解体途中で投げ出した女が残した、鍋の中身~交野市・夫バラバラ殺人事件~

平成9年8月12日

大阪府交野市幾野4丁目。そのマンションでは、5月くらいから異臭騒ぎが持ち上がっていた。
生ごみのような、明らかに何かが腐敗しているようなその臭いは、3階の部屋から漂っていた。
この部屋の住人は、たしか夫婦だったはず。しかし、住民らは分譲マンションのその部屋で、夫婦の姿を1年ほど前から見かけなくなっていた。

マンションの自治会では、再三警察に相談するなどしていたが、当初は真剣に向き合ってもらえずにいた。夏になり、異臭は凄まじいことになり、ドアノブから合鍵を作り、それが出来た12日に警察官、自治会長がその部屋に踏み込んだ。

ドアを開けた瞬間、もうこれはただ事ではないとその場にいた全員が悟っていた。
凄まじい腐敗臭、それは浴室からのものだった。
浴室のドアを開けると、そこにはバラバラに解体された性別不明の成人らしき遺体と、のこぎりが放置されていた。 続きを読む 解体途中で投げ出した女が残した、鍋の中身~交野市・夫バラバラ殺人事件~

自己中男がしがみついた家族のカタチ~大阪・妻子3人殺害事件~

平成22年1月24日

大阪市内の飲食店の厨房で、男は仕込みの真っ最中だった。
誰もいない店内で、男は黙々と下ごしらえをこなす。いつもは店に来るような時間ではなかったが、男はどうしてもこの時間に引継ぎをしておく必要があった。

全ての下ごしらえが終わると、男は仕事の手順などをメモに書き置いて、店を出た。
正月気分がようやく抜けようとしている1月下旬。行きかう人々の波にのまれながら、男は買い物を済ませネットカフェに入る。
個室に入ってひとりきりの空間を確保すると、男の脳裏に今朝方の自宅の様子がありありと浮かんできた。
コンビニで購入したカッターナイフを見つめると、その手が覚えている「あの感触」までもが甦った。

1月25日午後4時、男は北区の曽根崎警察署に出頭。
男は24日の未明、妻と子供二人をその手にかけていた。 続きを読む 自己中男がしがみついた家族のカタチ~大阪・妻子3人殺害事件~

業火に焼かれる母と娘~福山・保険金放火殺人事件~

平成17年12月

福山市三之丸町にある雑居ビル「グリーンパキュラビル」1階の喫茶店「リバージュ」から火が出て、焼け跡から男性の遺体が発見された。
遺体は、同店を経営する女性の夫で、辻祥一さん(当時50歳)と判明。
当初は寝たばこによる失火とみられていたが、祥一さんの遺体から睡眠薬の成分が検出されたこと、広島県警科学捜査研究所により放火と断定されたことなどから、祥一さんの妻で同喫茶店の経営者・辻冨美恵(当時48歳)が殺人と現住物放火の容疑で逮捕された。
冨美恵は当時結婚相談所も兼ねたこの喫茶店の経営に行き詰っており、1500万円ほどの借金があった。祥一さんには1億5千万円もの生命保険金が冨美恵を受取人にしてかけられていたが、実は冨美恵と祥一さんはわずか9日前に婚姻届けを出したばかりだった。 続きを読む 業火に焼かれる母と娘~福山・保険金放火殺人事件~

業火に焼かれる母と娘~福山・保険金放火殺人事件②~

その夜

事件のあった12月28日は仕事納めで、祥一さんは退職も決まっていたことから会社の忘年会に出席していた。
しかし、午後八時ころ、電話を持って席を離れたという。そして、そのまま途中で帰ってしまった。

警察では、この時富美恵が何か理由をつけて祥一さんを見せに呼び出したとみていた。
そして、睡眠薬を飲ませて眠らせた祥一さんに灯油をかけ、店もろとも焼いたのだった。
富美恵はこの日の計画を万全のものにするために、一週間前からこの日友人らと会う約束をしていた。
そして、火災が起こった直後に友人らと合流し、そこでさも今この時間祥一さんが生きているかのように装い、自身のアリバイを成立させようとしたのだ。 続きを読む 業火に焼かれる母と娘~福山・保険金放火殺人事件②~

鬼畜の宴~群馬・赤城村男性リンチ殺害事件~

平成14年4月23日

「また行き会ったな。早く車に乗れや。」
早朝の群馬県渋川市の路上で、男性(当時39歳)は男らに声をかけられた。
男性が躊躇していると車から男らがおりてきて、男性を押さえ込み、そのまま車に無理やり乗せられた。
車はそのまま市街地を離れていき、北群馬郡榛東村へと移動した。そこの路上で男性は男らにこう凄まれる。
「お前、俺に金を借りて渡すって約束したろ。嘘ついてねぇで今日こそ金作ってこい」
男性は過去に、男らのうちの一人に言われるがまま、消費者金融で借金をしてその金を渡していたことがあった。
ただ事ではないと悟った男性はその場をやり過ごし、前橋市内の消費者金融までついていった。
そこで、「20万で許してやる」と言われて消費者金融の窓口へ行くよう命じられる。
男性はそこで警察に通報し、難を逃れた。

しかし、男たちはこれより前に、ひとりの男性を激しいリンチの末に殺害し、山中に遺棄していた。 続きを読む 鬼畜の宴~群馬・赤城村男性リンチ殺害事件~