🔒悖るひと〜太宰府市・小学生男児殺害事件とその前後〜

まえがき

非常に大切なことであるにもかかわらず、なぜか非常に虚しい印象、響きがつきまとう言葉というものがある。

愛、平和、平等、善意、擁護、共生……

実現できれば、こういったものだけでできている社会なら世界なら、どんなに素晴らしいだろうか。

しかし人は間違える。愛を、善意をはき違えて暴力となる。平等を求めて諍いが起きる。擁護や共生を望んで、命を落とす。

そんな間違いを犯した人に必ずついて回るこの言葉について。

更生。

【有料部分 目次】
遺体

逮捕
動機
過去
精神年齢4歳〜5歳
15年後
それまで
暴力の家
少年院での出来事
疼き
出所の日の家
逃れられない
更生

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です