満期出所しても許せない、被害者遺族の慟哭~恵庭OL殺害事件③~

遺留品と発見者の謎

捜査が厳しくなってきた4月11日、大越元受刑者はある場所を訪ねる。
子どものころから知っており、親交のあった自然保護団体のT氏が経営する喫茶店であった。
大越元受刑者が誰かに尾行されていると感じ、その相談のためであった。
T氏が確認し、おそらくマスコミであろうと考えたT氏はその車に接触し、そこで警察車両であるとわかる。
その11日から連日、大越元受刑者は喫茶店を訪れ、T氏になにごとかを相談していた。
14日の事情聴取の際には、このT氏も事情聴取を受けている。
そして、T氏は帰宅後、友人らのアドバイスで大越元受刑者に弁護士をつけることを決め、大越元受刑者、その両親の同意を得る。
翌15日、知人の紹介で伊東秀子弁護士に接触、伊東弁護士と共に千歳警察署に赴き、大越元受刑者とも面談する。
大越元受刑者の車から香さんのロッカーキーが見つかったのち、「早来町民の森」で燃やされた香さんの車のカギなどが見つかる。
この遺留品を見つけたのは捜査関係者ではなく、T氏が会長を務める自然保護団体の会員であった。早来町民の森は大越元受刑者の自宅からそう遠くなく、この遺留品の件で大越元受刑者への疑いはさらに深まったとみられる。 続きを読む 満期出所しても許せない、被害者遺族の慟哭~恵庭OL殺害事件③~

満期出所しても許せない、被害者遺族の慟哭~恵庭OL殺害事件④~

本当は気が強かった「小鳥」

小鳥と形容された大越元受刑者だが、私にはどうもそれがピンと来ない。
というのも、大越元受刑者が逮捕された報道を当時ワイドショーで見たのだが、その時の大越元受刑者の顔つきは、周囲を睨みつけ、顔も隠さず堂々と警察署へ入っていく姿であり、「怖っ!」と思った記憶があるからだ。
たしか紺色か黒のTシャツを着ていたように記憶している。スタジオではフジテレビの笠井アナがいたので、フジテレビ系のワイドショーであったはずだ。
この私の記憶は当時のそのVTRがないため立証できないが、これ以外にも大越元受刑者が到底小鳥とは思えないようなエピソードがいくつかある。
続きを読む 満期出所しても許せない、被害者遺族の慟哭~恵庭OL殺害事件④~

綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件

スポンサードリンク

この事件は、昭和から平成へ変わる数か月の間に起こった事件で、当時中学1年生だった私は報道などで概要を知り、あまりのことに強烈に印象に残っている。
また、当時はヤンキー雑誌として有名だった「ポップティーン」に、被害者の顔写真入り記事が掲載されており、愛読していた私はその被害者の女子高生のアイドル並みの可愛らしさにも驚いた。

綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件

事件の概要は、あまりに有名であるので改めて文字にする必要はないだろう。本来は、40日間に及ぶ暴行、レイプでの殺害であるから、この呼び名はおかしいんだけれども、コンクリート殺人と言えばこの事件といえるほどのインパクトがあるため、こちらでもそのように記載しています。
概要はWikipediaに判決文のリンクがあるのでそちらを参考にされたい。

続きを読む 綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件

被害を強調する妻と、佇むだけの夫の戯言~富士見町義妹殺害事件その①~

夫は法廷で、被告人席に座る妻に対し溢れんばかりの愛情を示した。
これからもずっと支えていくし、もっと早く自分が何とかしていればよかった、まさかこんなことになるとは思わず、妻の心に気づいてやれなかった、妻のためにも娘をしっかりと育てていきたい……
殺害された妹よりも、殺害した妻を自分は選ぶ。夫はそう言い切った。
被告人席でうなだれる妻は、多くの報道から察すればこの夫の言葉に救われているというような論調であった。そして、誰もがこの夫の言動を称え、この夫婦に同情すら覚えていた。それが7000名を超える嘆願書にも表れている。

しかし、妹を妻に殺害されたこの夫は、突如悲劇に巻き込まれた善良な「夫」であっただろうか。
そして義妹を殺害した妻は、本当にか弱く虐げられた人であっただろうか。

続きを読む 被害を強調する妻と、佇むだけの夫の戯言~富士見町義妹殺害事件その①~

被害を強調する妻と、佇むだけの夫の戯言~富士見町義妹殺害事件その②~

7月16日の修羅場

2007年7月16日。再三にわたって絵里子さんから実家を出ろと言われていた咲は、職場で絵里子さんに「どうしてそんなことをいうの」と涙ながらに問い詰めた。
そこで絵里子さんから出た言葉は、「お前はなんで結婚式教えてくれねぇんだ?」というものであった。

実は咲夫婦は結婚式を挙げておらず、後に子連れの結婚式を計画していた。詳細は不明だが、その結婚式の話をどうやら咲夫婦は絵里子さんにしていなかったようだ。
義母を通じてか、絵里子さんがそれを知り、自分がのけ者にされたと感じたのかもしれない。
結婚式の話を皮切りに、絵里子さんはこうも続けた。

続きを読む 被害を強調する妻と、佇むだけの夫の戯言~富士見町義妹殺害事件その②~