無戸籍よりキツい母の家庭内教育~鳩ケ谷市・20年間無戸籍判明事件~

平成19年3月27日




さいたま地裁。
この日の午前、とある事件の判決公判が開かれた。
被告は、20歳代の男。罪状は、未成年者略取と窃盗だった。
任介辰哉裁判長は、「卑劣で悪質な犯行だが、学校教育を受けず、閉鎖的生活をし、知的障害も認められる」とし、求刑3年に対し、懲役2年6月、執行猶予5年の判決を言い渡した。
実はこの男は、公判中から「別の事柄」が発覚して注目されていた。
裁判長が情状酌量として認めた事柄には、「男が20年間無戸籍」であったことも含まれていたのだ。





事件概要

平成18年6月25日夕刻、埼玉県鳩ケ谷市内の公園で遊んでいた当時4歳の女児が行方不明となった。
その後、同じ鳩ケ谷市内のスーパーで女児は無事保護されたが、下着を盗まれていたという。
埼玉県警武南署は、窃盗と未成年者略取の疑いで捜査をし、10月になって、鳩ケ谷市内に暮らす当時二十歳の男を逮捕した。

しかしその後の展開は予想外のものとなった。
武南署が男の身元を紹介したところ、なんと無戸籍ということが判明したのだ。
男は両親と姉との4人暮らしだったが、13歳年上の姉には戸籍があった。
さいたま地方法務局が調査し、両親とこの男性は間違いなく親子関係であることが認められたため、10月半ばに母親が届を出し、男は戸籍を得ることができた。
戸籍法では出生の届けは14日以内に行うと定めており、正当な理由もないのに届け出を怠った場合は3万円以下の過料が科せられる。
この男には家族がいた。にもかかわらず、戸籍がないというのはどういう事情だったのか。




無戸籍の理由

両親は母親が19歳、父親が31歳の時にいわゆる出来婚をし、その際に長女が生まれた。
その13年後の昭和61年6月に、当時一家が暮らした埼玉県の南部の自宅にて男は生まれたという。
父親は当時仕事がなく、かつ多額の借金もあった。
姉は学校にも通っていたが、その学校にかかる費用、例えば給食費や教材費に両親は喘いでいた。
息子が生まれ、やがて学校に通うことになればもっとお金がかかるようになる……
さらに、一家は債権者から逃れる生活を送っていたため、出生届を出せば債権者らに居場所を知られると考えていた。
そういった理由で両親がとった選択は、とりあえず出生届を出さないでおく、ということだった。
当初は、とりあえず、だった。しかし、月日が流れるうちに、それは後回しにされ、両親らも特に不都合がないことでなぁなぁになってしまう。もちろん、その違法性の認識も甘かった。
平成元年頃、一家はようやくまともな暮らしを始めると決意したのか、鳩ケ谷市内の長屋に居を構え、その際には住民登録も行った。
が、そもそも出生届の出ていない息子は、出されなかった。




少年時代

幼いうちはまだよかった。時代的にJリーグなどが始まったこともあり、息子はサッカーが好きだったという。
家にはテレビはあったようで、子供のころから遅くまでテレビを見ていた。
小学校に上がる年齢になっても、無戸籍の息子には就学案内などは来ない。
母は自宅で算数や文字の書き方を教えたという。姉が教えることもあった。

中学生くらいになると、母親は1日100円の小遣いを渡し、息子が時間をつぶせるようにし始める。
門限は9時。息子は、100円をためて古本などを買うようになった。時には電車で秋葉原へ行くこともあったという。
息子の興味は、このころアニメだった。姉もアニメは好きだったようで、二人して食い入るように毎日アニメを見ていた。ただ、アニメと言ってもまんが日本昔ばなし的なものではなく、いわゆるアキバ系と呼ばれる、かわいい女の子らが多く登場するものだった。
アニメであってもかわいい女の子に興味が出るのは何ら問題はないし、それがやがて二次元から実物へと移行するのはむしろ普通だ。
姉と足しげく中古ビデオ店などに通う間、息子はこっそりアダルト雑誌を立ち読みするようになっていく。
姉からそのことを伝え聞いた母は、息子にこう言って聞かせた。

「アダルトビデオはこっそり見ないで。みんながいるところで堂々と見なさい」




母親

若くして出来婚したこの母親は、週刊誌の取材に対し、
「最低限のお礼やあいさつなどのマナーは教えたつもり」
と話している。
たしかに、この事件より前に男がなにか迷惑行為をしたとか、近所で悪さをしたという話は出てこない。
年の差夫婦だった夫は、昔から金がなかったようだ。一部情報では、この母親の両親が娘と別れてほしいと頼んだ際、「別れてほしければ金を出せ」と迫ったというものもある。
以降、一家の生活は貧困まっしぐら、事件当時に暮らしていた鳩ケ谷の長屋も、月3万円の家賃を10か月滞納した。
そればかりか、迷惑をかけまくっている大家に対し、借金の申し込みをしたというから筋金入りである。
大家は出て行ってほしい一心で、滞納家賃を放棄することと引き換えに一家を立ち退かせた。
父親は時には仕事にありついたこともあり、息子が生まれて以降、出稼ぎなどで家を空けることがしょっちゅうだったという。
また、出生届を出していないことが頭の隅にあったのか、父親は無戸籍の息子と接触することを極端に嫌がったという。
そのせいもあって、父親が息子をしつけたり、同じ男として相談に乗るなどと言ったことはなかった。

どうやら母親は、父親の代わりにいわゆる思春期の男の子への性教育を自分がしなければならないと思っていたようだ。

母子家庭や、父親が不在がちな家庭はたしかにこういった問題に直面することがあるだろう。
しかし、子供には子供の世界があり、友達や学校、社会の中でそのなんとなくを学びながら、時に傷つき、時に失敗もしながら、恥もかきながら性の知識を得、段階を経ながら大人へと成長する。

母親は、その過程を与えていないにもかかわらず、アダルトビデオを買える年齢になった(見えた)息子に、家族の前でそれを鑑賞するよう要求し続けていた。




やがて暴発

「隠されるといやらしい行為になってしまうから、堂々と見てほしいだけなんです」

現実に、母親と姉とのアダルトビデオ鑑賞会は頻繁に開かれた。制服モノ、女子高生物が好きだったという息子は、時折感想を述べながら母と姉とでアダルトビデオを見続けた。
母と姉の前で息子は股間を抑え、顔を真っ赤にして悶えていた。
母親は息子の好きなAV女優も把握しており、時には布団の中で寝ながら見ることもあったという。もちろん家族3人一緒に寝ていた。その際は、息子のモゾモゾが止まらず、母と姉は見て見ぬふりを続けた。
母親としては、性をオープンにすることで、息子が性的な問題を起こさないように良かれと思ってしていたのだというのは本当だろう。
あれだ、酒やたばこをよそでやって補導されるくらいなら、親の目の届くところでする分には黙認する、みたいな。

しかし、事件は起こった。




なにが事件を起こしたか

男が無戸籍だったことが報道されて以降、男が何をして逮捕されたのかよりも、無戸籍に至った経緯やこの男以外にも1万人以上いるという無戸籍状態の人々がクローズアップされ、事件自体は全くと言っていいほど語られなかった。
例えば男が起こした事件が薬物だとか万引きだったとならばまだわかるが、この男がやらかしたのは未成年者、しかも4歳女児を言葉巧みに誘い出し、その下着を脱がせて持ち去ったというものだ。冗談抜きでヤバい。

そして、男の特異な家庭内教育は、無戸籍であることと同じかそれ以上に重要な問題をはらんでいるように思う。
母親は、無戸籍を解消しなかった理由や、性教育のあり方をさも子供のため、やむを得なかった、などと話していたが、母親の息子に対するねっとりとした禍々しい感情が垣間見えるのは気のせいなのか。

「息子はケイン・コスギ似の爽やかな見た目で、明るく何でも話すいい子なんです」

親バカフィルターがかかっていたとしてもなかなか言えない台詞である。さらに母親は、我が儘も言わず、親の気持ちを察することのできる心の優しい子だとも話した。
一家で債権者から逃れ逃れて暮らし、3万円の家賃も滞納、しつけやマナーは教えたという母親が15歳の息子に渡したのは1日100円……
勉強も教えたはずだったが、20歳になった男は自分の名前と住所をひらがなでかろうじてかける程度、九九も言えず、数字の6は下から上へ書いた。
夫のいない家で、果たして息子はこの母親にとってどういった存在だったのか。

息子が戻ってきたら、改めてしっかりと教育を受けさせたい、そのために60歳を過ぎた夫は道路工事の仕事をしている、私は850円のパートをもっと増やそうと考えている、死ぬ気で決意したんです、と話す母親だが、性教育もきっちり教え込むと言った。やめて。

息子は、市が作った支援チームのもとで、福祉作業所へ通いながら小学校からの授業を受けなおしたという。
母親について尋ねられると、
「いろいろ面倒をみてくれて、お母さんが大好き」
と笑った。

その、いろいろとみてくれたという面倒の範囲が、気になってしかたない。

*************

参考文献
女児わいせつの無戸籍男を育てた母が驚天の家庭内性教育を告白!
2007/02/23  週刊ポスト p166~169

生きる証を:無戸籍の悲痛 3 誰も気付かず20年
毎日新聞 2008/3/14 朝刊

事件備忘録…にOFUSEする




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です