隣人を殺害した自治会長の堪忍袋~館山・大戸町近隣トラブル殺人事件~

平成27年11月6日午後3時

「殺すぞ!」

その日、農作業から帰宅した男は、自宅で妻に怒声を浴びせる男性を目にした。
あぁ、またか・・・
男はうんざりしながら妻と男性に割って入り、話を聞こうとした。
男性は何やら文句を言いながら目と鼻の先にある自宅へと戻ったが、男は男性宅へ赴いて男性を諫めた。
しかし、男性は理解不能な苦情を喚き散らす一方で、話し合いになどならなかった。

「いい加減にしろ!」

男が一喝すると、突然男性は男の襟首をつかみ「2~300万用意しろ!出来ないんだったら殺すぞ!」と凄んだ。。

男の心の中で何かが弾け飛んだ。

続きを読む 隣人を殺害した自治会長の堪忍袋~館山・大戸町近隣トラブル殺人事件~

殺害と死体遺棄を手伝った女友達の絆~千葉・前夫殺害死体遺棄事件~

平成9年8月1日午前5時

千葉市中央区東千葉一丁目。
「もう後戻りできないよ、本当にいいの」
マンションの前で言葉を交わし、意思を確認しあった二人の女がいた。
夏のこの時期、5時を過ぎれば辺りは明るくなる。もう時間はなかった。

部屋に入ると、男性がまだ寝入っていた。ふたりは、男性に近寄りそのまま首にネクタイをかけると目いっぱい引っ張った。

早く終われ…

続きを読む 殺害と死体遺棄を手伝った女友達の絆~千葉・前夫殺害死体遺棄事件~

あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件~

令和元年8月2日

この日、元号が変わって最初の死刑が執行された。
ただ、先だってのオウム教団の死刑執行とは打って変わって、その元死刑囚らの事件にはピンと来ないという人が多かった。
一人は、福岡で3人の女性を次々と強姦したり強盗して殺害した鈴木泰徳元死刑囚(事件当時35歳/執行時50歳)。
そしてもう一人は、神奈川県大和市において、短期間の間に2人の主婦を殺害して金品を奪い、また、別の女性に対しても強姦と強盗の罪に問われていた庄子幸一元死刑囚(事件当時46歳/執行時67歳)である。
この、庄子幸一元死刑囚の事件では、一緒に逮捕されて無期懲役となった女の存在があった。
そして、庄子に殺害された被害者の主婦らは、この女の知人であった。

続きを読む あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件~

あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件②~

庄子のそれまで

庄子幸一は昭和29年10月に生まれ、両親と弟と4人で川崎市を中心に生活してきた。
父親は感情の起伏が激しく、家族は父親の顔色をうかがいながらの緊張した中で生活し、庄子も時に暴力を振るわれるなどして育った。中学2年の時に両親は離婚。母親に引き取られたものの、中途半端な時期の転校となったこともあり、中学へはほとんど通わなかった。この頃は附田(つくだ)姓であった。
中学を卒業した後、電気店などに就職はしたものの長くは続かず、怠惰な日々を送っていた。そんな中、庄子は次第に犯罪に手を染め始める。 続きを読む あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件②~

あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件③~

保土ヶ谷の祈祷師

職もないまま生活の目途もたたない日々をただ送るだけのふたりは、平成13年の夏、相鉄線瀬谷駅に近い喫茶店「A」に通い始める。
そこの常連客だった山川さん(仮名)と庄子が、気功の話題で意気投合したという。その流れで、7月の終わりに山川さんが懇意にしている祈祷師・金沢葉子さん(仮名)を紹介された。
金沢さんは、保土ヶ谷区にある自宅に稲荷大明神や祭壇などをしつらえ、悩み事を抱える人の除霊や、病気治癒のための祈祷などを生業としており、信者の数も相応にいる祈祷師だった。
面白半分で山川さんとともに金沢さん宅を訪れた二人は、そこで霊的な体験をしたことによって金沢さんに傾倒していき、金沢さんもまた、素直に話に耳を傾ける庄子と章代を気に入ったようだった。
ふたりは仕事もなく時間だけは腐るほどあったため、それ以来山川さんとともに金沢さん宅を毎日曜に訪れた。 続きを読む あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件③~