差別と自死で煙に巻かれた本筋~奈良・月ヶ瀬女子中学生殺害事件~

平成9年5月4日。
月ヶ瀬村の嵩集落にある自宅へと続く鬱蒼とした道路を、少女はひとり歩いていた。ついさきほど別れた友人の姿は、もう見えなくなっている。
自宅まではここから坂道を登っておよそ500m。鬱蒼とした村道ではあるが、幼いころから知っている慣れた道である。
顔見知りの商店のおばさんの車とすれ違う。この道を通るのはほとんど顔見知りの村の人ばかりだ。

背後から来た車が不意に停車し、運転手が声をかけてきた。
「乗っていくかい?」
充代さんは、顔を上げた…

続きを読む 差別と自死で煙に巻かれた本筋~奈良・月ヶ瀬女子中学生殺害事件~

差別と自死で煙に巻かれた本筋~奈良・月ヶ瀬女子中学生殺害事件②~

高野嘉雄弁護士の存在

それに着目したのが、奈良弁護士会の高野嘉雄弁護士である。
殺人事件、少年犯罪などの刑事事件で弁護を重ね、裁判では情状面を非常に重視する弁護士としても知られる。
「弁護人は(被告にとって)最後の情状証人」であるとし、たとえどんな犯罪を犯した人間であっても、自身の感性を研ぎ澄ませ、全力でぶつかり弁護していくという、弁護士からも尊敬される大変優秀な弁護士である。
甲山事件、奈良の小一女児殺害事件などの有名な刑事事件を手掛けたほか、無銭飲食、窃盗などの比較的軽微な事件でもその精神は同じであった。
続きを読む 差別と自死で煙に巻かれた本筋~奈良・月ヶ瀬女子中学生殺害事件②~

差別と自死で煙に巻かれた本筋~奈良・月ヶ瀬女子中学生殺害事件③~

放火疑惑と花瓶事件

誠人の生い立ちに話を戻そう。
誠人については、村の人たちの多くが幼いころは素直ないい子であったと話す。母方の祖母も、気遣いのできる優しい子であったと証言している。
同級生らの証言も同様で、事件後のあの誠人の姿に目を疑う者もいた。
誠人が小学3年生(5年生という説も有)の時、嵩集落の集会所が全焼した事件が起きたが、それが誠人のせいにされた、というのはいろいろなところで報じられている。
火が出た直後、「誠人!逃げ!」という声を聞いた村人がおり、それだけで誠人がやったと思われたとなれば少しかわいそうな気がするが、実はその前段階の話がある。

続きを読む 差別と自死で煙に巻かれた本筋~奈良・月ヶ瀬女子中学生殺害事件③~