おもいあがり~愛媛・高知同居男性傷害致死死体遺棄事件⑦




光洋の言い分

公判開始から4日目、ようやく被告人質問が行われた。
それまでは証拠の提示と解剖医、警察官の証言、現場の状況と8月の逮捕監禁事件について、そしてふたりの証人尋問があってようやく被告人質問となった。

光洋の言い分として、このシリーズの冒頭、①にて書いてあることがメインとなる。
弁護人は、その光洋の主張をなぞる形で質問をしていた。
その中で、やはり避けては通れないのが野田さんの金銭管理についてだった。
検察側は、あくまで野田さんの財産を奪う目的があったと主張しており、その証拠もすでにいくつか提示されていた。
土地の売買などもそうだが、実は光洋は野田さんが受け取る生命保険金についても、その受け取りに関与していたのだ。



弁護人:「生命保険金の受け取りについてですが・・・」
光洋:「生活保護の申請をしたけどダメで、なら(ネックになっている)土地を売ってしまえば生活保護が受けれると思った。土地の権利証などを探している時、保険証券が出てきたんです。それで受け取れるか確認したら、受け取れた。」

弁護人:「そのお金はどうしたんですか?」
光洋:「溜まっとった公共料金の未払い金や、税金、健康保険代をそれで払いました。」

野田さんは父と妹を亡くした後、母親の綾子さん(当時71歳)と暮らしていたが、平成16年に綾子さんは交通事故で亡くなっている。バイクに乗っていた綾子さんを追い越そうとした乗用車が、バイクのハンドルに接触したことで綾子さんはバランスを崩し、そのまま対向してきた軽自動車と正面衝突してしまったのだ。
その綾子さんの死亡保険金の一部が未請求のまま残っていたのだった。

この経緯を聞くと、確かに野田さんは生活力に乏しく、生命保険の受取などにも頓着していないようであり、光洋がいなければそもそも綾子さんの保険金を受け取ることは出来なかったと思われる。
光洋が土地売買を急いだのも、生活保護申請をスムーズにさせるために加え、野田さんには手に余る土地を売却して現金を得ることは、特に不審に思うようなことでもない。
平成28年12月、かんぽ生命から566万4898円の保険金を得た。




しかし、続く弁護人の質問に対する光洋の答えは理解しがたいものだった。

弁護人:「その保険金は、全部野田さんに渡したんですか?」
光洋:「折半しようやー、いうて言いました・・・。」

せせせせ折半??なんで??
どう考えてもおかしな話であり、この時点で光洋の献身はやはり金目当てではないのか?という疑念が法廷を包んだ。
ならばなぜ、弁護人はこの質問をしたのだろう、とも感じられたが、それは光洋の次の言葉で腑に落ちた。

光洋:「引き出した明細は野田さんにもちゃんと見せました、野田さんも承諾してくれていた」

あくまで野田さん了解のもとで行われたことであり、確かに眉を顰められるような行為ではあるが罪ではない、ということを強調したかったのだろう。いずれ検察側にも問い質されるのだから、あらかじめその印象を和らげておく算段があったのかな、と思えた。

弁護人:「なぜ野田さんを手助けしようと思ったのですか?」
光洋:「身寄りがないと聞いて可哀そうだと思った。社会から疎外されているようにも思え、そこが自分と似ているとも感じて…」

光洋は最初から自分一人で抱え込むつもりでいたわけではなかった。民生委員や野田さんの親族、医療機関に対し、積極的に野田さんを助けてほしいという主旨の話は確かにしていた。
しかし、野田さん宅の近所に暮らす親族らは、そのすべてを断っていた。




親族や近隣住民の話も証言として出ていたが、野田さん自身も近所の人や親族らにお金がないという話をして、少額の金を無心していたという。
ちなみに、すでに請求されていた両親らの保険金約3700万円は、平成16年に綾子さんが死亡して以降、7年でそのほとんどを使い切っていた。これには光洋は一切関係しておらず、野田さんに保険金が入ったことを知ったよからぬ連中がタカッた挙句のことである。

ガスや電気が止められた後は、米を手にした野田さんが、「ご飯を炊いてほしい」と頼みに来ることもあった。しかしそれらも、当初の数回を除いてほぼ全員が拒否していた。

8月の逮捕監禁事件についても、その日家出していた野田さんが久しぶりに帰宅したため、酒好きな野田さんと一杯やっていたという。
しかし、野田さんが酔って暴れ始めたため、光洋はやむなく野田さんを縛った。野田さんが「1時間もすれば酔いは冷める」と言ったので、用事があった光洋はその後野田さんを縛った状態で外出していた。
弁護人:「裸だったのはなぜですか?」
光洋:「風呂に入った直後だったから…。野田さんはなぜか着古したものを着ようとする。また汚れてもいけないから、夏だしあえて裸だった。」

先に述べたとおり、光洋が外出先から戻ると、野田さんは石岡神社の宮司に助けを求めており、警察に事情を聞かれることになったのだ。

一見、筋が通っているようにも思えた光洋の言い分で、検察も黙って聞いていた。
しかしこの後、光洋が「自分に都合のいいこと」しか話していないことが露呈することになる。

ずるい男

光洋は話すとき、語尾を上げる癖がある。それは聞く人によっては非常に耳障りで、自身の正当性をことさら強調するように聞こえた。
また、自分に不利な状況を説明させられそうになると、「いやいや・・・笑」という風に、半笑いで話すこともたびたびあった。

野田さんが死亡した平成29年12月1日から2日にかけてを時系列で説明するときも、事実として出てきていることに沿うような話を必死でつなげている、という印象が強かった。

たとえば、野田さんの死因に大きく影響したとされる肩の圧痕についても、「絶対にひもで縛ったりはしていない」と光洋は主張していたが、野田さんに対し、両肩をつかんで肩のあたりを膝蹴りした、という話はしていた。
解剖医の話ではそんなことでつくような痕ではない、とされていたため、光洋にしてみれば「自分のしたことが野田さんの死に繋がっていない」ことを強調したいように思えた。

また、警察官が野田さんと帰宅した際のやり取りでも、警察官が証言した「ローソンで勝手になんか食ったんやろが!」と言った点には一切触れず、「どこ行っとったんぞー、探しよったんぞ?」と、口調もニュアンスも大きく違う証言をした。
さらに、ローソンでのラーメン事件についても光洋はこう釈明した。

「ラーメンは、ぶちまけたのではなくお湯が指にかかって思わず取り落とした。それにに苛立ってしまい、思わず壁を殴った」




この話は法廷では特に突っ込まれることもなく流されたが、傍聴していた人は気づいていたはずだ。ローソンの店員で証言台に立った岡村さんは、こう話していたはずだ。
「野田さんがラーメンを持参して湯を入れ、それを待つ間雑誌コーナーにいたところに光洋がやってきた」、と。
そう、ラーメンを作っていたのは野田さん自身である。しかし光洋は、「自分がラーメンを作ってやった」と言ったのである。これは思い違いではなく、嘘である。
お湯が指にかかったとしても、湯を入れて3分どころか5分は経っていたはずで、そんなに驚くほど熱いとも思えないし、そもそもお湯が指にかかったくらいで取り落としたりするだろうか。
しかも光洋が野田さんを連れ出した直後に大きな音がしたのであり、ラーメンを取りに来たのはその後である。時系列としても岡村さんの話とは違っている。

さらに光洋は、岡村さんが他の客と一緒になって野田さんの話をしながら笑っていたと言い出した。おそらく、岡村さんが野田さんに同情的だったことを覆したかったのだろう。
光洋には、どうも自分の非を隠すために他人を悪く言ったり、「(ひどいことをしたのは)自分だけじゃないし!」というような子供じみた言い訳をするクセがあるように見えた。

他にも自分を悪く見せまいとする口上はいくつもあった。
野田さんの貴重品(キャッシュカードなど)を光洋が管理していたのはなぜかという話でも、
「野田さんの家は施錠されていなかった。なので、泥棒が入ってはいけないと思って自分が持っていた。」
と話した。普通は鍵を作ったり、鍵をかける習慣をつけるのが先ではないのか。
岡村さん同様、もう一人の証人久保田さんに対しても、光洋は責任転嫁というよりまるで久保田さんが黒幕であるかのような話を展開した。

野田さんを縛るように勧めたのはなんと久保田さんだというのだ。野田さんの脱走に困っていた時、そうアドバイスされたと。さらに言うと、縛り方が分からなかったので実際に縛ったのは久保田さんの会社の従業員だ、とも話したが、その従業員は光洋に乞われて縛っただけであり、根本的に光洋主導であることに変わりはない。しかし光洋は、さも重要なポイントであるかのように話していた。




挙句、野田さんの保険金を狙っていたのは実は久保田さんであるとまで言い出した。光洋は「久保田さんは怖い人」ということを何度も言っており、久保田さんから守るために保険金を自身の口座に移したりしていたのだと、その場にいない久保田さんのせいにし始めたのだ。
もちろん、久保田さんが野田さんの生命保険金からなにか利益を得たとか、そういう事実はない。久保田さんは二人の異様な関係を恐れ、早い時期に関係を切っているほどだ。

もちろん、先にも書いたがこの久保田さんは暴力が身近にある世界で生きてきた人に思える。野田さんに対し、おでこを小突いたり胸倉をつかんだりといったことはあったと、本人も証言している。
そこだけを掻い摘んで、あたかも久保田さんこそが悪人なのだと言わんばかりの主張には、唖然とするよりほかなかった。
100歩譲って久保田さんが保険金を狙っていたとしても、実際手にできていないどころか、野田さんの死とその後の死体損壊遺棄については全く関係していないのだ。
保険金を奪われたことを審理している裁判ではないのだ。

光洋にはそれが解っているのかいないのか、とにかくすべての出来事は自分なりの理由があって、すべては周りが悪い、自分は良かれと思ってやっていたという言い訳ばかりかましていた。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です