彼女が死んだ理由~倉敷市・11歳女児餓死事件①~

平成14年9月24日未明

岡山県倉敷市。
この町の県営団地の住民から、「団地の一室から異臭がする」と110番通報が入った。
倉敷署員が駆け付けたところ、1階のその部屋の布団の上で女児の遺体を発見。傍らには、母親とみられる女性が座り込んでいたが、この母親も激しく衰弱しているのが一目瞭然だった。
ふと、署員が台所に目をやると、蜂蜜の空き瓶が転がっていた。

続きを読む 彼女が死んだ理由~倉敷市・11歳女児餓死事件①~

彼女が死んだ理由~倉敷市・11歳女児餓死事件③~




優先された「自己の感情」

友里恵は裁判で、ことあるごとに「屈辱」「惨めな思い」を口にし、控訴審の最終陳述では、
「私と同じような人はいると思います。役所は本当に困った人を助けてほしいです。私と同じような人間をなくしてほしいです。私のような体になるのは私だけで結構です。」
と述べている。 続きを読む 彼女が死んだ理由~倉敷市・11歳女児餓死事件③~

悲しみのある風景~自死・無理心中からみえるもの①~

まえがき

自分が暮らしている街が、実は自ら命を絶つ人を量産しているとしたらどう思うだろうか。
自分にとってはなんてことのない、見慣れた風景、人、言葉、産業、ならわし、日々の営み。
しかしそれらがある一定の人、条件によっては、命を絶つ「後押し」をしている可能性があるとしたら。 続きを読む 悲しみのある風景~自死・無理心中からみえるもの①~

悲しみのある風景~自死・無理心中からみえるもの②~

這い上がれない街

先ほども述べたとおり、愛媛県は全体として住むには非常に良い場所である。環境面でも、気候面でも、他の地域に比べればいくらもマシと思える。
県民の平均年収は400万円台と全国的に見ても低いものの、それでも「暮らしていける」ということはそれ自体が魅力ともいえる。
若い世代が給料が少ないために結婚できないとかいう話をよく聞くが、愛媛では若いうちは貧しくて当たり前という風潮もあり、経済的なことが結婚や出産の足枷になっているとは言い難い。
それは、田舎ゆえに近所に親兄弟の存在があるから、というのもある。10代の若い無職カップルでも、なんとかやっていけるイージーさがある。
また、若いうちは選り好みさえしなければ職にあぶれることはまずないというのもあるだろう。中卒でも失業しても焦る必要はない。
また、実家が近くにあればとりあえず住む場所は確保できるわけで、飢え死にする危険はぐんと下がる。 続きを読む 悲しみのある風景~自死・無理心中からみえるもの②~

悲しみのある風景~自死・無理心中からみえるもの③~

親切の消費期限




愛媛県民は何度も言うが非常に親切である。老若男女問わず、みな見知らぬ人にも優しい。しかし、実はこの親切心、優しさがどうも他人を追い詰める要因になっていないだろうかと思っている。

自死を選択する人は、だれしも悩みを抱えている。幸せの絶頂で自死を選択する人はまずいないだろう。
よそで生活していてトラブルを抱え、心機一転、穏やかな気候と人柄というイメージの愛媛にやってきたとしよう。そこで、思っていた通りの親切を目の当たりにし、自身も実感する。あぁ、愛媛の人はあったかいな・・・そんな思いに包まれる。 続きを読む 悲しみのある風景~自死・無理心中からみえるもの③~