不可解な愛の流刑地~池田市・自衛官心中事件①~

平成18年8月15日

「主文。被告人を懲役6年6月に処する。」

この日、大阪地裁である事件の判決が言い渡された。
検察側の求刑は殺人罪での懲役15年だったが、言い渡された判決はそれを大幅に下回る、懲役6年6月というものだった。

判決を言い渡されたのは、元自衛官の藤田盛司(当時42歳)で、被害者は当時不倫関係にあったという同じ自衛官で元部下の女性だった。

続きを読む 不可解な愛の流刑地~池田市・自衛官心中事件①~

不可解な愛の流刑地~池田市・自衛官心中事件②~

不可解な心変わり

尾ケ井さんは本当に死を受け入れたのだろうか。
被害者を悪く言うつもりは毛頭ないが、尾ケ井さんが本当に自ら死を望んだのかどうかを考える上で、いくつか気になる点がある。

まず、新しい交際男性の存在である。
この男性は、先述の通り、同僚の女性自衛官から紹介された人物であるが、どうも真剣な交際というより、遊び友達という感覚での紹介だったようなのだ。
にもかかわらず、尾ケ井さんは自分からその男性に交際を申し込んだ。
しかし遠く離れて会うこともままならない藤田との不倫も続けていた。要するに二股だ。
しかも、同僚の女性自衛官にも、実母にも、「本命は新しい交際相手」であると明言していた。
そんな、奔放なと言ってしまうと語弊があるが、そういった女性が別れようとしている男と突然心中などするものだろうか。 続きを読む 不可解な愛の流刑地~池田市・自衛官心中事件②~

美女と野獣の成れの果て~館林ストーカー殺人事件~

2014年2月19日。

群馬県館林市小桑原町。
その日は冬空の合間から太陽も見える一日で、新宿二丁目交差点から少し南下したそのディスカウントストアにも買い物客が多く訪れていた。
広い駐車場内の一画に、ポツンと止まる1台の軽乗用車。15時ころ、通りがかった店員が運転席でうなだれている若い女性に気づいた。
寝ているのか?と思ったが、頭と鼻から血を流しているのを発見し、急いで通報したが女性はすでに死亡していた。
女性は、群馬県大泉町寄木戸に住む鈴木千尋さん(26)。3歳の子供の母親であった。

続きを読む 美女と野獣の成れの果て~館林ストーカー殺人事件~