「子を置いて行け」と面罵した姑へ下した嫁の鉄槌~大田区・姑殺害事件~

平成4年6月9日

東京都大田区西糀谷4丁目。

その日、買い物から戻った嫁が、いつものように風呂の水を入れ替えようと風呂場をのぞくと、水が張られた浴槽内で座り込む姑の姿が目に飛び込んできた。
服を着たまま、口元には半分取れかけた粘着テープがついたままで、大柄な姑がなぜか小さく見えた。

慌てた嫁は、体調不良で早退して2階で寝ている夫を叩き起こし、事の次第を伝えたが、姑はすでに息絶えていた。

一階の茶の間や、姑の鏡台などの引き出しが無造作に開けられたままになっていたことなどから、警察では物盗りの犯行も視野に入れた殺人事件として捜査本部を設置した。
ただ、外部から侵入した形跡が見当たらなかったことから、捜査は思うような進展を見せていなかった。

事件から2か月余りが経過した9月3日、警視庁蒲田署捜査本部は、第一発見者の嫁を姑に対する殺人容疑で逮捕した。

その家


その家には、一家の主である会社社長・加藤康夫さん(仮名/当時66歳)、妻でこの事件の被害者である和代さん(同/当時61歳)、そして夫妻の長男である宏さん(同/当時35歳)、宏さんの妻で加害者の恵美子(当時38歳)と3歳と5歳の子どもたち、計6人が暮らしていた。
機械製造の工場を経営していた康夫さんは会社社長として、また妻の和代さんは町内会のまとめ役的な存在として知られていたが、息子夫婦は当初同居していなかった。

宏さんは都内の私立大学を卒業後、東京に営業所のある酒造メーカーに就職していた。当初の勤務地は東京で、銀座で開かれた即売会にアルバイトできていた恵美子と知り合うこととなる。
東京下町の畳店の娘だった恵美子は、「祭り好きな男みたいにさっぱりして明るい子」と近所でも評判だったが、宏さんとの結婚は当初から波乱含みだったという。
というのも、恵美子には離婚歴があった。
加藤家に相応しくない、そういって反対したのは姑の和代さんだった。
しかし、当の宏さんはそんな母親の時代錯誤な反対を意に介さず、昭和60年9月、都内で結婚式を挙げた。

その後は広島への転勤が決まったこともあり、新婚の2人は広島で新生活を始める。
広島勤務の間、夫婦仲は問題もなく、男の子と女の子にも恵まれた。
しかしその幸せな広島から遠く離れた東京では、和代さんが息子夫婦の「不義理」に業を煮やしていた。

二世帯同居

広島勤務が5年ほど経過した頃、東京の実家から思わぬ知らせが宏さんに舞い込んだ。
父・康夫さんが心臓の病で倒れたというのだ。
60歳を過ぎて、老後の心配もあったのだろう、和代さんは宏さんにこれまでになく強い調子で東京へ戻るよう説得し続けたという。
その説得は宏さんのみならず、宏さんの会社にまで及んだ。
どうやって知り得たのかは不明だが、人事異動の季節になると会社や上司の自宅(!)にまで電話をかけては、「息子を東京に戻してくれ」「約束が違うじゃないか」と訴えたのだ。
会社にまで母親の圧力が及んでいることにいたたまれなくなった宏さんは、なんと会社を辞めてしまう。
そして、母親の願い通り、東京で再就職をしたのだ。

平成2年の5月、宏さんと恵美子は東京に戻った。そればかりか、勝手に二世帯住宅にした宏さんの実家で同居生活も決まっていた。
恵美子は内心どう思っていたのは定かではないが、二世帯とは名ばかりのほぼ完全同居に近い状態での生活はかなりこたえたとみえる。
その上、家事や炊事はすべて恵美子に丸投げされた。もともと自営業である上に、町内会の顔役でもあった和代さんは忙しく、恵美子が同居したことで嫁という名のいわばお手伝いを得たような状態だったのかもしれない。

和代さんは還暦を過ぎたとはいえ、もともと身長が160センチあったといい、小柄な恵美子からすれば体力面でも姑には勝てなかった。
さらに、性格も「勝気」を絵にかいたような和代さんは、宏さんの勤務していた酒造メーカーの社長に「クセが強い」と言わしめるほどだった。

恵美子は日々の家事のやり方、料理の味付け、はては子供のしつけや宏さんの身の回りのことにまで逐一ダメ出しをされる日々だった。
一方でそれは、嫁に来た人間に対する姑の愛のムチ、とも取れたが、恵美子にとっては苦痛以外のなにものでもなかった。料理は気に入らなければ手つかずで捨てられるといったこともあり、恵美子にとっての自由は布団に入って寝るまでの間だけだった。

周辺では一見、よく出来たお嫁さんと面倒見の良いしっかり者の姑、という風にみられており、特に仲が悪そうには見られていなかった。
しかし、時に和代さんは知人に「(恵美子が)あまりにも昼の支度が遅いもんだから、今日は昼ご飯を食べてないの」などとこぼすこともあったという。

これだけならばどこにでもあるような他愛もない愚痴の一つと聞き流すこともできるだろうが、恵美子が言われていたのはこんな生易しいものではなかった。

「嫁は人にあらずというんだ」

和代さんの気の強さは、先にも述べた通り宏さんの会社関係の人にまで知られていた。
実は新婚早々、東京に実家があるにもかかわらず広島へ転勤「させられた」のは、会社のいわば温情であった。
宏さんが勤める会社の社長は、ふたりの仲人も務めた人物であるが、打ち合わせなどで和代さんと接するにつけ、「この母親がそばにいたのでは夫婦にとって良くない」と感じたという。
そこで、会社としてはなるべく遠ざけた方が良いと判断して、あえて広島へ行かせたのだった。
しかしこの転勤も、一筋縄ではいかなかったのだろう、先にも述べた通り、2~3年を経過した頃から和代さんからの執拗と言っていいほどの催促が会社に届くようになる。
おそらく会社としても、和代さんを説得させる「建前」として、2~3年経てば東京に戻す、というようなことを言っていたのかもしれないし、宏さんがそう言っていたのかもしれない。だからこそ、「約束が違う」という和代さんの言葉があるのだ。

思いつめると他人の都合など全く意に介さないという和代さんは、広島で生まれた孫たちに会えないのも不満だった。
ようやく取り戻した息子と孫との生活で、そんな和代さんの激しさも和らぐかのように思えたが、そんなに甘くはなかった。

恵美子は些細なことでも和代さんから手厳しい指導を受けたという。
それは時に理不尽だったり、和代さんの言い分が間違っていることもあったのだろう、恵美子も言い返すことがあった。
そこで、和代さんの口から信じられない言葉が飛び出すのだ。

「嫁は人にあらずというんだ。お前は人間じゃないんだ、口答えするな!」

これは裁判で明かされたものだが、恵美子はこのような暴言にも黙って耐えるほかなかった。義父にも、夫である宏さんにも、心の内を相談できなかった。
親しい知人に時折、姑の傍若無人ぶりを愚痴るのが精いっぱいだったという。
ただ、古い付き合いも色濃く残るこの町で、あまり真剣に話してしまうとかえって姑の耳に入ってもいけないと思ったのか、誰もが聞き流せるレベルの話しかしなかったようだ。

それにしても、嫁は人にあらずって、姑も最初から姑じゃあるまいし何言ってんだばばぁと私なら思えるが、想像もしなかったこの強い言葉に、言い返す気力もなくしてしまう人がいても不思議ではないだろう。

しかし恵美子をぶち切れさせたのは、この言葉ではなかった。

再びの転勤

そんな辛い日々に、ようやく希望の光が差し込んだ。
別の会社に再就職していた宏さんに、再び転勤の話が持ち上がったのだ。宏さんも別居に賛成しており、これでようやく家族だけで暮らせる、その話を聞いたときの恵美子の心情は痛いほどわかる。
しかし、その話を恵美子は和代さんに切り出せずにいた。

和代さんは、宏さんが二度と転勤などしないと思い込んでいた。会社の辞令であろうがなんだろうが、そんなことは和代さんには関係のないことであり、和代さんにとって自分の幸せを邪魔するものはたとえ会社だろうがなんだろうが、どんな手段に出ても排除しようとするのはわかりきっていた。

もしかしたらまた広島の時のように、会社に迷惑をかけるかもしれない。それに、この転勤がもしもうまくいかなかったら、それこそ宏さんとて二度と転勤でもめたくないと思うかもしれない。
辛い日々の中で、時折住宅情報誌を買ってはひとり、読みふけって想像を巡らせるのが唯一の楽しみだった恵美子にしてみれば、転勤が出来ないということはもう死ぬまでこの家に縛られるということを意味していた。

6月末までには家を出たい、そういう状況になっても、恵美子は和代さんに転勤の話を一切話せていなかった。
知人にそのことを相談はしていたが、解決の糸口が見えないまま時間だけが過ぎていった。

決定的な言葉

言い出せないまま日が過ぎる中、日常的な和代さんからのきつい言葉に恵美子は疲弊していった。
これではいけない、意を決して転勤の話を和代さんに打ち明けた時、恵美子の心は打ち砕かれた。

「家を出ようとしてるのは知ってるよ。もうね、息子のことはあきらめた。もういらない。でもこの家の跡取りになる孫(長男)だけは渡さないから。置いて行け」

私でもぶん殴りたくなるようなこの時代錯誤というか、人としての存在否定というか、もしもこれが事実であったならば「このばばぁは生かしておけん」と一瞬、一瞬チラッとそういう考えがよぎる可能性はゼロではない。
恵美子の殺意はこの言葉がきっかけであるとされた。

恵美子は自身に処方されていた精神安定剤を昼ごはんのおにぎりに混ぜ込んだ。細かく砕き、さらには気づかれないよう醤油で味も付けた。
醤油味のおにぎりは和代さんの好物でもあったため、和代さんは気づかず完食し、そして意識がもうろうとなっていった。

「今、全てを話して謝ろうか・・・」

意識がもうろうとしている和代さんを前に、恵美子は立ち尽くした。そして、数秒か、数分か、その間に様々なことを考えては打ち消し、恵美子は決断する。

「それでもお義母さんなしの、親子4人の生活がしたい!」

水の張られた浴槽に、恵美子は和代さんを沈めた。

家族の在り方

平成の初め、今からおよそ30年ほど前の事件ではあるが、今でもこういった完全同居を「強いられている」家庭はあるだろう。
もちろん、そこには経済的な問題で何もかも飲み込んだうえでの同居もあるだろうし、介護などの問題でやむを得ず同居しているといった家庭もある。
ただ、恵美子の場合は「姑の有無を言わせぬ命令」での同居だった。周囲の人たちまでもが、「クセの強い」と感じる姑から離した方が良い、そう思うほどの、言葉を選ばずに言えば「異常な」状態での同居だった。

事件後、恵美子には1,000名を超える減刑の嘆願書が集まった。そしてそれを集めたのは、ほかならぬ夫の宏さんであった。
宏さんは、裁判にも出廷し、「妻だけの問題とはとらえていない、私や父にも責任はある。」と証言した。
それまでは外していた結婚指輪も、事件後宏さんの指にはめられた。それも、「事件の責任を背負う意味を込めて」つけるようにしているという。
うーん、どうしてもっと早く・・・と思うのはいささか厳しい見方だろうか。

恵美子がどれだけ厳しい状態だったかは、事件後の姑の側の親族や宏さんの姉らの証言からもわかる。
「嫁いびりと言われるのは心外、嫁に行ったらその嫁ぎ先の家風に染まるべき」
事件後もなお、このように言ってのける神経には清々しさすら覚えるが、そういう考えの「家風」だったのだろう。
恵美子の逮捕直後は怒りを隠さなかった和代さんの夫・康夫さんは、裁判が始まる頃には「早く罪を償ってよき母、よき妻になることが何よりの供養」と思っていることも明かされた。
ただこの言葉も、恵美子が良き母、良き妻ではなかったから、和代さんが厳しく教えていたのだ、その和代さんの教えを守ることがあたかも良き母、良き妻になることであるかのような印象も受ける(そうじゃないんだろうけどね)。
抹殺したはずの和代さんの亡霊は、いつまでも恵美子の心から出ていくことはないだろう。

判決は平成5年3月3日に言い渡され、懲役10年の求刑に対して懲役7年の判決だった。
殺人自体は決して軽い罪ではないものの、「子を思う母に対して当時5歳の子供を置いて行けというのは、母親の気持ちをあまりに無視している」と、東京地裁の吉本徹也裁判長は執行猶予には値しないとしたものの、恵美子の心情を一部酌みとった。
おそらく恵美子にとってはそれで十分だったのではないか。誰かが理解してくれただけで、もう十分だったのではないか。そう考えると、もしも家族の誰かが恵美子にねぎらいの言葉をかけてさえいれば、和代さんを諫める人がいれば、もしかしたら恵美子は和代さんを殺すことはなかったかもしれない。

罪に問われることなど重々承知、恵美子は犯行後も本当のことを言わなければいけないと思い悩んでいたが、どうしても長男の誕生日を祝いたかった。
そして、その思い悩む日々でありながら、和代さんがいなくなったこの世界の「居心地の良さ」も感じていたのだろう。
「お姑さんが亡くなった途端、それまであった嫁さんの目の下のクマがすぅっと消えた」
近隣の人らの中には、そういって恵美子の心情を思いやる人もいた。

ただ、出所した恵美子が、夢にまで見た家族水入らずの暮らしを手に入れたかどうかは、わかっていない。

(※今回の記事について、加害者が10年以上前に出所していること、遺族の心情が複雑であること、ネット上ではほとんど情報が出ないことから、妻・恵美子以外の名前は仮名とします。苗字についても仮名です。)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です