殺害と死体遺棄を手伝った女友達の絆~千葉・前夫殺害死体遺棄事件~

平成9年8月1日午前5時

千葉市中央区東千葉一丁目。
「もう後戻りできないよ、本当にいいの」
マンションの前で言葉を交わし、意思を確認しあった二人の女がいた。
夏のこの時期、5時を過ぎれば辺りは明るくなる。もう時間はなかった。

部屋に入ると、男性がまだ寝入っていた。ふたりは、男性に近寄りそのまま首にネクタイをかけると目いっぱい引っ張った。

早く終われ…

続きを読む 殺害と死体遺棄を手伝った女友達の絆~千葉・前夫殺害死体遺棄事件~

夫と子供を殺した女が欲しかったもの~佐賀・長崎父子連続保険金殺人④~

母親と、愛

礼子の幼少時代については先にも触れたとおり、取り立てて目立ちもしない、ごく普通のおとなしい少女であった。
家族皆が女遊びの激しい父親に背を向ける中、礼子だけは父を慕った。鍼灸師の母親は苦労しつつ、それでも子供達のためにとその父とは離婚せず、礼子らが独立した後に離婚した。 続きを読む 夫と子供を殺した女が欲しかったもの~佐賀・長崎父子連続保険金殺人④~

なぜ彼女は家を出たか~伊勢崎市・主婦監禁暴行餓死事件②~

惹きつけられる女たち

幸夫は逮捕当時こそ報道で顔写真が出ていたが、残念ながら私自身彼の顔を知らない。
当時を知る人によれば、幸夫は見た感じ普通、逮捕当時は小太りな男といった印象、との話がある。
そんな幸夫は、なぜか交際する女性が常にいたという。どこからともなく連れてくる女性は引きも切らず、二十歳で最初の結婚をし、4年後に離婚した後もまた再婚し、それぞれに子供をもうけていた。
結婚した二人の妻を含め、鳥之郷団地の金井家に同居していた女性は少なくとも8人以上はいた。それは近隣の人らが把握できている数であり、それ以外にもまだ関わりのあった女性はいたとみられる。
過去に、秋田の進藤美香の事件について書いた際にも、世の中には外見的、環境的にモテる要素が一切見当たらないにもかかわらず、異性を惹きつけてやまない人間がいるということに触れた。
この金井幸夫という男にも、どうやらそういった部分があったように思う。ただ、「ある条件を備えた女性」限定で。 続きを読む なぜ彼女は家を出たか~伊勢崎市・主婦監禁暴行餓死事件②~

なぜ彼女は家を出たか~伊勢崎市・主婦監禁暴行餓死事件~

平成13年11月12日

救急救命士二人とともにその家にやってきた消防署員は、家族の案内で家の中へ通された。
小さな木造平屋のその借家の六畳間に、布団に寝かされた「急病人」がいた。
通報では、「妻が死亡しているようだ」と聞かされていたため、亡くなっている可能性を頭に入れて対処にあたろうとその布団に横たわる人を見た瞬間、消防隊員らは息をのんだ。
女性と思しきその人は、ひどく痩せこけ、というより体中の水分という水分が抜け出てしまったのかと見紛う程干からび、通報してきた男の妻とは思えないほどだったからだ。
女性はすでに死亡していたが、火葬の許可が下りなかった。
この女性は、通報者の妻ではなかったからだ。さらに、女性には正式な夫のほか、家族もおり、平成10年に捜索願が出されていたのだ。
続きを読む なぜ彼女は家を出たか~伊勢崎市・主婦監禁暴行餓死事件~

姪の命と引き換えで目が覚めた妻の覚悟~福岡・二丈町たてこもり殺害事件~

2002年9月16日

その日の朝、A子さん(当時41歳)は普段通りに朝刊を読もうとして、思わず息が止まりそうになった。
新聞の紙面に、A子さんの二丈町にある実家の写真が大きく掲載されていたからだ。
震える手を抑えながら紙面を読むと、15日の午後、男がA子さんの実家へ押し入り、A子さんの実母・B子さんと、その孫・志歩ちゃん(当時9歳)を人質にたてこもったと書いてあった。
そして、男は説得に一切応じておらず、現在に至るまで事態はこう着状態で、人質の安否が気遣われる、そういった内容であった。
A子さんはすぐさま警察に電話し、現地に向かう旨を伝えた。
A子さんは事情があって、その日までのおよそ20日間ほど、家族に所在を知らせていなかった。その事情とは、夫から身を隠し、離婚するためだった。

そして、その夫こそが、A子さんの実家に籠城している男であった。

続きを読む 姪の命と引き換えで目が覚めた妻の覚悟~福岡・二丈町たてこもり殺害事件~