差別と自死で煙に巻かれた本筋~奈良・月ヶ瀬女子中学生殺害事件~

平成9年5月4日。
月ヶ瀬村の嵩集落にある自宅へと続く鬱蒼とした道路を、少女はひとり歩いていた。ついさきほど別れた友人の姿は、もう見えなくなっている。
自宅まではここから坂道を登っておよそ500m。鬱蒼とした村道ではあるが、幼いころから知っている慣れた道である。
顔見知りの商店のおばさんの車とすれ違う。この道を通るのはほとんど顔見知りの村の人ばかりだ。

背後から来た車が不意に停車し、運転手が声をかけてきた。
「乗っていくかい?」
充代さんは、顔を上げた…

卓球大会を終え帰宅途中のその体操服姿の少女を、三菱ストラーダに乗った男が視界にとらえた。
男は、顔見知りのその少女にされたある対応を、どうしても許すことが出来ずにいた。
ゆっくり近づき、そのまま少女の背後からためらいなく車をぶつけた。

転倒し、気を失いかけている少女を車に押し込み、車を走らせる。あてなどないし、そもそもこんなことをしでかすつもりもなかった。
それでも、心をとらえて離さない、歪んだ鬱憤はもう止められなかった。

事件発覚と浮かんだ男

行方不明になったのは、月ヶ瀬村に住む中学生・浦久保充代さんであった。
「夕食の時間になっても充代が帰らない」
心配した母親の博子さん(当時42歳)が、午後八時ごろ学校へ連絡を入れ、学校関係者らがすぐさま通学路や充代さん宅周辺を捜索すると、帰り道の村道脇の川で、充代さんのものと思われるスニーカーが見つかった。
さらに、道路にはスリップ痕と微量の血痕が見つかったため、奈良署は充代さんが交通事故に遭い、その後連れ去られたのではないかとみて捜査を開始した。

その日の捜索で、夜には村内の公衆トイレなどから充代さんの体操着なども発見され、事件はいよいよ深刻さを増す一方であった。

住人も少なく、訪ねてくる人も限られている小さな村で起こった行方不明事件は、瞬く間に広まり、すぐに犯人ではないかと疑われる男の存在が分かった。
男の名は、丘崎誠人。浦久保さん方の近所に家族と暮らす当時25歳の若者であった。
充代さんを捜索する人々の中にも、男の姿はあった。しかし、早い段階から男は自分だけが周囲から違う目で見られていることに気づいていた。
ただ、男はそんな視線には慣れっこだった。今に始まったことじゃない、幼いころから、ずっとそんな目で見られ続けてきた。
だからなのかはわからないが、男は逃げも隠れもせず、あからさまに疑うマスコミの前で吠えた。

よれたTシャツに短パン、サンダル履きの痩せた髭面の男は、瞬く間に全ワイドショーを席巻し、独占インタビューを申し出るマスコミも後を絶たなかった。
充代さんをはねたと思われる車は、早い段階でそのスリップ痕から大型の4輪駆動車であることはわかっていた。周辺の該当車は、およそ5,000台。その5,000台の中に、誠人の所有する三菱ストラーダも含まれていた。
しかし、所有しているだけで連れ去ったと裏付けが出来るはずもなく、警察は誠人の車を調べられずにいたため、いくら周囲で誠人を疑う声があっても、手がなかった。

事態が急転したのは7月に入ったころ。
誠人は、所有していた車を売却したのだ。警察はすぐさま売却した車を任意提出してもらい、車内の捜索を行ったところ、シートから充代さんと同じDNAの血痕を発見、それ以前に公衆トイレから発見されていた黒のベスト(充代さんの血液が付着していた)にあった毛髪が、誠人と同じAB型であることも合わせ、逮捕に踏み切った。

充代さんが行方不明となってすでに2か月以上が経過していた7月23日。
深夜3時ごろ、誠人は未成年者略取の疑いで逮捕、手錠をかけられ警察車両に乗せられた。連日取材していたマスコミの怒号に誠人の家族らの叫び声、もはやめちゃくちゃであった。
しかし、これで一件落着ではなかった。充代さんの所在は依然として不明のままで、誠人は逮捕されたのちも警察の取り調べに応じないでいた。
8月に入ったその日、突然誠人は自供を始め、供述通りの三重県上野市の山中から充代さんの変わり果てた遺体が発見されたのだ。
その後の調べで、充代さんははねられて意識がもうろうとしている中、首を絞められ、それでも絶命しなかったために石で顔や頭を殴られ、頭がい骨骨折による脳挫傷で死亡したことが分かった。

報道では、取り調べの刑事から「お盆までには返してやれ」という説得に応じたという話や、たまたま隣の房にいた別の事件の犯人から、「警察は甘くない、話してないことがあるなら話して楽になれ」と諭されたという話があるが、いずれにしても7月31日には無精ひげを剃り、意を決したように翌日の取り調べで充代さんの居場所を話したのだった。

冒頭陳述における「動機」

逮捕前から誠人は、暴れ怒声を浴びせかけるなどの姿をメディアにさらし続けたため、「常軌を逸した男」というような、凶暴な男というイメージが付きまとっていた。

しかし、ある時から、事件のそもそもの要因は村ではびこる丘崎家への村八分であるといったことが言われ始めた。
充代さん殺害の動機を検察官に聞かれた際、誠人は、当初は「はねてしまったことがばれたら村にいられなくなる。だから連れ去って殺した。」と話していた。同時に、なぜはねたのかとの問いには、「(充代さんに)無視されて腹が立った」と述べている。
平成9年10月27日に奈良地裁で行われた初公判における冒頭陳述で、検察側から誠人が充代さんをはねた動機について、
「充代さんに『車に乗っていくか』と声をかけたが、何の返事もなく無視されたと腹を立てた。これまで、嵩地区の住民から差別を受けてきたとして、同住民に不快感を抱いていたため、無視されたのは、自分に対する差別の表れであると認識し、故意に車をぶつけて、充代さんをその場から、どこかへ連れ去ろうと考えた」
と述べられている。
奈良の風光明媚な静かな山村のイメージとは対極にあるような、山深い村における「差別」。
誠人の供述や、取材レポートなどの報道を読むと、具体的なことがいくつも書かれてあった。

この、「嵩地区の住民から差別を受けてきた」という部分が、その後の報道や世論を大きく惑わせる結果となる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です