強制退去で娘を殺した母親にあえて言いたい「ふざけるな」~銚子市母子家庭娘殺害事件~

平成26年9月24日

その日、千葉県銚子市の県営団地において強制退去が行われる予定であった。
対象は、その団地に7年前から入居している松谷美花(当時43歳)とその娘・可澄さん(当時13歳)が暮らす一室で、この部屋は長きにわたって月額12800円の賃料が延滞、あるいは滞納されていた。
この時点でも、最終支払いは前年の4月。それでも滞納額は10万2400円となっていた。
強制執行についての段取り、日時などは、入居者である美花には事前に知らせてはあったが、ここ数日は松谷親子とは連絡が取れていなかった。

鍵を開け、室内に入ると人の気配がある。
テレビの前に敷かれた布団に、娘がうつぶせに寝ていた。そしてその傍らで、呆けたような表情の美花が、テレビ画面を指さし、「これ、うちの子なの」などと言った。
その時点で、室内に入った執行官や業者らは娘が寝ているのではなく、死んでいるということに気づく。

美花は、テレビに映る鉢巻き姿の娘を指さし、
「頭に巻いてる鉢巻きで首を締めちゃった」
と言った。


事件にいたる経緯

その豊里団地に母娘が越してきたのは平成19年11月であった。
可愛らしい小学生の娘と、細身な母親の姿は、いつも一緒で仲の良いごく普通の母娘に見られていた。
美花は、団地に入居したとほぼ同時期に、給食センターでのパートを始めた。
時給は850円。
週に5日の勤務で、月収はおよそ10万ほど。
少なかったが、とりあえず仕事があるだけで安堵していた。それに、娘の児童扶養手当(月額換算で4万円)もあり、就学援助や給食費の免除もされていたため、母娘贅沢をしなければやっていけると考えていた。

「母子家庭だからと言って、娘に惨めな思いはさせたくない」
その、母親として当たり前の気持ちを美花も持っていた。
娘には出来る限りのことをしてやろう、そう決めていた美花の普段の服装は、くたびれたTシャツにジーンズというものだったが、美花は気にしていなかった。

美花はバツイチであったが、元夫とは平成14年に離婚後も連絡を取り合い、養育費の支払いも順調ではないものの、あった。
この銚子に越してきたのも、元夫のアドバイスによるものだったし、母娘が暮らすこの団地にも、頻繁ではないが元夫も顔を見せた。

娘が成長するにつれ、女の子特有の「出費」がかさむようになる。
洋服、靴、アイドル関連の写真集やCDなどを、どこの子もそうであるように、娘も欲しがった。
また、平成23年の夏ごろには、テレビやブルーレイプレーヤーなども「どの家にもある」と考え、まとめて購入した。
翌年の冬、6年生になる娘の中学進学に備えて特別な自宅学習教材も購入した。塾に行かせる余裕はなかったが、かわりに自宅で学習できる環境をそろえてやりたかった。
さすがに出費が大きい時は、家賃を遅らせ、まとめて後で払うこともあった。

同じ頃、元夫が顔を見せなくなり、やがて養育費の支払いも止まった。

市役所で生活保護のことを聞いてみたが、給食センターの仕事を理由に満額は出ないと言われ、申請しなかった。
給食センターの仕事は、当然ながら学校が休みの時は仕事もない。
冬休みが明け、春休みが終わる頃には、家賃の滞納が4か月分になっていた。

平成24年の4月以降、家賃の支払いは常に遅れているのが常態化する。
督促状が来ると払う、自宅に徴収人がきたら払う、特に、仕事が長期の休みになる夏場は、滞納が6か月分になった。
翌平成25年。いよいよ娘が中学へ入学する準備が始まると、美花はさらに切羽詰ってしまった。
制服代や学校指定のバッグ、体操服などどうしても購入せざるを得ない学用品に支払う金がどうしても捻出できないと気づいたのだ。
そこで、社会福祉協議会から12万5000円の借り入れを行う。しかしまだ足りなかった。知り合いやママ友にもいくらか借りた。

そんな時、「すぐに貸してあげるよ」という金融屋がいた。そう、ご存知闇金である。

詳細は不明だが、当初7万円を手にしたという。しかし、最終的には5社から借り入れをし、各闇金に対して週に1万円ずつ(利息はトイチ)返してはまた借りるという状況であった。

平成25年の2月からは、闇金への支払いが増加しており、家賃に回す金は美花の頭にはなかった。
娘が中学に入ってすぐ、家賃滞納が9か月分に膨らみ、千葉県から明け渡し請求が行われ、その月の終わりには入居の取り消しが決まった。

4月になって、保険料未納で失効していた国民保険証を短期発行してもらうため、市役所を訪れた。
その際、窮状を察した窓口の職員から、生活保護の申請をすすめられる。
しかし、福祉課職員との意思疎通もうまくいかず、結局申請せずに帰宅してしまう。

その後2か月分の滞納家賃を支払ったのを最後に、家賃の支払いは行われていない。
7月には明け渡しと滞納家賃の支払いを求め、千葉県が提訴。9月の裁判期日になんと美花は出廷しなかった。体調不良が原因で、その旨裁判所にも連絡したが、その後の手続きの説明の意味が分からず、結局何もしないでいたために弁明の機会も失われ美花は敗訴となる。

判決から半年後の平成26年5月。
千葉県は強制執行の通知を行った。美花は焦り、電話で明け渡しの猶予を求めたが、決まったことだと告げられる。
しかし、美花としてはまだ何とかなると思っていたようだ。
千葉県側の主張によれば、その電話の際に「8月には退去する」という話が出たため、強制執行の申し立ては8月半ばまで待たれた。
しかし、8月20日を過ぎても退去の気配はなく、連絡もないため、9月24日に執行する旨、自宅の壁に公示書を貼り、テーブルの上に催告書を置いた。
その後も美花から連絡はなく、9月24日を迎えることとなった。

沸き起こる行政批判

事件が発覚してすぐ、13歳の少女が犠牲になったということもあって、社会の注目を集めた。
過去にも貧困を苦にした一家心中などがあり、近年では生活保護をなるべく申請させないような役所の存在なども浮かび上がっており、今回のケースでも銚子市役所は槍玉に挙げられた。
同じく、団地を管理していた千葉県に対しても、母子を救う手立てがあったはずだと、その行政のあり方に多くの批判が集まった。
そもそも母親が娘を殺した事件であるのに、いつしか心中事件であるというような報道がなされていった。裁判には市や県の担当者も出廷し、弁護人から厳しく追及される場面も見られた。

2015年には、この事件を調査し、再発防止に役立てようと、「千葉県銚子市・県営住宅追い出し母子心中事件現地調査団(なげぇよ)」なる団体が結成され、その調査報告は「なぜ母親は娘に手をかけたのか」と題して書籍化された。

この調査書では、母子が銚子へ来る前の話から元夫との関係、家賃を滞納した理由、転がり落ちるように破滅の道をたどったその背景に焦点が当てられている。
大学教授や弁護士、県議会議員などがそれぞれの専門的立場からこの事件の背景、問題点などをまとめているのだが、なんとも違和感だらけ、なぜそこまでこの松谷美花という娘を殺した母に同情し、擁護しまくるのか、甚だ疑問だらけの調査報告書であった。

確かに県や市の対応というのは機械的で、言葉足らずな面、面接時の空気の読めなさ、1人1人に対する細やかなケアがなされなかった点は批判されてしかるべきであろう。
保険料を滞納していることから、生活保護申請をすすめ、福祉課では丹念な聞き取りと相手の心を読むかのように生活保護申請手続きを行う、そこまで求められているのだとしたら、福祉課の窓口にはメンタリストみたいな人を置くしかない。
また、公営住宅においては、酌むべき事情がある場合は特別な計算に基づき、家賃減免措置というものがある。
美花の場合、それの最大減免対象に該当するのだから(なぜか断言)、家賃は2000円台にまでさがり、美花が支払った家賃を換算すれば10か月以上の賃料に相当する、したがって、役所がしっかり見極めていればこのような事件は起こらなかったというものもよく言われることの一つである。
ただ、健康で仕事が出来、母子家庭といえども子供は一人で、さほど酌むべき事情があるとは言えない美花が、減免のしかも最大減免に該当したかどうかは怪しいところだ。

しかし、この事件の本質は行政の対応や法律にあるのではない。断じて、ないのだ。しかも、母子心中だの、追い出しだの、おおよそ事実とは違う言葉を使ってセンセーショナルに報じ、世間をミスリードするかたちをとっているのはそもそも問題だ。
それを、調査したお偉い方々は徹底的な見て見ぬふりを貫いている。
女手一つで必死に娘を育て、働き、それでも収入が足らず誰にも相談できず、行政にも見放された可哀そうな母子・・・
しかし実態はそうではない。結論から言おう、これは金もないのに見栄をはって、やるべきことから目を背け、都合の良い言い訳ばかりを並べた悲劇のヒロイン気取りの頭の悪い女の話だ。

美花のそれまで

1970年生まれの美花は、姉、弟と両親とのごく普通の家庭に育っている。
両親からも「しっかり者」と評され、弟も姉を慕っていたという。
中学に入ってからも、友達にも恵まれ、いじめなどには正義感から立ち向かうような強さもあった。
高校卒業後に就職してからも、家計を助けてくれたり、父親の仕事を手伝うなど親思いできちんとしている女性であった。
結婚し、娘が生まれてからも娘を溺愛しており、今回の事件については美花のそれまでを知る人からすれば驚き以外のなにものでもないと口をそろえた。

順調に、まっすぐに育ったかに見えた美花の人生はどこで狂ったのか。外因としては、結婚にある。
2000年に結婚しているが、いわゆるできちゃった結婚であり、7月に入籍し、同年12月には可澄さんを出産している。
夫には借金があると聞いていた。それもあり、美花の両親は実家の空いている部屋を提供し、ここで暮らしながら借金を減らし、いずれ独立すればよいと考え美花と家族を住まわせた。
しかし、結婚してすぐ、その借金が元本だけで690万円にも上るものであることが判明し、美花はうろたえる。
詳しい額こそ聞いてはいないが、まさかそんな高額であるとは思わなかったらしい。
さらには遅延損害金なども発生しており、正確な残債はさらに増えるとみられた。
妊娠していた美花は、夫を突き放さず、夫と共に借金返済する道を選ぶ。実家暮らしで生活費がさほどかからないため、甘く考えていたのかもしれない。

しかし、借金返済に金を回すと、生活費が苦しくなる。収入を増やすあてのない夫は、しかたなく、いや必要に迫られて消費者金融をはしごする。
しかし、多重債務者である夫に貸してくれる金融機関などなく、夫は美花を連れてサラ金を回った。
それでも足りないため、妻である美花名義であった実家の土地を担保に金を借りることを思いつき、美花に相談すると「いいよ」と返事があったため、土地を担保にしたローンを組む。
返済は夫がするはずだったが、案の定すぐにローンの支払いが2か月続けて滞る。
土地を担保にとられているため、なんとしてでも返済しなければならなかった美花は、姉の定期預金を解約して返済に充てた。
綱渡りのような美花夫婦の生活は、結婚して2年で破たんする。
実家に、美花の両親が把握していないサラ金からの請求書が届いたことから、美花の夫の借金がまったく減っていないことを両親に気づかれてしまう。
激怒した両親は、離婚するか親子3人まとめて出ていくかどちらかを選べと迫った。
結果、美花は離婚したのだ。

しかし、離婚しても土地担保ローンの名義は美花であるため、その返済はのしかかったままだ。
元夫が返済していくと決まってはいたものの、それが守れるなら苦労はしていない。美花のもとへ督促状が届くことで、元夫が返済していないことを知ると、美花は夫の元へ出向くという生活を、銚子市に引っ越すまで繰り返している。

銚子市へは、夫の誘いで越してきたという。仕事があるということの他に、「生活費が安いから」という理由で。
自分を苦しめ、親とも絶縁状態にさせた張本人に、美花はどこまでもついていっている。
それはまるで、縋っているかのようですらある。
それについては、「実家の土地を取られないようにするため」「借金返済を迫るためにやむを得ず」の行動であったそうだが、私からすれば、借金を口実にしているように見える。
返済が滞ったら困る半面、会いに行く口実が出来たと思ったのではないか。
そうでなければなんでこんなゴミみたいな男といつまでも関係を持ちたがったりするもんか。

しかしその夫も、2009年を境に、美花のもとへ姿を現さなくなる。

貧困の本当の理由

娘想いの母親が必死に生きていたのに、行政が救いの手を差し伸べなかった、これが有識者()たちの主な声のようだ。
先の調査団の皆さんも、声をそろえて「女性が虐げられた結果だ!」「行政は弱者を切り捨てた!」「行政によって起こされた事件だ!」と次々に断罪していった。

本当にそうだったのだろうか。

美花は、「母子家庭の子どもだから、と世間から思われないように娘の持ち物や服などを買い与えることを優先させた」と話している。
近所の人の話でも、「毎回違う洋服を可澄ちゃんが着ていたから、オシャレだねと話していた、(美花は)しまむらで買うから安上がりなのと話していた」というものがある。
また、アイドルグループの追っかけをしていた可澄さんが、コンサート会場でグッズの購入に迷って美花に電話した際も、「買いなさい、今しか買えないんだから」と背中を押したこともあった。
小遣いは5000円程度と供述していたが、美花が買い与えるものを計算に入れると、数万単位になっていたであろう。
この時点で、美花自身が母子家庭というものをそういう色眼鏡で見ていたということになる。
母子家庭の子は、ゲームや携帯、オシャレな服が着られない、友達と遊びに行けない、好きなことが出来ない、美花が考える普通の生活とは、そういう「不要なものをどれだけ買い与えられるか」で決まっていたようだ。
本来であればしっかりとしつけをし、身だしなみを整え清潔にする、学校にしっかり通う、経済的なことよりもむしろ、そちらの方に重点を置くべきである。
可澄さんが小学生のころから、給食費の免除、就学援助も受けていたようだが、「母子家庭の子どもだから」と言われたくないのであれば、そもそも母子手当を受けないという選択肢もある。実際、私は母子家庭であった時、一切の援助(医療費、就学、給食費、その他母子のすべての母子手当)を受けていない。それこそ、「母子家庭だから」と言われたくなかったからである。その分、寝ないで働いた。

この美花という母親と私はほぼ同年代であるが、あまりに理解不能なことがあり過ぎる。
たとえば、県営住宅に入居するとほぼ同時に得たという給食センターでのパート。
時給や勤務時間はもちろん、長期休暇の際は無給になることも当然知っていたはずだ。
給食センターの仕事が一定の人気があるのは、子どもの学校の時間と合致するため、子を持つ母親には非常に都合が良いのだ。
しかしそれは、夫や両親など、母親以外に大黒柱がいて、あくまでも補助的な収入を得るために好都合だという意味である。額が大きくならないため、扶養範囲内のパートとしては最適であろう。

しかし、美花はそうではない。大黒柱であったはずだ。

普通、母子家庭で自分だけしか働き手がいない場合、そんな職はまず選べない。(ちなみに、貧困時代の私が選んだ職種は、「すき家」での深夜パート(時給1,050円)だ。時間は深夜10時、もしくは0時から翌朝の5時、あるいは6時。この時間は必ず夫(元夫)が帰宅していたし、離婚後も、本当はダメだけど子供を寝かしつけてから、寝ない時は連れて行って控室で寝させた。朝も6時半までに帰宅すれば、子どもを学校に送り出してやることが可能だったからだ。)
午前9時から午後3時までという勤務時間はありがたいが、どう計算しても、その給料で食べていくのは自分一人でも難しいからだ。

現に、給与は10万円にも満たない。ただ、美花の場合、母子家庭であるため月4万円の児童福祉手当が4か月に一度、16万円まとめて振り込まれていた。
これにプラスして、元夫からの養育費が3万円と決まっていたので、合計すればパートの給料がある月だとおよそ15万円ほどにはなった計算になる。
ただ、元夫からの養育費は満額振り込まれることばかりではなく、滞ったり減額されたりしていた。
したがって、それらを当て込んだとも考えにくく、ならばどうして他にも仕事をしなかったのかと思ったのだが、これにも実はもっともらしい言い訳があるようだ。

勘違いの自己犠牲

給食センターは、管轄の小中学校などに提供するため、公務員的な扱いになるのだという。
そのため、副業は禁止されていた。美花はそれに忠実に従っただけで、決して怠けたり働くのが嫌だったからではないというのが美花を擁護する人々の主張だ。むしろ、ルールを守る善良な人間だと言いたいようにも見えた。
そうだろうか。
美花はそもそも、子どもが欲しがるものを買い与えるために家賃を滞納しようと考える女だ。
さらに言えば、夫のために親が住んでいる土地を内緒で抵当に入れ、姉の定期預金を解約している。
もっと言うと、闇金への返済がままならない時、銀行口座を開設しては闇金業者へ渡していた。
普通の人ならこんなことはしない。こんなことをしでかしている美花のことを、忠実なと形容するのはどう考えても無理がある。

結局のところ、しんどいことから逃げていただけである。そのくせ、なぜか人を助けたがる、いい人と思われたくて出来もしないのに助けようとする。実にクセの悪いタイプだ。
夫が困っていれば他人(実両親や姉)を犠牲にしてでも「私が何とかしてあげる!」と奮起し、夫に対してわけのわからない見栄や気前の良さ、理解を示す。

夫が離れていくと、今度は娘である。欲しがるものを迷いなく与え、それは人並みを超え周囲からの誉め言葉となって帰ってきた。たとえそれが上っ面の言葉であったとしても、美花は気づくことなく満足だったのだ。
もちろん、この時も他人(県や市役所、周囲の知人)を犠牲にしているにもかかわらず、あたかも自分が娘のために犠牲を払っていると勘違いしているのだ。(これについては後述の立教大学教授・湯浅直美氏も同様の勘違いをしている)
そしてそれは、愛する人のためというより、自分から逃げられないようにする手段、自分が犠牲を払うとみせかけることで相手に重荷を負わせ、いつまでもそばにいてもらうための手段に過ぎなかったのだ。

しかし、「金金うるさい」と夫は逃げ(こいつは本当に最低)た。美花に残ったのは、可澄さんだけだった。

本来、見栄っ張りで無知な、その場しのぎの擁護のしようがない女であるはずなのに、貧困、母子家庭、闇金といったキーワードだけで行政が悪い、国が悪い、彼女は弱者だとすり替えられてしまった。

そして私が一番許せないのは、美花を擁護し、貧困や母子家庭に寄り添ってみせる専門家の存在だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です