弟が殺した兄の名は「ヒトラー」~福岡・15歳少年兄殺害事件~

平成17年6月23日午後3時

6月の湿っぽい空気が漂う福岡県福岡市南区。
1階にテナントがある商業兼住居用ビルの4階に住む住人は、エアコンを入れるほどの暑さではないものの、風通しを良くするために玄関のドアを半開きにしていた。
午後のけだるい時間、ふと、何やら外廊下で人の争うような声を聞いた気がした。

時間をおかず、自宅の玄関ドアが開いたかと思うと、人が倒れこむようになだれ込み、住人は仰天する。
「どうしたの!!!」
倒れこんだ人はケガをしているようでどこからか出血していた。
ふと顔を上げると、玄関にはも少年が立っていた。返り血を浴びたと思われるその少年は、まだあどけなさの残る顔をしていた。
少年は手にしていた包丁を、倒れこんだ人間に深々と突き立てると、何度もそれを繰り返した。
そして、息も絶え絶えで動かなくなった人間を引きずって、風呂場へと連れて行った。

続きを読む 弟が殺した兄の名は「ヒトラー」~福岡・15歳少年兄殺害事件~

殺害と死体遺棄を手伝った女友達の絆~千葉・前夫殺害死体遺棄事件~

平成9年8月1日午前5時

千葉市中央区東千葉一丁目。
「もう後戻りできないよ、本当にいいの」
マンションの前で言葉を交わし、意思を確認しあった二人の女がいた。
夏のこの時期、5時を過ぎれば辺りは明るくなる。もう時間はなかった。

部屋に入ると、男性がまだ寝入っていた。ふたりは、男性に近寄りそのまま首にネクタイをかけると目いっぱい引っ張った。

早く終われ…

続きを読む 殺害と死体遺棄を手伝った女友達の絆~千葉・前夫殺害死体遺棄事件~

双葉ハイムで死んだ女②~宇都宮・男女4人殺傷放火事件~

平成12年8月5日

茨城県大洗町の海岸から東に約40キロ離れた太平洋上で、その日釣りをしていた船が漂流遺体を発見した。
那珂湊海上保安部が収容したところ、その遺体は20代から30代半ばと思われる成人男性で、背中一面に入れ墨があった。刺青の状態から、おそらく日本人だと思われた。
ベージュの半そで姿にスウェット姿、足元は素足。遺体の状態から死後一週間ほど経過していると見られた。

続きを読む 双葉ハイムで死んだ女②~宇都宮・男女4人殺傷放火事件~

双葉ハイムで死んだ女③~宇都宮・男女4人殺傷放火事件~

大洗町の漂流遺体


後藤らは指名手配となり、その後逮捕された。
取り調べの中で、後藤、小野寺らは中村さんとのトラブルを動機として挙げたが、それにしてもここまでの事態に発展することへの疑問は拭えなかった。
中村さんとのトラブルは、先にも述べた通り簡単に言うと後藤の意に反することをやった、ただそれだけである。そこには金銭も絡んでいなければ、後藤がなにか不利益を被ったと言うようなこともない。
そもそも後藤も、中村さんに対してすぐさま追い込みをかけるというようなこともしておらず、殴る蹴るくらいはしただろうが複数回中村さんと直接話し合いも持っており、中村さんが後藤に対し怯えて逃げ隠れしているという風でもなかった。

それが、男女4人に覚せい剤を大量に打ち、殺傷して放火するという事態に発展するというのはどうにも理解に苦しむ展開だった。 続きを読む 双葉ハイムで死んだ女③~宇都宮・男女4人殺傷放火事件~

あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件~

令和元年8月2日

この日、元号が変わって最初の死刑が執行された。
ただ、先だってのオウム教団の死刑執行とは打って変わって、その元死刑囚らの事件にはピンと来ないという人が多かった。
一人は、福岡で3人の女性を次々と強姦したり強盗して殺害した鈴木泰徳元死刑囚(事件当時35歳/執行時50歳)。
そしてもう一人は、神奈川県大和市において、短期間の間に2人の主婦を殺害して金品を奪い、また、別の女性に対しても強姦と強盗の罪に問われていた庄子幸一元死刑囚(事件当時46歳/執行時67歳)である。
この、庄子幸一元死刑囚の事件では、一緒に逮捕されて無期懲役となった女の存在があった。
そして、庄子に殺害された被害者の主婦らは、この女の知人であった。

続きを読む あなたと、地獄の果てまでも~大和市・連続主婦強盗殺害事件~