双葉ハイムで死んだ女②~宇都宮・男女4人殺傷放火事件~

平成12年8月5日

茨城県大洗町の海岸から東に約40キロ離れた太平洋上で、その日釣りをしていた船が漂流遺体を発見した。
那珂湊海上保安部が収容したところ、その遺体は20代から30代半ばと思われる成人男性で、背中一面に入れ墨があった。刺青の状態から、おそらく日本人だと思われた。
ベージュの半そで姿にスウェット姿、足元は素足。遺体の状態から死後一週間ほど経過していると見られた。

平成12年8月21日


深夜二時半。その男性は、火災報知機のベルと、大きな叫び声で目を覚ました。

「助けてくれ!!」
宇都宮市一条にある双葉ハイム最上階の12階の一室から聞こえるその声に驚いた男性は110番通報。すぐさま宇都宮署員が駆け付けると、1201号室から煙が出ており、室内には衣服の乱れた男性2名、女性2名が倒れていた。
部屋の主は小堀英二さん(仮名/当時37歳)で、小堀さんも部屋の中で倒れており、それ以外に栃木県高根沢町の中村慎吾さん(仮名/時37歳)、宇都宮市鶴田町の無職、稲見晃子さん(仮名/当時31歳)そして、宇都宮市宝木本町の飲食店従業員、小林潤美(ますみ)さん(当時24歳)がいた。
小堀さん、中村さん、稲見さんは胸や背中を刃物で刺されたような傷を負い、稲見さんは左腕に火傷も負っていた。
3人の命に別状はなかったが、小林さんは収容先の病院で死亡した。ただ、小林さんには致命傷となるような外傷が見当たらなかった。

室内はソファなどの家具が焼けており、3人の証言で暴力団員風の男らが複数で3人の両手足をひもで縛り、刃物で傷を負わせたうえに灯油をまいて火を放ったことが分かった。
男らが出て行った後、もがいているうちにたまたま縛られていたひもがほどけた中村さんが自力で消火したという。

外傷のないにもかかわらず死亡した小林さんの死因は、後に大量の覚せい剤を打たれたことによる急性薬物中毒死と判明。
その場に居合わせた3人の証言からも、犯人と思われる男らのうちの主犯格が、小林さんに無理やり覚せい剤を注射したことがわかった。
一命をとりとめた3人も、それぞれ覚せい剤反応が出たが、日常的に使用していた痕跡は4人になく、それらも犯人の男らが強制的に注射したということも判明した。
現場となったマンションは、大通りに面した大きなマンションで、周辺には店舗、学校もある。そういったどこにでもあるような日常の中で、若い女性二人を含む4人が脅迫され、覚せい剤を打たれた挙句室内に火を放たれ、結果、一番若い小林さんが死亡するという事件が起こり、この時点では犯人らも逃走中であったため、宇都宮市内は物々しい雰囲気に包まれていた。

被害者と犯人の関係

当初、被害者の小堀さんと中村さんらは、「4人組の男にやられた」「暴力団員風だった」などと、犯人を知らないといった供述をしていた。
しかし、捜査員らが話を聞くうちに稲川会系大前田一家後藤組の後藤良次(当時42歳)が主導して事件を起こしたことを把握。その日のうちに放火、殺人未遂容疑で後藤を指名手配した。

ただこの時点では「何らかのトラブル」があったことは推測できるものの、なぜ稲見さんと小林さんまで巻き込まれたのかもわからず、そのトラブル自体もつかめていなかった。
中村さんは以前、後藤の運転手をしていたことがあったという。自動車販売を行っていた小堀さんとはその後親しく付き合っていた。小堀さんもまた、過去にマンションの家賃に関するトラブルを暴力団との間で抱えていたという。
当日は、午後9時ころに市内のパチンコ店で後藤と合流し、小堀さんが暮らす双葉ハイムへ中村さんとともに車で向かっていた。
しかしその際、部屋の鍵を小堀さんが持っておらず、交際相手の小林さんに鍵を持ってこさせることになった。そして、その小林さんを車でマンションへ送ってきたのが稲見さんだった。

この双葉ハイムは、一般の人々が多く入居している普通のマンションだが、当時の住民の話によれば、「事件の数か月前から暴力団員風の人の姿を見かけるようになった。それ以降、夜男性が怒鳴りあうような声を聞くこともあった」ということだった。
小堀さんが入居していた最上階の部屋は、同一部屋内に1階と2階があるメゾネットタイプで、他の部屋に比べるとつくりも家賃も立派である。マルチ商法なども手掛けていたという小堀さんにはある程度の収入があったと見られた。

事件から一週間たっても、依然として後藤の行方は知れず、共犯の男らの行方も分かっていなかった。
小堀さんらの供述もあいまいな部分が多く、捜査はなかなか進まなかった。
本人らの供述や知人らへの聞き取りで、小堀さんと後藤の間で金銭トラブル、人間関係のトラブルがあったことまではわかっており、その話し合いが決裂したあげくの犯行との見方は固まってはいたものの、大量の覚せい剤を打ち、縛り上げた状態で火を放つという犯行に至らせた決定的な動機はわかっていなかった。
3人は犯行時に大量の覚せい剤を打たれた影響で記憶もあいまいだったが、小林さんは交際相手の小堀さんから後藤の話を聞いてはいたもののそれ以上の接点はなく、稲見さんに至ってはまったく接点がなかった。
そのため、小林さんと稲見さんの二人は、たまたま巻き込まれたとの見方が強まっていた。

逮捕から起訴

事件発生から10日。この日宇都宮署の捜査本部は、埼玉県松伏町のホテルにいた後藤を発見。同時に、共犯として指名手配されていた後藤組幹部の小野寺宣之(当時31歳)、無職の浦田大(当時34歳)、そして出頭してきた土木作業員の沢村勝利(当時37歳)を逮捕した。
容疑は後藤と小野寺が現住建造物等放火未遂、殺人未遂、逮捕監禁、浦田と沢村は逮捕監禁だった。
その際、沢村以外の3人は自動式短銃一丁も所持していたため、銃刀法違反(共同所持)でも逮捕された。

後藤と小野寺は容疑を否認したが、浦田と沢村は容疑を認めていた。

9月7日。送検された後藤は、当初こそすべてを否認していたものの、この頃から少しずつ同期に関する部分を話し始めていた。
また、死亡した小林さんを含めて4人に覚せい剤を注射したのも後藤本人であると認め、殺人容疑でも追及されることになった。
そして新たに暴力団幹部の吉澤浩(当時37歳)と、暴力団員の男(当時21歳)もこの日指名手配された。

9月21日。最初に逮捕された4人はこの日宇都宮地裁に起訴された。また、警察ではこの4人を強盗致死の容疑でも再逮捕する方針を決めていた。
4人を監禁した後、稲見さんのセルシオと現金2万円弱、小堀さん宅にあったペアの腕時計などを奪っていたことが判明していたのだ。

後藤をはじめ、計6人が逮捕されたこの事件は、暴力団員が一般人4人を死傷させた事件として扱われたが、裁判が始まり、トラブルの全容などが明らかになると、複雑な人間模様が露呈することとなった。

事の発端

最初は些細なことだった。
後藤のもとで生活をしていたとある人物らが、後藤のもとを無断で去ったことから事件は始まる。
怒った後藤は、その人物らが身を寄せた関係者の車(シーマ、フェアレディZ)を強引に取り上げるなどの制裁を加えていたという。
しかし、取り上げたはずの車が、後藤の知らない間に元の所有者へ返還されていた。その手引きをしたのが、事件の被害者の一人、中村さんだった。
中村さんは当時後藤の運転手をしており、何らかの事情があってそのようなことをしたようだった。
後藤はすぐさま中村さんを呼びつけて、制裁を加えた上で問い質したものの中村さんからは関与を認める告白はなかった。
収まらない後藤は、平成12年6月、覚せい剤仲間でもある吉澤に仲介を頼んで中村さんを呼び出し、その際も制裁を加えて詰問したところ、ようやく中村さんが白状した。そこで、先述の関係者を連れてくれば許してやることにしたが、中村さんはその後も一向に関係者を連れてくることはなかったという。
弁護士作成の後藤の上告趣意書によれば、中村さんは結構反抗的だったようで、後藤の追い込みにもなかなか屈せず、関係を認めた後ものらりくらりと追及をかわしていた。

業を煮やした後藤は、吉澤と協議のうえ、関係者を探し出すよりもここは金で解決させた方が早いと考え、中村さんに対し200万円の慰謝料(?)を要求することにする。
200万円の捻出には、かねてよりの知人であり、また、中村さんの友人でもある小堀さんに協力させ、金は吉澤と後藤で折半とした。
一方で吉澤は中村さんに対し、「自分が100万円を負担してやるから、ここは200万円で解決しろ」などと話したものの、中村さんは気のない返事にとどまり、かつ、関係者を連れてくることも、金を用意する素振りもなかった。
当初は丸く収めようと考えていた吉澤も、その中村さんの態度に次第に怒りがわいてきて、後藤との間でも中村さんに対する怒りが口をついて出るようになっていく。

小堀さんに対しても、吉澤は思うところがあった。
過去に、小堀さんが住んでいたマンションの部屋を自分が所属する組の事務所として使用したいため、明け渡してほしいと頼んだことがあった。
小堀さんも了承し、その時点で滞納していた家賃など40万円を組長が負担することで小堀さんは引っ越した。
しかし、小堀さんが次に移った双葉ハイムは、組が借りた部屋より立派だったため、吉澤は「組のメンツを潰された」と感じ、組長が捻出した40万円の返還を小堀さんに求めていたが小堀さんは拒否。そして連絡も断っていた。
さらに、組事務所として使用するはずのその部屋が契約の行き違いで借りられなくなったうえに、その組長が死去した際、世話になっていたはずの小堀さんが葬儀に顔も出さなかったことに腹を立てていた。

その話を聞いていたのが、当時後藤の側近だった小野寺である。小野寺自身も、後藤から経緯を聞いていたうえ、自分が管理するしのぎ用のアダルトビデオを小堀さんに無断で持ち出されていたことなどを思い出して一緒に腹を立てていた。

そして事件の起こる8月20日を迎えた。

阿鼻叫喚

知り合いの元暴力団組員宅に中村さんが出入りしていると知った後藤らは、その元組員に仲介を頼み、元組員宅へ中村さんと小堀さんを呼び出す。
小野寺、浦田、沢村、そしてもう一人の組員とともにそのマンションへ赴いた後藤は、室内にいる中村さんと小堀さんを見つけるや否や、恫喝を始める。
「この裏切り者、ヤクザなめんじゃねぇぞ!出すといった金はどうなった!お前はいつ払うんだ!」
そこへ、遅れてやってきた吉澤も加わり、小堀さんに対し、
「なんでてめぇは電話に出ねぇんだよ!世話になった人に線香の一本もあげられねぇんか」
などと激しくなじった。
後藤は拳銃を二人に突き付け、吉澤が木づちのようなもので数回二人の頭を殴るなどし、スタンガンも押し当て、数回放電するなどの暴行を加えた。
その後、「3回覚せい剤を打っても死ななかったら許してやる」などと言い、高濃度の覚せい剤を2度に渡って注射し、中村さんと小堀さんにも脅して自ら注射させた。
それでも二人は金を払うと言わなかったため、また、無関係である元組員に迷惑がかかると考えた後藤は、小堀さんのマンションへと移動することにした。

午後10時30分。
双葉ハイムに到着した際、小堀さんが「鍵を持っていない」と言い出した。
小堀さんからすれば、鍵がないと言えば家に入れないから、逃げる隙が出来ると考えたのかもしれないが、小堀さんに同棲している相手がいることを知っていた吉澤は、「女に持ってこさせろ」と言う。
仕方なく小堀さんが交際相手である小林さんを呼んだのだった。

しばらくしてやってきた小林さんと友人の稲見さんは、マンション前で異様な様子の集団を見て慄いていた。
後藤は、無理やり部屋に引き込んだ小林さんと稲見さんに対し、「これなんだかわかるよね、大きい声出したり逃げたりしないでね」拳銃を示して脅し、二人の両手を後ろ手にして針金で拘束した。
室内ではすでに覚せい剤を打たれて正気ではない男性らと、どこからどうみてもヤクザな男たちが5~6人控えている。この状況下で、二人の女性はただ怯えるしかなかった。

その後、再び覚せい剤を取り出して、4人にそれを注射しようとする後藤に対し、小林さんは「私は覚せい剤など使用した経験がない(から、やめてほしい)」と訴え、さらに、稲見さんについても「彼女には持病があるからそんなことしないで」と哀願したという。
そんな小林さんの痛切な願いは、後藤らには響かなかった。というのも、小林さんの同棲相手である小堀さんは、覚せい剤の経験があったからだ。
後藤らは高濃度の覚せい剤を4人に注射し、女性らの服を脱がすなどの暴行も加えた。
「よういどんで逃げてみろ。逃げたら撃ってやっから。俺は30メートル離れてても撃ち殺せんだ」
「バンジージャンプしてみるか。ベランダから飛んでみるか。」
後藤の恫喝は真剣みを帯び、覚せい剤を大量に打たれた男性らの意識ももうろうとする中、小林さんの様子がおかしくなる。
稲見さんはシャワーを浴びることが出来る状態だったものの、小林さんはぐったりとして動かなくなった。
小林さんが死亡したことを確認した後藤らは、小堀さん宅にあった石油ストーブ用の灯油を室内に撒き、さらには小堀さんらの体にも灯油をかけたうえ、室内に火を放って逃走した。
逃走する直前、すでに死亡している小林さん以外の人間の体をハサミで滅多刺しにし、小堀さんには左前胸部刺傷(全治3週間)、中村さんには前胸部、背部刺創および両側血気胸(全治20日間)、そして稲見さんには左外傷性血胸(全治20日間)と全治6か月の大やけどを左腕に負わせた。

偶然にも拘束が解けた中村さんが必死に火を消したことで、三人は一命をとりとめた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です