小心者~三島市・短大生暴行焼殺事件②~

逮捕

警察では犯行現場から、「土地勘のある人間の犯行」とみて聞き込みに力を入れていた。
そんな中、不審者、夜間徘徊者リストに名前があった服部の、当夜の目撃情報に目を付けた。
事件後には3月と6月の2度、大規模な検問なども実施されていたが、この時に服部の事件関与は全く浮かんでいなかった。
というのも、服部は事件の直後にひき逃げ事件を起こしており、2月末に出頭して逮捕されていたのだ。




警察では住民らの協力の下、不審者リストを作り上げ、現場の地理に詳しいもの、住民目線で見て不審者、あるいは犯罪の臭いがする人物などを調べていった。
その一人一人のアリバイ、素行調査、証拠資料との照合などを地道に行う日々が続く中、不審者リストにある服部のDNAと、現場に残されたDNAが一致したのだ。
もし、住民らの協力がなかったら、おそらく服部は重要人物とみなされなかった。しかも本人は別の事件ではあるものの、自ら出頭して罪を認め、実刑判決を受けていたのだから。

DNAというゆるぎない証拠があったものの、当初服部は全面否認だった。
「コンビニでナンパしたが、家に帰した」
服部の当初の供述はこうだった。
警察も、DNAが現場にあったということから、佐知子さんと最後に接触した人物の可能性が強い、ということは言えても、殺人を犯した張本人とは言い切れなかった。
とりあえず逮捕監禁と強盗の罪で逮捕したものの、本人の口から供述を得られたのは逮捕から1週間後、佐知子さんの自転車を遺棄した場所を自白し、その後殺害を認めることとなった。

裁判では初公判から色のついたレンズの眼鏡をかけ、時には赤いジャージで出廷した服部に、反省の色が見えないと感じる人も多かった。
罪状認否でも、起訴状に間違いがないかを確認された服部は、
「強姦ですけど、場所が違います。あと、劣情を催して姦淫しようと企て、というところですが、そのときにはそういうこと思ってないんで。それは否認します。」
と言い出した。
一方で、佐知子さんを強姦したこと、火をつけて殺害したことは認めており、正直場所がどうとかその時の気持ちがどうとか、罪状にあまり関係ない部分を否定するその真意がわからなかった。

無期は嫌





佐知子さんを殺害した動機については、「二度と刑務所に戻りたくない」「(佐知子さんの)身元をわからなくしたかった」と語ったが、殺害の方法については、実家に立ち寄った際に偶然目にした灯油のポリタンクから、焼き殺すことを思いついたようだった。
佐知子さんの自転車は、沼津市内を流れる狩野川に捨て、携帯と財布はコンビニのゴミ箱に捨てていた。その際、財布の中身を確認して、身元が分かりそうなものは焼き捨てていた。
実家から持ち出したポリタンクはご丁寧に元の場所へ戻してもいた。

一方で、火をつけた時点では「死んでいるかもしれないと思った」と話したり、死ぬかもしれないと思ったが、殺してやろうとは思っていなかったなどと、殺意については確定的ではなく、未必的であるなどと主張した。
また、佐知子さんを殺害した時点で覚せい剤の影響があり、責任能力が減退していたとする主張も行っていた。しかし、そもそも「早く覚せい剤を打ちたい」という欲求が事件を起こした要因であり、整合性はなかった。

平成15年10月9日、検察は服部に対し、静岡県内では袴田事件以来となる死刑を求刑した。

被害者が一人で、計画的な強盗殺人でもなく、殺人などの前科もない服部に対し、死刑判決が出されるかどうか、行方が注目されたが、平成16年1月15日、静岡地裁沼津支部の高橋祥子裁判長は、死刑を回避、無期懲役の判決を下した。
理由としては、服部が最初から佐知子さんを殺すつもりではなかったことから、計画的とは言えないこと、そして、過去に殺人など人の命を奪おうとするような罪は犯していないことを挙げた。
弁護側は無期または有期刑が相当と主張していたため、概ね納得のいく判決だったはずだった。

当然、検察は控訴したが、なんと服部側も控訴した。
「無期懲役は嫌(控訴審担当の福島昭宏弁護士の言葉から)」という、服部の意向を受けてのものだった。

佐知子さんの遺族は傍聴席で悔し涙に暮れていた。
確かに、被害者が成人で一人、ということだけを見れば、それまでの事例と突き合わせれば無期でも致し方ない、とする見方も多かった。
識者らの意見も割れた。刑事政策が専門の石塚伸一龍谷大教授(当時)は、「計画性がない点がポイントになった。被害者が一人で、過去に殺人で無期刑を受けたこともない。被告は若く、もう一度(チャンスを)、ということだろう」と一定の理解を示す一方、検察官経験者の土本武司・帝京大教授(当時)は、「今回は死刑を適用できる事例だと考えていた。日本の裁判官はよく言えば謙抑主義で、量刑には極めて慎重。検察側は断固、控訴して最後まで争う姿勢をとるべきだ。」と語気を強めた。

判決後、死刑回避となったことでなにごとか弁護人と言葉を交わした服部はだったが、実は内心穏やかではなかった。

死刑になると思ってなかった弁護人




控訴審では東京弁護士会所属の福島昭宏弁護士が担当となった。
福島弁護士は、服部の死刑執行後、フォーラムにて服部の裁判のことを語っている。以下は、そこで福島弁護士の口から語られたことからの引用となる。

福島弁護士は、同時期に同じように一審死刑求刑、判決無期、という事件(おそらく大和市主婦連続強盗殺人の山本章代)を担当していた。
こちらは特別案件に指定されていたこともあり、控訴審では逆転判決が出る可能性もあるのではないかと感じていたという。
しかし、結果は無期懲役のままで、服部の事件ではそもそも特別案件に指定されなかったということで、いわば「瀬踏み」して受けた案件だった。

しかしその瀬踏みは、とんでもない見当違いであったことを判決の日に思い知ることとなる。

平成17年3月29日、東京高裁の田尾健二郎裁判長は、主文を後回しにした。
その瞬間、福島弁護士は、「え。何言ってんの?」と思ったという。
慌ただしくなる傍聴席とは反対に、福島弁護士の頭の中真っ白になっていった。本人の弁によれば、裁判長の言葉も頭に入らないほどだったという。
それほどまでに、前例からしても服部に死刑判決が出ることはない、という自信があったのだ。
現に福島弁護士は、国選の依頼があった際、「死刑にはならない」と思った、だからこそ引き受けたのだという。
自分の弁護でひとひとりの命が左右されるということに自信がなかったこともあるし、そもそも嫌だろう。

当の服部は判決を受けてどうだったのだろうか。今となっては知る由もないが、福島弁護士の話からそのなんとなく、が見えてくる。
判決後、福島弁護士のもとに服部から面会要請があったという。ただ、上告審の弁護人はすでに決まっており、一般面会としてなら会える、という返事をしていた。
福島弁護士は、相当な自信をもって控訴審に臨んでいたわけで、おそらく服部本人にも前向きな話はしていたはずだ。
それが逆転判決となってしまった。
「多分私のことを恨んでいたと思います。(中略)本人から面会要請の手紙が来ました。担当弁護人ではないので、一般面会なら会えますよと回答しましたけれど、その後、動きがなかったので、多分、秘密面会して、自分の責任だと言って金でもせびり取られるのかなと思っていました。」
服部がどう思っていたかよりも、福島弁護士が服部をどう見ていたかがよくわかる話ではあるが、本当のところはどうだったのだろう。

服部は何を福島弁護士に伝えたかったのか。

担当弁護人は一番被告人のことをわかっている、そう福島弁護士は言うが、ならばどんなことをしてでも、この時服部に会ってほしかったなぁと勝手ながら思う。

その後上告は棄却となり、再審請求の準備もしていたようだが、それらがなされることもなく、平成24年8月3日を迎えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です