姪の命と引き換えで目が覚めた妻の覚悟~福岡・二丈町たてこもり殺害事件②~

迷走する一家

川村を捨てきれなかったA子さんは、自分たちの家がないということに気づく。
市営住宅を解約してしまっていたため、家族3人はとりあえず自動車に生活用品を積み込むと、各地を転々とした。川村には多額の借金まであり、手持ちの金だけが頼りだったが、行き先のあてなど全くなかった。
離婚を後押ししてくれた周りの人には顔向けできなかったし、川村の手前、A子さんがひとりで動き回ることもできなかった。

少なくても金があるうちはそれでもまだ良かった。
ラブホテルで寝泊まりし、それがダメなときは車内や公園にテントを張ったりもした。
だんだんと残金が乏しくなると、川村は窃盗をはたらいた。時にそれはひったくりにかわり、A子さんも手伝った。
川村がひとり歩きの女性や高齢者からバッグなどをひったり、逃げる。車で待機しているA子さんと落ち合って、逃走。
覚えているだけでも20回以上は行ったという。

この頃にはまた以前のような不安定な状態になっていた川村は、なにかにつけA子さんにきつく当たった。
パトカーや警察署の近くを通るたび、「お前は一回俺を警察に売ったから信用できない」などと因縁をつけ、A子さんに暴力を振るった。
経済的な困窮と、肉体、精神的な暴力を受け続けたA子さんは、これはもう川村ともども死ぬしかないと思い詰めるまでになっていた。
相変わらず覚せい剤をやめていなかった川村は、A子さんのその決意を知って落ち込んだという。
しかし、「一緒に死んでくれるなら死のう」と川村も同意した。

A子さんは地元の福岡では死にたくなかったので、誰にも知られない場所でひっそり死にたいと言うと、川村は唐突に「なら北海道」と言った。
北海道なら広いし、知り合いもいないから当分気づかれないというのがその理由だった。
そして一家は本当に室蘭行のフェリーに乗った。
現金は20万円ほどもっていたが、それらもどんどん減っていく。北海道に着いても、すぐに死ぬことはどちらともなく言いだしていなかった。
死ぬ決意は出来ていたはずなのに、数日間あてもなく北海道を彷徨った。
残金が数万円になったころ、川村は死ぬ予定であるにもかかわらず金が残り少ないことを心配し始めた。
「最期にカニでも食べてから死のう」
そうA子さんが言うと、途端に川村は逆上し、「死ぬ気もないくせに!!」とA子さんを殴りつけた。

結局、一家は生き延びた。

川村が一家心中に同意したのは、単に覚せい剤を効かしていたからであった。おそらくA子さんとてそれはわかっていたであろう。
A子さん自身も、本心から死にたいと思っていたのではなかったのかもしれない。
その証拠に、もう見飽きてしまっているはずの川村劇場に、またもやA子さんはほだされてしまう。
A子さんが死ぬのをやめたと知ると、ケロッといつもの川村に戻り、一家はたまたま採用してくれたパチンコ店のある富山へ向かう。

住み込みで働き始めたのもつかの間、A子さんは妊娠に気づく。(わたしはもうこの辺りでこの夫婦にうんざりしていた。)
死ぬのはやめたものの、やはり川村と離れなければと思っていたA子さんは、思い切って福岡の知人夫婦に連絡し、全てを話した。
A子さんと娘を受け入れると知人夫婦が約束してくれ、隙を見てA子さんは娘を連れて電車を乗り継ぎ、福岡へ戻った。

2002年8月の終わり。
A子さんは今度こそ、川村と縁を切るつもりでいた。
しかし、川村が断ち切ったのは、A子さんではなかった。

最悪の結末

A子さんと娘が行方をくらましたのを知った川村は、福岡以外に行くあてはないはずと踏んだのか、自身も福岡へと戻っていた。
そして、前回と同じように知りうる限りの身内、知り合いに片っ端から電話をしてA子さんの所在を聞き出そうとしていた。
A子さんは、迷惑をかけたくない思いもあって、自身の所在を弟や母にも知らせていなかったため、川村に居場所を知られることはなかったが、身内、特に弟である中田安彦さんに対しては、執拗な脅迫電話が続いた。

その内容は中田さんの家族を危険にさらすということにまで言及しており、前回のことも含め、また、川村の凶暴性を認識している中田さんらにしてみれば、緊急に何とかしなければならない事であった。
姉であるA子さんにも全く連絡が取れない状況の中で、中田さんはやむなく川村に対して、「姉の居所がわかったら必ず教える」として、川村とともに警察にA子さんの捜索願を出しに行った。
しかし、成人していること、川村との関係、前回もシェルターに避難したことなどから警察としても通常通りの受け付けは難しかった。
その様子から川村は、中田さんが本当はA子さんの居場所を知っているのではないかと思い込み、さらに中田さんを脅した。
中田さんらは、このままでは本当に大変なことが起こると危惧していたが、その日は突然、訪れた。

2002年9月14日。

A子さん、中田さん姉弟の実家である二丈町吉井の家に、川村は押し入った。
詳細は不明だが、おそらく学校から帰宅した中田さんの娘・志歩ちゃん(9歳)と、A子さんの母親であるB子さんが居合わせたのだろう。
川村にとっては、またとないチャンスになってしまった。
さんざん脅してきたとおり、子どもを人質にとれる格好となってしまったのだ。
怯える志歩さんと、説得するB子さんを二階へ追いやり、タンスなどでバリケードを作った上で、夕方帰宅した中田さんに対して、「A子と娘を連れてこい」と要求した。

この当時の報道を振り返ってみると、9月14日の夜から、各テレビ局などが取材に入り、地元福岡では速報なども交えてかなり報道されていたようだ。
しかし、当のA子さんは全く知らなかったという。身を寄せていた知人宅でたまたまテレビを見なかったか、知人らもA子さんの実家までは知らなかったのかもしれない。
A子さんが事件を知るのは、冒頭に書いた通り翌朝である。

A子さんをかくまっていた知人夫婦は、警察に連絡しA子さんと話させた。
警察としては、川村の目的がA子さんである以上、とりあえず現場に来て欲しいと要請したが、A子さんは恐怖のあまり一旦はその要請を拒否。
しかし、このままでは幼い姪の命に危険が及ぶ(いやもうすでにヤバいのだが)と考え直し、娘を連れて実家近くの公民館へと急いだ。
その時点で母・B子さんは解放されており、体調にも特に問題はないようであったが、依然、志歩ちゃんは人質にとられたままだった。

現場ではすでに、川村が信頼し、事件直前まで身を寄せていたという従姉(離婚届の保証人になった女性)の姿があり、携帯電話で必死に川村を説得していた。
A子さんと娘の姿を確認した従姉が、その旨川村に伝えると、またもや川村劇場が始まった。
さめざめと泣いて、「やっと会える、殺さんでよかった。志歩は解放する」などと感極まっていたという。
これで事態も好転するかに見えたが、川村はA子さんが娘を連れて二階まで来ない限りは包丁を捨てない、娘を抱けないかぎり、志歩ちゃんを解放はしない、そう言い張った。
実家前の路上までパトカーできていたA子さんだったが、恐怖と緊張でパトカーから降りることなど出来なかった。

時間が経つにつれて、川村はどんどん興奮していった。目の前に自分の「願い」があるのに、すぐにそれが叶わないと興奮するのは全く変わらない点であった。
警察は、これ以上人質が増えるのを嫌って、川村に対し、包丁を捨てるのが先だと言ったが、それも川村を逆上させただけだった。
怒りはA子さんにも向く。
「A子!お前が助けてくれる思いよったが、大間違いじゃったのぉ!」
川村はそう怒鳴ると、窓から物を投げ、挙句、寿司の差し入れまで要求した。
もうやぶれかぶれである。
A子さんがなかなか家の中に来ないことで川村の苛立ちはピークをとうに過ぎ去っていたのだろう。とうとう、志歩ちゃんの足を包丁で切りつけた。

もはや一刻の猶予もないはずだったが、警察は有効な手立てをとれないまま、またA子さんも身動きが取れないまま、時間は16日の深夜になっていた。

午前零時を回る頃、それまで頑なに2階から降りなかった川村が、1階まで降りると言い出した。そして、そこでA子さんと娘を見ることが出来たら、包丁を捨てる、と。
意を決したA子さんは、娘を抱き、前後に刑事、そして川村の叔父とともに実家の前に立った。
1階の庭に面した仏間のサッシを開けた川村は、刑事らには目もくれず、A子さんだけに声をかけた。
「A子、来い。なにしようとや、早う、こっち来んや。俺の言うことがなして聞けんとや?」
まるで呪文のように、そう何度も繰り返す川村は、もう疲れ切っているように見えた。
なにか、もう取り返しのつかないことを悟っているかのようにさえ。

包丁を捨てては拾い、それを何度か繰り返した後、川村は包丁を庭へ向けて放り投げた。
その瞬間、閃光弾のようなものが投げ入れられ、同時に待機していた警官らが川村を確保。
A子さんは押しのけられるように人の波にのまれたが、家の中から「救急車!」という叫びが聞こえて振り返った。
救急車はもう来ているはずだった。なのに、1時間も家の中の様子はわからなかった。
中田さんら家族が家に入り、そして慟哭ともいえる叫び声が中から聞こえてきた。
「志歩!志歩!」
志歩ちゃんがけがをしていることはわかっていた。しかし、ケガをしているだけとは、到底思えないような悲鳴が止むことはなかった。

志歩ちゃんは、突入するわずか数十分前に、川村によって腹部を一突きされていた。

それぞれの悔い

人質が死亡、それも、何の落ち度もない9歳の女児が殺害されるという最悪の結末を迎えたこの事件。
警察にも早い段階から批判が集まった。
そもそもA子さんの弟・安彦さんが川村から脅迫されていたことを警察に相談していたのに、警察は真剣に取り合ってはいなかった。
もっと言えば、A子さんが被害届を出した際にも、さほど踏み込んだ取り調べもしていなかった。ただ、この時点では覚せい剤反応が出なかったことや、A子さんが身を隠すことで事態が収まる可能性もゼロではなかったこともあるため落ち度というほどのことではないのかもしれない。

しかし、川村がたてこもった以降の警察の手法には問題があった。
人質に危害を加えないよう、川村に対し説得を試みるのは理解できるし、A子さん母娘を現場に呼んだのも理解できる。
しかし、A子さんらを呼び、その事実を川村に伝えながらも、川村に接近させることすらしなかったのは、かえって川村を逆上させただけではなかったか。
なんども書いているが、川村は自分の望みが叶わないことに異常なほどの苛立ちを見せる男である。
どんなにしおらしい態度を見せても、素直なように振舞っても、それが持続したことなどこれまで一度たりともなかった男だ。それを身内はみな、知っていたのだ。だから、警察に強く出るよう何度も求めた。
A子さんらがたまりかねて川村のもとへ行こうとしても、警察はそれを許さなかった。
もちろん、日本においてはたとえ身内であろうとも民間人にそのような危険な行為をさせることはなかなかできないのはわかる。
しかも、たてこもりという状況で、一部始終が報道されている中で万が一にでもA子さんが危害を加えられたりでもすれば、警察の面目は丸つぶれである。
あせるA子さんに、警察は「川村は人を殺せるような奴じゃない」と言った。
おそらく、それまでの川村の弱い一面を知っていたのだろう。
しかし、その裏にいつ牙を剥くかわからない凶暴性があることを、A子さんをはじめ身内は嫌というほど知っていた。

A子さんのみならず、現場にいた多くの川村の親戚までもが、射殺を懇願したという。
しかし、どれだけ頼んでも、A子さんを現場に行かせることも、射殺も警察は呑もうとしなかった。

また、電話で説得を試みていた従姉が、早い段階で志歩ちゃんがけがをしていることを把握していた。
当然警察にもそれを伝えたが、どうやら警察としては深刻な状況ととらえていなかったようなのだ。
当初は恐怖と痛みで泣いていた志歩ちゃんが、しばらくすると静かになったため、警察は「演技ではないのか、本当に刺したとしても重傷ではない」と判断したのか、何の措置もとらなかった。
実際に突入したのは16日の午前零時を過ぎてからだが、実はその前、15日の午後11時45分頃に、川村が「志歩のお腹を刺した」という内容を従姉との会話の中で伝えている。警察はその電話もマイクで聞いていたはずだが、そこでもまだ動かなかった。

志歩ちゃんの父、安彦さんも、川村の凶暴性が警察には伝わらなかったのではないかと語る。
それは警察が批判されうるべきことであるとともに、遺族にも深い悔いとなって残ってしまった。

そして、A子さんのそれからの日々はまさに後悔の日々であった。
何度も何度も暴力を振るわれ、どう考えても異常でしかなかった川村。結婚を相談した時、前夫との間にもうけた娘は、川村と一緒に暮らすのは嫌だと言って前夫の元へ行った。覚せい剤をやっているのも知っていた。
にもかかわらず、自分は川村を選んだ。
理不尽な暴力にさらされ、川村との間に出来た子どもまでないがしろにされた。それでも「情にほだされ」「自分が助けなければと思って」踏みとどまった。
シェルターに逃げ込み、被害届けまで出したのに、離婚届を出さなかったA子さん。
強制されたとはいえ、窃盗の片棒を担ぎ、幼い娘までも危険にさらした日々。
これまで何度も目を覚ますチャンスはあったはずだった。
姪を殺されて、ようやくA子さんは覚悟を決めた。
川村は、知り合った死刑囚・中原澄夫と養子縁組し、かと思えば突然独房で自殺未遂をしてみたり、創価学会の大先生の名を叫んだり、裁判官に脅迫の手紙を書いたり、証人として出廷した安彦さんらと法廷で口論し、モニター越しに証言したA子さんを罵倒した。川村劇場は健在であった。
判決は、求刑通り無期懲役となり、確定した。

しかし、A子さんはこれで終わりとは思っていない。
無期懲役であれば、その運用が難しくなったとはいえ仮釈放の可能性はゼロではない。
あの川村のことだ、仮釈放のためならどんな芝居も打つだろう。
たとえ30年かかったとしても、生きている限りA子さんを捜すだろう。
A子さんは、その日をまるで待ちわびるかのように言う。

「その時は私は彼を殺そうと思います。そうすることでしか彼から解放されることはないのです。」

恐らくそうだろう。しかし、それは志歩ちゃんが殺される前に気づくべきであった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です