22歳元自衛官が見誤った故郷の誇り~宮崎家族3人殺害事件②~

貴子さんとくみ子さんの過ち

貴子さんについて、裁判の過程で次々とその気の強さから出てしまった奥本への暴言、叱責、暴力が浮かび上がった。
先にも触れたが、経済的に余裕がなかった奥本に対し、折に触れまるで出来損ないであるかのような言葉を投げかけた。
「雄登の抱き方がなってない」「若いんだから寝てばかりいるな!」
また、その叱責の仕方も「大声で」繰り返されたといい、肉体労働を経て帰宅した奥本にとっては心身休まることは難しかったであろう。

続きを読む 22歳元自衛官が見誤った故郷の誇り~宮崎家族3人殺害事件②~

自己憐憫の夫がつけた、やり過ぎた妻へのおとしまえ~日立母子6人殺害事件①~

2017年10月6日

月明かりに照らされた家族の寝顔を、男はしばらく眺めていた。
リビングのテレビが、午前4時39分を告げたころ、男は答えを出した。
左利きの男は左手に包丁を持ち、妻と子供が眠る寝室へと向かう。

午前5時ごろ、茨城県日立市田尻の県営上田沢アパート7棟から出火。
通報で駆け付けた消防によれば、そのアパートに暮らす小松恵さん(33)とその子供ら5人の合わせて6人が倒れているのを発見、長女以外はその場ですでに死亡、長女も病院に搬送されたが病院で死亡が確認された。

騒動になった頃と時を同じくして、日立署に一人の男が現れた。
脚にやけどを負い、錯乱に近い状態のその男は、応対した署員にこう告げた。

「ごめんなさい、妻と子供を刺して火をつけました」

続きを読む 自己憐憫の夫がつけた、やり過ぎた妻へのおとしまえ~日立母子6人殺害事件①~

被害を強調する妻と、佇むだけの夫の戯言~富士見町義妹殺害事件その①~

夫は法廷で、被告人席に座る妻に対し溢れんばかりの愛情を示した。
これからもずっと支えていくし、もっと早く自分が何とかしていればよかった、まさかこんなことになるとは思わず、妻の心に気づいてやれなかった、妻のためにも娘をしっかりと育てていきたい……
殺害された妹よりも、殺害した妻を自分は選ぶ。夫はそう言い切った。
被告人席でうなだれる妻は、多くの報道から察すればこの夫の言葉に救われているというような論調であった。そして、誰もがこの夫の言動を称え、この夫婦に同情すら覚えていた。それが7000名を超える嘆願書にも表れている。

しかし、妹を妻に殺害されたこの夫は、突如悲劇に巻き込まれた善良な「夫」であっただろうか。
そして義妹を殺害した妻は、本当にか弱く虐げられた人であっただろうか。

続きを読む 被害を強調する妻と、佇むだけの夫の戯言~富士見町義妹殺害事件その①~

被害を強調する妻と、佇むだけの夫の戯言~富士見町義妹殺害事件その②~

7月16日の修羅場

2007年7月16日。再三にわたって絵里子さんから実家を出ろと言われていた咲は、職場で絵里子さんに「どうしてそんなことをいうの」と涙ながらに問い詰めた。
そこで絵里子さんから出た言葉は、「お前はなんで結婚式教えてくれねぇんだ?」というものであった。

実は咲夫婦は結婚式を挙げておらず、後に子連れの結婚式を計画していた。詳細は不明だが、その結婚式の話をどうやら咲夫婦は絵里子さんにしていなかったようだ。
義母を通じてか、絵里子さんがそれを知り、自分がのけ者にされたと感じたのかもしれない。
結婚式の話を皮切りに、絵里子さんはこうも続けた。

続きを読む 被害を強調する妻と、佇むだけの夫の戯言~富士見町義妹殺害事件その②~

被害を強調する妻と、佇むだけの夫の戯言~富士見町義妹殺害事件その③~

咲の夫、そして被害者の兄

夫であるH氏は、五味家の次男である。先述の通り、長男は不慮の事故で亡くなっている。
H氏は介護の道を志し、夜勤などもしっかりとこなす真面目な人柄であることは間違いない。

続きを読む 被害を強調する妻と、佇むだけの夫の戯言~富士見町義妹殺害事件その③~