およそそうとは見えない女郎蜘蛛~秋田・大曲4歳児殺害事件②~

虐待

報道では当初、美香と諒介ちゃんが2004年のある期間に母子支援施設に入所していたことがあったため、CさんのDVが原因、などと報じていた。
しかし、その時期にはすでに離婚が成立していたし、なによりCさんは、美香が最初の夫と離婚した理由こそが暴力だったと美香から聞かされていたので、絶対にそれだけはしないと誓っていたし、実際に自分が灯油をかぶることはあっても、美香に暴力は振るっていない。
最初の夫Bさんにしても、美香の異常な行動を諫めるうちにもみ合いになったりはしたかもしれないし、その際に手が出ることもあったのかもしれない。
しかし、Cさんとの結婚の際には、義母らに暴力を振るっていたのは美香である。
Cさんが反撃したのは、美香に局部を蹴られた際の一度きりである。 続きを読む およそそうとは見えない女郎蜘蛛~秋田・大曲4歳児殺害事件②~

およそそうとは見えない女郎蜘蛛~秋田・大曲4歳児殺害事件③~

裁判

裁判で美香は、道の駅かみおかの駐車場において、畠山との性行為を諒介君に邪魔されたことに「畠山が」立腹し、美香に対し「殴れと命じた」、と話した。
美香は畠山から結婚をほのめかされており、畠山を失いたくない一心で諒介ちゃんの頭部を中身の入ったコーヒーの缶で殴らされ、その時畠山が諒介ちゃんの口を押さえていたと述べた。
弁護側も、美香は積極的に暴行したわけではなく、畠山に強制されたと主張した。
用水路に棄てたのも、畠山に指示されて行ったことだとした。 続きを読む およそそうとは見えない女郎蜘蛛~秋田・大曲4歳児殺害事件③~

彼は本当にやっていないか~愛知・男児連れ去り殺害事件①~

2002年7月28日深夜

愛知県豊川市白鳥町の複合型施設駐車場の駐車場で、「子供がいなくなった」と探す男性の姿が見られた。
友人やその子らとゲームセンターに遊びに来ていたというその男性によれば、一緒に連れて来ていた子供の姿が見えなくなったのだという。
施錠された車の中で寝ていたはずの乳児が忽然と姿を消したということだったが、大勢の人で賑わっていたその駐車場において、不審者や連れ去りを目撃した人間はいなかった。

翌朝午前5時50分。
駐車場から4キロ離れた三河湾に、幼い子どもの遺体が浮いた。
村瀬翔ちゃん、当時1歳10か月。
その日着ていたミッキーマウスの甚平を身に着けたまま、擦り傷以外目立つ外傷は見当たらなかった。

続きを読む 彼は本当にやっていないか~愛知・男児連れ去り殺害事件①~

彼は本当にやっていないか~愛知・男児連れ去り殺害事件②~

全面自供からの一転否認

河瀬は警察に対し、全面的な自供をしているが、なぜそのような自供をしたのか。
4月13日午前4時20分、警察は河瀬が寝泊まりしていた駐車場へ行き、寝ていた河瀬を起こして豊川警察署への任意同行を求めた。
この際、河瀬はまた嘘をついた。「今日は仕事があるから」と。
しかしその日休みであることはわかっており、警察はその河瀬の嘘からさらに疑いを深めたと思われる。

早朝たたき起こされた河瀬は任意同行に応じ、そのまま担当刑事から普段の生活の状況や車中泊をする理由などを聞かれた。午前6時ころからはポリグラフ検査が実施され、朝食を食べたのちまた取り調べが始まった。
取り調べの際、現場駐車場へ行った理由として、友達と待ち合わせていたとまた河瀬は嘘をついた。すかさず担当刑事が「それは嘘だろう!」と強く問い詰めたところ、同日8時半頃に寝場所を求めて現場駐車場へ行ったと話した。
そして、午前九時ごろに一旦は誘拐と海へ落したなどといったことを自供したものの、10時半ころには再び供述が変わり、連れ出したものの公園に置き去りにしたなどと言った。
その日の午後10時ころまで取り調べは続いたが、河瀬はその間否定を続けていた。
翌日、供述の基づいて現場へ河瀬を連れて行き、置き去りにしたという公園で、担当刑事が「何かまだ話してないことがあるんじゃないのか、このまま連れ去りの罪だけを償っても、一生後悔するよ」などといったところ、河瀬は泣きながら「ごめんなさい、本当は海に捨てました」と自白した。
それに基づき、捨てた場所へ案内させ、図面を作成させるなどしたうえ、4月15日、逮捕となった。
逮捕後、検察官の取り調べ、および担当弁護士らにも犯行を認める旨を話している。 続きを読む 彼は本当にやっていないか~愛知・男児連れ去り殺害事件②~

彼は本当にやっていないか~愛知・男児連れ去り殺害事件③~

まさかの逆転有罪

晴れて無罪となった河瀬は、2年9か月ぶりに自由の身となった。
記者会見に臨んだ河瀬は、いつもの気弱で自信なさげな印象はあるものの、少し笑顔も見られた。
一方、父親の純さんの心は複雑だった。警察からは「確実な証拠がある」と聞かされていたのに、裁判の過程で「これは!」といった証拠は一切出なかった。
純さんは、判決が出る2週間前に受けた雑誌の取材で、「秘密の暴露もなかった。真犯人はほかにいるのかな、という思いもある」と答えている。それほどまでに、矛盾だらけの裁判であった。
無罪判決の後、純さんは、「真犯人を見つけてほしい」と話した。

続きを読む 彼は本当にやっていないか~愛知・男児連れ去り殺害事件③~