理心中からみえるもの②~

悲しみのある風景~自死・無理心中からみえるもの③~

親切の消費期限




愛媛県民は何度も言うが非常に親切である。老若男女問わず、みな見知らぬ人にも優しい。しかし、実はこの親切心、優しさがどうも他人を追い詰める要因になっていないだろうかと思っている。

自死を選択する人は、だれしも悩みを抱えている。幸せの絶頂で自死を選択する人はまずいないだろう。
よそで生活していてトラブルを抱え、心機一転、穏やかな気候と人柄というイメージの愛媛にやってきたとしよう。そこで、思っていた通りの親切を目の当たりにし、自身も実感する。あぁ、愛媛の人はあったかいな・・・そんな思いに包まれる。 続きを読む 悲しみのある風景~自死・無理心中からみえるもの③~

悲しみのある風景~自死・無理心中からみえるもの④~




居住者以外の自死

警察庁や厚生労働省が発表する自殺者数は、自殺が発生した地域別になっていることが多い。したがって、たとえば愛媛県で自殺した人の中には、旅行者や出張で来た人なども含まれている。

先の文春オンラインでの統計は、居住者別のものも掲載されているので参考にしてもらいたい。 続きを読む 悲しみのある風景~自死・無理心中からみえるもの④~

悲しみのある風景~自死、無理心中からみえるもの⑤~




東北の憂鬱

東北へ私は行ったことがない。生まれも育ちも愛媛、瀬戸内の雪も降らない場所にはや30年住んでいる。
そんな私には、東北の厳しさをわかるはずもないわけだが、イメージだけでいうと、心の内に秘めたものを皆が持ち、泣き言を言わず、苦難の時もじっと耐える、そんな強いイメージしかない。暗いとか、そういうことではなく、強い。
しかしそんな東北では、自殺死亡率はここ何年も全国の上位を独占している。
特に、秋田、青森は12位を争う(という表現は好ましくないが)ことが多い。 続きを読む 悲しみのある風景~自死、無理心中からみえるもの⑤~

悲しみのある風景~自死、無理心中からみえるもの⑥~




自殺者が少ない街

では逆に、自殺者が確実に少ない街、というのはあるのだろうか。
これは、懇意にしてくださっている折原臨也氏に勧められたのだが、健康科学者の岡檀氏が発表した「生き心地のよい町(講談社)」という本にはその奇跡のような街が載っていた。
それは、徳島県海部町(現:海陽町)。徳島の南東に位置するその町は、山と海の豊かな自然に抱かれた、人口2600人程度の小さな町である。小学校は一つあるものの、中学高校はこの町にはない。
この町は、当然高齢者の数が多い。高齢者が多ければ、おのずと高齢者の自死というものが増える傾向にあるのだが、この町ではほぼそれがないのだという。
徳島県全体も、自殺率は低いのだが、この海部町は全国の市町村の中で、離島などをのぞくと一番自殺者が少ないのだ。しかも、先ほど述べた高齢者の自殺は17年にわたりゼロである(2015年当時)。 続きを読む 悲しみのある風景~自死、無理心中からみえるもの⑥~