郵便局員が繰り広げた禍々しき愛の劇場~八尾市・妊婦襲撃事件~

平成9年4月14日午後7時40分


大阪府八尾市南木の本4丁目。
仕事を終えてバスで帰宅した女性は、自宅近くのバス停から徒歩で自宅マンションへと向かっていた。
距離にしておよそ300メートル。いつもと変わらない、帰り道だった。

自宅マンション手前で、不意に背後から誰かにぶつかられた。
何か圧迫されるような、妙な感触を覚えた次の瞬間、それは激しい痛みとなって女性を襲った。
わけがわからないまま、女性は必死でマンションの階段を上る。もう少し、もう少し・・・
とめどなく流れる血をおさえることもできないまま、必死に自宅マンションのドアを叩いた。いつも女性より先に夫が帰宅しており、その日も夫は家にいた。

「誰かに刺された」

夫がドアを開けると、血まみれの妻がそういって両膝をつき、そのままおなかを庇うように仰向けに倒れた。
すぐに病院へ運ばれたが、おなかの赤ちゃんはすでに死亡していた。

犯人と動機

刺されたのは八尾市に住む郵便局員・野口彩子さん(仮名/当時29歳)。2年前に結婚した夫・和之さん(仮名/当時30歳)と二人暮らしで、おなかの子どもは初めての子どもだった。
背後から突然襲われたことで犯人の顔などもみておらず、さらにはおなかの子どもが亡くなったことを知らされた彩子さんに詳しい話は聞ける状態ではなかった。
彩子さんの傷は背後から深さ5センチで、心臓に達していたという。幸い一命をとりとめたものの、喪った子供の命を思うとその傷は死に値するほどだったろう。

一方で、警察は通り魔の犯行も視野に入れて捜査していたが、午後11時過ぎ、愛知県警名東署藤が丘交番に一人の男が出頭してきていた。
近くの長久手町岩作に住む25歳の男が、「大阪で見ず知らずの女性を刺した」と話したことで、大阪府警捜査一課と八尾警察署は、この男を彩子さん殺人未遂の容疑で逮捕した。

男は、日高誠一(当時25歳)。実家は大阪府箕面市にあったが、3年前から愛知県長久手町内のホームセンターで働いていた男だった。
供述によれば、その日の夕方から現場近くのパチンコ店で遊んでいたが、大負けして所持金を使い果たし、相当に腹を立てていたという。
パチンコ店を出てふと見ると、目の前を彩子さんが通り過ぎた。買い物袋を抱え、また、仕事帰りと思われるその外見から充実した人生を送っている典型的な人だと思い、醸し出される幸せそうな雰囲気に日高のいらだちは最高潮に達したという。
そう、むしゃくしゃしてやった、相手は誰でもよかった、というアレだった。

各社報道でも、パチンコに負けた苛立ちを罪もない人に向けた通り魔的犯行、と報じられたが、事件の数日前から職場を無断欠勤していたこと、最初から刃物を持っていたこと、誰でもいいという割には人通りの多い時間帯に何人も似たような人が通り過ぎていたはずなのに、彩子さんに目を付けたことがいささか不可解にも思えた。
また、彩子さんが白い服を着ていたなどと供述しているのに、妊娠8か月の彩子さんを「妊婦だとは知らなかった」というなど、その供述にも疑問が残った。

しかし、日高のことを彩子さんは全く知らなかったし、お互いが住んでいる場所も仕事もどれを見てもなんの接点もなかったため、たまたま通りがかった彩子さんがターゲットになったとみられていた。

自身も重傷を負いながら、子どもまで亡くすという絶望の中にいる妻・彩子さんを、夫の和之さんはそばで支えた。
ただ、和之さんの心の中には、打ち消そうとしても打ち消せない、自身が関係するトラブルがずっと引っかかっていた。

殺害依頼の女

警察では日高に対する取り調べが連日行われていたが、やはりその動機にいくつか疑問が残っていた。
通り魔的な犯行のようで、どこか周到に彩子さんに狙いを定めているかのような日高の動きは、偶然とするには不可解だった。
そこで警察では、夫の和之さんにも事情を聞く。何か個人的に恨まれるような覚えやトラブルはなかったか、一応、という感じで聞いたようだったが、和之さんの口から思いもよらない話が語られたのだ。

「知り合いの女から『私の知ってる男にあんたの奥さんを殺させる』と脅されたことがあった」

その証言をもとに、警察は日高を追及したところ、日高もそれを認めた。
「交際している女から彩子さんを殺してほしいと頼まれた。」
彩子さん襲撃はかねてからの計画だった。仕事を辞めたのも、土地勘のない八尾市内のパチンコ店にいたのも、彩子さんがどのバス停で降りるのかも、すべて事前に調べ上げ、計画されたことだった。

八尾署は日高と和之さんの供述により、松原市在住の廻恵美(当時22歳)を殺人未遂の共犯として逮捕した。
恵美は和之さんと同じ松原郵便局でアルバイトとして勤務しており、なおかつ二人は、つい2か月前まで不倫関係にあったのだ。

恵美と日高は、平成7年に愛媛県内の自動車教習所の合宿で出会った。
意気投合した二人は一時期交際していたが、その後恵美と和之さんが交際するようになってからは深い付き合いはなかったという。
その後、和之さんから別れ話を切り出されたことで恵美が逆上し、和之さんに報復する目的で彩子さんを襲う計画をたて、それの実行を日高に依頼したというのだ。

平成8年の12月、最初の依頼を持ちかける。
その後、年が明けて2月になって、和之さんから強い意志を持って関係の清算を告げられたことでその殺意が強固なものとなったという。
日高に対して煽るように実行を促し、さらには
「殺害を実行してくれたら、あなたと結婚する」
とまで言った。
日高は恵美のその言葉で意を決し、以降、二人で彩子さんの勤務先である奈良の郵便局へ客を装い出向き、彩子さんの顔や帰宅時間、経路などを調べていたという。
当時の防犯カメラにも、局内で彩子さんを凝視する二人の姿が映っていた。

そして、犯行当日、計画通りに彩子さんを襲ったまではよかったが、日高はその後先述の通り自ら出頭している。
それは、犯行後のことを計画していなかったからだという。高速に乗って逃げるにも金が足りず、一般道へ降りた後どうしていいかわからなくなった日高は、そこで初めて大それたことをしでかしたと恐怖を覚え、そのまま出頭したのである。

犯行後は、恵美に連絡することも、恵美からの連絡もなかったという。

知っていた妻と別れたかった夫

不倫の末に頭のネジが飛んだ女が、同じくその女に振り回された哀れな男を利用して何の落ち度もない女性を傷つけ、そのおなかの中の子供の命を奪ったとして、裁判では検察が実行犯の日高に懲役8年を、そしてそそのかした恵美にはそれを上回る懲役13年を求刑していた。

日高は殺意に関しては「カッとなっていて何も考えていなかった」とし、恵美は「殺してやりたいと話したことはあるが、実際にできるとは思ってなかった」と同じく殺意を否認した。
ただ、供述の段階で恵美は、
「本人(和之さん)を殺しても苦しむのは一瞬、奥さんを殺せば長く苦しむと思った」などとも話していたし、日高に対して「拳銃で狙えば簡単。30万~40万くらいで手に入らないか」などと相談していた。

恵美の弁護人は、恵美が「早く殺してほしい」と日高に言ったことは認めつつも、だからと言って殺害をそそのかしたとはいえず、殺意も共謀もなかったと無罪を主張。
日高の弁護人は、積極的な殺意ではなかったとして情状酌量を求めた。

さらに恵美の弁護人は、そもそもの事件の発端について驚くべき事実を持ち出した。

恵美と和之さんが交際し始めたのは平成7年の8月だが、これは和之さんと彩子さんが結婚して3か月の頃のことである。
浮気は3年目ではないのか、まさかの新婚3か月での浮気である。
これだけでもかなり風向きが変わる話ではあるが、さらに話は続く。なんと、和之さんは彩子さんと離婚を考えていたというのだ。
しかも、それはよくある不倫相手を宥めるための方便というものではなく、双方の両親も知っていたというのだ。もちろん、彩子さん本人もである。

和之さんは恵美に対し、はっきりと「妻と別れて恵美と結婚する」と告げていた。そして彩子さんにもそれを告げ、なんとその別れ話の席に恵美を同席までさせていた。ちょっとどういう状況かよくわからんが、これはすべて彩子さんが妊娠するより前の話である。
和之さんは自分の両親にも相談していたが、当然のことながら猛反対された。この時恵美は、彩子さん側の親族(両親か兄弟姉妹か)に屈辱的な言葉を投げかけられたという。そのことを日高に「悔しい思いをさせられた」と語っていた。

ここまでしゃしゃり出てくる不倫相手はそうそう多くないと思うが、一方の妻・彩子さんも負けてはいなかった。
彩子さんは夫の不倫が明らかになり、相手の女がいけしゃあしゃあと名乗りをあげても和之さんを捨てなかった。
それは女の意地もあったろうし、単純にそれでも和之さんを好きだったのかもしれない。とにかく、この頭の弱そうな女に負けるわけにはいかなかった。
(恵美の写真を見たことがあるがお世辞にも美人とは言えないなんというかゲフンゲフン、とにかくこんな女が偉そうに出しゃばってきたら耐え難い屈辱かもとは思う)

結果、彩子さんは不倫して別れ話を持ち出した夫との間に子供を作った。

しかし、実は恵美もまた、和之さんの子を妊娠していた。彩子さんよりも前に。
恵美にとって、彩子さんから和之さんを奪う最大にして最後のチャンスだったのだろう。
そのチャンスと希望は、和之さんの「中絶してくれ」の言葉で憤怒の焔へと変わった。

禍々しい愛

弁護側はよほど和之さんの言動に怒りを覚えたのか、事件の原因は「あいまいな態度をとった彩子さんの夫にある」と主張、さらに「中絶させられたのは彩子さんの差し金であると考え、彩子さんを殺して夫に同じ苦しみを与えたいという思いから殺害依頼に至った。しかし、それは『空想の殺人依頼』で現実としての結果を望んだわけではない」と畳みかけた。殺意の否定もぬかりない。

もうこのあたりで実行犯日高の存在感はないに等しかった。誰もがこの被害者夫婦と恵美との昼ドラも真っ青な泥沼不倫劇場に圧倒されていた。

小さな郵便局内という世界で繰り広げられた、新婚男性と若いだけが取り柄の女との漫画みたいな不倫。
和之さんは何から逃避したくて恵美と不倫したのか。彩子さんもなにがよくてこんな仕打ちをされてまで和之さんにこだわったのか。
それにしても和之さんの暴走(迷走)っぷりはあっぱれと言いたくなるほど清々しいクズだ。新婚3か月で浮気し、さらには不倫を本気にし、自身で決着をつけられず親に相談とか正気か?
そのうえ不倫相手同伴で嫁に別れを告げた後でそれを反故にし、なのに不倫相手を妊娠させといて妻もかよ?!すげぇなおい。節操のかけらもない。

判決では、日高に対し大阪地裁の上垣猛裁判長が「身勝手な犯行で被害者の心身両面の傷の深さは察するに余りある」として求刑8年に対し懲役6年の実刑を言い渡した。

また、恵美については、「殺害に躊躇する日高被告に対し、自分との交際を見返りに真剣に殺害を依頼した」と認定、「交際を絶たれ、中絶を強要された夫に同じ苦しみを与えようと日高被告を巧みに犯行に導いた」として、日高を上回る懲役7年を言い渡した。

その上で、「男の身勝手に翻弄され、同情の余地がないわけではない」とも述べ、和之さんの責任にも言及した。呆れただろうなー裁判長も。

不倫の末に不倫相手の配偶者に対する事件を起こした人は必ず言う、「不倫相手に同じ苦しみを与えたかった」と。
私は絶対嘘だと思っている。不倫相手の配偶者に矛先が向く奴は、その先を夢見ている。ありえないけれど、こいつ(配偶者)さえいなくなればまた前のように自分のところに戻ってくれるのではないかと夢見ているのだ。
冷静に考えたらそんなことありえないが、冷静になれないから不倫するのであって、わかれという方が無理である。

そして何より、自分を弄んだ不倫相手よりも、その不倫相手のそばにいる、いられる配偶者、時には子供までもが憎くてたまらないのだ、その存在自体が「悪」であり「罪」なのだ。

あなたさえいなければ。

事件後、子どもを喪った彩子さんはついに実家へと戻ったと聞くが、かの有名な日野OL放火殺人事件の夫婦のようなケースもあるから、人間とは、愛とは他人には計り知れないほど深く、尊くもあり禍々しいものだと思う。

「郵便局員が繰り広げた禍々しき愛の劇場~八尾市・妊婦襲撃事件~」への8件のフィードバック

  1. 通り魔ではなく元凶が被害者の夫だったとは…
    自分がこの被害者妻ならクズ夫のせいで刺されたうえにお腹の子まで亡くし間違いなく離婚ですが、ブログ主さんが書かれている通り人間計り知れない伺い知れないところがありますね。
    日野OL事件のその後にも驚きましたから。

    いつも楽しく読ませてもらってます。
    淡々と事件内容が書かれてるだけじゃないので読んでいてとても面白く引き込まれます。
    これからも楽しみにしてます!

    1. ゴルゴ さま

      コメントありがとうございます!
      大人たちの愚かな振る舞いの積み重ねが、赤ちゃんを殺してしまった事件でした。
      それにしても、事件に至るまでの経緯を見てみると、このような形でなくともいずれ誰かが爆発しただろうなと言う思いがします。
      事件が起こらなかったとしても、夫は子供が生まれて落ち着けばいずれまた恵美と、もしくは全くの別の女性とやらかしていたと思います。

      楽しみにして下さりありがとうございます、頑張ります。
      今後ともよろしくお願いします。

  2. 今回の作品は乗ってますね!何かイキイキとした感じがします!

    しかし、ドラマにうってつけのストーリーですね。高視聴率取ると思いますよ。

    恵美にしてみたら、彩子さんが知らない男に殺されるのは、愉快でたまらないと思います。大体、彩子さんと男の間に何かあったかもと少なからず思う人はいますよ。

    例えば、一目惚れして、どうしてもたまらなくなって、ものに出来ないなら殺してしまおう!とかでも、彩子さんの事を悪く言う人は出てくると思います。

    結局、不倫って男からしたら、コレクション的感覚なだけなんですよ。

    俺が言うのもおかしいけど、女をガンダムか何かと思っている訳ですよ。色んなガンダムを集めたいだけ!

    まあ、オスは子孫を産み出せない訳ですから、たくさんのメスに種を入れていくしかないわけです。だからほとんどの男はこんな感じですわ。

    あとは、ちゃんと共同生活が出来るかどうか。昔ダチが「彼女が出来たら我慢せんとあかんぞ!」と言っていました。

    「いや、向こうも我慢してるで」と心の中で言っておきました。

    共同生活はお互いに意見を言い合い我慢するものです。

    話がずれてしまいましたね。女性の不倫ってどうなんだろう?いつか相手をものにするという強い意志があるのですね。

    そうか、すぐ対抗相手を殺せ!と思ったけど、捕まるか!それじゃダメだ!

    強烈な心理ゲームですね!不倫当事者(ゲームプレイヤー)の男と女では考え方が全然違うわ!

    男は「量」で女は「質」なんだ!男は本妻と不倫相手とみんなで組体操とかしたいのだ!女は広場で戦わせて「キングオブアイテ」を決めたいのだ!

    相当脱線しまくってしまいました。

    和之と彩子さんとのパワーバランスが気になります。たぶん尻に引かれていたのでしょうね。何か気が強そうです。

    上でも触れましたか、共同生活では50:50になるように勤めないと苦しくなります。

    逃げ道として恵美の所へ行ったのかな?で、反乱(別れるって言った所)に失敗。反乱は失敗するとあとは、地獄行きです。だから恵美は堕胎させられたのでしょうね。

    不倫というか、二股をかけられている方は辛いですなぁ。日高もある意味よく頑張ったよな。

    今回の登場人物の中で、一番心配なのは、日高です。彩子さんはなんとなくですがよりを戻している、というか、より強固な支配をしているのかも知れません。

    秋の夜長、またまた長文になってしまいました。

    最後にこの事件を聞いて、プロレスラーの棚橋選手の事を思い出しました。

    1. ひめじの さま
      いつもありがとうございます。ノッてましたか?私も書いてて楽しかったと言うと語弊がありますが、虐待案件に比べたら楽でした。
      女性は全てとは言いませんが、コレクションと言うより、自分のものにしたい人が多いのではと思います。
      あと、相手の女に負けたくない、これも。
      妻がいれば妻の上にたちたい、妻にないものを求められたいわけです。そこで悲しいマウントをとってるというか。

      どうてもいいですが、私は彩子さんタイプです(笑) 
      たとえ夫がゴミ同然であっても捨てません。
      バカみたいですけど、気持ちはわかります。
      で、矛盾するようですけど恵美の気持ちも分かる。信じたい気持ち、負けたくない気持ち、色々と・・・殺しませんけど、「こいつぶち殺したる!」と思ったことは私もあります。

      山口組の4代目竹中組長が女性を口説く時、
      「誰か殺して欲しいやつおったら殺したるぞ」
      と言ってましたが、これ最高の、それこそ殺し文句だと思ってるんです。
      実際に動かずとも、誰しも心に殺したいやつの一人や二人はいてもおかしくないな、と。
      そしてそれを自分の代わりに、自分のためにしてくれるとしたら、場合によっちゃ惚れてまうやろーと。

      あぁ、脱線しまくりですみません。

      あ、もうひとつの消防隊員の事件、角田光代が「三面記事小説」という本の中でモデルにしてます。
      そっちはフィクションですが、おそらくこうだったんだろうなーという内容で面白かったです。デート代の内訳とか書いてありますよ。

  3. こんばんは!
    この事件、中学の頃にワイドショーでちらっと見て、日高も恵美も名前を憶えています。
    こんな泥沼があったのですね。

    記事で言及されている日野の事件。
    実は私の家と北村家とはご近所で昔から付き合いがあります。
    この辺りでは有紀恵に対する同情と、相手の男に対する批判しか聞こえてきません。
    私も経緯には大いに同情しますが、矛先を子どもに向けたのはどうしても許せないんです。
    あの事件を備忘録さんの視点で書いた文章が読みたいです。
    気が向いたらぜひ記事にしてくださいね。

    1. 折原さん、こんにちは!
      いつもありがとうございます。

      なんと北村家とお付き合いがあるんですか。埼玉の山崎氏といい、なんというか折原さんが折原さんである所以というか、原点というか、上手く言えませんが何かを感じてしまいます(笑)
      というか、ユキさんのサイン本いいなー(笑)
      湊の傍聴ですか?お忙しいとは思いますが、これからも色々と教えてくださいませ。

      日野OLは私が出入りする「忘れられない怖い事件」スレッドでは書き込み禁止案件です(笑)
      荒れるんですよ、有紀恵同情派というか、被害者妻への誹謗中傷がどうしても出てきてしまって。
      色々と私も個人的に有紀恵の手記とか集めてるんですが、あまりに有名で恐れ慄いてます。
      いつか、書けたらいいと思ってます。その際はまた教えて下さると嬉しいです!

  4. 愛犬家事件と日野OL事件はやはり僕の原点ですね。
    他にも身近で起きた事件は結構あります。
    ユキさんとは愛犬家事件で知り合って、10年ほどの付き合いになります。

    あ、廻恵美は控訴審で懲役9年になってました。
    日高は控訴棄却です。

    1. 廻恵美はちょっと重くなっちゃったんですね、ありがとうございます。
      日野OL、師匠となんでしたっけ、キャシーでしたっけ(笑)
      北村有紀恵の資料読んでないのもあるので読んでみます。

      いつもありがとうございます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です