放浪家族の子殺しのはて~福井・次女虐待死体遺棄事件~

平成13年4月17日

仙台市太白区、東北自動車道仙台南IC付近で検問中だった宮城県警高速隊は、車検切れのステッカーが貼られた車を見つける。
その際、職務質問した男の免許が切れていることに気が付いた。
男が乗っていたのは石川ナンバーのレンタカー。車内には、女性と幼い子ども3人が乗車していたという。
さらに、男はこれまでに反則金を未納していることも判明していた。

高速隊員は、車内の状況や子どもたちの様子に不審な印象を受け、反則金の未納照会の際に家族構成を確認した。
「一人、二人、三人・・・」
高速隊員の顔色が変わる。この家族には、もう一人子供がいるのではないか。
無免許運転で逮捕したのち、男にそのことを問いただすと、男は「昨年の夏、次女が海水浴中に溺れ死んだので、処置に困って捨ててしまった」と答えた。
福井県警の捜査員らが、男が話した福井県河野村の国道8号線にある「道の駅河野」付近の草むらを探したところ、25メートルほど下った斜面に、幼児のものと思われる人骨を発見した。

しかし男は、捜査員に対し「殴ったら死んだ」という話もしていたのだ。

両親逮捕

無免許運転で逮捕されたのは、北海道生まれの住所不定、福井勝浩(当時27歳)。警察は、レンタカーが借りられたのが免許失効後に妻の名で借りられていたことなどから、妻もその事実を知っていたとして妻からも事情を聞いていた。
発見された骨は幼児の頭部とみられていたが、DNA鑑定の結果が出るまでにとりあえず勝浩を道路交通法違反で仙台地裁に起訴し、鑑定結果によっては傷害致死、死体遺棄の疑いで再逮捕する予定としていた。

5月22日、DNA鑑定の結果、発見された骨が勝浩のDNAと酷似していることが判明。骨は、勝浩の次女で行方不明の加奈ちゃん(当時2歳)である可能性が高まったとして、29日、勝浩と妻の薫(当時28歳)を死体遺棄容疑で再逮捕した。
さらに、加奈ちゃんが死亡した経緯についても調べが進められた。

当初は要領を得ない話を繰り返す両親だったが、加奈ちゃんは実際には海水浴で溺れ死んだのではなく、両親らの苛烈な虐待の末の死だったことが明らかになっていった。
2歳の女児は、生まれてからのほとんどの時間が虐待の日々であった。

無計画の家族

父親の勝浩は金沢市内の中学を卒業後、就職したのち、一旦は両親とともに北海道上磯郡の実家へと戻っていたが、その後一人で金沢へ戻っていた。
仕事は長続きせず、転々としていたようだが、平成7年に後の妻となる女性と出会う。それが薫だった。
薫は金沢で両親や祖母らと暮らし、中学を出て就職していた。
経緯は不明だが、薫と勝浩の交際は両親らの許すところではなかったようだ。
出会って1年も経たないうちにふたりは両親が反対する中結婚したものの、中卒で手に職もない二人は、住む場所もなかなか見つからず、富山県魚津市内でようやく住み込みのパチンコ店員の職を得た。
平成8年11月、二人の間に長女が生まれる。親としてしっかり子育てしていかなくてはならなかったが、同時期、薫がある同僚と険悪な関係となってしまう。
そこで、平成10年の初め、とりあえず勝浩の実家がある北海道上磯郡内の実家へ身を寄せることにしたが、もとから薫のことを嫌っていた勝浩の両親とうまくいくはずもなく、実家近くの町営住宅に引っ越して生活を始めた。

この頃は勝浩も家族のために土木作業員などの仕事をし、裕福ではないにしろ一応の生活は成り立っていたようで、その年の4月には次女・加奈ちゃんが生まれた。
しかし北海道での暮らしは1年も経たぬ間にやめ、家族は福井県内で住み込みのパチンコ店員の職を得て引っ越していく。

表面的には若いなりに職を求めて行動しているように見えなくもないが、実際にこの家族、子育てには大きな問題があった。

勝浩も薫も、子育てに対する意欲がほとんどと言っていいほどなかったようなのだ。

通常、若い夫婦であっても子供を授かれば自分なりにより良い子育てをしようと努力するものだが、この夫婦は、親は、そのような努力や工夫の形跡がほとんど見られない。
たとえば子供の入浴にしても、異臭を放つようになるまで放置し、清潔に保つとか、そういったことに対して無頓着であった。
食事についても、与えることは与えていたが、栄養を考えたりすることはなかった。
子どもがいれば不自由なことも多いし、仕事もままならない、そうであるならば普通は子供が出来ては困るとか、そう考えそうなものだがこの夫婦にはそれが欠落していた。
欲望のままに性行為をし、決して裕福でもなく子供が好きなわけでもないにもかかわらず、新しい職を得たその数か月後の平成11年2月には3人目の妊娠が判明する。
さらに、働けなくなった薫がパチンコ店を辞めると、なぜか勝浩も3月にそのパチンコ店を辞めてしまう。二人ともが退職すれば、おのずと住み込みだったその部屋も退去せざるを得ず、家族は住む場所を失った。

この時は幸いにもすぐに勝浩の仕事が見つかり、そこの会社の社員寮に家族で入ることが出来た。
平成11年4月、石川県松任市内の会社でトラック運転手として勝浩が働き始めてすぐ、薫は第三子となる女の子を出産した。

ここでピンと来た人もいると思うが、薫が第三子の妊娠に気付いたのは平成11年の2月である。その3~4か月後に出産しているということは、妊娠が判明したのは妊娠中期以降の可能性が高い。
もちろん、早産の可能性はあるものの、それにしても気づくのが遅い。おそらく薫も勝浩も、妊娠について恐ろしく無計画、かつ現実も先の事も何にも考えていなかったことがわかる。

それでも勝浩がきちんと仕事をしている分には問題はなかったはずだった。
会社は金沢市内にアパートを借りてくれ、家族5人はそちらへと移る。住む場所が確保されており、なおかつ多くはないにしても安定した収入があれば、家族5人生活していくことは十分可能であった。

しかし、一家の大黒柱であるはずの勝浩は、暗黒柱であった。

現実逃避と嘘の山

トラック運転手として働いていた勝浩の勤務態度は最悪だった。
親戚が死んだなどと言っては欠勤するなど、嘘や言い訳を重ねるだけでなく、半年の間に3度も事故を起こしてトラックを破損させ、さらには高速道路代金の支払いのために会社から貸与されていたクレジットカードを無断で使用するなど、ちょっと理解しがたいレベルのダメ男だった。
薫はそれを諫めるどころか、会社が借り上げていたアパートの整理整頓もせず、会社に居づらくなった勝浩とともに無断でそのアパートを退去した。
勝浩も無断で会社を辞め、生まれたばかりの赤ん坊を含め3人の幼子を抱えた夫婦は再び社員寮付きの会社を探し始める。

ちなみに、勝浩が会社を辞めた後でアパートの解約手続きをした会社によれば、室内は生活用品も何から何まで散らかり放題だったといい、修繕が必要な個所もあったという。
さらに会社には勝浩が起こした事故で破損したトラックの修理代金など、合計で20万円ほどの損害が出ていた。

勝浩は以前の会社を退職する手続きを踏んでいないにもかかわらず、それを隠したまま新たに松任市内の別の運送会社にトラック運転手として就職した。
そして、家族と共にまた社員寮に住むことに成功したわけだが、この頃から次女・加奈ちゃんの生育状況が気になり始める。
そもそも常識的な子育てをしてきていなかった二人だったが、長女に比べて加奈ちゃんが手がかかる子どもである事に苛立っていた。
三女が生まれ、さらにわずらわしさが募り、その煩わしさの一因に加奈ちゃんの発育の遅さが関係していると思い始めていた。

加奈ちゃんは妹が生まれた直後から、つねる、蹴る、殴る、ハンガーなどで叩くといった暴行を受けており、時にはシャワーの湯を頭からかけられるなどしていたようだ。
勝浩が新しい会社で働き始めた時期には、勝浩から頭部を殴られるなどし、後頭部の皮膚が裂けた。この際に病院で治療を受けたものの、加奈ちゃんへの虐待が明るみに出ることはなかった。

本来ならば発育目覚ましい1歳から2歳にかけての時期に、最低限のしつけも教育も愛情も受けることのなかった加奈ちゃんは、体格的にも同年代の子どもより小さく、言葉の発達も遅れ気味だった。
この頃発することのできた単語は、「パパ、ママ、バーちゃん」そして「バーカ」だったという。

平成12年の夏、やり飛ばしたままだった損害賠償などの未払い金について、前勤務先から請求書が勝浩あてに届いた。同じ業界にいればすぐばれるのは当たり前だが、勝浩はそういった「考えたらわかるやろ」的なことも、そもそも考えてすらいなかった。
会社にもとうに勝浩の評判は届いていたようだったが、この頃は会社も勝浩に任せようと考えていたのか、特に口出しはしていなかった。
しかし、勝浩は前勤務先の担当者から直接取り立てに行く旨を告げられると、薫に
「ヤクザからいわれのない借金の取り立てにあっている。子どもたちを守るためには家にいない方がいい」
などと丸め込み、8月中旬以降、自身の仕事に家族全員を同行させるようになる。

勝浩が乗っていたのはおそらく普通免許で乗れる中型以下(8トン以下)と思われるが、運転席の広さはベッドのスペースがあったとしても普通乗用車程度だ。
幼い子ども3人ならばそのベッドスペースに十分座ることは出来るが、そこで生活するとなると話は別である。
勝浩は荷物を運ぶために石川県内から関東、関西方面へとトラックを走らせ、その間薫や子供たちはずっとトラックの車内で過ごす羽目になった。
その生活は2週間以上に及んだ。

9月2日、仕事を終えて会社へ戻った勝浩に、専務が声をかけた。
「家族を乗せて仕事に行っているようだが、危険だから今後はしないように。」
さらに、こう続けた。
「前の会社から借金返済のことで人が来ている。給料天引きで月に1~2万ずつでも返済したらどうか」
普通の人間なら、こうして救いの手を差し伸べて、相談にも乗ってくれるような人が出てくれば、それをきっかけとしてなんとか事態を好転させようとするものだが、勝浩にそんな考えはなかった。
事態を打開するために選択した途は、「逃亡」であった。

実は加奈ちゃんへの虐待が始まった頃、薫は4人目の子供を妊娠していた。
まだ1歳にもなっていない三女、手がかかると苛立っていた加奈ちゃんの存在がありながら、それでも平成12年6月には第4子となる長男を出産していた。
この間、里帰りも兼ねて子供らを連れ、薫は一か月ほど金沢の実家へ戻っている。そして、そこでの体験が、加奈ちゃんへの虐待をエスカレートさせることになったのだ。

発育が遅れ、勝浩や薫のいうことを聞かない加奈ちゃんだったが、薫の祖母には非常によく懐いていたという。
それはひとえに、薫の祖母が加奈ちゃんを可愛がり、愛情深く接していたがためであり、加奈ちゃんが殊更この祖母にだけ素直であったわけではない。
薫や勝浩が祖母と同じように接していれば、加奈ちゃんとて聞き分けがあったのだが、薫はそう思わなかった。
社員寮へ戻る日、加奈ちゃんは別れを惜しむ祖母にくっついて離れなかったという。
これを、勝浩も薫も「不愉快」に感じていた。この祖母も、勝浩と薫の交際、結婚には反対していた経緯があり、二人にしてみればそんな祖母が二人の子である加奈ちゃんを可愛がること自体が不愉快だった。
さらには、家では言うことを聞かない加奈ちゃんが薫の実家で好き勝手にふるまっている、それは自分たちへの当てつけにも思えて加奈ちゃんへの怒りが増した。
実家から戻って以降、加奈ちゃんへの虐待は激しくなっていた。

薫はどんな女性だったのだろうか。
当時の報道や裁判資料を見ても、その人となりをうかがい知ることは難しい。
子どもの頃は両親や祖母と暮らし、事件後も母親が情状証人として出廷もし、更生に尽力すると証言していることなどから、中卒ではあっても決して劣悪な環境で育ったわけでもなさそうだ。
にしても、この生活力の無さ、場当たり的な子作り、そして我が子への虐待行為を考えると、なぜこうなってしまったのかと思わざるを得ない。
今はやりの配偶者によるDVということも薫に限ってはなかった。勝浩の嘘に乗せられた感は否めないとしても、逆に完全に信じ切っていたとしたらバカである。

また、薫はなぜ子供を産み続けたのだろうか。中絶する金がもったいない、というのはわからなくはないが、それでも出産は大変なことであるし、中絶どころではない金もかかる。
にもかかわらず、避妊することもなく、途切れることなく子を産み続けた。
経済的に余裕がある、親兄弟などの協力があるならば幸せなことかもしれないが、薫は親兄弟の支援は望めなかったし、勝浩にも甲斐性はなかった。
薫自身も、妊娠が分かるとすぐに仕事を辞めていることからも、本人の仕事に対する考え方も一般の人とは違っていたのかもしれない。

普通ならば選択しない途を、勝浩も薫も選択し続けてきた。
そしてそれは、どうにもならない焦燥感と、その根源と決めつけた加奈ちゃんへの憎悪と言っていい感情に囚われていく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です