箍のはずれたふたりが夫を殺すまで~八王子・男性教師殺害死体遺棄事件②~




はずれた箍

一方の井上は、警察官の父のいる家庭で育ち、千葉大学を卒業後に同級生だった妻と結婚。
教師とはいえ、同じ千葉大卒の妻の上には立てなかったようで、子供の教育方針でも妻とはぶつかることがあったという。
家の中に自分の居場所を見いだせなくなっていた井上は、そのことを紀子に相談していたようだ。

井上と紀子が気があったのは、お互い家庭に不満があったことに加え、家族の中に警察官がいる、ということもあった。
紀子の兄も警察官で、お互いなんとなく自分たちは似ていると思っていたのかもしれない。

急速に深みにはまっていく二人は、先述の通り学校内でもその関係性を隠すことはしていなかったように見える。
私生活でもかなり「不用心」だったようで、和伸さんからは派手な服装のことで幾度も問い詰められていた。
すでに疑いの目を持っていた和伸さんは、ある時紀子の財布にあったレストランのレシートに気付いた。このレストランは、紀子が井上と訪れたレストランだった。
誰と行ったのかを問い詰める和伸さんに対し、紀子はしらを切った。
和伸さんは、「離婚は絶対にしない。(たとえ離婚になっても)子供たちは渡さない」と宣言したという。

警察が紀子と井上の関係について調べていた時、八王子周辺のラブホテルで聞き込んだところ、なんと20軒以上のラブホテルで二人の目撃情報があった。
移動はもっぱら車だったが、八王子とはいえここまでいろんなラブホテルを利用していれば、どこかで父兄や同僚、子供たちにみられるとは思わないのだろうか。
ふたりはすでに箍がはずれていた。見つかる怖さも、おそらく二人の愛にふりかけるスパイスになっていたのだろう。

そしてその日はやってきた。

バッグからコンドーム



ある時、和伸さんと紀子が口論していた際、紀子がふと持ち上げたハンドバッグの中身がこぼれたことがあった。
二人の間に散らばった中にあったのは、まさかのコンドームだった。
おそらく二人ともが一瞬凍ったであろうことは想像に難くないが、当然和伸さんは激高した。
「やっぱり浮気してたんじゃないか。」
そう責めたてる和伸さんに言い返せなかったことで、紀子の心に殺意が芽生えた。

井上も相当煮詰まっていた。
井上も紀子も、子供たちのことは大切だったが、お互いの配偶者には嫌気がさしていた。
コンドーム事件後、おそらく紀子は事の顛末を井上に話したのだろう。浮気がばれてでも和伸さんは離婚しないと言い、離婚になったらなったでこれでは子供たちを取られてしまう。
怒り心頭の和伸さんが、もしかしたら学校に話すかもしれない。そうなれば、井上のことがばれてしまうのではないか……

そしてふたりは、自分たちの関係はここまでだと思う代わりに、和伸さんを殺すことを決めた。

しかし紀子は迷ったという。購入したばかりのあの家はどうするのだ。それに、殺すと言っても夫はトラブルなど無縁の中学教師、すぐに疑われてしまうのでは……
そんな紀子に対し、井上は保健室のデスクマットにあるメモを挟み込んだ。

”3+3=6 それ以外は必要ない”

紀子の腹は決まった。




決行

紀子は井上に自宅の合い鍵と間取り図を渡す。井上は金づちとロープ、そして和伸さんの行動を把握するために盗聴器を購入して紀子に仕掛けさせた。
当初の予定では、眠っている和伸さんを襲う予定だった。晩酌の焼酎に睡眠薬を入れて寝入らせようと考えたが、健康そのものの二人は睡眠薬など処方されていないし、今更病院でもらうのも危険だった。
そこで、どこで仕入れた知恵なのか、目薬と鼻炎薬をアルコールに混ぜることで睡眠薬代わりにしようとしたようだったが、うまくいかなかった。

8月に入って、紀子は夏休みということもあり、子供たちを連れて愛知の実家へと帰省する。
実は、これはアリバイ工作だった。
8月5日、井上はついに和伸さんを襲った。和伸さんが外出した隙に家に入り、待ち伏せた上でのことだった。和伸さんの外出をなんと3日も待ったというからその執念たるや凄まじい。
そして、5日の昼間、何も知らずに帰宅した和伸さんを金づちで殴り、首を絞めた上にナイフで胸を刺した。

井上は一旦遺体を運ぶために寝袋を自宅へ取りに戻った後、再び工藤家を訪れ和伸さんの遺体を車のトランクに押し込むと、とある場所を目指した。あの和田峠である。
その場所はかねてより詳しい場所った。井上が勤務する小学校の遠足のコースだったからである。




妻の偽装工作

紀子は何食わぬ顔で自宅の戻ると、急いで偽装工作に取り掛かった。
8月20日になって、夫の勤務する中学の校長に面会を求め、夫が夫婦げんかの末に家出をしてしまったと沈痛な面持ちで訴えた。
和伸さんの勤務する中学校でも、日直の日に欠勤した和伸さんを心配していたという。

紀子はその際、和伸さんが書いたとして、以下のようなメモ書きを校長らに見せていた。
”自分だけ家族に受け入れられていないと感じている。どうしてこうなったのかひとりで考えたいので、家を出る”
そのメモは、ワープロで打たれており、紀子が帰省先の愛知で受け取ったものだったという。

これに対し、学校側では家出人捜索願は出したのかと聞いたが、紀子は「すぐ戻ると思うから」などと言って出すことをためらっていたという。
結局、3年生を担任していた和伸さんが無断欠勤状態では授業が組めないとして、学校側が頼み込んで家出人捜索願いを紀子に出させたのは、10月に入ってのことだった。
紀子は捜索願に嘘を書いた。なんとしてでも発見されては困る、そう思ったのだろう、先述の通り、血液型をわざと違うように書いた。

これで終わった。少なくとも遺体が発見されなければ、事件性はないと思われるのではないか。そのためにも、絶対に遺体は見つかってはならない。

しかし、和伸さんの遺体は3か月後に発見されてしまう。ただ、冒頭でも述べたとおり、その時期死体遺棄事件などが頻発していたこと、場所が玄人好みの場所であったこと、遺体が白骨状態だったこと、そして、遺体の血液型が合わないことでその遺体が和伸さんであることが判明するには時間がかかった。

遺体発見のニュースを知って以降、ふたりはどんな気持ちだったのだろう。少なくとも3月に紀子が転任するまでは、ふたりは毎日顔を合わせていた。




物足りなかった未来予想図

結局二人は逮捕され、紀子は懲役13年、井上には懲役16年の判決が下った。
横浜地裁の松浦繁裁判長は、
「教師だったにもかかわらず、軽々しく人の命を奪う行為に及んだのは、人間として欠けているものがあるだけでなく、子供たちに衝撃を与えた。
被告人らを父母として、教師として信じてきた子供たちに大きな傷跡を残し、二度目の殺人を起こしたともいえる」
と厳しく断罪した。

この二人はなにがしたかったのか。
よくある、片方が燃え上がって暴走したというのは違い、二人が邪魔な存在を消すことで新たに家族になろうとしたわけだが、行方不明のままだとおいそれと離婚再婚に至らないのではないか。
井上は、紀子を説得する過程で自分の妻も殺害する予定であることを告げている。
しかし、和伸さんがいなくなった後も、井上は離婚もしていなかったし妻を殺す気配もなかった。
紀子はそんな井上に対し、「私の夫を殺したんだから、今度はそっちの奥さんも殺してよ」などと詰め寄ることがあったという。

この事件の怖いところは、思い余った片方が咄嗟に起こした殺人をもう片方が庇ったとか隠ぺいしたとかではなく、二人ともが計画的に殺人を起こしたところにある。
冷静に考えれば、不倫を続けたいならば子供はあきらめる、あるいは不倫をあきらめる以外に選択肢はない。しかも二人は教師なのだから、たとえ不倫が明るみになったとしてもそれだけで職を失うことはなかろう。
別の地で心機一転やり直すことも可能だったはずだ、それこそふたりで。

しかしふたりは何もかも諦めきれず、そのために殺人を選んだ。
ただそれで二人が得たものは、ひとつもなかった。
ハンサムな夫と東京の一戸建て。紀子が描いた未来予想図はすべて手に入れられたはずだった。そのうえ、可愛い子供と安定した収入、教師というやりがいにあふれた仕事まで手に入れたはずだった。なのに。

紀子と井上の失敗はなんだったか。

欲張りすぎた。それに尽きるのではないか。







最後までお読みいただきありがとうございます。こちらから1文字2円のコメントが送れます。
いただいたお気持ちは資料集めに使わせていただきます。




「箍のはずれたふたりが夫を殺すまで~八王子・男性教師殺害死体遺棄事件②~」への6件のフィードバック

  1. case1112さん

    こんにちは、毎回興味深く事件のまとめを読ませていただいております。
    当時、工藤紀子が勤めていた小学校の隣の学区で学び(同小学校に通っていた親戚有り)、かつ夫が犯人たちと同職に就いておりますため、偏見に満ちた個人的なコメントを書かせていただきます。

    まず、府中第五小学校の先生が人を殺したらしいという話は児童レベルでもまことしやかに囁かれていました。
    ただ、誰がやったことか・不倫の結末だったことまでは知りませんでした。

    二点目、八王子市久保山に6000万円とはまた随分と不便な土地に買った高価な建売だなあということです。
    よほど広い家なのか、一部を誰かに貸すつもりだったのか、家族の誰かが大層気に入った家だったのか、バブルの投資目的か…
    まさか公務員がバブルに浮かれて買ったわけではないよね?と不思議になる価格です。
    そんなまさかをするのが公務員…という訳でもあるのですが…(苦笑)

    最後に、二人は養護と体育担当だったということですが、私が夫から聞く職員室トラブルの常連です。
    生徒と関わる時間が少ない先生ほど、先生同士のお花畑密会が盛んだそうです。
    社会人サークルかよ!?学園物語じゃないんだよ??勤め先だぜ??と普通の会社員は思いますが、
    センセイって肩書きがつくとイケナイことしてる気分でより興奮してしまうんですかね。
    子供を相手にしてると知らぬ間に夢見てしまうのかなと思います。

    公務員が普通に考えれば無理だって分かるだろ?という事件を起こす度、我が家は大丈夫かと不安になります。
    一生、備忘録を読む側でいたいのでいつでも馬鹿なことから逃げれるように真面目に生きていきたいです。
    ま、悪いことしたくてした人はいないのかもしれませんが…。

    これからも更新楽しみにしています。寒いですが体調など崩されないようお気を付けくださいませ。

    1. シナモン さま
      コメントありがとうございます。いつもお読みくださって、感謝しております。

      ご主人がご同業とのこと、興味深くお話拝見致しました。
      子供たちも本当にお気の毒です。中にはショックを受けた子もいたでしょうね。真実というか、不倫という原因については、どう説明していいかわかりませんし、有耶無耶になったのでしょうね…
      2点目の家について。これは私には全く想像ができなかったことなので、詳しい方のお話聞けて「やっぱり」という気がしました。
      紀子は「優しく良い先生」という仮面を被っていたのかな、と思うのです。現場となった6000万の家は、確かに近隣など見ると比較的大きなお宅が並んでいるように思いますが、それにしてもですよね。
      しかも建売ですから…
      「まさか」が案外まさかではないかもしれませんね。

      最後の、教員同士の不倫ですが、偏見は確かにダメだと思いますが、なんていうか王道に思えてしまいますこの組み合わせ…
      別の事件で消防士、郵便局員などなど、そういった人々の犯罪を書いていますが、興味深い事件が多い気がします。
      単に喧嘩して殴ったら死んだとか、そういう単純な話ではなく、それこそおっしゃるように「無理だってわかるだろ?!」と言ってしまいそうな。

      これからもそういった事件を掘り起こしたいと思います。

  2. いつも興味深く読ませていただいております
    文中にある

    3+3=6 それ以外は必要ない

    にはどのような意味があったのでしょうか
    前後の文章からもその意味を察することができず
    もやもやしてしまって、、汗

    1. やどり さま
      これは、井上が紀子にあてたメモですが、井上と紀子にはそれぞれ2人ずつ子供がいました。
      ようは、自分たちとそれぞれの子供だけいればいい、という意味です。
      お互いの配偶者はいらないと。

      このメモをみて、紀子も決断をしたと裁判では認定されています。

      私の文章がわかりにくなったかもしれません、今後も気にな点はどんどんコメントくださいね
      ありがとうございます。

  3. また、不倫かよ。地球を狙うフリン星人の仕業に違いない!

    おふざけはさておき、二人とも「子供だな」という印象を受けました。

    どうしても欲しい物は手にいれたい。嫌な奴とはいたくない。わがままが過ぎます。

    紀子はたぶん、子供は好きでなかったのかな。好きなら、お父さんを奪うような事はしないよな。おそらくはアクセサリーか何かと思っていたのかも。

    ホイ、新しいお父さんよ。懐きなさい。ホレ。懐くとか思ったのか。多分、懐かなくても良かった。パーツとして揃っていればいいと。

    井上も紀子の道具だったのかな?この事件、紀子主導のような感じを受けます。
    紀子に魅了され、紀子が欲しくなった。

    で、殺害。そこから先に進まなかったのは井上がそこまで悪党じゃなかったって事ではないかと。目が覚めてしまったのかな?

    3+3=6。家族の数?紀子と井上、それに各々の子供。それ以外はいらない。

    仮に計画がうまくいって、紀子と井上が一緒になった場合、互いの子供が邪魔になるとかなってなかったのかな?

    1. ひめじの さま
      いつもありがとうございます。

      実際にはこの事件、井上が紀子に決断させた、となっているようですが、おっしゃる通り、本当は紀子の気持ちを察した井上がやった、ような気がします。
      理想の未来予想図を手に入れたはずが、なんか違ってた、そこへ今度こそ理想を築けそうな男が現れた…
      お互いのいらないものを切り捨てて、寄せ集めた家族でやっていけるはずなんてないわけですが、なんでやっちゃったんだか…
      今ふたりはどうしてるんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です