あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件~

令和元年8月2日

この日、元号が変わって最初の死刑が執行された。
ただ、先だってのオウム教団の死刑執行とは打って変わって、その元死刑囚らの事件にはピンと来ないという人が多かった。
一人は、福岡で3人の女性を次々と強姦したり強盗して殺害した鈴木泰徳元死刑囚(事件当時35歳/執行時50歳)。
そしてもう一人は、神奈川県大和市において、短期間の間に2人の主婦を殺害して金品を奪い、また、別の女性に対しても強姦と強盗の罪に問われていた庄子幸一元死刑囚(事件当時46歳/執行時67歳)である。
この、庄子幸一元死刑囚の事件では、一緒に逮捕されて無期懲役となった女の存在があった。
そして、庄子に殺害された被害者の主婦らは、この女の知人であった。

続きを読む あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件~

あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件②~

庄子のそれまで

庄子幸一は昭和29年10月に生まれ、両親と弟と4人で川崎市を中心に生活してきた。
父親は感情の起伏が激しく、家族は父親の顔色をうかがいながらの緊張した中で生活し、庄子も時に暴力を振るわれるなどして育った。中学2年の時に両親は離婚。母親に引き取られたものの、中途半端な時期の転校となったこともあり、中学へはほとんど通わなかった。この頃は附田(つくだ)姓であった。
中学を卒業した後、電気店などに就職はしたものの長くは続かず、怠惰な日々を送っていた。そんな中、庄子は次第に犯罪に手を染め始める。 続きを読む あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件②~