やつあたり~高野山写真店主殺害事件①~

平成19年8月15日

「判決は短すぎる印象。お墓には、残念な結果になった、と報告します……

老齢の男性は、新聞社の取材に対して呟くと、肩を落とした。
普通の裁判と違うことはわかっている。成人と少年では、与えられる罰が軽減されることもわかっている。
最初から、わかっていた。

それでもあまりに軽い。加害者が少年ならば、どんな苦しみ、無念の中で命を奪われようとも、その罪は軽くするのが正しいのか。

男性はいつまでも考えていた。

続きを読む やつあたり~高野山写真店主殺害事件①~

やつあたり~高野山写真店主殺害事件②~

見えない「理由」

裁判は平成19129日から和歌山地裁で始まった。
事件から9か月が過ぎ、季節は冬になっていた。
裁判では殺意の有無が争点となり、「死んでも構わないと思って爆発的に暴行を加えた」とする検察と、「死んでもいいという意識すら持ち合わせていないほど、行動を抑制できない状態だった」と主張する弁護側が真っ向対立した。 続きを読む やつあたり~高野山写真店主殺害事件②~

やつあたり~高野山写真店主殺害事件③~

母との確執

少年は裁判でも「母親との関係」について言及することがあった。
それ以前にも、仲のよかった女友達に対し、「家のことが分からない」などと話すこともあった。

先にも述べたとおり、少年は小学校低学年の頃に両親が離婚、以来、母親と祖母(母方)に育てられた。
その間、一時期ではあるが、母親は男性と交際し家を空けがちだったこともわかっている。
しかしどうも、その時のことが原因ではないようなのだ。
原因は、その男性と別れた後の出来事にあった。 続きを読む やつあたり~高野山写真店主殺害事件③~

凶行を見届けると決めた友人~名古屋市・人違い殺人~

平成元年4月20日未明

名古屋市緑区鳴子4丁目。
人々が寝静まった頃、突如ガラスの割れる音に続いて、女性の悲鳴がその静寂を破った。
「助けて!殺される!!」
女性の悲鳴の後で、若い男の叫び声が続いた。
「俺の気持ちが分かるかぁーっ!!」

その騒ぎからほどなくして、近くで新聞販売を営む家のガラス戸が割られた。
驚いて飛び起きた家人らがガラス戸が割れた販売店へ降りてみると、そこには腹部に包丁が突き刺さったままの男性が倒れこんでいた。
急いで救急車を呼び、続けて警察にも通報しようとしたところ、男性は
「警察が来たら女房が連れていかれる・・・」
と口走った。 続きを読む 凶行を見届けると決めた友人~名古屋市・人違い殺人~

弟が殺した兄の名は「ヒトラー」~福岡・15歳少年兄殺害事件~

平成17年6月23日午後3時

6月の湿っぽい空気が漂う福岡県福岡市南区。
1階にテナントがある商業兼住居用ビルの4階に住む住人は、エアコンを入れるほどの暑さではないものの、風通しを良くするために玄関のドアを半開きにしていた。
午後のけだるい時間、ふと、何やら外廊下で人の争うような声を聞いた気がした。

時間をおかず、自宅の玄関ドアが開いたかと思うと、人が倒れこむようになだれ込み、住人は仰天する。
「どうしたの!!!」
倒れこんだ人はケガをしているようでどこからか出血していた。
ふと顔を上げると、玄関にはも少年が立っていた。返り血を浴びたと思われるその少年は、まだあどけなさの残る顔をしていた。
少年は手にしていた包丁を、倒れこんだ人間に深々と突き立てると、何度もそれを繰り返した。
そして、息も絶え絶えで動かなくなった人間を引きずって、風呂場へと連れて行った。

続きを読む 弟が殺した兄の名は「ヒトラー」~福岡・15歳少年兄殺害事件~