おもいあがり~愛媛・高知同居男性傷害致死死体遺棄事件 最終回~

仇と化した親の愛

裁判を通じて様々なことを考えさせられたわけだが、その中でも今回のケースで切り離せない、「ハンディのある子どもの行く末」という問題は、それまでの私の考えを大きく変えた。

周囲にも、生まれつきハンディを持っている家族がいる人はいるし、友人の中にも脳性麻痺の姉のことを生涯自分が世話をすると決めている人もいる。
障害児を育てる親のブログを見ても、ほとんどは経済的な不安をなくすためにいろいろと考えているし、どんなに介護や障害者の福祉がすすもうとも経済的な不安はない方がいいに決まっている、私はそう思っていた。
しかし、今回それがまさに仇になった。
野田さんは高校を卒業してはいるが、知的障害ではなくても一人で生活するということはまるで出来なかった。
光洋が診察を受けさせた精神科では、発達障害の可能性を指摘されている。
それはおそらく大人になって突発的に発症したとか、そういう類のものではなく、若い頃からそうだっただろうし、少なくとも親は気づいていた。

だからこそ、結構な額の死亡保険金を野田さんが受け取れるようにしていたのではないか。母親の綾子さんの死亡保険金は事故で亡くなっていることもあって増額されたと思われるが、それにしても判明している分だけでも5000万円近くにもなる。私が同じ条件で死んでもこんなに出ない気がする。
本来ならば、野田さんは一人になって仕事をしなかったとしても、家もあったわけで細々とであれば一生暮らせていた。
間違いなく親の思い、愛であり、野田さんを思えばこその「お金」のはずだった。

大切なことは、お金そのものを遺すことに加えて、やはり近隣をはじめとする「人とのつながり」に他ならない。
野田さんには親戚が複数いたし、野田さんと顔を合わせるほど近くに住んでいた人もいた。にもかかわらず、野田さんを真剣に助けようとする人は身内にはいなかった。
もしかしたら、であるが、野田家が信仰していた新興宗教の絡みで疎遠になっていたのかもしれない。
野田さんのようなケースの場合は、保佐人、後見人が必要だった。しかしそんな知識は両親も、近所の人々も持ち合わせていなかったのだろう。
いつどこで、家族が、自分が事理を弁識できなくなるかはわからない。日ごろから家族で話し合う機会を持つことは非常に重要であると痛感した。可能ならば、任意後見の手続きをすぐにでもするべきだろう。

光洋

一方で、光洋はなぜここまで野田さんに執着したのか。
私は裁判を通して光洋という人間のほんの少しを見てきたわけだけれど、間違いなく感じたのは、非常に自己愛の強い人間だということである。
加えて、なにかこう、自分は特別な人間で、人の役に立てる、人から感謝される人間で「ありたい」という気持ちの強い人間だと感じた。

光洋は裁判で、自分と野田さんが「社会から疎外されている点で似ている」と述べた。たしかに、野田さんは社会の常識とは違うレールの上を一人飄々と歩いていた。
光洋はどうか。
若い頃は通関士助手として仕事をしていたが、実際この仕事は無資格でも行えるものだ。国家資格の通関士とは雲泥の差である。
現実社会では複数の派遣や非正規の仕事を転々としながら、一方で他人に仕事を斡旋するような真似事もしていた。
しかし実際にはそう振舞っていただけで、久保田さんの証言にもあったように、一度として仕事を持ってきたことはなかったのだ。
仕事をしていないときでもスーツをまとい、素性を知らない人らには自分を偽ることも厭わなかった。テレビや漫画の世界で仕入れた浅知恵も、田舎の一部の人間には光洋に一目置かせるためには有効だった。
しかしいつからか、その浅知恵がどこでも通用すると思い込んでいたように思える。それが、公証役場や農地委員会、そして検察での録取の際にも見え隠れするが、みんな光洋の嘘や虚勢に最初から気づいていたし、久保田さんでさえ、「相手にならない、口だけの胡散臭い男」としか見ていなかった。

光洋にとって野田さんは、自分を優位に立たせてくれて、自分が望む自分でいさせてくれるたった一人の人だった。
野田さんがダメであればあるほど、光洋の献身は周囲から賞賛となって返ってくる。光洋は日々、小池さんばりにラーメンばかり食べる野田さんのために、野菜がたくさん入った食事を作っていたし、ボロボロの服を取り換え、新しい靴下や下着などを買い与えた。
しかし、野田さんにとってそれは「有難迷惑」だった。野田さんは光洋が買い与えた新品の服より、着古したお気に入りのボロの方が良かったのだ。ラーメン大好きな人間に野菜を与えるなど、嫌がらせ以外のなにものでもないのだ。子供ではないのだ。

裁判で、光洋はこうぼやいたことがあった。
「野田さんはせっかく僕が買ってあげた靴下を履かなかった」
善意には違いない、しかしそこには野田さんからの全幅の感謝という見返りを見越しての善意である。
光洋は、自分の満足感のために野田さんを利用したに過ぎない。そしてそれに気づいていない。
光洋の中では、いつまでも自分は野田さんを助けようとした善意の人間なのだ。
それは両親も同じ考えだろう。良かれと思ってしたことが結果、こんなことになってしまった、と。

自分のことも満足にできていない人間が、他人を助けるなど本来できるはずもないのだ。だから、わざと弱い人を見つけ出し、時には弱い人間だと決めつけて、相手に「あなたのためを思って」という、愛と正義の脅迫をし続けるのだ。

光洋は完全に自分を見誤った。自分は人を助けることが出来る、人に認められ、一目置かれ、モンクレールのジャケットにグッチのバッグでジム通いをする颯爽とした理想の自分を、野田さんを利用して実現しようとしていたのだ。一心同体など、勝手な思い込みである。

野田さんは今もきっと、お気に入りのボロを着て、ラーメンを食べている。

おもいあがった哀れな男が現実を直視する日は、来るのだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です