隣人訴訟ともう一つの結末~三重・幼児水死事故①~

昭和52年5月8日

「じゃあ、よろしく頼むわね」

三重県鈴鹿市のとある新興住宅地で、そこに暮らす家族がそういって隣人に声をかけた。
「子どもたちが二人で遊んでいるから、大丈夫でしょう」
その隣人も、それに応じた。

なにげない、いつもの風景。
新興住宅地内の生活道路で、子供たちは自転車を乗り回して遊んでいた。夫婦で家中の掃除に精を出しながら、時折子供らの声がする方を確認しながら、時間は過ぎていった。

20分ほどしたころ、隣人の子どもが一人で戻り、こう告げた。
「お母さん、あの子が池から戻ってこないよ」

続きを読む 隣人訴訟ともう一つの結末~三重・幼児水死事故①~

隣人訴訟ともう一つの結末~三重・幼児水死事故②~

バッシング

判決が出たのち、新聞各社は大きく報道した。
しかし、ほとんどの見出しは、賠償命令を受けた工藤さん夫婦に同情的なものだった。

例えば、地元の中日新聞では「『近所の善意』に厳しい判決」とし、全国紙も「隣人の好意につらい裁き」「近所付き合いに『冷や水』」といったものに加え、工藤さん夫婦に賠償命令が下ったことを重点的に報道した。
それ以外にも、「善意とはなにか」や、「子どもはもう預かれない」といった、どこかこう記者の感情が大きく影響しているような記事が躍った。 続きを読む 隣人訴訟ともう一つの結末~三重・幼児水死事故②~

隣人訴訟ともう一つの結末~三重・幼児水死事故③~

もう一つの善意

三重の隣人訴訟は、近所付き合いや子供を預かることの是非などに加え、報道の在り方や裁判を受ける権利についても今日まで長く議論されてきた。

そんな事故から12年が過ぎた平成元年7月。
広島県佐伯郡(現・廿日市市)で悲劇的な事故が起こった。
この事故も、三重の事故同様、よその子どもを預かった主婦が事故でその預かった子供を死なせてしまうというものだった。 続きを読む 隣人訴訟ともう一つの結末~三重・幼児水死事故③~

凶行を見届けると決めた友人~名古屋市・人違い殺人②~

悲しみの葬儀

事件から二日が経過した422日。
殺害された佐藤さんの葬儀が、天白区の斎条で執り行われた。
葬儀には近隣住民や同僚など、およそ150人が参列。
春の陽気に包まれた前日とはうってかわって、曇り空の週末だった。

佐藤さんの妻は、突然理不尽という言葉では言い表せない「人違い」で愛する夫を失った。
しかも、佐藤さん夫婦には3歳の長男のほかに生まれたばかりの長女もいた。
その家族と眠る、いわば一番安心できる幸せな場所で、佐藤さんは殺害されたのだ。
事件直後、泣き腫らした妻が現場検証に立ち会う姿が多くの人に目撃されている。時代が時代だから、被害者への配慮などはまだなかったのだろう。

佐藤さんは宮崎県延岡市の総合高等職業訓練校を卒業した後、名古屋市南区にある電気工事会社に就職した。
とにかく今の時代に珍しい、と当時の社長が話すほど、佐藤さんはまじめで気さく、その上子煩悩だったという。
近所の主婦も、
「いつもご主人が出勤するとき、奥さんとお子さんがドアのところから手を振ったりして、とても仲の良い感じだった」
と話す。

事件直後、騒ぎに気付いて出てきた同じ階に住む初老の夫婦のもとに、佐藤さんの妻が倒れこみ、「うちの人が刺された、死んじゃった」と言って泣き崩れたという。

葬儀は佐藤さんが勤務していた会社の社葬同等に行われた。同社の社長は、佐藤さんの妻子のことも会社として出来る限りの支えになると約束した。
葬儀の間、何もわからない長男はお菓子を食べながらニコニコ笑顔を振りまき、周囲の涙をこれでもかと誘った。
生後二か月の長女も、親族の女性の腕の中ですやすやと眠っていたという。

喪主あいさつでの妻の態度は、ある意味周囲を驚かせたという。
悲しみをこらえ、気丈にふるまう妻は、最後まで夫を殺害した少年に対する恨み言を一切言わなかった。
どれほど無念だったか、どれほどの怒り、悲しみだろうか想像を絶するが、妻は夫への愛情と、夫がいかに家族に幸せを与えてくれたか、夫への感謝の言葉をちりばめた挨拶をした。

「短い結婚生活でしたが、夫は両手に抱え切れないほどの愛をくれました。子どもと3人で力を合わせて強く生きていきます。さようならとは言いません。心の扉はいつもあけておきます」

その時代

平成元年、1989年前後は、少年が関係する大きな事件がいくつか起きていた。
これだけでもピンとくる人は少なくないと思うが、1988年には同じ名古屋でアベックが少年幼女らに殺害された「名古屋アベック殺人事件」、そして綾瀬で起きた「綾瀬母子強盗殺害事件(当初逮捕された少年らは後に冤罪確定、事件自体は未解決)」と「女子高生コンクリート詰め殺人」はこの時代を代表する事件と言える。
この名古屋の人違い殺人も、少年が起こした事件であること、殺人に至るような事情がそこに全く見当たらないこと、被害者に一切の落ち度がないことなど共通点も見られた。
少年が過去に犯している犯罪も、殺人ではないものの名古屋アベック殺人事件と手口が類似するものだったが、それ以外にももうひとつ共通点があった。

単独の犯行ではない、ということである。
厳密にいえば、犯行を行おうとする者がいて、その確固たる意志を知りながら止めることもせず、その実行者に加担して平気な顔をしていた「友人」の存在である。
女子高生コンクリート詰め殺人では、実行犯の4人以外にも相当数の少年少女らが被害者の存在を知っていた。しかし、誰も「これはまずいのではないか」と思わなかった。
この名古屋の事件でも、少年を送り届けた友人は、過去に一緒にカップルに対してわいせつ行為を行って逮捕された人物である。
少年が包丁を持っているのを見て、一度は止めたというが、だからと言って脅されたわけでもないのに、少年を現場まで送り届け、一部始終を車の中から見て、そしてなにもしなかったのである。

当然この少年もほう助の罪に問われたが、どうなったのかは出てこなかった(ちなみに、包丁を持ち出された中華料理店の店主も罰金刑を受けている)。

このように、実際に犯行に加わるわけではないものの、それを知ったうえで傍観する、まるで自分は関係ないと言わんばかりの他人事のような態度をとるという人間が結構いるんだなというのがよくわかる。
平成5年には、横浜市鶴見区のマンションで一家3人がその家の娘の元カレに殺害され、犯人の元カレもその場で自殺という胸糞の悪い事件があったが、実はその際にも犯人である元カレには「協力者」と「傍観者」がいた。
「協力者」は年下の少年、そして「傍観者」は犯人の母親である。

彼らは罪には問われないケースが多いようだが、加えてその後も一切を喋ることなく、遺族の懇願があったとしても本当のことなど言わないという点も共通している。
横浜の事件においては、本当のことを教えてほしいと願う遺族と対面した少年についてきた母親が、
「あの、こっちも被害者なんですよ?」
と言い放ったというから恐れ入る。

佐藤さんを殺害した少年に加担した友人は、その後どうしているのだろう。
少年はその後、懲役15年の判決となりおそらく確定した。
しかし、佐藤さんとその家族の幸せなはずの未来は、永遠に失われた。
佐藤さんの妻子が、どうか今、亡き夫、亡き父の思い出を胸に新しい幸せを見つけていて欲しいと願うばかりだ。

おまけ。タケノコご飯殺人事件

人違い殺人を調べていた際、ほとんど同じ時期に、大変近い場所、しかも同じようなマンションで同じように理不尽な殺人事件が起きていた。

緑区の事件の翌日、同じ緑区森の里にある市営住宅で、女性が腹を切りつけられて病院に運ばれたものの、出血多量で死亡した。
亡くなったのは市営森の里荘1棟の10階に暮らす押上千代美さん(当時53歳)。
その後、押上さんを刺したとして自首してきたのは、押上さん宅と同じ団地の同じ階に暮らすとび職の小島日出治(当時52歳)だった。

小島の妻と押上さんは普段から同じ宗教団体に加入していることからも親しかったというが、なぜこんな事件が起きてしまったのか。

それは、おすそわけの「タケノコご飯」が原因だった。

押上さんはスナックに勤務する娘との二人暮らし、一方の小島は妻との二人暮らしだったという。
先にも述べたように、妻同士は比較的仲が良かったが、仲がいいからか近くにいすぎるからなのか、諍いを起こすこともしばしばだった。

その日、仕事を終えて帰宅した小島は、妻と二人晩酌をしながらくつろいでいた。
妻のこしらえたつまみを食べ、テレビを見ながら一日の出来事を話す、そんなどこの家庭にもあるような夕餉のひととき。
ふと、小島は前の晩に炊いたタケノコご飯が残っていたことを思い出した。
自分たちだけで食べても良かったが、妻がいつも仲良くしてもらっている押上さんにおすそ分けしてはどうかという話になった。

早速、小島はタケノコご飯を押上さん宅に届けたという。

しかし、その直後に小島家に押上さんから怒りの電話が入る。

「タケノコご飯腐っとる!!私らを病気にでもさす気か!」

おそらくここで口論になったと思われるが、逆上した小島は自宅からパン切ナイフ(!)を持って押上さん宅へ押しかけた。
そして、玄関先に現れた押上さんにいきなり、そのパン切ナイフで切りつけたのだった。

押上さんの様態を見捨ててそのまま緑署に自首した小島だったが、家にある数ある刃物の中からわざわざパン切ナイフを持ち出したところを見ても、殺す意図はなかったようで、押上さんが亡くなったことを知らされると
「切り付けようとしただけだった、申し訳なかった」
とうなだれたという。

タケノコご飯にパン切ナイフ、あまりにも殺人に発展しようがなさそうな話ではあるが、事実、押上さんは亡くなってしまった。
小島は酒を飲むと気が大きくなる性格だったと言い、それまでにもトラブルを起こしていた。
けれど、近隣の人におすそ分けをしようなどと思いつく、本当は他人のことを気にかけるような人だったのかもしれない。
一方の押上さんも、おそらくものの言い方や他人との関係において万全の応対が出来る人ではなかったのかもしれない。
ただ、以前にも小島は押上さんに古くなったものをおすそ分けしていたことがあったようで、その時も言い争いになってたという。
にもかかわらず、また小島からのおすそ分けに応じた押上さんは、同じくいい人だったんだろうなぁ、とも思う。

教訓。おすそ分けは作ったその日のうちに。パン切ナイフは結構殺傷力があるので持ち出さない。

隣人を殺害した自治会長の堪忍袋~館山・大戸町近隣トラブル殺人事件~

平成27年11月6日午後3時

「殺すぞ!」

その日、農作業から帰宅した男は、自宅で妻に怒声を浴びせる男性を目にした。
あぁ、またか・・・
男はうんざりしながら妻と男性に割って入り、話を聞こうとした。
男性は何やら文句を言いながら目と鼻の先にある自宅へと戻ったが、男は男性宅へ赴いて男性を諫めた。
しかし、男性は理解不能な苦情を喚き散らす一方で、話し合いになどならなかった。

「いい加減にしろ!」

男が一喝すると、突然男性は男の襟首をつかみ「2~300万用意しろ!出来ないんだったら殺すぞ!」と凄んだ。。

男の心の中で何かが弾け飛んだ。

続きを読む 隣人を殺害した自治会長の堪忍袋~館山・大戸町近隣トラブル殺人事件~