Evil and Flowers ~新居浜・両親殺害事件①~

平成31年1月9日夜

「誰か2階におるよなぁ・・・」

新居浜市高木町。国道11号線から北に市役所方面へ走った、閑静な住宅街。
その一角にある家の前に、中の様子をうかがう人の姿があった。
その家に住む男性が出勤時刻になっても出勤しておらず、心配した同僚男性が自宅の様子を見に来ていたのだ。

時刻は午後8時40分。近隣の人も出てきていた。
男性らはドアをノックするも、応答はなかった。しかし、その家の中からは明らかに人の気配がしていた。
言い知れぬ不安を覚えた同僚らは、すぐ近くの新居浜警察署に連絡。午後9時過ぎ、警察官が到着して、再びドアをノックするなど接触を試みたが、やはり中から応答はなかった。
警察官らも事件性を確認できないとして引き揚げていったが、同僚男性はどうしても胸騒ぎをおさえられなかった。

9時45分、同僚らがしかたなく引き揚げたその5分後、静かに2階の窓が開いた。

事件発覚

翌1月10日、午前7時。
前夜からずっと連絡を試みていた同僚らは、再びその家を訪れた。カーポートには車もあるにもかかわらず、その家の男性とは全く連絡が取れない状態だった。
家には男性の妻もいるはず。そして、しばらく家を離れていた一人息子も家に戻ったと聞いていた。家の前には、その長男のものと思われる軽四自動車もあった。

「絶対におかしい、家の中でなんかあったんやないか」

同僚らは再び110番通報し、到着した警察官が安否確認のため家に立ち入った。
その際、玄関ドアは施錠されていたため、施錠されていなかった2階の窓から室内に入った。
そこで警察官は、連絡が取れなかったその家の主の男性が、正座した状態から前のめりに突っ伏すような体勢で、おびただしい量の血を流して息絶えているのを発見。
さらに、1階和室付近に仰向けで膝を立てた状態で血まみれで倒れている女性を発見したが、こちらも既に息はなかった。

二人の胸には、深々と包丁が刺さったままだった。

死亡したのは、その家の主・高平勝浩さん(当時55歳)と、妻の洋子さん(当時54歳)。一緒に暮らしていた長男の姿は家の中になかった。
しかし、車があることや、外部から侵入した形跡がないことなどから、長男が何らかの事情を知っているとみて捜索を開始。
昼過ぎ、西条市内のホームセンターDCMダイキの駐車場で、捜査員らが長男を発見し職務質問したところ、犯行を認めたため逮捕となった。

逮捕されたのは、勝浩さん夫妻の一人息子、高平剛志(当時24歳)。
剛志は逮捕当時、高平ではなく伊藤姓(この伊藤姓は新居浜、西条にやたら多い)であった。しかし、実家である高木町の家で両親らと同居しており、なぜ苗字が違うのかは報道もされず、当初は母・洋子さんの連れ子説、婚姻して婿養子にいった説などが飛び交っていた。

剛志はまず父親殺害の容疑で逮捕されたのち、母親・洋子さんの殺害についても認めたため、両親を殺害した罪で起訴された。

裁判

松山地裁第41号法廷。
平成31年10月15日から、裁判員裁判が開かれた。

「松山で裁判員裁判があるから傍聴してみたら?」

懇意にさせていただいている折原臨也氏から、私宛にそんなDMがきたのは裁判開始の10日ほど前のことだった。
事件をまとめていながら、実際に傍聴経験がなかった私はさっそくその事件について調べることにした。地元愛媛でも全くと言っていいほど情報がないこの事件。最近はやりのひきこもり男性がやらかしたのかな、そんなことも思っていた。

ただ、先にも述べた通り剛志の名字が両親と違っていることは気になった。
都会では珍しくないだろうが、田舎でわざわざ嫁の名字にする人はそんなに多くない。それよりもむしろ、親や親せきの関係で養子に入る、そういったケースの方が多いくらいなので、もしかしたら両親どちらかの実家の跡継ぎなのかな、そんなことも考えた。思えばなんとなく、この時から「家の問題」という気がしていた。

ノートと筆記用具を準備し、開廷の40分ほど前に到着。たまたま同時に護送車が裁判所に入ってきた。
ロビーに入り、掲示板で確認した後法廷へ。
裁判長や裁判員らが入廷するより少し前、剛志被告が刑務官に連れられて入廷してきた。腰縄をつけ、当然だが手錠もされている。私が座った席は被告人の待機する籍の近くだったが、表情はあまりうかがえない、というかじろじろ見るのもはばかられた。

午前9時50分、開廷。

ノートを開いて、メモを取る準備をしながら末広裁判長の言葉を聞く。
剛志被告は裁判長に促され、被告人席へ。そして、本籍、現住所、生年月日などを答え、さっそく検察による冒頭陳述が始まった。

事件発生まで

3人の検察官は一人が女性で、全員若かった。対する弁護人は、Twitterで『ヒグマ弁護士』と私が表現した、大柄でヒゲのある先生と、年配のザ・弁護士といった感じの先生のふたり。
冒頭陳述を行う検察官の、よく通る声が響く。

概要として、妻子と別居し実家に戻っていた剛志被告が、両親に不倫を咎められたことで激高し、殺害に及んだという話だった。
姓が違っていたのは婚姻のためで、やはり婿養子に入っていたようだった。裁判が行われた時点では離婚成立していたが、事件当時は離婚が成立していなかったため、同居していた両親と姓が違っていたというわけだ。

・・・って不倫?!
しかも定時制高校に通っていた当時に交際していた元妻との間に、平成24年、剛志被告が未成年の時に子供が出来ていた。結婚については、未成年であることで親の承諾が得られず出来なかった模様。
両親に反対されたことで家を出、元妻の実家で生活するようになった剛志被告は、それから6年間実家に戻らなかった。
その後平成27年、剛志被告が20歳のころに第2子誕生。それを機に婚姻したという。

平成29年、元妻の実家での生活に嫌気がさした剛志被告から離婚を切り出したものの、当然すんなりとはいかずに夫婦げんかが絶えない状況に陥る。
同じころ、職場でAさんという女性と知り合い、連絡を取ったり遊びに行く間柄となるが、この時点では不倫とは言えない関係であった。
しかしその年の冬、ふたりは不倫関係になり、剛志被告も離婚の意思をさらに強いものにしたという。
その後平成30年の6月に剛志被告が元妻の実家を出て、自身の実家へと戻った。もともと結婚には反対だった両親は、6年間にわたって不義理をし続けた息子をそれでも受け入れた。
疎遠だった実家の両親との関係も思っていたよりはうまくいっていたが、それもやがて歯車が狂い始める。

夏が終わる頃には両親、特に母親である洋子さんの過干渉に耐え切れず、剛志被告は車や会社で寝泊まりするようになっていく。
元妻との離婚交渉も一向に進まず、また、不倫相手のAさんからも、けじめがつけられないならば関係を進めていくのは不安があると告げられる。

ある時、どうしても家に戻りたくないという剛志被告を見かねて、Aさんは自宅に来るよう言い、一時的に同居していた。
しかし、Aさん宅にいることが剛志被告の両親の知るところとなり、Aさんからも別れたいというLINEが来たことでパニックになった剛志被告は会社を無断欠勤したうえ行方不明になってしまう。
会社の上司らに説得され、なんとか実家へと戻った剛志被告だったが、その後も母親の過干渉は続いたという。

Aさんとの関係も続いていた。しかしAさんからの強い要望で、絶対に親にはバレないように注意していた。
会うこともままならず、主に朝晩の電話がメインだったという。
両親に交際を続けているのではないかと疑われてはそれをはぐらかす、という日々を送る中、一家は事件当日を迎える。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です