そそのかした少女の母の、正気の沙汰~熊谷・男女4人殺傷事件~

「二人は将来を奪われた。だから(犯人であるあなたも)未来があっていいはずがない」

彼女は職場の上司と同僚を目の前で殺傷され、拉致されたあげく口と鼻に接着剤を流し込まれた後、首を絞められ胸を刺され、瀕死の重傷を負った。
命は助かったが、その傷跡は季節の変わり目になると勝手に疼きだす。そのたびに、あの日の忌まわしい出来事が嫌でもよみがえる。
包丁を見るたびに体が硬直し、円形脱毛症も発症した。夜はラジオやテレビをつけていないと眠れず、うなされて飛び起きることもしばしばだ。

生きている自分を喜べないほどに、彼女の精神は打ちのめされたままだった。

続きを読む そそのかした少女の母の、正気の沙汰~熊谷・男女4人殺傷事件~

そそのかした少女の母の正気の沙汰~熊谷・男女4人殺傷事件②~

巻き込まれた被害者への仕打ち

鈴木さんを殺害した後、尾形らがしたのはたまたま居合わせた女性らの「始末」だった。
鈴木さんとともに205号室へ連れ込まれたB子さんは、鈴木さん殺害の一部始終を目の当たりにさせられた。
そして、会社からの依頼で鈴木さん方を訪ねたC子さん、C子さん方で同居していたD子さんについても拉致し、殺害することをその場で少女Aも少年も「合意」していた。

続きを読む そそのかした少女の母の正気の沙汰~熊谷・男女4人殺傷事件②~

双葉ハイムで死んだ二人の女①~宇都宮拳銃たてこもり心中事件~

 平成16年5月20日早朝。

電話口で、女は必死で訴えていた。
愛する人が死にそうなこと、先に撃ったのはこの人ではないこと、追い詰めたのは周りだということ。
そのマンション下の国道119号には、ずらりと黒塗りの高級車が列をなし、あきらかに堅気ではない人物の姿もあちこちに見えた。その中に、中年の夫婦の姿も見て取れる。
警察車両もマンションを取り囲んでいる。周囲の道路は封鎖され、すぐ向かいにある中学校は臨時休校、周辺のガソリンスタンドや商店も、閉店を余儀なくされていた。

マンション近くの陸橋のそばで構えていた報道のカメラに、突然、女性の絶叫が聞こえた。名前を叫んだように聞こえた。

そして、間髪入れずに銃声。

宇都宮市一条の双葉ハイム206号室で、その日男と女が死んだ。

その4年前、同じマンションの同じ2階の端の部屋でも、一人の女が死んでいた。

続きを読む 双葉ハイムで死んだ二人の女①~宇都宮拳銃たてこもり心中事件~