美女と野獣のなれの果て~館林ストーカー殺人事件②~

再会と200万円

12月に入り、群馬県警は栃木県警から鈴木さんに関するトラブルの引継ぎを行う。
その後、2週間ほど後に実際の住所を把握し、その数日後にようやく鈴木さん本人に安否確認を行っていた。
やけにのんきな対応にも思えるが、鈴木さん自身が警察からの忠告に対し反応が薄かったこと、永井に前科がなかったこと、暴力団員でもなかったことなどからこのような対応であったのだろうと推測する。
現に、鈴木さんは12月の終わり、なんと永井と直接面会している。
これは永井による申し出であったが、本来はストーカー規制法に引っかかるため会えないはずだが、「金銭トラブルを解決するため」という永井の方便によって、警察も許可せざるを得なかった。
鈴木さん自身も、お金である程度解決できるならばやむなしとも考えたのだろう、父親同伴で佐野市内の飲食店で永井と対面している。
その際、警察によって永井は身体検査も受けており、鈴木さんとしても今日こそは別れ話に決着をつけたい、そんな思いで臨んだ話し合いだったが、決裂した。

この話し合いの後、永井の行動は常軌を逸することになる。その席でどのような話し合いになったのかは知る術がないが、おそらく永井にとっては心外、屈辱的な時間であったのだろう。
その話し合いの席では、和解金なのか慰謝料なのかは不明だが、先述の通り鈴木さんから200万円が支払われた(永井からは700万円が請求されていた)。
その200万を手にした永井は、何を考えたのだろうか。
12月中旬から体調不良を理由に職場を休んでいたと言うが、日々、悶々とやりきれない思いを募らせながら鈴木さんへの愛を憎しみに変えていったのだろうか。

年が明けたころ、永井は以前の同僚らに連絡を取るようになる。

破滅への道

話し合いがもたれた直後から年が明けた翌10日頃まで、警察は断続的に永井に対してストーカー行為をしないよう警告し続けていた。
しかし、いまだ永井には住所を知られていないと思っていた鈴木さんは、この頃から周辺でたびたび起こる「嫌がらせ」に不安を感じていた。
自身の乗る軽自動車が複数回パンクさせられていたという。これを、鈴木さんは知人に永井の仕業では?と口にしていたようだが、これには疑問が残る。
1月22日と2月7日、鈴木さんの父親が勤務する会社の駐車場にとめた乗用車から、白い粉の入った袋が見つかった。その直後、公衆電話から警察に匿名の通報があり、鈴木さんの父親は事情を聴かれることになる。なんとその白い粉は、本物の覚せい剤であった。
鈴木さんの父親をはじめ誰もその袋には触っていなかったことから、指紋は検出されず、また鈴木さん宅の事情を警察も把握していたためか、鈴木さんとその家族が逮捕されるようなことにはならなかった。
この覚せい剤事件は、永井が画策し、知人らに手伝わせて行ったことだったが、この時まで永井は鈴木さんの所在は全くつかんでいなかった。
というのも、そもそもこんなバカげた芝居をうったのは、鈴木さんの所在を知るために行ったことだからだ。
もし家族が逮捕されれば、家族への面会のために必ず鈴木さんが警察署へ来ると永井は踏んでいた。そして、その跡をつければ鈴木さんが住んでいる場所がわかると思ったのだ。
しかし予想に反して、家族は逮捕されることもなく、したがって鈴木さんは警察署へ来ることはなかった。
ただ、永井は家族の車に市販のGPS装置を取り付けることには成功していた。いつか必ず、家族と鈴木さんはどこかで接触するはず。根気よくGPSをにらんでいれば、鈴木さんを見つけることが出来る……

そして、その日は案外早く訪れることになった。

鈴木さんと家族が接触しているのを確認した永井は、そのまま鈴木さんを尾行し、住所を突き止めることに成功する。
そして、その日から鈴木さんの行動を見張り、2月19日を迎えることとなった。

それぞれの最期

鈴木さんは、頭部に2発の銃弾を撃ち込まれていた。直前まで、ディスカウントストアで買い物をしていたとみられ、知人に電話もしていた。
冬にしてはうららかなその日、突然現れた永井を見た鈴木さんは何を思っただろうか。
考える間もなく、永井を認識する間もなかったのかもしれない。むしろ、そうであってほしいと願う。運命を変えられないのならばせめて、最期の瞬間に恐怖を感じていなかったと願いたい。

永井は休職している間、元の同僚らに連絡を取り、覚せい剤を手に入れ拳銃も手に入れた。その間、わずか1か月ほどの期間である。
永井は暴力団関係者ではない。しかし、なんらかの伝手があったのは間違いない。しかし、どうやって覚せい剤や拳銃をてにいれたのか、そして永井に協力した複数の男たちはなぜ、永井に協力したのか。
それは、金以外にないと思われるが、永井は金銭的に余裕はなかった。

そこへ手にしたのが、あの和解金200万円だった。

その200万を手にした永井が考えたのは、愛していた鈴木さんを殺害するための準備にこの金を使うことだったのではないか。
事実、拳銃を手に入れたのは鈴木さんと話し合いをした直後と見られている。鈴木さんの居場所を突き止め、最終的に殺害することも視野に入れ、男らに報酬を払っていたのではないか。
金が絡んでいなければ誰がこんなあほみたいなことをするだろうか。

鈴木さんは、家族に危害が及ぶことを恐れて200万円を支払ったと言われている。
しかし、その200万円は、鈴木さんにとって悔やんでも悔やみきれない結果を生むことになってしまった。

故・やしきたかじんがとある番組でこんな話をしていた。
「ようおるやろ、べっぴんなおねえちゃんが小汚いわけのわからんオトコとくっついとるの。あれ、SEXか金かクスリかのどれかやで」
乱暴な話ではあるが、深く頷いてしまったのも事実である。
鈴木さんがそうだといっているわけではない。そもそも付き合うと言っても気の合う客の一人、程度の感覚だったのかもしれない。
しかし、若くて美しく、人気ホステスであった鈴木さんが、なぜ永井のような男と短期間であっても付き合ってしまったのか。
永井は暴力団員でもないし、金にも困窮していたし、決していい意味ではない真面目、無口な男というのが周囲の評価である。
その永井が持っていた、鈴木さんが魅せられたものとはなんだったのだろう。

鈴木さんを撃ち殺した拳銃で、永井はひとり、この世から去った。
あの世で鈴木さんと会えるとでも思ったのだろうか。

永井の歩む道は、地獄の釜のふたの、その先へしかつながっていないというのに。
そしてそこに鈴木さんは絶対にいない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です