あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件②~

庄子のそれまで

庄子幸一は昭和29年10月に生まれ、両親と弟と4人で川崎市を中心に生活してきた。
父親は感情の起伏が激しく、家族は父親の顔色をうかがいながらの緊張した中で生活し、庄子も時に暴力を振るわれるなどして育った。中学2年の時に両親は離婚。母親に引き取られたものの、中途半端な時期の転校となったこともあり、中学へはほとんど通わなかった。この頃は附田(つくだ)姓であった。
中学を卒業した後、電気店などに就職はしたものの長くは続かず、怠惰な日々を送っていた。そんな中、庄子は次第に犯罪に手を染め始める。

最初は窃盗だった。しかし犯罪行為はエスカレートの一途をたどり、放火事件を起こして中等少年院へ。退院後も素行が改まることはなく、昭和50年に懲役5年の実刑を受ける。
その後、3年足らずで仮釈放となったものの、住居侵入、窃盗、強盗、強姦などの重罪を積み重ね、仮出所から1年もたたない昭和53年11月、懲役8年の実刑となった。
昭和61年の暮れ、出所した庄子は母親のもとに身を寄せた。その際、離婚した父親が「庄子」の姓を継がせたいと希望していたことなどから庄子幸一に戻った。

昭和62年の秋、母親とその内縁の夫、そしてその二人の間にできていた子供と埼玉県春日部市に引っ越し、きちんとした会社に一旦は就職した。
しかし半年で辞め、またもや以前のような無為徒食の日々を送るようになる。その後、母親らが川崎市へ戻ってからはひとり春日部市内に残ったものの、出所後間もなくから犯した罪(強盗強姦未遂、窃盗、強盗致傷など)で逮捕され、懲役9年の判決を受けた。
次に出所したのは平成10年7月のことである。

このように、庄子の人生は、少年院なども含めるとこの時点で人生の多くの時間を塀の中で暮らしていたことになる。
殺人こそ犯していないとはいえ、同じような犯罪を何度も繰り返すあたり、刑罰をもってしても矯正、更生には程遠いと言わざるを得ない男だった。

平成10年に出所した後は、東京都内で経理関係の仕事に就きはしたがここもすぐ辞め、当時横浜市瀬谷区に住んでいた母親の近くに住居を構えていた。
時折、近隣の県へ働きに行くなどしたともいうが、横浜市瀬谷区内のアパートを母親に借りさせ、生活費なども頼りながら怠惰なその日ぐらしが主であった。

そして平成12年4月、大和市鶴間のスナックに行った際、ホステスをしていた章代と出会うこととなる。

章代のそれまで

章代は両親と弟と、兵庫県相生市内で暮らしていた。相生市内の小、中学校を出て、姫路市内の高校に進学。卒業後は岐阜県内のとある宗教団体が宿舎として利用している旅館の仲居として働いた。
幼いころから厳しい母親に育てられたせいか、章代はどこかおどおどして、他人に胸の内を明かせないような性格だったという。
また、神秘的な話や霊的な現象にも興味を持っていたようだった。
父親が病に倒れたことで岐阜の旅館を退職して相生市に戻ってからは、市内にある食堂の店員として働いていた。そして、そこへ東京からの出張で来ていた鈴木哲也さん(下の名前のみ仮名)と交際するようになる。
昭和61年に23歳で結婚した章代は、年子で2女をもうける。その頃は横浜市内の社宅住まいであったが、平成7年には大和市鶴間のマンションを購入、108号室へ入居した。

順調見見えた結婚生活だったが、実際はそうではなかった。
もともと出張が多い哲也さんは、どこの家庭でもそうであるように妻の話をよく聞かなかった。
専業主婦で子育てに奮闘する章代は、話したいこと、聞いてほしいこと、相談したいことが山のようにあったが、そのたびに哲也さんの意見ばかりを押し付けられたという。会話もままならず、家を空けることも多かった哲也さんに対し、章代は次第に不満を募らせていく。
そして、平成4年、3人目の子どもを妊娠したものの、中絶する。これは哲也さんの意向だったという。
どういった話だったのかは定かではないが、子育てに対する考え方のほかに経済的なこともあったようだ。

このことをきっかけに、章代は哲也さんに対して冷めた感情をもつようになった。
平成6年から11年にかけて、章代は外に働きに出た。保険会社の外交員だった。
自分の自由になる金が出来たことも手伝ったのか、章代はそれまでの結婚や男性に対する不満を解消するため、テレクラにはまる。
そこで不特定の男性と性的関係を持つなどし、加えてマルチ商法にもはまっていく。
補正下着の販売や、経済革命倶楽部(KKC)にも投資するなどし、それらが行き詰まってからもサラ金で借金を重ねた。
この頃、第一の被害者となる弘子さんと出会う。KKCでの投資が失敗したにもかかわらず、その後も投資やマルチ商法などに没頭、ついに哲也さんの貯金を無断で引き出してしまう。
哲也さんは、章代がそういった胡散臭い投資話に乗っているのを知っており、かねてより反対してきた。にもかかわらず、平成10年8月に哲也さんの口座から180万円が無断で引き出されていたことが発覚し、そこから離婚話にまで及んだが、哲也さんが思いとどまったことで離婚は回避された。

とはいえ、夫婦仲は冷え切り、二人ともお互いのことに関心を示さないような寒々とした家庭が出来上がってしまっていた。

平成11年、章代は大和市内の小料理屋、スナックなどで働くようになり、平成12年、運命の出会いをする。

「藤原孝」

その男は饒舌だった。タイ人の妻がいるという男は、第一勧業銀行の重役という肩書をひけらかし、常に羽振りの良さを見せつけていたという。
その店に、週末だけ働いていたのが章代だった。男は章代を気に入り、ネックレスをプレゼントするなどして贔屓にしていた。
章代もまんざらではなかったようで、いつからかその男と親密な関係になっていった。
男は、「藤原孝」と名乗った。

哲也さんとの結婚生活に虚しさを感じていた章代は、「藤原孝」の女心をくすぐるような優しさに惹かれ、最初は一緒に飲み歩く程度だった付き合いも、当然のように肉体関係へと発展し、さらにその年のGWには哲也さんが出張で家を空けるのをいいことに、未成年の子どもたちを家に残したまま「藤原孝」と旅行へ出かけるという大胆な行動に出た。

「藤原孝」は実際に金を持っていた。章代がダメもとで自身の借金のことを話すと、「200万くらいなら用立てられる」という答えが返ってきた。
旅行などの遊興費はもちろん、その後も章代が頼むたびに現金を援助してくれた。
章代にとっても「金づる」という感覚ではなく、自分を助け愛してくれる存在として「藤原孝」に溺れていった。

しかしその年の夏、勤めていたスナックのオーナーから、「あの男と今後も付き合うならうちの店には置いておけない」と言われてしまう。
「藤原孝」は、羽振りが良い一方で、別の店では無銭飲食に近い行為を行ったり、少額ではあるが貸した金を返さないなどの苦情が相次いでいた。そして、時にそこには章代の存在もあったということから、オーナーが章代に問い質したのだった。
章代は店を辞めた。

その後は「藤原孝」の紹介で別のスナックへ移り、その頃章代は「藤原孝」の子供を妊娠する。
哲也さんとはすでに冷え切ってはいたものの、さすがに現状で出産することは出来ず中絶した。
鶴間駅前のラーメン屋台へ行った折、かねてから顔見知りであったその屋台の主人・坂口さん(仮名)に、いつものように「藤原孝」は銀行での債権取り立てや融資話を話して聞かせたところ、坂口さんが別の知人にその話を取り次いだことで、「藤原孝」の大嘘が発覚する。

男は銀行の重役でもなければ、タイ人の妻もいなかった。「藤原孝」という名前は、拾った免許証に書いてあった名前で、男の本名は「庄子幸一」であった。

逃避行

騙されたと知った坂口さんの追い込みは激しかった。長年、屋台をひいて生きてきた人間だけに、顔も広く、そして何よりメンツを潰されたことへの怒りはただ事ではなかった。
平成12年10月、坂口さんは藤原孝こと庄子幸一を呼び出して問い質そうとした。しかし、どこに住んでいるかが掴めなかったため難航、そこで、妻かもしくは愛人だとにらんでいた章代に目をつける。庄子の居場所を聞き出そうとしたが、章代はこれを突っぱねた。
坂口さんも引かず、章代の勤めるスナックのみならず、自宅にまで電話を掛けてくるようになっていたため、章代も内心不安な気持ちはあった。
しかしそれ以上に、章代は庄子を信じていた節がある。この時点でも、庄子は自分が大手銀行の元役員で、退職金が6000万円あるなどと章代に話していたからだ。
ちなみに、タイ人の妻はタイに帰った設定になっていた。

庄子は章代に対し、坂口さんがヤクザを使って何かしてくるかもしれないなどと吹き込み恐怖心を煽り、自宅マンションには帰らない方が良いと言い聞かせた。
そこで章代は、子供達を連れて庄子とともに相生市の実家へ戻り、その後も神戸や熱海に滞在した後、そろそろほとぼりも冷めたと考え自宅へ戻った。
しかし自宅へ戻ると再び坂口さんから脅迫めいた連絡が入ったことで、やはり自宅にはいられないと思うようになる。
一体何事かと訝しむ夫の哲也さんには、庄子がうまく言いくるめ、章代の身を守るために一旦身柄を自分に預けてほしいなどと話し、哲也さんの了解を得て章代と二人、平成12年の11月末から全国各地の旅館やホテルを転々とするような生活を始めた。

しかし、夫の哲也さんは預かると言っても数日のことだと思っていた。実際、庄子から「この日くらいまで」と日付も切られていた。にもかかわらず、その日が過ぎても章代が帰ってくるどころか、連絡すらつかない状態であったため、章代の母親とともに捜索願を提出。
一度、章代が金策のために関西在住のいとこに連絡してきたことを把握した際、姫路市内に呼び出して接触しようとしたが、章代は逃走した。
章代自身、当初はすぐに自宅へ戻るつもりだったという。しかし、庄子が「調査しているが、まだ(家に帰るのは)無理だ」などとそれを阻んでいた。
また、章代は哲也さんに内緒で借りたサラ金のことが気になっていた。自分が留守にしている間に、おそらく自宅へ督促の連絡が行っているはずで、そうなればもう哲也さんとは離婚になるだろうと覚悟していた。
事実、哲也さんは章代の借金を把握していた。その上で、章代が逃げたことから「章代には家に戻る意思がない」と、「章代が自分の意志で庄子と逃げている」と確信、その年の12月28日に離婚届を提出した。

庄子と章代はその名の通り、逃げ回っていた。
この時点では坂口さんからの追い込みから逃げているわけだが、それにしてもどこか「逃避行している自分」に酔っているようにも見える。
庄子にはこの時点で金はなかったが、章代と旅に出た直後に、章代が持っていた哲也さんの保険証を悪用して、300万円をサラ金から借りていた。
その金をどうしたのか定かではないが、逃避行中は金がなかった。そこで庄子は章代には内緒で宿代を踏み倒す行動に出る。章代には、「後で弁護士が払うから大丈夫」などと言い含めていたが、章代は早い段階で自分たちは無銭宿泊をしていることを認識していたという。そして、わかっていながら、それを楽しんでいたというのだ。


平成13年4月。「一生分の温泉巡りをした」からかどうなのか、ふたりは逃避行に飽きた。
そして、無銭宿泊の件で警察が動いており、連絡がいった庄子の母親からとりあえず横浜に戻るよう説得され、ふたりは庄子の母親の協力の下、横浜市瀬谷区内のアパートで潜伏生活を始めた。
ただ、住民票を動かせないために就職もままならないなどと言っては、母親に生活のほとんどを頼るばかりで、ふたりとも働く素振りはなかった。

その年の5月。ふとしたことで自身の住民票を見た章代は、そこに自分の名前が抹消となっている事実を知る。
もう、あの家には戻れないし、子供達にも会えないだろう。わかってはいたとはいえ、自業自得とはいえ、現実を目の当たりにした章代の心は震えた。
しかし同時に、もはや自分には庄子しかいないとはっきりと自覚した瞬間でもあった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です