だってあの子が悪いのに~鹿嶋市・女性リンチ生き埋め事件①~




平成13年6月9日

茨城県鹿嶋市。
北浦に面した県道18号線から東に1キロほど離れた場所で野良犬が数頭、群がっていた。

「なんであんなに犬がいるんだろう」

田んぼのわきのあぜ道で農作業をしていた男性(63歳)は、野良犬らの動きが気になった。なにか、動物の死骸でもあるのだろうか。
犬たちを追いやった男性が、犬たちが群がっていた地面を探ってみると、そこにはなにやら白いものが見えていた。
男性は知人を呼びに行き、その知人とともにもう一度その白いものを確認して驚愕する。
それは、人の頭蓋骨だった。

白骨遺体の主


通報を受けた警察はすぐさま周辺を捜索、すると、現場付近の土の中からほぼ1人分の骨が出た。
6月11日、司法解剖の結果、遺体は20代から40代の比較的若い女性、血液型はB型で身長は150センチと小柄で、外傷などはなく死因は不詳とされた。
遺体の着衣については、上衣はほとんど原型がなく、特徴と言えば小柄な女性にしては大きめの25センチという靴を履いていたこと、黒に赤ラインが2本入ったズボンを履いていたこと、そして、茶髪のおよそ8~10センチの髪の毛の束が出たことくらいだった。

状況から女性は埋められていたと思われ、死後半年ほど経過しているとみられた。
鹿嶋署では広く情報を得るため、遺体の詳細などを公開したが、身元判明につながる情報が得られないまま、3年の月日が流れてしまった。

平成16年6月、事態は急展開を見せる。
地道な聞き込みを続けていた捜査員らは、千葉県出身の風俗店勤務の女性が3年前から行方不明になっていることを知る。
そこで、歯型の鑑定と合わせてDNA鑑定を行ったところ、一致。遺体はその女性で間違いなかった。

被害者は、千葉県香取郡東庄町出身の多田由香里さん(当時20歳)と判明。聞き込みを続ける中で、由香里さんがトラブルに巻き込まれている、さらにはある人物が「痛い、痛いと助けを求める由香里さんが夢に出てきてうなされる」と知人にこぼしているという情報も得た。
県警捜査一課と鹿嶋署は、平成16年10月8日未明、殺人の容疑で由香里さんの知人である3人の男女を逮捕した。
逮捕されたのは、千葉県山田町の無職・清水史洋(当時30歳)、千葉県東庄町の無職、榊弘子(当時27歳)、茨城県石岡市の無職、比気雅美(当時28歳)。
警察ではこれ以外に男女3人が事件に関与しているとみて捜査を続け、新たに鹿嶋市の土木作業員、伊藤直哉(当時30歳)、同じく鹿嶋市の防水工、君和田充(当時29歳)、そして茨城県神栖町の無職、馬場千秋(当時26歳)を逮捕、由香里さん殺害に関与したのは合計で6名となった。
雅美と弘子は親友同士で、清水と千秋は内縁関係にあった。また、弘子は当時君和田と同棲しながら伊藤の経済面を支え、由香里さんは伊藤と交際しつつ、過去に清水と肉体関係にあった。
もはや何が何だかよくわからないこの7人の関係は、裁判では「人物相関図」まで持ち出されるほど、込み入っていた。




置き忘れた財布

事件は実に些細なきっかけで起こった。
平成12年の10月、神栖町内のパチンコ店で、雅美が店の電話ボックス内に財布を置き忘れた。
携帯電話の料金を支払うための金が入っていたことと、その財布がお気に入りのブランドものの財布だったため、雅美は慌てて電話ボックスへ引き返したもののすでに財布はなく、結局雅美は携帯の電話料金をすぐに払えなくなってしまう。

焦った雅美は、店内に見知った顔があるのに気づく。伊藤である。
すがるような思いで雅美は伊藤に、「自分が電話ボックスを出た後、誰が入ったか見ていないか」と尋ねた。
すると伊藤は、由香里さんが入ったのを見た、と話したため、親友の弘子とともに由香里さんを呼び出すと、一体どういうことかと問い詰めた。

由香里さんは、財布を盗んだことを認めたものの、すでにその金は手元にないと話した。飲み物などに使ったほか、借金をしていた清水への返済に充てた、というのだ。
雅美と弘子は、すぐさま清水を呼び出し、由香里さんの話を確認したところ、清水はそんな覚えはないと話した。内縁の妻だった千秋も一緒におり、これまでに由香里さんから金を返してもらったことはない、と話した。
雅美は憤慨しながらも、ならばお気に入りの財布だけでも返せと詰め寄ったところ、由香里さんが千葉県小見川町にある下水に捨てたと話したため、その場所へ由香里さんを連れて行って探させた。
しかし、財布は見つからず、雅美の怒りは頂点に達する。
由香里さんのウソに利用された清水と千秋も一緒になって腹を立てており、弘子を加えた4人は由香里さんにリンチを加えた。

由香里さんが雅美の金を盗んだことを白状したことから、雅美と弘子はそれなら由香里さんの親に返済させればいいと思いつき、東庄町の由香里さんの実家へと向かうことにする。
その際、弘子は同棲していた君和田を誘い、由香里さんの親に金を返済させるための交渉役を頼んだ。
ところが応対した由香里さんの母親は、どこの誰ともわからない人間の要求をおいそれとはのまず、その場では拒否し、雅美らを門前払いにした。
怒りの収まらない雅美らは、それなら由香里さんと男女の関係にある伊藤ならば、由香里さんに本当のことを言わせられるのではと考え、弘子が伊藤に相談を持ちかけた。
伊藤は弘子に世話になっていたこともあり、その提案を受け入れ雅美らに合流する。




それぞれの出会い

この事件に登場する7人は、どこでどうやって知り合ったのだろうか。
被害者の由香里さんは、小中学校と地元の学校に通い、当時を知る人によれば、大変利発な子供だったという。
しかし、中学を卒業後は高校へ進学しなかったのか、退学したのかは不明だが、缶詰工場で働いていた。
工場勤めは長続きせず、駅前でよくうろついている姿が目撃されるようになっていた。

事件当時はまだ20歳と若かったが、それよりも以前から、実家を出て知人宅を転々としていたようで、事件直前は住所不定となり駅舎などで寝泊りするような状態だったという。

雅美はもともと弘子と仲が良く、よく行動を共にしていた。平成12年の夏、神栖町にあるドライブインで雅美らが由香里さんに声をかけ、それ以来友達付き合いをしていた。
雅美とは風俗やテレクラなどのバイトを一緒にしたり、時には雅美が由香里さんの生活の面倒を見ることもあったという。

清水や伊藤らも、その前後に由香里さんと知り合ったとみられ、先述の通り由香里さんと男たちは時に肉体関係も持っていた。

一方の清水は、裁判資料によれば千秋とは内縁関係、となっていたが、新聞報道によるとどうやら元夫婦だったようだ。
何らかの事情でいったん離婚したものの、内縁状態にあったというのが本当のところか。
そういった関係で、千秋も雅美らとは友達付き合いをしていたとみられる。
弘子は当時君和田と同棲していたが、伊藤に金を貸すなどしており、弘子と伊藤の関係もよくわからないものだった。
伊藤も、報道では一切出ていないが裁判資料によれば、由香里さんの交際相手という表現がある一方、弘子との関係も本当のところがどうだったのかは不明である。

ともあれ7人は、それぞれの危うい関係性でつながっていたと言える。

そして、パチンコ店でのトラブルが起きた。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です