🔓鬼畜の宴~群馬・赤城村男性リンチ殺害事件~

平成一四年四月二三日

「また行き会ったな。早く車に乗れや。」
早朝の群馬県渋川市の路上で、男性(当時三九歳)は男らに声をかけられた。
男性が躊躇していると車から男らがおりてきて、男性を押さえ込み、そのまま車に無理やり乗せられた。
車はそのまま市街地を離れていき、北群馬郡榛東村へと移動した。そこの路上で男性は男らにこう凄まれる。
「お前、俺に金を借りて渡すって約束したろ。嘘ついてねぇで今日こそ金作ってこい」
男性は過去に、男らのうちの一人に言われるがまま、消費者金融で借金をしてその金を渡していたことがあった。
ただ事ではないと悟った男性はその場をやり過ごし、前橋市内の消費者金融までついていった。
そこで、「二〇万で許してやる」と言われて消費者金融の窓口へ行くよう命じられる。
男性はそこで警察に通報し、難を逃れた。

しかし、男たちはこれより前に、ひとりの男性を激しいリンチの末に殺害し、山中に遺棄していた。

もう一つの事件


群馬県赤城村 樽(現在は渋川市赤城町)。
この地域で、平成一三年の春、ひとりの男性の姿が消えていた。
男性は島村昭二さん(当時四一歳)。父親と兄妹との四人暮らしだった。
島村さんはとび職や建設現場の作業員などをしていたが、安定した収入はなく、その時その時で職を転々としていた。
行方が分からなくなった後、当時乗っていた軽自動車が群馬県北群馬郡子持村(当時。現在は渋川市)で発見されていたが、足取りはつかめていなかった。

島村さんの行方が分からなくなってから一年半がたった平成一四年の暮れ、赤城村深山の山中で成人の遺体が発見される。
遺体は焼かれており、損傷が激しかったものの司法解剖の結果、島村昭二さんであることが確認された。
その後の警察の調べで、島村さんと同じ赤城村津久田在住の角田篤人(当時四八歳)、北群馬郡子持村中郷の解体作業員信沢藤利(当時四〇歳)、そして渋川市坂下在住のとび職七海幸一(当時三四歳)の三名が、島村さんの遺体を遺棄した疑いで逮捕された。
逮捕当時、角田は別の窃盗の罪で金沢刑務所に服役中の身であった。

島村さんとこの男たちはどうつながっていたのか。
そして、なぜ島村さんの遺体を遺棄したのか。調べが進むにつれ、そして裁判が始まると、その凄惨極まりない所業が明らかになっていった。

【有料部分 目次】
男たちの素性
捕獲
カタツムリ
あいつ生かしといても仕方ねぇべ
なぶり殺し
何かが欠落した人々
ハエみたいなやつ

🔓双葉ハイムで死んだ女①~宇都宮拳銃たてこもり心中事件~

 平成一六年五月二〇日早朝。

電話口で、女は必死で訴えていた。
愛する人が死にそうなこと、先に撃ったのはこの人ではないこと、追い詰めたのは周りだということ。
そのマンション下の国道一一九号には、ずらりと黒塗りの高級車が列をなし、あきらかに堅気ではない人物の姿もあちこちに見えた。その中に、中年の夫婦の姿も見て取れる。
警察車両もマンションを取り囲んでいる。周囲の道路は封鎖され、すぐ向かいにある中学校は臨時休校、周辺のガソリンスタンドや商店も、閉店を余儀なくされていた。

マンション近くの陸橋のそばで構えていた報道のカメラに、突然、女性の絶叫が聞こえた。名前を叫んだように聞こえた。

そして、間髪入れずに銃声。

宇都宮市一条の双葉ハイム二〇六号室で、その日男と女が死んだ。

その四年前、同じマンションの最上階の部屋でも、一人の女が死んでいた。

平成一六年の事件

平成一六年五月一八日午前九時四五分。
神奈川県内で銃刀法違反の容疑がかかっていた住吉会系暴力団員・畠山武人(当時四一歳)が、栃木県宇都宮市内の知人女性宅に立てこもった。
栃木県警と綿密な連携をとっていなかった神奈川県警は、畠山の過去なども把握しておらず、栃木県警に対する報告も事件が起こる三〇分前になって初めて行い、安易に知人女性宅へ突入しようとし銃撃戦に。
その際、畠山は被弾し重傷を負う。栃木県警が必死の説得を試みるも、投降の意思はなかった。警察は畠山がダイナマイトのようなものを見せていたことを懸念し、突入の決断が出来ずにいた。

翌五月一九日。
当初人質と思われていた知人女性が、電話で「一緒にいたい」と言ったことなどから、女性は人質ではなくいわば「協力者」的な立場であると判断。
数々の説得を試みるもことごとく失敗。この時点で、畠山の容体は重篤な状態になっていたと思われる。
そして、五月二〇日午前五時。
閃光弾が室内に投げ入れられた直後、捜査員がドアを破壊して中になだれ込んだ。
その間、銃声が三発、轟いた。

畠山武人と、その愛人の女性は頭部を撃ち抜いており死亡。当初30代とみられていた女性は、まだ二二歳という若さだった。
武器庫と推察されていたその部屋には、自身を撃ち抜いた拳銃以外はモデルガンしかなく、警察がダイナマイトだと思っていたそれは「トイレットペーパーの芯」であった。

【有料部分 目次】
加藤敬子さんのそれまで
畠山武人の人生
ふたりの最期

ここからは有料記事です

はじめに。

思えば子供のころから事件モノが好きだった。

刑事ドラマや怖い映画も好きだったし、新聞の事件欄に目を通すのは日課だった。
私は一九七〇年代の生まれだが、昭和末期のその頃というのは、校内暴力の嵐が吹き荒れ、子どもが親を金属バットで殴り殺すとか、受験を苦に自殺するとか、とにかく未成年が荒れに荒れていたと記憶している。
幸い、私自身はせいぜい先輩に呼び出される程度のことで、大きなトラブルに巻き込まれるといったことはなかった。親も健在だ。
昔の事件は陰惨さが際立つものが多かった…

新聞報道でも、今のように「容疑者」扱いなどはなく、名前は呼び捨て、加害者は顔写真入りで新聞に掲載されるのが当たり前。事件現場どころか、被害者加害者の細かい住所まで新聞には掲載されていた。
ワイドショーは今のような生ぬるさはなく、被害者の葬儀に突撃は当たり前、加害者の親を捕まえてマイクを突き付けるのも当たり前だった。
テレビが娯楽の頂点だったから、リポーターも強かった。
そのせいで辛く悲しい思いをする人も多かっただろうけれど、今よりも規制が甘かったから犯罪マニア(?)には貴重な情報源だったのも事実。

私も人生半ばを過ぎ、記憶に残る事件も少しずつ薄れ始めている。
そこで、自分のためにも過去の「個人的に忘れられない事件」をまとめてみようと思う。
ウィキペディア的なまとめではなく、あくまでも事実に基づいたワイドショー的、小説的まとめ。

事件の大きさはあまり関係なく、有名なものでも取り上げないこともあるし、多くの人は知らないようなマイナーな事件を取り上げることもある。

それでは事件備忘録、はじまりはじまり