母に諦められた幼い命~広島・二児虐待死体遺棄事件~

平成12年10月末

広島東署。
その日、一人の女が知人に付き添われて警察署へ被害届を出しに来た。
知人の説明によると、女の交際相手であった男から、金品を脅し取られているということだった。
署員が調書をまとめていると、その知人は続けて驚くべき話をし始めた。
「この人の二人の子供の姿が見えない。もしかしたらその男に殺されてどこかに捨てられているのかもしれない」
突飛な話に驚く署員をよそに、母親であるその女はあまり口を開かなかった。
警察は、まず被害届を受理した恐喝の容疑で、広島市中区在住の男を11月28日に逮捕、その後の取り調べで男が
「1年前、(被害届を出した)女性の長女と長男を虐待したら死んだので、山に捨てた」
と供述したことから、呉市内と安芸区内の山中を捜索。
12月1日、それぞれの場所から二人の遺体と思われる頭骨やその他の骨片などが発見されたのだった。

遺体発見

警察は当然、男の逮捕で終わらさなかった。二人の子供がいなくなったというのにこの母親は今の今まで何をしていたのか。
12月4日、二人のうち一人についての死体遺棄容疑で、男とともに母親も逮捕した。
男は鷹尾健一(当時28歳)。母親は瀬川光子(当時26歳)。
山の中で白骨遺体となっていたのは、光子の長男・慶樹くん(当時6歳)と、長女・祥子ちゃん(当時4歳)と確認された。

警察では何らかの形で死亡した兄妹を二人が共謀して遺棄したとみていたが、二人が殺人にも関係しているとみて捜査を続けた。

遺体はそれぞれ、祥子ちゃんを呉市の休山(497メートル)に、慶樹くんを安芸区阿戸町の山中に遺棄しており、二人とも鷹尾の供述通りの場所で発見された。

祥子ちゃんの骨は休山頂上付近で広範囲に散乱した状態で発見され、おそらく道路から投げ棄てられた可能性が高かった。
1年もの間、風雨にさらされ続けた祥子ちゃんは、動物に荒らされ骨は散り散りになっていたという。
しかも、祥子ちゃんの遺体遺棄の際には、この母親が現場まで一緒に行っていた。

捜査が進むにつれ、二人が死亡したのは虐待というより殺人と言って差し支えないほど凄惨な暴力と虐め抜かれたことによるものだということが分かってきた。

鷹尾と光子

光子は平成5年に慶樹ちゃんを出産、平成7年には祥子ちゃんを出産している。
しかし、裁判資料などから読み解くとどうやら未婚状態での出産であったようで、慶樹ちゃん、祥子ちゃんの父親はそれぞれ違う。
平成11年の4月ころになって、慶樹ちゃんの父親である男性と広島市東区内のマンションで生活を共にし始めた。
しかしその生活はすぐに破綻、男性との交際も解消し、男性は家を出た。
いつごろから始めていたのかは定かではないが、光子の収入源は風俗の仕事であった。ファッションヘルス嬢として働いていた時に、鷹尾が客としてやってきたことで二人の人生は交わり始める。

一方の鷹尾は、当時呉市内で妻子とともに生活をしていたが、生活は苦しかった。
自身の名字を屋号に据えた建設関係の仕事を生業にしていたが、折からの不況のあおりもあって仕事の量は減っていたという。
鷹尾はこの頃から覚せい剤を使用しており、事業がうまくいかない焦燥感や不安感などから覚せい剤の使用頻度も増え、妻やその両親らに暴力を振るうこともあった。
そのうっぷん晴らしのひとつが、風俗だった。
たまたま訪れた店で接客してくれた光子と意気投合、すぐに二人は交際を始める。
平成11年6月末、元請業者から取引停止を言い渡された鷹尾は荒れ、妻ともうまくいかなくなってそのまま光子が暮らすマンションへと転がり込んだ。

そのまま居ついてしまった鷹尾に迷惑する風でもなく、ふたりはパチンコなどに揃って出かけては、気ままな暮らしを送っていた。
ある時、二人で並んでパチンコに興じていた際、負けが込んで苛立っていた鷹尾に、「打ち方が悪い」と言われ暴行を受けた。
光子は暴力を振るわれたことで鷹尾とは一緒にいられないと思い、7月8日には手切れ金10万円を手渡して別れを告げる。
しかしその翌日、通りすがりの男から性的暴行を受けそうになり、警察に駆け込んで保護されるという出来事が起こる。
その際、光子を迎えに来てくれたのは鷹尾だった。光子は暴力を振るわれたことなど忘れてしまったかのように、これ以降鷹尾に溺れていく。

慶樹くんと祥子ちゃん

先にも述べたがこの兄妹は異父兄妹である。
父親不在の家庭であったが、光子が働いていたためそれなりに生活は成り立っていた。
平成10年ごろ、光子が風俗店で働いている間は、託児所に預けられていたというが、ふたりがいつも「お母さん、お母さん」と母を恋しがっていた。
その様子からも、光子は子どもたちと密に接することは出来ていなかったにせよ、子どもたちからすれば大好きなお母さんであったのは間違いない。

その後平成11年の6月から、子どもたちは広島市東区内の私立幼稚園へ通うようになる。
いつも通園バスで通い、バスを降りる際にはお兄ちゃんの慶樹くんが妹の祥子ちゃんの手を引くなど、仲の良い兄妹だったという。
しかし、慶樹くんは7月に広島県吉田町で行われたお泊り保育に参加したのを最後に、突如幼稚園に来なくなる。
幼稚園であるため、夏休みがあったと思われるが、9月になっても姿を見せないのを心配した園が電話で光子に様子を尋ねると、「肺炎にかかって療養している」という返事があった。
また、「(慶樹くんは)佐伯区の実家に預けており、自分たちもいずれ呉の方に引っ越す」などとも話していた。

祥子ちゃんは通園していたが、9月末には退園手続きが取られた。
その直前の運動会では、祥子ちゃんと光子が仲良さげにお弁当を広げる姿も目撃されていた。
退園手続きが取られたのち、未払いだった9月の幼稚園の料金について連絡をしてみたが、そのまま連絡は途絶えたという。

この時点で、すでに慶樹くんの身にはただならぬ出来事が起こっていた。そして、祥子ちゃんにも、その恐ろしいものが覆いかぶさろうとしていた。

はじまり

その頃鷹尾は、光子にせびった金で日々パチンコに興じていたものの、呉に残してきた妻子のことや、今後の仕事や生活について不安といらだちが入り混じった、どうしようもない感情を抱き続けていた。
覚せい剤も常用しており、最初こそなんとかそれで気を紛らわすなどしていたが、光子と子どもたちとの生活の中で次第に子どもたちへも苛立つようになっていく。

最初は、慶樹くんの他愛もないいたずらだった。
叱るつもりで頭や顔を平手で叩き、時には「お灸」をすえるなどして「しつけ」と称して憂さ晴らしをしていた。
ご察しの通り、それは次第に、そして急速にエスカレートしていく。
8月16日、光子が外出している間に、事件は起こった。
鷹尾は慶樹君の左前頭部を思い切り拳で殴りつけた。この時は我に返った鷹尾が光子に電話し、帰宅した光子が病院へ連れて行った。
慶樹くんはかなり大きなたんこぶが出来ていたというが、その時は医師から注意を受け、治療を受けて帰宅している。

光子が病院へ連れて行くと言った際、当初鷹尾はそれを許さなかった。自分のこれまでの虐待がばれると考えたのだ。
しかし光子が「(鷹尾がやったとは)言わないから」と約束したため、病院での受診に同意した。
帰宅した光子は、診察した医師から「たとえしつけであっても子供の不注意であっても、こういった怪我が続くようなら警察に通報する」と釘を刺されたことを鷹尾に伝えた。
この時点では光子の中に、「虐待しているのがばれずに済んだけれど、もう次はダメだから、やめてくれるだろう」という期待もあったとみえる。

しかし、鷹尾の虐待はおさまらなかった。

というより、バレなかったことでなにかタガが外れたような印象すらある。
以降、ことあるごとに慶樹くんのふるまいや生活態度に難癖をつけ始め、罰と称して食事を抜いたり、布団たたきのようなもので殴ったり、時にはタバコの火を押し付けるなどの極めて残虐な虐待も行っていた。

犬の首輪と花火

虐待は熾烈を極めた。
以下、文章にするのも吐き気がするほどだが、裁判資料を基に慶樹くんが受けた虐待の様子を記す。

直接的な暴行は日常茶飯事で、蹴る殴る、それも顔面を殴打するなどのもので、慶樹くんの体には生傷が絶えない状態になっていた。
ただ殴るのでは飽き足らず、慶樹くんの頭からビニール袋をかぶせ、首には犬の首輪をはめてカーテンレールにつなぎ、逃げられないようにしたうえで立たせて腹部を蹴るなどもしていた。まるでサンドバッグである。
体をガムテープでぐるぐる巻きにしたうえ、段ボールに押し込める、漏らした大便が付着した下着を頭にかぶせて笑いものにしたり、尿を飲ませる、あるいは慶樹くんの性器の先を縛って排尿できないようにさせるなどの異常性の際立つ虐待も次から次へと考案しては実行していた。

さらに、慶樹くんを裸にして水の入っていない風呂に立たせ、火のついた複数の花火を頭や背中に近づけたり、引火性のあるスプレーに点火して慶樹君の胸付近に火傷を負わせたり、ライターのオイルを手足にかけた上で火をつける、背中に可燃性のテープやティッシュを貼り付けてそこに火をつけるなどして皮膚が剥がれるほどの火傷を負わせた。
その火傷の痕も痛々しい背中を、柄が折れるほどの力でほうきや布団たたきなどで叩き続けたのだ。

鷹尾は慶樹くんへの虐待を「楽しんでいた」。
本人も「慶樹の熱がり方が面白い」などと言っていたが、その虐待の様子をビデオカメラで撮影もしていたのだ。

火責めが続いたかと思えば今度は水責めである。
手足を縛って水が張られた浴槽内に座らせ、首に結ばれたひもを上げ下げするなどして水中に沈めたり、大型のスポーツバッグに慶樹くんを無理やり押し込め、乾燥機の中に入れるとそのまま運転させて熱風を浴びせかけ、その後すぐに水の張られた浴槽内に沈める、しかも30秒間隔で水から引き揚げたり沈めたりを繰り返し、慶樹くんは意識を失うこともあった。
その都度、腹部を押して水を吐かせ、さらに頬を叩くなどして意識を回復させていたというが、慶樹くんは痙攣をおこすほど衰弱していった。

8月の終わりころからは、極端な食事制限も加わった。
おそらくそれまでもきちんとした食事は出来ていなかったであろう慶樹くんに対し、「全面的な食事禁止」が言い渡された。
さすがに鷹尾の目を盗んでは光子が食事をわずかに与えるなどしていたというが、すでに激やせしていた慶樹くんのおなかが少しでも膨らんでいると、「隠れて食べた罰だ」として暴行が加えられた。
慶樹くんはシャワーを浴びる時に水を飲んで空腹をしのいでいた。

慶樹くんは、この時点で頭部と左頬にあった傷が化膿して、殴打された顔や胸も腫れ上がり、前歯は2~3本が欠け、背中、太腿、臀部、手の甲、足の裏や指などに広範囲かつ治っていない火傷があり、化膿し、血膿が流れ出て異臭を放つ状態にあった。
栄養も足りていないことで全身性炎症反応症候群という状態と思われ、ほとんど自力での歩行は困難となり、全裸で一日中閉じ込められた部屋で横たわるだけになっていた。

慶樹くんの存在意義は、鷹尾のストレスのはけ口でしかなくなろうとしていた。

「母に諦められた幼い命~広島・二児虐待死体遺棄事件~」への2件のフィードバック

  1. これ、ダメです。
    文章として読むだけでも気分が悪くなってきてしまい、最後の方は跳ばしながらしか読めませんでした。

    この男がどんな罪に問われ、量刑が処されるにせよ、亡くなった子供達の無念が果たされないと思うとやりきれないです(子供達を産んだ女は何を考えてたの?)

    まだ更新途中にもかかわらずコメントを残してしまい申し訳ありませんが、あまりにも憤りを感じました。

    本当に、子供達と出会う前に覚醒剤中毒でさっさと無様に死んで欲しかった。

    追記:
    先日は丁寧な返信をいただきありがとうございました。

    1. 関東人 さま

      コメントありがとうございます。
      子供が亡くなる事件はあまり書きたくないのですが、ちょっと最近、子供が殺されているにも関わらず、それそっちのけで親を理解しよう、親を助けることこそが重要(これは一理あるけれど)、親もまた被害者といった説が多すぎるきがして、連続して子供関係の記事を書いています。
      虐待の描写、きつくて申し訳ないですが、事実です。

      親は体をはらなければ罪になるのか、と言う人がいますが、そういう人は一方でやたらと親子間の愛情を強調もします。無償の愛があるとすれば、それは子から親への愛だとか。
      その、子が親を思う気持ちを黙殺しているんですけどね、虐待する親は。
      いじめでも、傍観者は同罪と言いながら、親子間の虐待ではDVで片付けられることもある。特に母親が罪に問われた時はそれが顕著です。
      私は女として母として、DVの経験者として断固それはおかしいと言いたい。
      そこには、支配と言うよりもまず第一に、「相手のことが好き、失いたくない」という気持ちが絶対にあると知っているからです。そのために子に犠牲を強いているケースが多いのに、何故か絶対に認めようとしないんですよね。
      まとまりが無くなってしまい申し訳ありません、どうも感情的になってダメですね。

      もう暫く、虐待関連の記事が続く予定ですが、良かったらまた読んでくださいね
      いつもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です