コメントについて

いつもコメントをくださる皆様、ありがとうございます。些細なことでも大変励まされます。また、ご指摘については確認のうえ、事実関係が確認され次第訂正、補足などをいたします。そういったご指摘も含め、本当にいつもありがとうございます。

さて、コメントは当初より私が確認した上で公開、という形をとっています。というのも、サイトの性質上、デマや不確かな噂などが書き込まれると、それが広まってしまう可能性を危惧しているからです。
したがって、今後も私が確認した上で問題がなければ公開、という形を取っていきます。
また、ここ最近Twitterを見てくださっている方はご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、コメントしてくださる方のごく一部の方の振る舞いに頭を悩ませております。
私としてもできる限り大切にしていきたいですし、どんなコメントへの返事もできる限り早く、丁寧にを心がけています。もちろん、嬉しくてしている事です。本当にありがたく思っています。

しかし、そういう私の対応を誤解なさる方もいて、なにか私を旧知の仲であるかのような錯覚に陥ってしまわれる方もいます。
個人的なことではありますが、私は仲の良い人であっても基本的にこのサイトでは「丁寧語」を使います。TwitterやDMでは砕けたやり取りをしていても、不特定多数の方が見るこの場所では、馴れ合いや身内にしかわからないような話をするのは失礼だと思うからです。
実際に仲の良い方々も、このコメント欄では私と同じように丁寧語で書かれますし、話題についても誰が見てもわかるような、事件についての話題ばかりです。
決して、自分の主張を発表する場に利用したりなさいません。自分の意見は自分の意見として、そして執筆者である私の考えも尊重してくださり、そのうえで意見してくださいます。
もっと言えば、コメントくださる方の9割以上は、常識的で社会性のあるコメントをくださっています。犯罪と地域性の関連性、新生児殺しについての考え方などなど、コメントしてくださった方によって話題が広がったものもあります。

が、残念ながら、ごくごく一部で、自分の主張を展開するためだけにコメント欄を使用する方がいます。
そこで、今一度、コメントするにあたってのお願い事を書いておこうと思います。

禁止事項としてお願いしたいのは以下になります。
①公序良俗に著しく反するような書き込み(暴力的、法を守らないような書き込み)
②性的、過激な言葉を使っての書き込み(死ねとかクソとか)
③明らかなデマ、嘘の書き込み
④他人を誹謗中傷(批判とは違います)する書き込み
⑤事件と無関係のサイトの宣伝
⑥事件と無関係の話題の書き込み
⑦意味不明の書き込み

これについては、公開もしませんし、即ゴミ箱行となります。
公開しない理由についての説明もしません。

加えて、以下は私のお願いになります。

①社会的に常識的な言葉遣いをしてください
②特定の国籍を愚弄するような書き込みはご遠慮ください
③事件に対する「推理」はほどほどに
④書いている人間を最低限、尊重してください

①は、敬語を使えというのではなく、大人なのですから常識的な言葉遣いをしてほしいということです。いわゆるタメ口は、見ていて不愉快に感じる人もいますし、馴れ合いを見せられているようで疲れることがあります。
②は、日本人だから、在日だから、といった、国籍や人種を事件に結び付けること。
特に、沖縄の中学生殺害、月ヶ瀬の事件、大分の資産家殺しなどは、犯人の国籍こそが事件を起こした要因だと言わんばかりの主張を目にします。
が、そもそもその国籍が正しいという確証もなければ、事件が起こった要因がそれ、ではありません。
③は、事件からさまざまな背景を考えることはいいのですが、事件そのものを勝手に推理して事実と違うことを書かれても、お返事に困ってしまうのです。
私も推察を書いていますが、中には証拠があって確信を持っているものもあります。
が、それを書けない事情があるために「推測ですが」としているケースも多いのです。
④は、おこがましいのですが、私が個人的に趣味でやっているサイトであり、それなりに調べ、裁判を傍聴し、ありとあらゆる書籍や新聞記事を調べ上げてまとめている大事な記事たちです。
それを、「初めて知った事件」であるにもかかわらず、まるで私の存在を無視するかのように勝手に考察し、上から目線であれこれ言われると、非常にしんどいです。
少なくとも、関係者の方でない限り私のほうが調べています。そこはどうかご理解いただきたいのです。

長くなりましたが、今後とも有意義なコメント欄にしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

「コメントについて」への2件のフィードバック

  1. 初めてコメントを書き込みします。
    偶然このサイトを知って以来、非常に興味深く拝読しています。

    陰惨な事件を多く取りあげ、実に詳しく調べたうえで記事を書かれている点、
    失礼な言い方でしょうが女性とは思えないくらいの鋭い視点での考察、
    じつに引き込まれます。

    正直に言いますと、筆者さんの文才ゆえか、各話冒頭の印象的な語り口、
    また時系列を忠実に書くのではなく、読み手に「どんでん返し」のような衝撃を感じさせたりもする構成に、
    初めは、なんとなくドラマチック過ぎるというか小説じみた感じを覚えてしまい、現実の事件を扱うサイトにしてはちょっと異色さを感じていました。(初のコメントで失礼お許しください)

    ですが読み進めるうちに、筆者さんはわざとそうしているのかと、
    調べて分かった事実だけを語るのではなく、事件に対しての筆者さんなりの感想というか
    怒り、哀れみ、憤り、疑問、そういったものを素直に伝えてくださっているのかなと勝手に思ってます。

    そう思うと、理知的ながらもどこか人間臭いというか、時おり私的な感情がむき出しになっていたり、w
    チクッとブラックジョークが効いてるところなんかも筆者さん並びにこのサイトの味なんだなと感じて面白く読んでます。

    ただ、われわれ読み手には筆者さんの意見を聞いたうえで各々どう考え、判断するかが求められる気がします。
    コメント欄を見ていると、筆者さんに完全同調!のような書き込みが目立つ気がしますが
    特に復讐や、親にとって劣悪な環境下での虐待死といった事件などは、賛否両論があって当然だと思いますし、
    筆者さんの考えは受け止めたうえで私は自分の考えをしっかり持ちたいと思いながら読んでます。

    いきなり書き込んで何が言いたいのかよく分からなくなってますがw
    何はともあれ今後も楽しく拝読したいと思ってます。
    応援してます。

    1. いわしサバ さま
      コメントありがとうございます。
      現実の事件を扱うサイトにしては異色、とのご感想、私としてはそう思っていただけることがむしろ狙いというか、他とは違う構成を心がけています。

      もちろん、事実だけを淡々と追いたい、という方は胸焼けすると思いますし、私の主観が強すぎてついていけない、という方もたくさんいらっしゃいます。
      そういった方はWikipediaを見られた方が良いと思いますし、私のサイトはむしろ不愉快に感じると思います。

      読んでくださる方はどう感じてたとしても自由です。そしてそれは私も同じで自由です。
      もちろん反論やお叱り、自分の意見の主張が書き込まれることもあります。
      ただ、このサイトは私の書き方や印象に対する議論を求めていないので、そういった書き込みは掲載はしますが往復で終わり、というふうになるべく持っていくようにしています。

      賛否が別れる事件もありますが、個人的に「幼い子供」が被害者の事件については賛否はあってはならないと言うのが私の持論です。
      コメントに同調意見が多いのは、「コメント欄は議論の場ではない」と認識されている方が多い、からかもしれません。
      他のサイトでは議論が白熱するあまり暴言大会に発展したり、手に負えなくなっているものもあります。
      純粋に私の記事を楽しみにしている人を大事にしたいので、そういう私のスタンスに合わない方はスルーすることもあります。

      私もまとまりませんが、それでもまた読みたい、と思っていただけるように努力したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です