解体途中で投げ出した女が残した、鍋の中身~交野市・夫バラバラ殺人事件~

平成9年8月12日

大阪府交野市幾野4丁目。そのマンションでは、5月くらいから異臭騒ぎが持ち上がっていた。
生ごみのような、明らかに何かが腐敗しているようなその臭いは、3階の部屋から漂っていた。
この部屋の住人は、たしか夫婦だったはず。しかし、住民らは分譲マンションのその部屋で、夫婦の姿を1年ほど前から見かけなくなっていた。

マンションの自治会では、再三警察に相談するなどしていたが、当初は真剣に向き合ってもらえずにいた。夏になり、異臭は凄まじいことになり、ドアノブから合鍵を作り、それが出来た12日に警察官、自治会長がその部屋に踏み込んだ。

ドアを開けた瞬間、もうこれはただ事ではないとその場にいた全員が悟っていた。
凄まじい腐敗臭、それは浴室からのものだった。
浴室のドアを開けると、そこにはバラバラに解体された性別不明の成人らしき遺体と、のこぎりが放置されていた。

消えた夫婦

この3LDKの部屋には、アパレル会社勤務の圓山裕昭さん(当時52歳)とその家族が住んでいるはずだった。
圓山さんは1989年の3月にこの部屋を購入、夫婦とその娘の4人暮らしだったが、妻とは1993年の暮れに病気で死別。その後、1995年11月に再婚し、娘らが独立した後は夫婦二人暮らしであった。

警察では娘らにも当然連絡したが、「鍵が違っていては入れない。父親ともかなり長いこと連絡が取れていない」と話した。

男性は大阪市内のアパレル会社に勤務していたが、1996年の初めから無断欠勤になっていたため、会社は同3月で退職の措置をとっていた。
しかし、妻は近隣や知り合いに、「夫が東京に転勤になった、すでに夫は東京へ行っているが、自分は娘の出産があって一緒に行けない」と話していて、実際に引っ越し作業も行われていた。
4月末、「娘の出産を手伝う」と言ってそのまま妻もいなくなり、それ以降マンションの自治会費も支払われなくなっていた。

浴室にあった遺体は、死後1年以上経過しており、洗い場には切断された頭部、胸部、左足、右腕があった。腹部はほとんどがなく、遺体は腐乱して白骨化していた。
胸部には右腕と左足が重ねておかれ、そのわきに鋸が立てかけてあったという。
まるで、作業の途中で放り出したかにも思える惨状であった。
さらに、電気が止められた冷蔵庫の野菜室からも黒いポリ袋に入った内臓らしきものも発見された。

遺体はその後、歯形によって圓山裕昭さんと断定。
一方で同じく所在が分からない妻は、裕昭さんの姿が見られなくなった以降も3か月ほどこの部屋にいた。また、家具などを運び出して引っ越したはずのこの部屋には、その後数か月、電気やガスの使用があったこともわかった。
警察では事情を知っているとみて妻の行方を追った。

裕昭さんとこの妻は、1995年の11月に結婚相談所を通じて知り合っていた。そしてすぐに意気投合し、結婚、当初は娘たちとも一緒にカラオケに行くなど円満そのものだったという。
しかし、娘たちが独立した1996年の初めからは、娘たちが家に電話しても誰も出ないなど、連絡がつかなくなっていた。この当時はまだ、携帯電話は一般には普及していなかった。

妻は周囲に「夫は転勤になった」と話す一方で、会社には「夫の行方が分からない」などと話していたことも判明。
また、玄関の鍵が取り換えられていたこともわかった。1996年の夏、娘の一人が荷物を取りに実家のマンションへ寄ったところ、鍵が合わず中に入れなかったという。
その頃、室内ではすでに裕昭さんは死亡していた可能性が高い。
さらに、裕昭さん宅にあったはずの金庫から現金が持ち出されていることもわかった。
裕昭さんは常々、金庫内に現金で100万円以上は置いていたといい、亡くなった妻の保険金を請求し、いずれ娘二人に分配すると言っていた。しかし、その後音信不通となり、娘もその金の行方は全くわからずにいた。

妻は依然として行方不明だったが、その後の捜査で裕昭さんが自分にかけていた生命保険を妻が解約し、払い戻しを受けていた事実が判明。保険金の受取人も、娘から妻へと勝手に変更されていた。

大阪府警枚方署の捜査本部は、行方不明の妻を京都市内で発見、任意で事情を聴き始めた。

前科持ちの後妻

大阪府警枚方署は、平成9年8月20日、死体損壊と死体遺棄の容疑で裕昭さんの妻・栄(当時45歳)を逮捕した。
栄は事情聴取に対し、「冬、主人が倒れているのを見た」などと話しており、何らかの理由で亡くなった裕昭さんの遺体を損壊し、それを遺棄した点については認めていた。

栄は裕昭さんが死亡した後、生命保険の受取人を自分に変更したうえで、解約して総額1300万円にものぼる返戻金を受け取っていた。

交野のマンションを後にした栄は、京都市右京区の借家に移っていた。
栄は幼いころをこの京都市内で過ごしている。
生まれつき心臓が弱く、体調を崩しがちだったというが、中学卒業後、窃盗で少年院に入った。
そして昭和56年の2月、大阪・天王寺で喫茶店を経営していた従姉の中尾きよこさん(当時55歳)に借金の申し込みを断られて激高、椅子で殴った後アイスピックや包丁でめった刺しにして殺害するという事件を起こす。
その際、現金20万円とダイヤモンドを持ち去っており、強盗殺人で懲役13年の実刑となった。
服役中、九州出身の男性(こちらも服役中)と結婚するが、薬物中毒だったその夫は栄が出所する前に死亡した。
平成3年に出所した後、京都市内の製本所で3年間勤務。その間は非常にまじめだったというが、ある時、「広島へ行く」と言ってそこを辞めた。
しかし実際には広島へ入っておらず、京都市内で二度目の結婚をしていた。その時の結婚は経済的な理由で2か月で離婚した。

そして平成7年。裕昭さんと出会うのである。

結婚生活と潜伏生活

裕昭さんは、先妻を病気で亡くした後ふさぎ込んでいたという。
しかし、結婚相談所で出会いを重ね、一度は婚約までこぎつけた女性がいた。その女性とは直前で破談となってしまい、裕昭さんがさらに落ち込んでいたところへ現れたのが、栄だった。

「京都のひとで、結婚歴はあるけど子どもはおらんねん」

そういって知人らに栄の写真を見せていたという。
娘たちが同居していた時も、うまく付き合えていた。裕昭さんが仕事へ出かける際は、マンションの1階まで下りて「行ってらっしゃい」と手を振って見送る様子も目撃されていた。
栄は結婚後、交野のマンションで結婚仲介所を運営していた。といってもやり始めたばかりだったようだが、自宅の一部屋に応接セットを置き、事務用の電話も引いた。
近所の店にはパンフレットを置かせてもらい、日々忙しく働いているという印象だったと近隣の人々は言う。

ただ、結婚前は地味な印象でしかなかった栄だったが、結婚後は派手な印象へと変わっていた。
行きつけの美容室には頻繁に通い、単にシャンプーだけしてもらう日もあった。裕昭さんの存在が分からなくなって以降は、毎日シャンプーをするためだけに美容院へ通っていたという。
交野のマンションを出てからはさらに拍車がかかっていた。

栄は、以前の服役後に右京区西院乾町あたりで働いたことがあり、交野のマンションを出た後はその右京区の文化住宅に身を潜めていた。
そこでは旧姓である「西原」を名乗り、近所の人らには「主人はがんで亡くなって、今は一人暮らし」と話していた。
家の中は散らかり、食事はいつも弁当で済ませていた。
仕事はというと、美容師をしているとも話し、知人らと旅行や釣りに出掛けるなど社交的な人間と映っていた。

一方で、気性が激しいというか、感情の起伏が激しい面があり、気に入らないことや思い通りにならないことには激高したという。
住んでいた文化住宅の前の道路にはみ出るように植木鉢を並べていたのを、近所の人が「もう少し下げたら?」と何気なく注意したところ、「なんでそんなことせなあかんの!歩けるやないの!!」と声を荒らげた。
そうしてケンカ腰の物言いをする割に、すぐに涙ぐんだりすることもあったという。
しかし、仲が良い人には大盤振る舞いをしていたようで、一緒に旅行に行く際も旅費はすべて栄が負担したり、どんな細かい支払いでも常に万札を出した。
ただ、妙に勝ちにこだわる性格で、たとえ仲の良い人らとのカードゲームであっても、自分が勝つまで、自分が納得するまで勝負を止めようとしないという一面もあった。

そして、そんな栄に新しい「男」の存在が出来る。

とばっちりの男

その男性は、栄が逮捕された直後はあたかも共犯者であるような報道もされていた。
周辺の人の話で、どうやらこの男性と栄は愛人関係にあると噂されてしまったから、というのが大きな要因だろう。
さらにもう一つ、実はこの男性は裕昭さんと栄が結婚するより前からの「知り合い」だったのだ。

しかし男性は事件と全く関係はなかった。むしろ、もしかするとこの男性が被害者になっていた可能性も無きにしも非ずだったにもかかわらず、世間からは好奇の目で見られるようになってしまった。

「栄ちゃんは大嘘つきや!」
そう声を荒らげる男性は、栄からは「おっちゃん」と呼ばれており、近所の人らには「親戚のおっちゃん」と話していた。
男性と栄の関係ははっきりとしないが、栄の住まいに頻繁に訪れ、栄とは手をつないで歩いたり、一緒に銭湯へ行ったり、栄が飼っていた犬の散歩をさせるなどしている姿は近所で良く目撃されていた。
男性には妻と娘がいたというが、栄とは1994年ころに知り合っていた。そして、しばらく交際したようだったが、1995年11月に栄の方から「広島の兄の所へ行くから」と言われ、そこで交際は途切れていた。
しかし、1996年の4月になって、栄の方から再び連絡が来て、「住みやすいから京都で暮らすことにした」と言われ、引っ越しを手伝った。それ以降、一緒に釣りに出掛けるなどしてきたという。

男性も栄は美容師をしているといい、裕昭さんのことも交野のマンションのことも一切知らなかった。
さらに栄は、周囲の人々に対してその男性が困っていたので金を出してやったなどと言う「嘘」も吹聴していた。
栄は、男性と親密な関係をつづけながら、本当のことはほとんど話していなかった。

嘘にまみれた女

栄はとにかく嘘だらけの女だった。
隠したいことは誰にでもあるし、言いたくない、言わなくていいことは咄嗟に嘘でごまかすこともあるだろう。
しかし栄の場合は、「誰も聞いてない」のに、自ら嘘を話して聞かせていた。
交野のマンションを出て京都市内へ移った後も、職業は美容師だと周囲は思っていた。休日も必ず月曜日だったようで、先述の親しい関係だった男性も栄は美容師と信じていた。
「勤めていた美容院が桂の方に新店を出す、そこの店長なの」

そんな話もしていたが、実際はというと、上京区のコンビニ(スーパーという説もあり)の店員であった。
さらにそのコンビニでも、店のオーナーが思わず苦笑いしてしまうほどあからさまな作り話ばかりしていた。
知り合いに寝たきりの人がいて、その人の看病をするために毎日朝5時から病院に詰めているとか、歌がうまいので業界からスカウトがくるとか、そういう自分を良く見せようとする類の嘘、作り話だった。

このコンビニの面接時にも、栄はこんな話をしている。
「以前は美容師で、月給は35万円くらいあった。美容液が肌に合わず、手が荒れてしまって美容師はやめざるを得なかった」
女性が当時30万円以上も稼いでいたと聞いて、オーナーは慌てて
「うちはそんなに払えないよ、時給650円(当時)だけで大丈夫なの?」
と栄に確認すると、
「お金はあるから時給は安くても大丈夫」
と答えたという。

その時点で、栄は裕昭さん宅から持ち出した現金や解約した保険の返戻金などを併せて1700万円ほど持っていた。
ただ一生を遊んで暮らせる額には程遠いため、とりあえず日々の生活費くらいは稼ごうと思ったのだろうか。
片方では他人に金払いの良さを見せつけ、片方では時給650円のアルバイトに精を出す…栄は何のために金が必要で、そもそも裕昭さんを殺害したのはどういった動機だったのか。

殺害の動機

警察の取り調べに対しても、感情の起伏の激しさを見せつけて一時は入院もしたというが、8月24日になって、「ケンカになって夫が持っていた包丁を奪ってもみあっていたら刺してしまった」という話をし始めた。「夫の浮気でケンカになった」ということも供述していた。
しかし、結婚して3か月ということや、保険金の受取人を変更するなどした点も踏まえ、警察ではハナから金目当ての結婚だったのではないかとも見ていた。

ただ、丸山さんと結婚する前の結婚では、確かに金にうるさい一面はあったものの、元夫が金銭管理をし、栄の思うようにさせなかったところプイと出て行ってそのまま離婚となっていた。婚姻期間はたった二か月である。
もしも金目当てだったならば、この前の夫も標的にできたはずであるが、難を逃れていた。

そして期間を置かずして、裕昭さんと交際し結婚、これが最初から金目当ての結婚であったとしても、その後の殺害行為に果たして計画性があったのかどうかは議論の余地があった。
一審の大阪地裁では、日ごろから給料を全額渡してくれない裕昭さんの態度に不満があったところへ、夫が香水の匂いをさせて帰宅したことから口論となって事件へと発展した、いってみれば「偶発的な不幸な出来事」であったとした。
検察は無期懲役を求刑したものの、その点が酌量されて懲役20年となった。
しかし、平成14年3月27日の大阪高裁では、一審判決破棄。西田元彦裁判長は「犯行は冷酷、残忍なうえに被告は反省していない」と断罪。求刑通りの無期懲役を言い渡した。

判決は確定した。

バラバラにしてさらに煮込む人々

事件発覚時、捜査員らはマンションの台所に複数の鍋や炊飯器が置いてあるのを確認している。もちろん中身も確認したが、その中身は遺体の一部が煮込まれた状態で放置されていた。
バラバラ遺体を煮込むという犯人は実は結構いる。古くは暴力団員を殺した後の処理に困ってラーメンの出汁をとる寸胴鍋にポイしちゃった手首ラーメン事件、北九州の松永太(実際にはほかの人にやらせたけど)、門真バラバラの森島輝実もちょっと煮てみたという話があるし、借金トラブルの相手を殺してバラした後、カレーで煮込んじゃった元高校球児もいた。
海外ではもっと多い。海外はそれを食べちゃうという話も多い。
これについて精神科医の町沢静雄先生によると、「バラバラにして煮込むことで人間の体であることを隠そうとした。犯人は冷静沈着で冷酷。完全犯罪を狙った可能性がある」と分析しているが、冷静沈着というか、もはやこれは、目の前の肉は人間のものではないと思いたいという心理はないのかなぁなんて思う。

カレー風味にするとか、煮込むときの臭いを消すため(実際、北九州の松永のマンションからは異様な臭いがしていた)っていうのもあるだろうけど、カレーを作ってるんだ大量に、と思い込むことで恐怖感や罪悪感から逃れたい、みたいなことはないんだろうか。
むしろ、バラして焼いて粉々にする、そう、ボディを透明にするくらいまでやってれば、冷静沈着の完全犯罪狙いの殺人金メダリストと言えるだろうが、栄の場合はどうだったのだろう。

栄は、交野のマンションで裕昭さんを殺害した後、少なくとも二か月はそこに住んでいた。その間、風呂場で解体作業をしていたため風呂が使えなかったからか、美容室にシャンプーだけしに来ていた。
鋸だけで解体するのは時間がかかるとは思うが、集中してやれば何か月もかからなかったはずだ。
しかも、栄はまるで途中で嫌になって放り出したかのような印象すらある。捜査員らは、解体された遺体のそばに立てかけてある鋸もみていた。そう、それはまだ作業途中のようで。



栄は適当に切り刻んだ部位を少しずつ、京都の借家の床下や、交野のマンションから1~2キロ離れた東倉吉1丁目の雑木林などに捨てたり埋めたりしていた。

その頃、夜な夜なタクシーで交野のマンションにこっそり戻っては、解体処理をしていたという。
しかし、それも結局途中で放置した。

そういった、処理の適当さから見ても、たしかに殺害に関しては偶発的なものだったのかもしれない(裁判資料がないのでこの辺りは推察)。
栄のもとからの、激高しがちな性格も関係しているだろう。
ただ、結婚相談所で出会った栄の写真を持ち歩いていたという裕昭さんが、浮気などするだろうか。香水の匂いは、本当だったとしても時代的に接待などでそういったクラブに行っただけの可能性が高い。
その夜、何が二人の間にあったのかは、本当のところはもう、わからない。

 

犬の話と、怖い話

栄は、シーズー犬「ムクちゃん」を飼っていた。
事件後、鍋で遺体を煮込んでいたのは犬に食べさせていたからではないかという話が日刊スポーツで報道された。
遺体の一部は、冷蔵庫の中からも発見され、それが一度煮た形跡があったことから、犬に食べさせるために煮たのでは、という話が持ち上がったのである。

しかし、ムクちゃんをよく知るペットサロンの関係者は、
「ムクちゃんはドッグフードしか食べません」
と話す。私も犬を飼っているが、犬って結構「食べちゃいけないもの」はわかるんじゃないかと思う。肉なら何でも食べるということでもないし、食べ慣れないものは警戒する犬が多い。
真偽のほどは定かではないが、ムクちゃんはその後近所の人に引き取られて元気に過ごしたというのでご安心を。
もう一つ、ちょっと怖い話に行き当たったのでリンク先でどうぞ。現場のお隣に住んでいた方だそうです。(ご本人読まれてたら連絡くださるとうれしいです。)

栄は、なぜか「異様な体臭、口臭」がしていたという。勤務先の人は、栄と話さなければならないときはおもむろに鼻をつまんでいた。
それほどまでの臭いは、どこから発せられていたのだろう。不衛生だっただけなのか、それとも・・・。

 

 

「解体途中で投げ出した女が残した、鍋の中身~交野市・夫バラバラ殺人事件~」への4件のフィードバック

  1. うわぁ、怖い事件ですね。

    金遣い荒子の、カッとなっての殺人みたいですね。

    計画性はなかったのでしょうね。前回もカッとなって実行してます。

    死体をバラバラにするって結構やるみたいですね。死体を確実にについて隠す為のみで、怨みとかでないらしいですね。

    殺人して、刑期終えて出て来て、また殺人ですか。今度はどうなるのでしょうか?

    1. ひめじの さま

      コメントありがとうございます。
      この事件はあんまり記憶がなかったのですが、書いてるうちに思い出しました。
      栄は人格的にちょっと何かあるのかなーという気もします。仰るように、何かが引き金になって見境がなくなるタイプのようですよね。
      単に金目当てなら、2番目の夫もどうにかしてそうな気もしますし。

      殺人から出所してまた殺人、というのは多いんです。
      でも、過去の事件は別、とする考えもあるため、トータルで2人殺してても無期、は結構あります。

    2. 最後のリンク先がまさかの怪談…!
      二度美味しく読ませて頂きました(^_^)
      なんだか、スケールの小さい尼崎事件って感じがしました。
      途中から脳内再現VTRは美代子になってました…。

      1. にしも さま
        コメントありがとうございます!

        栄は夫を愛してたのかな、それも分かりませんが、少なくとも夫は栄との生活を幸せに感じていたようですよね。
        でも栄の嘘ばかりつく人生を考えたら、何一つ信用出来ない気もします。
        後日談が本当ならば、部外者にはわからない何かが夫婦の間であるのかもしれませんね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です