双葉ハイムで死んだ二人の女①~宇都宮拳銃たてこもり心中事件~

 平成16年5月20日早朝。

電話口で、女は必死で訴えていた。
愛する人が死にそうなこと、先に撃ったのはこの人ではないこと、追い詰めたのは周りだということ。
そのマンション下の国道119号には、ずらりと黒塗りの高級車が列をなし、あきらかに堅気ではない人物の姿もあちこちに見えた。その中に、中年の夫婦の姿も見て取れる。
警察車両もマンションを取り囲んでいる。周囲の道路は封鎖され、すぐ向かいにある中学校は臨時休校、周辺のガソリンスタンドや商店も、閉店を余儀なくされていた。

マンション近くの陸橋のそばで構えていた報道のカメラに、突然、女性の絶叫が聞こえた。名前を叫んだように聞こえた。

そして、間髪入れずに銃声。

宇都宮市一条の双葉ハイム206号室で、その日男と女が死んだ。

その4年前、同じマンションの同じ2階の端の部屋でも、一人の女が死んでいた。


スポンサーリンク

平成16年の事件

平成16年5月18日午前9時45分。
神奈川県内で銃刀法違反の容疑がかかっていた住吉会系暴力団員・畠山武人(41)が、栃木県宇都宮市内の知人女性宅に立てこもった。
栃木県警と綿密な連携をとっていなかった神奈川県警は、畠山の過去なども把握しておらず、栃木県警に対する報告も事件が起こる30分前になって初めて行い、安易に知人女性宅へ突入しようとし銃撃戦に。
その際、畠山は被弾し重傷を負う。栃木県警が必死の説得を試みるも、投降の意思はなかった。警察は畠山がダイナマイトのようなものを見せていたことを懸念し、突入の決断が出来ずにいた。

翌5月19日。
当初人質と思われていた知人女性が、電話で「一緒にいたい」と言ったことなどから、女性は人質ではなくいわば「協力者」的な立場であると判断。
数々の説得を試みるもことごとく失敗。この時点で、畠山の容体は重篤な状態になっていたと思われる。
そして、5月20日午前5時。
閃光弾が室内に投げ入れられた直後、捜査員がドアを破壊して中になだれ込んだ。
その間、銃声が3発、轟いた。

畠山武人と、その愛人の女性は頭部を撃ち抜いており死亡。当初30代とみられていた女性は、まだ22歳という若さだった。
武器庫と推察されていたその部屋には、自身を撃ち抜いた拳銃以外はモデルガンしかなく、警察がダイナマイトだと思っていたそれは「トイレットペーパーの芯」であった。

加藤敬子さんのそれまで

一緒に死亡したのは、加藤敬子(のりこ)さん22歳。
市内の商業高校を卒業し、最初は一般の会社に就職したものの、退職。21歳のころ、水商売を始めたという。

学生の頃の彼女は、おとなしく真面目という印象だという人ばかりで、水商売をするような感じではなかったというのが周囲の話。
実際、報道などで見た高校時代の彼女は、ショートカットのどこにでもいる高校生である。ぱっちりした瞳は少しつり気味でぽってりとした唇の彼女は、気の強そうな印象はあるものの、人柄は良かったという。
この、芯の強さが、後に自身の判断を誤らせることにつながる気がしないでもないが、ホステスとしても人気で、店もランクアップするなど水商売は肌にあってはいたようだ。

水商売を始めて、何がどう彼女を変えたのかはわからない。しかし、少なくとも高校生までは、暴力団などとのかかわりは皆無であったろうし、彼女を大きく変えたのは畠山武人との出会いであったのは間違いない。

畠山武人の人生

住吉会系の暴力団員であった畠山とは、どんな男だったのだろうか。

彼の人生を紐解くと、事件を起こしたのはこれが初めてではなかったようだ。
そして、彼はいつもその事件に「女」を関わらせている。
最初は1991年。34歳の時に市内の女子中学生(!)に覚せい剤を注射した容疑で捜査の手が伸びたところ、当時二十歳の愛人とともに宇都宮市内のマンションに籠城。
警察官に発砲もしており、およそ1日たてこもったのちに逮捕、3年6か月服役した。
そして、出所して間もない1996年には、交際していた看護師の部屋に拳銃と実弾を隠していたとして逮捕。今度の懲役は7年であった。


私の手元に、畠山武人の写真がある。あちこち伝手を頼って入手した写真だが、暴力団風な恰好ではあるものの、顔は非常に凛々しいというか、俳優の松村雄基をパンチパーマにしたみたいな感じだ。眼光は鋭いものの、どこか儚げなというか、この写真がそう見えるだけかもしれないが、強さ、凶暴さというよりは不安げな色が隠れているような。まぁ、モテただろうなというのが率直な印象。妻がいたようだが、あちこちにお気に入りの女性が複数いたと言われるのもわからなくはない。

飲み歩くことも好きだったようで、市内の繁華街では名の知れた人物であった。また、酒の飲み方も金払いも良かったようで、評判は悪くない。
もちろん、過去の犯歴を見れば覚せい剤を所持していたことは間違いなく、あろうことかそれを女子中学生に注射するなど極道の風上にも置けない点は否定しようがない。
また、2度目の懲役から出所した頃、北関東抗争事件(五代目山口組 弘道会と住吉会 住吉一家 親和会との抗争)が勃発していた。畠山は住吉会系新和会稲葉七代目の組員であり、当然この抗争と無関係ではなかった。

抗争は多数の死傷者を出すものとなったが、この抗争中に畠山について興味深いエピソードがある。
ワンボックスを運転していた畠山は、突如警察署へ駆け込む。何事かと出てくる署員に対し、「(車に)発砲された」と話したという。
しかし、どこにも銃弾の痕跡などは見当たらず、興奮する畠山はそのまま帰されたというのだ。
通常、抗争中に撃たれたという暴力団員が来たら、少なくともそれなりに事情も聴かれるだろうし、場合によってはいろいろと聞き出せることもあるかもしれないのだから留置されるなどいくらでもあるだろうに、畠山については全くなかった。
これが意味するのは、畠山という男が極道としてそこまで重要な人物ではなかったということだ。もっと言えば、何度もくだらない罪状でムショを出入りしているポン中がなんか言ってるわ、程度の捉え方しかされていないと言える。
もちろん、これはある意味大きな間違いで、後に畠山が関わったとされる多くの事件を考えれば、違う意味で畠山を野放しにしてはいけなかったのだが。

事実、このエピソードは周囲の失笑を買った。
そもそも、警察に軽くあしらわれたことも極道としては恥ずかしいことではあるが、なにより「撃たれた」からと言って自ら警察に助けを求める極道がどこにいるんだよというもっともなツッコミが多かった。
多分。この出所してすぐの時期は、畠山自身特に犯罪を犯していない時期だったのかもしれない。それにしても、ではあるが。

そんな男であっても、いや、そんな男だからというべきかもしれないが、やはり惚れ込む女性は後を絶たなかった。もちろん、男性でもいまだに畠山を兄と慕い、激烈な忠誠心を抱いている人もいる。

そして、その出来事の直後に、彼の最期の女となった加藤敬子さんと出会う。

ふたりの最期


警察が踏み込んだ双葉ハイム206号は、血の海であった。
布団が敷かれた和室に、畠山と女性が至近距離で倒れていた。二人が銃で頭を撃ち抜いたことは疑いの余地がなかった。
銃は畠山の手のそばに落ちており、現場の状況から畠山が女性を撃った後、自分の頭を撃ち抜いたとの見方が相当だった。

畠山は、周囲に敬子さんのことを「宝物」と言っていたという。
人気のホステスであった敬子さんを自分のものに出来た高揚感もあっただろうが、それは過去にもあった話だと思う。
敬子さんには、それまでの女性とは違うなにかを畠山は感じていたのだろう。
敬子さんも、胸に「武人命」と彫るほど入れあげていた。

敬子さんは、当然畠山に妻がいること、自分以外にも親しい女性が複数いることはわかっていたと思われる。
それに目くじらを立てるような女はまず除外されるだろうし、とにかく自分を受け入れ、言うことを聞いてくれる女というのが、畠山のような男にとっての「正しい女」なのである。
敬子さんは、ある意味舞い上がっていたのは事実だろう。それまでとは違うきらびやかな夜の世界で、自分は結構やっていけている。
しかも、誰もが一目置くこの畠山という男に口説かれ、彼のものになった。周囲にも敬子さんの存在や関係を隠さなかった畠山だから、当然、敬子さんも同じく周囲から一目置かれるようになった。
それは時に、悪いことも引き起こす。高級クラブへ移っていた敬子さんは、畠山との付き合いが露見し、店側から退店を求められる。当たり前だが、もっと昔から暴力団関係者を排除する高級店はたくさんあった。店としても、品位を落としかねない敬子さんと畠山が目障りだったのは理解できる。

しかし、畠山は激怒し、その店のオーナーを追い込んだという。自分のために、自分に不利益を働いた人間を追い詰める畠山を、敬子さんは頼もしく思ってしまったのかもしれない。
女性の中には、その意味、善悪は別として、世間が一目置くタイプの男性に惚れ込んでしまう人が少なからずいる。畠山は悪い意味で世間が一目置く男だったが、若い敬子さんには、ひどく格好よく映ってしまったのだろう。

当時はすでにネットも普及しており、しかも同じ地元であるのだから少し調べれば畠山という男の過去はすぐに分かったはずだ。
敬子さんが畠山の過去を全く知らなかったというのは考えにくい。もしかしたら迷いや恐怖感もあったのかもしれない。

しかし、彼女は畠山から逃げなかった。自らの意思でとどまった。
それは、彼女のどんな気持ちからだったのだろう。「こいつは俺の宝物なんだ」と、照れたように言う畠山の言葉は、若く経験の少ない敬子さんに畠山の過去を帳消しにするには十分な言葉だったのかもしれない。

そして、もうひとつ。
愛する畠山に見え隠れする複数の女の存在を、表面上は隠せていても心の中は煮えくり返る思いではなかったか。
妻もおり、一説には子供もいたという話もある。それ以外にも、畠山の感情のバランスは別にして、親密な関係の女性は一人や二人ではなかった。
それを、敬子さんはどう思っていたのだろう。
妻であれば、他の女たちとは格段に差があるわけだが、妻以外の女はどんなに「私が一番愛されている」と思い込んだところで、その他大勢の中の一人でしかないのだ。それが、その時々によって順位が入れ替わるだけ。敬子さんも同じだ。
畠山にとっての唯一無二の存在になれない焦り、嫉妬が彼女になかったはずがない。

そんな時、突如巻き込まれたこの事件は、彼女にとって、畠山の唯一無二の存在になれる絶好のチャンスではなかったか。

その時々で愛される女はたくさんいるだろう。たとえ妻になったとしても、彼の子を産んだとしても、それは自分だけとは言えない。入れ替わるだけだ。
でも、彼の最期の女になれるのは、たった一人しかいない。しかも、彼と一緒に死んだ女というプレミア付きだ。
目の前で畠山が撃たれ、警察が包囲しテレビでは自分たちのマンションがでかでかと映し出される。突然降ってわいたこのドラマチックな展開も、敬子さんの判断力を鈍らせただろう。
しかし、それ以上に、両親の説得すら耳を貸せないほどに彼女を頑なにさせたのは、やはり畠山への狂信、狂愛であったと私は思う。

彼女はその瞬間、武人!と畠山の名を叫んで果てた。その声は、私の耳に今も残っている。
彼女が死んでもいいから欲しかったものが、手に入った瞬間だった。

「双葉ハイムで死んだ二人の女①~宇都宮拳銃たてこもり心中事件~」への3件のフィードバック

  1. 私は畠山武人 旧姓渡部武人と少年院で二回一緒でした
    彼は卓球が非常にうまく良く教えてもらいました
    人間的に気の小さかった男だったと思いますが それでも良く面倒見てくれました

  2. 私わ畠山武人 旧姓渡部武人と少年院で二回一緒でした
    卓球が非常にうまくわたしも良く彼から卓球を教わりました
    気の小さかった男でしたが面倒見も良くいい男でした
    シャバで会う約束でしたがそれもできず残念です

    1. ケイスケさま

      なんと、彼と実際に会ったことがおありなのですね。
      彼の直接の知り合いは一人しか知らないのですが、なんとなく彼の「気の小ささ」はわかる気がしていました。
      ケイスケさんは今お元気になさってますか。彼のしたこと、しまいのつけ方に共感できるものはありませんが、あなたのように直接かかわっていれば、その気持ちももしかしたら違うものなのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です