およそそうとは見えない女郎蜘蛛~秋田・大曲4歳児殺害事件①~

2006年10月23日

その日の午後7時ころ、秋田県大仙市大曲の農業用水路に、幼い男児がうつぶせに倒れているのが発見された。全身ずぶぬれで、すでに心肺停止状態であった。
その後、病院に搬送されるも間もなく死亡が確認された。
夕方、近くに住む31歳の女性の4歳になる息子が家を出たまま行方が分からないという情報がもたらされ、近所の人らも総出で捜索を行っていたが、最悪の事態となった。

男児は、進藤諒介ちゃん(当時4歳)。母親と、その交際相手の家で3人で生活していた。
一報を聞いた母親は、「諒介!!」と叫んで道路にへたり込んでしまった。
当初、「筋無力症」を患っていた諒介ちゃんが、誤って水路に転落し、気絶するなどの偶然が重なった事故、あるいは病死ではないか、とも思われていた。
わが子を突然失った母親は、茫然自失の様相でなんとか葬儀をこなした後、入院した。
ただ、この入院は警察との協議のうえでの入院であった。

11月13日。秋田県警捜査1課は、殺人の容疑で母親である進藤美香(当時31歳)と、その交際相手である畠山博(当時43歳)を逮捕した。
この男は、美香が同居する交際相手とは別の男性であった。

続きを読む およそそうとは見えない女郎蜘蛛~秋田・大曲4歳児殺害事件①~

およそそうとは見えない女郎蜘蛛~秋田・大曲4歳児殺害事件②~

虐待

報道では当初、美香と諒介ちゃんが2004年のある期間に母子支援施設に入所していたことがあったため、CさんのDVが原因、などと報じていた。
しかし、その時期にはすでに離婚が成立していたし、なによりCさんは、美香が最初の夫と離婚した理由こそが暴力だったと美香から聞かされていたので、絶対にそれだけはしないと誓っていたし、実際に自分が灯油をかぶることはあっても、美香に暴力は振るっていない。
最初の夫Bさんにしても、美香の異常な行動を諫めるうちにもみ合いになったりはしたかもしれないし、その際に手が出ることもあったのかもしれない。
しかし、Cさんとの結婚の際には、義母らに暴力を振るっていたのは美香である。
Cさんが反撃したのは、美香に局部を蹴られた際の一度きりである。 続きを読む およそそうとは見えない女郎蜘蛛~秋田・大曲4歳児殺害事件②~

およそそうとは見えない女郎蜘蛛~秋田・大曲4歳児殺害事件③~

裁判

裁判で美香は、道の駅かみおかの駐車場において、畠山との性行為を諒介君に邪魔されたことに「畠山が」立腹し、美香に対し「殴れと命じた」、と話した。
美香は畠山から結婚をほのめかされており、畠山を失いたくない一心で諒介ちゃんの頭部を中身の入ったコーヒーの缶で殴らされ、その時畠山が諒介ちゃんの口を押さえていたと述べた。
弁護側も、美香は積極的に暴行したわけではなく、畠山に強制されたと主張した。
用水路に棄てたのも、畠山に指示されて行ったことだとした。 続きを読む およそそうとは見えない女郎蜘蛛~秋田・大曲4歳児殺害事件③~

そそのかした少女の母の、正気の沙汰~熊谷・男女4人殺傷事件~

「二人は将来を奪われた。だから(犯人であるあなたも)未来があっていいはずがない」

彼女は職場の上司と同僚を目の前で殺傷され、拉致されたあげく口と鼻に接着剤を流し込まれた後、首を絞められ胸を刺され、瀕死の重傷を負った。
命は助かったが、その傷跡は季節の変わり目になると勝手に疼きだす。そのたびに、あの日の忌まわしい出来事が嫌でもよみがえる。
包丁を見るたびに体が硬直し、円形脱毛症も発症した。夜はラジオやテレビをつけていないと眠れず、うなされて飛び起きることもしばしばだ。

生きている自分を喜べないほどに、彼女の精神は打ちのめされたままだった。

続きを読む そそのかした少女の母の、正気の沙汰~熊谷・男女4人殺傷事件~

そそのかした少女の母の正気の沙汰~熊谷・男女4人殺傷事件②~

巻き込まれた被害者への仕打ち

鈴木さんを殺害した後、尾形らがしたのはたまたま居合わせた女性らの「始末」だった。
鈴木さんとともに205号室へ連れ込まれたB子さんは、鈴木さん殺害の一部始終を目の当たりにさせられた。
そして、会社からの依頼で鈴木さん方を訪ねたC子さん、C子さん方で同居していたD子さんについても拉致し、殺害することをその場で少女Aも少年も「合意」していた。

続きを読む そそのかした少女の母の正気の沙汰~熊谷・男女4人殺傷事件②~