弟が殺した兄の名は「ヒトラー」~福岡・15歳少年兄殺害事件~

平成17年6月23日午後3時

6月の湿っぽい空気が漂う福岡県福岡市南区。
1階にテナントがある商業兼住居用ビルの4階に住む住人は、エアコンを入れるほどの暑さではないものの、風通しを良くするために玄関のドアを半開きにしていた。
午後のけだるい時間、ふと、何やら外廊下で人の争うような声を聞いた気がした。

時間をおかず、自宅の玄関ドアが開いたかと思うと、人が倒れこむようになだれ込み、住人は仰天する。
「どうしたの!!!」
倒れこんだ人はケガをしているようでどこからか出血していた。
ふと顔を上げると、玄関にはも少年が立っていた。返り血を浴びたと思われるその少年は、まだあどけなさの残る顔をしていた。
少年は手にしていた包丁を、倒れこんだ人間に深々と突き立てると、何度もそれを繰り返した。
そして、息も絶え絶えで動かなくなった人間を引きずって、風呂場へと連れて行った。

血の海

福岡県南区鶴田3丁目のとある古びたビルから110番通報が入った。
駆け付けた警察官らは、6階建てのそのビルの4階部分で思わず足を止めた。廊下には血痕が点々と続き、その壁には被害者がよろけて手をついたと見られる「血の手形」があちこちにあった。
通報で現場だと言われた4階の部屋はさらに凄惨な光景が広がっていた。
玄関には血だまりというには大きすぎる、まさに血の海と言うほかないほどの状態で、そこから浴室へと引きずった血の跡が続く。

浴室には、被害者が上半身を浴槽に突っ込まれる形で絶命していた。
浴槽にはぬるま湯が張られ、それもまた血に染まっていた。

警察官らは現場で血まみれで立ち尽くしていた少年に、ゆっくりと、慎重に声をかけた。
「どうしたと、なにがあったと?」
すると少年は、取り乱す風もなく淡々と、
「兄貴を刺した。まちがいありません」
そう答えた。

少年は15歳の中学3年生で、同じマンションの同じ階に住んでおり、被害者は17歳の兄だという。
ふと警察官は、血まみれの少年の体にも傷らしきものがあることに気付く。少年の前歯はなく、首のあたりを何かで切り付けられたような痕だった。

少年は南警察署へと連行され、取り調べを受けた。疲れ切った様子であったものの、その夜に出された夕食もしっかりと残さず食べ、よく朝は起床時間の7時まで泥のように眠っていたという。

兄弟の間に何があったのか。当初は些細な兄弟げんかが行き過ぎたという見方もされていたが、実際は些細なことではなかった。

兄弟のそれまで

少年と兄の家庭は事件当時母子家庭であった。兄弟以外に妹がおり、母は美容師として日々忙しく働いていた。
兄は一見、どこにでもいる普通の子どもだったが、小学校では養護学級に在籍していたという。普通に話は出来るものの、字が苦手だったようだ。
小さい「っ」が書けなかったほか、ひらがなも読むのに時間がかかるような字しか書けなかった。
一方で加害者となった少年は、友達も学校生活も何の問題もなかった。小学校の卒業文集では長崎の原爆資料館のことをまとめ、離れて暮らす父親が大工だったこともあってか、中学に上がってからはモノづくりに興味を示し、将来は工業高校へ進学したいと話していた。

兄は中学生の時、当初は弟が通ったのと同じ中学に通っていたが、1年生の時に転校している。母親によれば「子どもに合った教育を受けさせたい」との理由だったようだが、実際にはクラスメイトを彫刻刀で刺したことが原因だったという話もある。
事実、兄は常に刃物を携帯していた。
兄は悪ぶるタイプというか、威圧的な態度をとることで自分を優位に見せたがる性格だった。しかし、実際には地元の田舎ヤンキーにすら相手にされないタイプだった。

一時期交際していたという少女によれば、持っていた刃物と言ってもカッターや彫刻刀、そして栓抜きが片側についた家庭用の便利グッズみたいなものだったという。
また、兄がアルバイトの面接で訪れたガソリンスタンドの店員も、面接時に刃物を持っていると言っていたと証言している。

「舐められないように体を鍛えている、と言っている割にはひょろっとした感じで、刃物を携帯していることも隠さなかった」

事件当時、兄の通っていた専修学校の関係者らが、「兄は茶目っ気の有るタイプで友達もおり、何の問題もなかった」という話をしていたが、実際には専修学校でもなかなかうまく人間関係を築けず、時には泣いて帰宅することもあったという。
そんな外の世界での理想とかけ離れた自分像の鬱憤を晴らすためなのか何なのか、家庭内では母親や弟妹に対し、暴君として君臨する兄の姿があった。

われの名はヒトラー

兄の暴力は、弟が小学生のころから始まっていた。
小学校からの同級生らはみな、弟が兄のことで悩んでいることを知っていた。
ある時、家に遊びに行ってもいいかと弟に訊ねたところ、「うちは兄ちゃんが怖いけん、ダメ」と断られていた。
普段から金属バットを振り回していたという兄に、弟と妹は委縮するしかなかった。当初は兄を止めることが出来た母親も、兄が成長するにつれ、止められなくなっていった。
母子家庭で家のことだけにかまけていられなかった母親は、周囲に相談することもなくいつしか家の中のことを見なくなっていく。

一方で、そんな母親をこの兄弟は支えようとしていた。母に代わって炊事や家事などを担っていたようで、兄も包丁の使い方には慣れていたという。
しかし、そのほとんどは兄が弟や妹に命令してやらせており、兄弟を知る人によればそれは「主従関係」にしか見えなかった。
ある時、大きな道路を挟んで向かい合っていた兄が、腕がちぎれるかと言わんばかりの勢いで反対側にいる弟を呼んでいた。
弟は車の往来が激しいその道路を、躊躇することなく駆け出したという。両手には買い物袋と思われる大きな荷物がぶら下がっていた。
兄に呼ばれたらすぐさま駆け付けなければいけない、どこか強迫的な感じが見てとれた。
また、兄に家を追い出されたのか、独り外で佇む弟の姿も見かけられていた。

弟の同級生はこうも言う。
「小学校の頃から、兄に殴られたり蹴られたりすると悩んでいた。命令は絶対で、兄が深夜番組を録画しておけと命じるため、夜も寝られないようだ。」
「兄に言われたことは何をおいても最優先でしなければならなかったようだ。弁当などの買い出しや、家事の一切をやらされていた」

そして、極めつけは兄から「ヒトラーと呼べ」と言われていたことだった。

その日

事件当日、いつものように朝登校していった弟を、近隣の人が見かけている。
「いつも通り挨拶をして、何も変わった風はなかった」

中学校ではテストが行われており、弟もテストを受け、午後1時ころには帰宅していた。
その日兄は寝坊して学校を休み、家にいた。帰宅した弟にまず弁当を買いに行かせ、その間妹に足のマッサージをさせていたという。
弟が弁当を買って帰宅すると、マッサージもやらせた。妹はその間に風呂に入ったという。
マッサージをしている最中、ふと兄が何か声をかけてきた。よく聞こえなかった弟が、「え?」と聞き返した瞬間、拳が弟の顔面をとらえた。
口元に激痛が走り、血が滴った。前歯は折れ、口の中も切った。口元をおさえる弟に対し、兄はさらにどこからか折りたたみ式の鋸を持ち出して来て弟の頭上から振り下ろした。
頭部、首、肩と、弟は裂傷を負わされる。弟はそれまでもスプレー缶を投げつけられたり、殴る蹴るの暴行に耐えてきた。
しかしこの時は、「殺される」と確信した。

弟は自宅にあった包丁を手に取ると、兄は「お前こんなことしてタダで済むと思うなよ、絶対殺してやる」と凄んできた。やはりやらなければやられる。無我夢中で兄を刺した。兄も当然、やり返してくると思っていた。
が、兄は逃げた。弟の反撃を予想していなかったのか、反撃されて初めてその痛みに慄いたのか、兄は背を向けて逃げ出した。
ここで追うのを止めれば、兄は再び帰ってくる。「殺さなければ、殺される」という思いが弟の中で爆発した。

「ずっと友達だから」

事件後、弟が兄を殺した惨劇とともに、弟がそれまでに兄から受けた暴力行為の数々も報道された。
警察も、たとえ先に兄が手を出したとはいえ、逃げる兄を追いかけて殺害するという行為が重大であることから、逆送もあり得るとしていたが、結局、保護処分相当の意見書を付けての家裁送致となった。

兄弟がなだれ込んだ家の住民は、発見時、浴槽に湯が張られていたことを不審に思っていた。
「洗濯に残り湯を使ったから、湯は入ってなかったはずなのに・・・」
実際に、浴槽は当初空であった。弟は空の浴槽に兄の上半身を突っ込むと、息の根を確実に止めるために、わざわざ浴槽に湯を張ったのだ。
水ではなくて湯であったのは、水とお湯の蛇口を同時にひねって、短時間で浴槽を満たしたかったからだった。

結果として、兄の死因は溺死ではなく出血性ショックだった。
背中を中心に数十か所、首から鎖骨にかけては大きな裂傷があり、腕にも無数の防御傷があったという。指のいくつかは切断寸前だった。

ここまで凄惨な事件を起こした弟に対し、近隣住民や同級生などから1万3千を超える嘆願書が集まった。
「ずっと友達だから頑張れ」「一緒に卒業したい」
弟の苦悩の日々を知る同級生らは、弟を守る側についた。近所の住民らも、同じだった。弟はそれを「うれしかった」と呟いた。

審判では地域も含めてこの弟を受け入れ、見守る用意が出来ているという言葉もあった。息子を殺害された母親も、加害者となった息子のために証言台に立った。
弁護人らは、地域の理解や家庭、学校との連携が期待できるため、弟を家庭に戻したうえでの保護観察処分を求めた。
検察は、少年院送致の上での保護処分相当の意見書を付けた。

平成17年8月9日。
福岡家庭裁判所の吉田京子裁判官は、児童自立支援施設送致の保護処分という決定を出した。
そこでは、兄からの長年にわたる度重なる暴力を認定し、結果として兄の死という重大な事件を起こした責任は軽くはないが、兄を完全に死亡させなければ自分の命を守ることが出来ないと思ったことには無理からぬ事情があったと認めた。

弟本人は粗暴な性格でもなければこれまでに非行歴もない。今回の事件は「兄」という特定の人物のみに向けられた偶発的な犯行で、その兄が死亡した以上、再犯の危険性は極めて低い、とも付け加えた。

ただ、兄からの暴力などの虐待でこうむった精神的なダメージを回復させ、かつ、たとえどんな事情であっても人の命を奪ったことの重大性を自覚させるためには専門家の支援が必要という判断から、児童自立支援施設への送致となった。

弁護人らは、家庭での更生が叶わなかったことは残念としながらも、概ね受け入れられるとし、抗告はしなかった。

弟はその後、さいたま市の国立武蔵野学園へ送られたとみられている。

忍耐という選択

この事件に限らず、家庭内での事件は少なくない。
夫婦間、親子間、そして兄弟姉妹間でも悲劇的な結末を迎える事件は最近でも起きている。
悲劇的な結末が起こる要因の一つとして、片方の並外れた「我慢」が関係していることは察しが付く人も多いだろう。
早稲田大学名誉教授で、心理学や精神医学に関する著書が多い加藤諦三先生いわく、間違った選択の上での忍耐ほど厄介なものはないという。
この事件もまさに、弟が忍耐に忍耐を重ねた末の悲劇である。
もちろん、幼い弟にその忍耐が正しいか正しくないかの判断を任せることは難しいわけで、そこで重要となるのが周囲の大人の存在である。
この家には大人が母親しかいなかった。母親は仕事もせねばならず、完ぺきな対応はとれなかったとしても仕方ないだろう、とは思う。両親がそろっていることが良いことだとも思わない。
ひとつ、この母親が間違いを犯したとしたら、自分以外の大人と子どもたちの接点を切り離したことだろう。

離婚したのは事件が起こる10年ほど前というが、父方の両親(祖父母)はこの母親から「連絡を取らないでくれ」と申し渡されていたという。
離婚の事情は双方言い分があるだろうが、せめて子供たちの逃げ場があったならば、違う結末もあったかもしれない。

この兄と弟は、生まれたときからいがみ合っていたのではなかろう。思い出の中には、兄との楽しい思い出もあったかもしれない。

兄弟が暮らしたマンションは現在すでに取り壊され、そこには広い空き地があるだけだ。

「弟が殺した兄の名は「ヒトラー」~福岡・15歳少年兄殺害事件~」への2件のフィードバック

  1. 切ないですね。ただただ切ないですね。

    多分子供達は親が離婚した時に、母親を一生懸命支えようとしたのでしょうね。

    兄はそういう思いから歪んでいったのかも知れません。

    ちゃんと兄弟ケンカが出来ていたのか、気になります。

    私には2歳上の姉がおります。子供の頃はよく遊んだりケンカもしたりしました。

    小学生の時はケンカに負けていました。勝ちたくて仕様がありませんでした。

    そんな事を思っていながら、高校生になったある日、些細なことでケンカになりました。格闘技をやっていた私は、咄嗟に「アキレス腱固め」をいう技を仕掛けました。

    あー!という悲鳴に驚き技を外すと姉は台所から包丁を持って来ました。

    「あんたこれ以上は殺し合いやで!」

    これ以降は、大きなケンカもなく、うまくやっていけました。

    今の所、刃物を突き付けられたのはこの時だけです。

    この弟を、兄を空手とかで打ち負かしていたら、或いは、関係修復できたかも知れません。難しいと思いますが。

    それから、離婚理由も気になります。強い拒絶があったみたいです。浮気というよりか、家事を分担しないというか、押し付けてくるからと想像します。

    母親は家事が嫌いだったのかも?料理も得意でなかったかも?

    自論で「家で食べるご飯がおいしいと、まあ、大丈夫」と思っています。

    良いものでなくてもいいです。食べる人が美味しいと感じれは良いのです。卵かけご飯でも良いのです。

    大人はまだ外で食べればいいです。子供は家しかないのです。うちの奥さんにも子供が喜ぶものにしてくれとお願いしています。

    家で食べるご飯がおいしいと子供は早く帰って来ます。夜遊びしません。

    本当に長くなってしまって申し訳ないです。

    最後に、妹は大丈夫だったのか心配です。

    1. ひめじの さま
      いつもコメントありがとうございます。
      長くても大歓迎です、お姉さんとの格闘、リアルですね・・・
      この兄弟がこんな結末を、しかもこんな若いうちに迎えなければならなかったのかと思うと本当にやるせないです。
      兄もおそらく、生きにくかったんでしょうね。その鬱憤を上手く晴らせなかった。
      母の離婚理由は、記事には書いてませんが父方の実家の話によると「金銭感覚の違い」だったそうです。父親は大工だったのですが、あればあるだけ妻が使ってしまっていたとか。
      ただ、父方の実家の話ですから、母にも言い分はあろうかと思います。

      妹は警察に対しても上の兄(被害者)からひどい扱いを受けていたことを話しているので、おそらく下の兄(加害者)がしたことも妹なりに受け止めたのかなと思います。
      風呂に入っていて現場を見ていなかったのがせめてもの救いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です