それがあなたの幸せならば~福井・大野市老夫婦火葬場心中~

平成17年11月7日


農作業に出向いたその町民は、どこからかクラシックの曲が流れていることに気づいた。
思えば、朝からそれは聞こえているような気もする。しかしそれはどこから聞こえているのか。

車を走らせ、田んぼが広がる集落のはずれまで来たとき、墓地の中に1台の車が止まっていることに気づいた。朝方通りがかったときにも、この車はあった。しかしその時は、早朝の墓参りか何かかと思ってやり過ごしたが、昼になってもあることでその不信感は募った。
近づいてみると、車のエンジンはかかったままで、その車から大音量でクラシックが流されていた。
町民はふと、墓地の中にあるレンガ造りの建物に目をやる。胸騒ぎを抑えつつ近寄ると、その建物は外からでも熱を帯びていることが分かった。

そのレンガ造りの建物は、30年ほど前から使用されていなかった「火葬場」であった。

見つかったメモ

町民からの通報で駆け付けた大野署員により、そのレンガ造りの建物の扉が開けれらた。
ブロックの土台にレンガを積み上げ、扉は鉄の観音開き。質素なつくりのそれは、やはりまだ温かかった。
中を確認すると、白骨遺体があった。ほとんど灰になっていたというその遺体は、どうやら二体あり、その時点で車の所有者の遺体である可能性が高かった。

署員が車を捜索すると、車内から給油伝票が複数枚見つかった。そして、その裏面には、これが「覚悟の自殺」であることがはっきりと記されていた。

「午後4時半、車の中に妻を待たせている」
「午後8時、妻と家を出る」
「兄弟の家や思い出の場所を巡って火葬場にたどり着いた」
「妻は何も言わず待っている」
「炭、薪で荼毘の準備する」
「午前0時45分をもって点火する」
「さようなら」

車検証を確認せずとも、その車から所有者はすぐに分かった。大野市七板在住の沢田定栄さん(当時80歳)。火葬場の炉のなかに横たわっていた2体の遺体は、その後の歯形による鑑定で定栄さんと、妻の貞江さん(当時82歳)と判明した。
警察では、定栄さんが妻を連れて心中したとみて、自宅などを捜索したところ、定栄さんがつけていた日記帳も発見された。
その日記帳には、この日より1年前から定栄さんが身辺整理を行っていたことをうかがわせる記述が見られ、事実、遺体発見の翌11月8日、大野市役所に定栄さんからの封書が届いた。
中には、定栄さんが所有する家、1万平方メートル以上の田畑を含む不動産などの目録があり、「すべて市に寄付する」という旨の言葉も添えられていた。
そして、預貯金などの金銭についても、世話になった人々へ渡るようにきちんと指示されていた。作成された日付は1年前。

さらに日記帳には、11月6日のページに、「妻と共に逝く」と記されていた。

老夫婦

沢田さん夫婦は、福井県大野市七板という集落で生活していた。九頭竜川の上流に位置するこの集落は、大野市中心部より東へ5キロほど行った場所にある。
定栄さんも貞江さんも、この七板集落で生まれ育った。
当時二人が暮らしていた家のすぐ近所には、それぞれの生まれ育った家もある。

二人は戦後まもなくではそう多くはなかっただろう、恋愛結婚であった。
定栄さんは次男だったため、本家から田畑を譲り受けて分家を作り、貞江さんとともに生きてきた。
二人の間に子供はない。結婚して1年後に長男を授かったが、生後一週間で病死している。それ以降は子供を授かることはなかった。

NHKの集金などの仕事をしていた定栄さんは、二人で暮らすには広すぎるほどに大きな家で、庭を手入れし、季節の花々を植え、池には立派な錦鯉を飼うなど多趣味な人であった。
その反面、「用があって話しかけなければならないときは気が張って仕方なかった」と親戚の人に言われるほど、気難しい一面も持ち合わせていたという。
他人との交流を自らは望まず、必要最低限の付き合いにとどめていた。気難しい爺様であれば、妻の貞江さんも苦労を重ねたであろうと推察するが、実際には貞江さんを心から大切にしていたと、夫婦を知る人々は口をそろえる。

貞江さんが77歳のころ、もともと持病だった糖尿病が悪化。手足の傷みがひどくなり、杖が欠かせなくなった。
そんな貞江さんのためにと、定栄さんは庭に手すりをこしらえたり、貞江さんの代わりに洗濯や食事の用意など家事全般も受け持つようになった。
出かけるのはいつも一緒、自分のことよりも妻である貞江さんを優先させ、他人にもそれを求めたという。
一切利用していなかったデイサービスも、親戚の説得でしぶしぶ通わせることにしたが、デイの職員に対し「こいつに何かあったら承知せんからな!」と凄んだ。
デイの職員も当初は相当に手を焼いたというが、すでに認知症を発症していた貞江さんの屈託のない笑顔、定栄さんのことを一心に慕う姿に二人の絆の深さを感じていた。

自宅のふろが壊れてからは、目と鼻の先にある貞江さんの実家にもらい湯をしに訪れていたが、もらい湯をするのは自分だけで、貞江さんだけはわざわざ遠方の温泉施設に連れていくなど、とにかく貞江さんのことは丁寧にきちんと行っていた。

幸せな老夫婦そのものに見えた沢田さん夫婦だが、実は貞江さんの認知症はかなり進行しており、すでに定栄さんのことを夫であると認識できなくなっていた。
貞江さんは、30年前に亡くなった自分の母親の姿を、定栄さんに重ねるようになり、周囲にも定栄さんのことを「この人は私のお母さんなんよ、なんでもしてくれるんよ」と言っていたという。
認知症特有の徘徊も増えた。杖を突きながら集落中を歩き回り、家に帰れないと泣き叫ぶこともあった。雪の中で転び、這いずり回りながら亡くなった母を呼んで泣く姿も見られた。時には、突然隣の家に行って「家に帰れないからお金を貸して」と頼むこともあった。

それらの始末をつけたのもすべて、定栄さんだった。

親戚を始め、近隣の人々は定栄さんに対し、これではお互いの身が持たないからと手助けを申し出た人も少なくなかった。しかし定栄さんはそれを拒んだ。

理由

こういった「老々介護」の悲しい事件においては、行政の怠慢、貧困、近隣からの孤立、自身の無気力、無知、福祉サービスのビジネス化などなど、様々な要因が叫ばれる。
しかし、この定栄さんのケースははっきり言っていずれも該当しない。

定栄さん自身がキチンと生活していたことは紛れもない事実で、本人の無気力や無知などといったことはあり得ない。
行政にしても、福井県は全国的に見ても高齢者福祉サービスが充実しており、適度に田舎であることもあって近隣とのいわゆる相互協力も機能している。
大野市は、高齢者世帯に対してのヘルパーによる巡回サービス、給食サービス、緊急通報システムの貸与なども行い、近隣住民らの声にも素早い行動を行ってきていた。

孤立に関しても、少なくとも定栄さんが嫌になるほど、近所の親戚や隣人らが助言もし、手助けの申し出も行い、貞江さんをデイサービスに通わせ定栄さんを休ませることを提案している。
実際に、この地区には沢田姓が多い。すべてではないにしろ、お互いの実家が同じ集落内にある定栄さんには、親戚が多かったはずだ。頻繁な交流はなかったにせよ、没交渉にもなっていない。

貧困についてはどうだったろうか。
介護サービスを利用できたとしても、いろいろと出費がかさむものである。車を所有していたので、その維持費もある。田畑の管理にもお金がかかる。
それ以前に、定栄さんは錦鯉の飼育という趣味もあり、園芸にも力を入れていた。亡くなる前年には、大型の液晶テレビも購入している。
裕福とまではいえないにしても、子供がいなかった沢田さん夫婦には、その分貯蓄もあったのかもしれない。決して、経済的なことが理由で先が見えなくなったのでもなさそうだ。

では何が原因だったのだろう。

それはひとえに、定栄さんの「美学」だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です