隠してほしかったはずの女が姿を見せた「理由」~愛媛・交際女性殺害死体遺棄事件~

平成24年7月10日


その日、釣りに訪れた男性は川の中になにか岩のようなものがあることに気づいた。
釣りの穴場として何度も訪れたその場所に、そんな岩はなかったと訝しんだ男性が近寄ると、かすかに周囲に漂う異臭が鼻をついた。
岩だと思ったそれは、仰向けの人間の遺体だった。
遺体の一部はすでに白骨化し、水に長時間使っていたとみられた。


警察の捜査の結果、遺体は松山市南白水に暮らしていた生花店従業員・A子さんと判明。

平成24年の1月末から行方が分からなくなっていた。
警察は事件と自殺の両面から捜査していたが、遺体が発見された10日後から行方が分からなくなった男性が事件にかかわっているとみて捜索、7月23日に高知県香南市の路上を歩いていた男性を発見、任意同行した。
その後、女性の遺体を捨てたことを認めたため、死体遺棄で男性を逮捕した。

続きを読む 隠してほしかったはずの女が姿を見せた「理由」~愛媛・交際女性殺害死体遺棄事件~

夫を二度焼きした妻と年下男のやけくそ~さぬき市・夫偽装殺害事件~

平成22年10月31日

その日は秋祭りで、夫は祭りで酒を飲み帰宅した。
夫の帰宅を待っていた妻は、「ラーメンでも食べに行こう」と夫を誘い、二人は車で出かける。
その車中、妻は夫にペットボトルの飲み物を手渡し、飲むように勧めた。
酔ってのどが渇いていた夫は、なにも疑わずその飲み物を飲んだ。
車は、市内から離れ風光明媚な展望台へと走っていく。夫は助手席ですでに寝入っていた。
展望台近くの市道で車を停めると、一人の男が近づいてきた。妻は驚く様子もなく、車から降りる。
その際、車内になにやらガスのようなものが立ち込めた。
苦しさに目を覚ました夫は、必死に車から転がり出た。激しくむせる夫を、男が見下ろす。
そして、手にしていたバットを夫めがけて振り下ろした。

続きを読む 夫を二度焼きした妻と年下男のやけくそ~さぬき市・夫偽装殺害事件~

なぜ彼女は家を出たか~伊勢崎市・主婦監禁暴行餓死事件~

平成13年11月12日

救急救命士二人とともにその家にやってきた消防署員は、家族の案内で家の中へ通された。
小さな木造平屋のその借家の六畳間に、布団に寝かされた「急病人」がいた。
通報では、「妻が死亡しているようだ」と聞かされていたため、亡くなっている可能性を頭に入れて対処にあたろうとその布団に横たわる人を見た瞬間、消防隊員らは息をのんだ。
女性と思しきその人は、ひどく痩せこけ、というより体中の水分という水分が抜け出てしまったのかと見紛う程干からび、通報してきた男の妻とは思えないほどだったからだ。
女性はすでに死亡していたが、火葬の許可が下りなかった。
この女性は、通報者の妻ではなかったからだ。さらに、女性には正式な夫のほか、家族もおり、平成10年に捜索願が出されていたのだ。
続きを読む なぜ彼女は家を出たか~伊勢崎市・主婦監禁暴行餓死事件~

なぜ彼女は家を出たか~伊勢崎市・主婦監禁暴行餓死事件②~

惹きつけられる女たち

幸夫は逮捕当時こそ報道で顔写真が出ていたが、残念ながら私自身彼の顔を知らない。
当時を知る人によれば、幸夫は見た感じ普通、逮捕当時は小太りな男といった印象、との話がある。
そんな幸夫は、なぜか交際する女性が常にいたという。どこからともなく連れてくる女性は引きも切らず、二十歳で最初の結婚をし、4年後に離婚した後もまた再婚し、それぞれに子供をもうけていた。
結婚した二人の妻を含め、鳥之郷団地の金井家に同居していた女性は少なくとも8人以上はいた。それは近隣の人らが把握できている数であり、それ以外にもまだ関わりのあった女性はいたとみられる。
過去に、秋田の進藤美香の事件について書いた際にも、世の中には外見的、環境的にモテる要素が一切見当たらないにもかかわらず、異性を惹きつけてやまない人間がいるということに触れた。
この金井幸夫という男にも、どうやらそういった部分があったように思う。ただ、「ある条件を備えた女性」限定で。 続きを読む なぜ彼女は家を出たか~伊勢崎市・主婦監禁暴行餓死事件②~

恋人の頭を踏みつけた男の心の闇~岐阜・同級生男女殺傷事件~

2007年4月28日

白々と夜が明け始めた午前5時20分。
通行人の男性が、路上に倒れている女性を発見して通報した。女性は頭部をひどく損傷しており、車にひかれたのかとも思われたが、そうではなかった。
当初、女性の身元は分からなかったが、のちの調べで近くのアパートに住む衣料品店店員A子さん(当時23歳)と判明。
捜査員が彼女の自宅を訪れると、そこには会社員の武井亮さん(当時23歳)があおむけに倒れ、すでに絶命していた。
A子さんは頭部を鈍器のようなもので殴られており、意識不明の重体。
警察は、A子さんの部屋に亡くなった男性とA子さん以外の人物がいたとみて、その後、部屋にあった持ち物から一人の男を特定、同日夜にはその男の身柄を各務原市で確保した。

男は小野正人(当時23歳)といい、亡くなった男性とA子さんとは中学の同級生であった。

続きを読む 恋人の頭を踏みつけた男の心の闇~岐阜・同級生男女殺傷事件~