家と家族を焼かなければ手に入らなかったもの~熊谷・一家3人放火殺人事件①

平成18年12月下旬

「誰がやったんだろう、怖いね……
埼玉県熊谷市のとある民家で、軒先の鉢植えに火がつけられる「事件」が起こった。
火の気がないのは明らかで、大事には至らなかったものの、誰が、なぜこのようなことをしたのか、その民家の住民のみならず、近隣では回覧板を回すなどして注意を呼び掛けた。

年の瀬でもあり、季節がら火を使う家も少なくないため、いくつかの家では煙探知機などの警報器をつけたという。

しかし、その「事件」からおよそ一か月、その民家から1.5kmほど離れた別の家が燃えた。 続きを読む 家と家族を焼かなければ手に入らなかったもの~熊谷・一家3人放火殺人事件①

家と家族を焼かなければ手に入らなかったもの~熊谷・一家3人放火殺人事件②~

見えない動機

綾は逮捕当時、「灯油をまいてライターで火をつけた。3人を巻き添えにして自分も死のうと思っていた」と話していた。
精神的に不安定だった綾が、突発的に無理心中を図ったかにも思えたが、捜査が進むにつれ、綾の不審な行動が露呈し始めた。 続きを読む 家と家族を焼かなければ手に入らなかったもの~熊谷・一家3人放火殺人事件②~

善き人の、誰も知らないためらい傷~桑名市・家族2人放火殺人事件~

平成18年2月13日

子どもたちが集団登校し始めた月曜日の午前8時。
畑が広がるのどかな桑名市長島のこの一帯では、冬の寒さの中、早朝から畑仕事に勤しむ人々の姿も見られた。
天気予報は、日中の気温が15度近くまで上がると告げており、冬独特の乾燥した一日になると予想された。

その日、男性はいつものように自身が栽培した野菜を市場へと出荷し、自宅に戻ってきた。
家には先週末から体調を崩している次男坊が寝ているはずだ。
家につくと、ふと、なにかにおう気がした。誰か朝から野焼きでもしているのだろうか。

男性は違和感を覚えながらも玄関の戸を開けた。

続きを読む 善き人の、誰も知らないためらい傷~桑名市・家族2人放火殺人事件~

青空~苫小牧・2児ネグレクト死体遺棄事件~

平成18年10月30日午後6時30分

すでに冬の寒さとなっていた北海道苫小牧市。10月第三週に入ってからは薄曇りの日が続き、最高気温は10度から13度となっていた。
この日も、日中は晴れていたものの気温は前日よりも3度低く、最低気温は4.1度と10月に入って最低気温を記録していた。

苫小牧市の中心部、旭町にある市営住宅。この一室で、母親はその日幼い兄弟を家に残したまま、帰らないと決めて玄関のドアを閉めた。

続きを読む 青空~苫小牧・2児ネグレクト死体遺棄事件~

青空~苫小牧・2児ネグレクト死体遺棄事件②~

残り物のチャーハン

愛美は男性に自分から別れを告げた形になってしまったこと、そんな事を言わなければもしかしたら復縁できたかもしれないという思いにさいなまれ、激しく動揺していた。

その上で、子どもたちのことなど考えていられない、いや、考えたくないしむしろ殺す以外に方法はないと真剣に思っていた。
しかし、さすがに自らの手で殺害してしまうことは躊躇われた。
首を絞める?包丁で刺す?愛美はいったんはそれも頭をよぎったが、目の前の幼い我が子を見て、とてもそんなことは出来ないと思った。 続きを読む 青空~苫小牧・2児ネグレクト死体遺棄事件②~