同・窓・会~千葉大原町・不倫殺人事件~

昭和62年6月

千葉県の海辺の小さな町で、中学校時代の同窓会がひらかれた。
25年経って再会したかつての級友らは皆、いい意味でも悪い意味でも年を取り、参加した元級友が昔ばなしに花を咲かせた。

「姿かたちは変わっても、あっという間にタイムスリップできちゃうんですね」

後に、この同窓会に参加したある出席者は週刊誌の取材にこう答えていた。
この同窓会から8か月後、女と男は殺人犯になった。

事件の夜

昭和63年2月18日夜、大原町(現・いすみ市)の会社の事務所の一部が焼け、焼け跡から男性の焼死体が発見された。
焼死体の身元は、同社専務の菅野泰夫さん(仮名/当時39歳)と判明、直前まで一緒似た妻の話から、深酒して寝入っていた泰夫さんがストーブの火を消し忘れたことで火災になった、とみていた。

泰夫さんはその日午後5時前には会社から自宅へと戻っていたが、妻にパソコンの操作方法を教えるためにふたりで事務所へ戻っていたという。
午後10時を回ったころ、明日学校で子供が使う乾電池を買わなければならなかったことを妻が思い出し、自宅へ戻って子供と近くのコンビニへ行っていたその間に、火が回ったと考えられた。

自宅で火災の一報を聞いた妻は、子供たちを連れて現場へ戻ると、火に包まれた事務所を見て半狂乱となった。
「中にヤッちゃんがいる!」
そう言って妻はそのまま気を失ってしまった。

火災から3日後に大原寺で営まれた泰夫さんの葬儀では、およそ700人の参列者が突然の死を悲しんだ。
泰夫さんの高2の長男が、「父の死を乗り越えて頑張ります」とあいさつをした際にはすすり泣きが漏れた。夫を亡くした妻も涙をこらえきれず、周囲の人の支えなしでは立っていることもままならないほどの憔悴であった。

泰夫さんは子煩悩で、人との付き合いもそつなくこなすとその人柄は定評があった。
立派な会社の専務という肩書、高2と小4の子供、美しい妻に囲まれ、働き盛りの39歳で突然の悲劇に見舞われてしまったあまりに悲しい事故だったが、その告別式のさなか、大原署には戦後初となる「捜査本部」が設置されていた。

司法解剖の結果、泰夫さんには致命傷ではないものの、殴られたような傷があったのだ。

夫婦の裏の顔

泰夫さんは長野県生まれ。高校卒業後、千葉県にあるデパートに就職し、そこで後に妻となる女性と知り合い、昭和44年に結婚した。
妻の実家の家業を継ぐことも視野に入れた、婿養子だった。

妻の家は昭和31年に設備保守点検などを請け負う会社を設立、その後順調に成長し、昭和51年には事件当時の社名に変更、この頃には泰夫さんも将来の後継者として仕事に携わっていたとみられる。

妻はずっと地元で育ち、また実家が会社経営をしていたことからもおそらく、経済的には恵まれた環境で育ったのだろう。
そのせいもあるのか、地元での妻の評判は芳しいとは言えないものがあった。
さほど大きな街でもない地元においては噂話はかっこうの娯楽である。その中でも、男女関係のうわさ話は面白おかしく尾ひれをつけて町中を駆け巡った。

この妻も、男女関係では話題に事欠かなかったと言い、泰夫さんと結婚後も様々な男女関係の噂が囁かれていたという。

夫である泰夫さんも、人当たりが良く子煩悩、という良い評価がある一方で、夜の街では有名だった。
とにかく酒好きだった泰夫さんは、飲み歩くことのほかにゴルフにも目がなかった。
会社の専務ということ、将来の後継者ということで接待や付き合いの場も多かっただろうが、それでも社長である義理の父親に叱られるほどだったというから、相当なものだったことは間違いなかろう。

事実、事件の2年ほど前にはあまりにも会社の金を使い過ぎるということから、妻と義理の父親に勝手に会社の金を使うことを禁じられていた。

そんな中で、泰夫さんにはある悩みがあった。

それは、妻の男性関係のことだった。

同窓会の夜

妻は40歳になった年、地元では恒例の同窓会に出席していた。
男性にとっては本厄の年でもあり、全国各地ではこの40歳の節目に同窓会を催すところは少なくない。

泰夫さんは、6月に開かれたその同窓会に出た直後から、妻の様子が変わったことに気付いていた。
妻には実は前科があった。4年ほど前、妻が事故に巻き込まれたと泰夫さんに連絡があったが、その際、妻の車には男性の姿があった。
その交際相手が暴力団関係者だったこともあり、事故後妻と泰夫さんは恐喝まがいのことをされたという。
詳しい話は分かっていないが、おそらく、事故の後遺症だとかそういったことを持ち出し、加えて不倫だったことを口実にされたのではないか。
その件は、泰夫さんが多額の金を支払って終わらせたという話があった。

その頃、妻は出かける際に嘘の口実を作っていたわけだが、同窓会の直後から再びその時と同じ口実で妻が出かけるようになったという。
ピンときた泰夫さんは、事件当日の昼間、妻を尾行する。
車で出かけた妻は、とある場所で車を降りると、そこへやってきた別の車に乗り込んだ。
運転手は、男性だった。しかも、その男性を泰夫さんは知っていた。

ふたりが乗った車を尾行すると、車はモーテルへと滑り込んだ。泰夫さんは3~4時間待ったという。
そして、ふたりが再び車で出てきたところに立ちはだかったのだ。

妻と一緒にいたのは、妻のかつての同級生の男だった。泰夫さんは以前、自宅で開いたBBQパーティーの際、この男がいたことを思い出していた。
怒り心頭の泰夫さんは、ふたりを問い詰めるため、そして今後に向けての話し合いをするため、会社へ来るよう言い渡し、午後7時ころから会社の休憩室で3人は話し合ったという。

そこで何が起きたのか。

売り言葉に買い言葉で、不倫相手の男が泰夫さんを殴って死なせた、のか?
そして証拠隠滅のためにとっさに火をつけたのか?

実際には、泰夫さんの運命はこの日よりずっと前に決まっていた。

妻と不倫男

大原署は昭和63年3月9日、泰夫さんを殺害し、建物に放火したとして妻の亜沙子(仮名/当時40歳)と、その不倫相手で塗装会社社長の笠原良寛(仮名/当時40歳)を逮捕した。

笠原は同じ町内に住んでいて、妻も子もある立場であり、亜沙子との関係はW不倫だった。

調べでは、ふたりの交際は同窓会をきっかけに始まったが、深い関係となったのはそれから半年後の昨年末のことだったという。
そしてその頃には、ふたりの間で泰夫さんを亡き者にする計画が練られていたのだ。

亜沙子と泰夫さんの夫婦仲は、それぞれが好き勝手に生活していたこともあって冷え切っていた。
もちろん、亜沙子の過去の不倫問題もその大きな要因の一つだった。
冷え切った家庭を忘れるためか、亜沙子は頻繁に笠原に連絡を取ったという。
そして会話の中で、こんな話をした。
「夫が酒によって暴力を振るう」
実際に泰夫さんがDVをしていたという話は出ていないが、すでに冷え切った関係上、また、亜沙子の男性関係を問いただすうちに、手が出たことはあったかもしれない。

それを笠原はどうやら真に受けた。

笠原は知り合いの暴力団員を頼り、金を握らせて泰夫さんに危害を加えることを依頼。
亜沙子からは泰夫さんに8000万円の生命保険金がかかっていることも聞かされていた。
ふたりは寝物語で、「保険金が入ったらリゾートホテルを買おう」などと話していたという。
暴力団員には、笠原が150万円、亜沙子が無断で持ち出した会社の金150万円の合計300万円が支払われていた。

ところが当の暴力団員は、ふたりの話を全く本気にしておらず、金だけ受け取って泰夫さん殺害に動くつもりはなかった。
事故死に見せかけて殺害してほしいと持ち掛けていた笠原と亜沙子は、たびたび暴力団員に泰夫さん殺害の催促までしていたという。
ここで「金をだまし取られた」と警察の駆け込んでくれればあの憐れな消防署の女の話になってしまうが、ふたりはさすがにそこまではせず、とにかく早く殺してくれ、成功報酬も払う、と言って暴力団員をせかすのみだった。

そんな中で、逢瀬を楽しんだ二人に冷や水を浴びせかけた泰夫さんの登場。

もう、ふたりは待てなかった。

13年と、7年

平成3年4月23日、千葉地裁で二人に対する判決公判が開かれた。

起訴状によれば、ふたりは交際が泰夫さんの知るところとなったうえに、高額の慰謝料を請求されたことから、会社の休憩室で酒に酔って寝入った泰夫さんをゴルフクラブで殴ったうえ、室内に灯油をまいて火をつけ、焼死させた、とされた。

笠原は事実を認めていたが、亜沙子は一貫して否認していた。
亜沙子の言い分はあくまで、「150万円は笠原に対し貸したもの」であり、泰夫さんを痛めつけてほしいとは思ったけれど殺害までは頼んでいない、として、さらには実行の際現場にいなかったことを挙げて泰夫さん殺害は笠原の単独犯であることを主張した。

たしかに、泰夫さんを殴り、事務所に火を放ったのは笠原で、それは本人も認めていた。
しかしその前段階として、泰夫さんを殴った際に亜沙子もそこにいたようなのだ。
ただこれは致命傷ではないため、これだけならば亜沙子が言うように「痛めつけるつもり」ということだった、ともいえる。

しかし、泰夫さんが深酒で寝入った後、亜沙子は灯油を事務所内に運び入れ、さらには火のついたタバコを事務所の畳の上に転がしているのだ。

酒に酔って寝ている人間のそばに、火のついたタバコを転がす。これだけでも十分殺意を見て取れる気がするが、この時は失敗に終わっている。
畳に火はつかず、亜沙子はこの時点で一旦家へと戻っていたのだ。
亜沙子がいなくなったあと、笠原は一人事務所へと戻った。そしてそこで泰夫さんの頭部をゴルフクラブで殴りつけたうえ、周囲に灯油をまいて火を放ったのだ。

泰夫さんを殴ったゴルフクラブは、笠原の供述通りの場所から二つに折れた状態で見つかった。

以上のことから亜沙子の弁護人は、亜沙子と笠原の間に共謀性はないと主張、殺人については笠原が暴走した結果であるとし、おそらく無罪の主張だったと思われる。

千葉地裁の上原吉勝裁判長は、笠原に対し懲役13年(求刑懲役15年)、亜沙子には求刑13年だったところをその半分以下の懲役7年とする判決を言い渡した。

新潮45でこの事件をまとめた駒村吉重氏によれば、求刑の半分以下の判決ということは、ある程度亜沙子の主張は認められたとみていい、と述べている。
一方で弁護人は、「共謀性がなかったことが認められなかったのは遺憾である」として控訴していることを見れば、殺害の実行犯でもなく、さらにはその場にもいなかった亜沙子が直接手を下した笠原と同罪とは言えないまでも、夫殺害を計画し、共謀したという点での懲役7年であり、まぁ、そんなもんなのかなとも思う。

このように、不倫のはてに邪魔になった人間を殺害する男女はいつの時代にもいて、このサイトでも東京の教師の事件や本当の狙いが違うとはいえ、長崎佐賀連続保険金殺人、そしてあの茨城のレンタルビデオ屋の事件などは性質として似ている。
ただあちらは、被害者となった夫が全く事実を知らず、かつ、ひよこみたいな童貞の若い不倫相手に夫の暴力を訴えて殺害を決意させたと思われてもおかしくない被害者の妻は、逮捕すらされなかった。

おそらく泰夫さんにかけられていた保険金を手にすることは出来なかったろう亜沙子は、出所してどこへ戻ったのだろうか。
「何でも思い通りになると思っている」
亜沙子を知る町の人は、亜沙子をそう評した。
亜沙子の父親が経営する会社は、名前が知られてしまったからか、事件直後の昭和63年には社名を変更。その後も同じ業界でこちらは順調に現在も経営を行っているが、そこには泰夫さんの姿は当然、ない。
ただ、その後も同じ苗字の人間が代表職に就いていることから、一家は事件後も離散することなく、家業を守り抜いていることがわかる。

実行していないとはいえ、自身の不倫相手に夫を殺害させた娘を、父親は受け入れられたのだろうか。父親を殺された子供たちは、母親を受け入れることができただろうか。

*************

参考文献

毎日新聞社 昭和63年2月21日東京朝刊、3月9日東京夕刊
朝日新聞社 昭和63年3月30日東京朝刊、平成3年4月24日東京地方版/千葉

密会を目撃され「同窓会不倫」相手に旦那を焼き殺させた美人妻/ 駒村吉重 著/ 新潮45 平成20年8月号

事件系YouTuberのみなさまへ

事件系の動画を作成されているみなさま、お願いです、勝手に持ってかないでください。事前にご相談いただければ、協力してもいいですし、なんならネタも提供します。

過去に2件、盗用事件がありました。その際は、すぐに相手方のYouTuber様が迅速かつ、誠実な対応をされ、いずれも解決しております。

が、今回、某童話系のアカウントが当サイトの記事を参考にして動画を作成したと認めているにもかかわらず、一切の事前問い合わせもクレジット表記もなく、さらにはそれを問われると「それが何か問題ですか?」という返答をしました。

また、内容は違っているので盗用ではない、問題があるならば顧問弁護士()と相談するという内容の返事でした。
確かに、そのアカウントが作成した動画はアニメーションを使用し、語り口調も台詞も独自のものに作り替えられており、当サイトのような事実だけで構築されているのではなく、フィクションを織り交ぜた構成になっていました。
しかし、タイトルに使用されている言葉が全く同じ、もしくはほぼ同じものが2点、当サイトのタイトルを、動画中の「台詞」にそのまま使っているものが1点認められました。なお、この点についての回答は得られていません。

もちろん、これだけで盗作だ!とは言えないと思います。法律上は。

そのアカウント主も、法律に触れるならば謝るけど?というスタンスでした。この時点で、わかってやっているのだなと確信しました。同時に、バカにしているのだな、とも。

コンテンツの性質上、被ってしまうキーワードがあるのは当然です。しかし、本人が「事件備忘録を参考にしたのは紛れもない事実」としている以上、また、そのキーワードが特徴的な言い回しである場合、そこに悪意はないと言い切れるのか、と私は思います。こっそり参考にしたのならば、むしろ意識的に同じワードは避けようとするのではないでしょうか。

法律云々の問題以前に、なんでこそこそするんだろう、と思うのです。ダサい。

普通に参考にしたよ!って言えばいいし、それを見た人が分かるようにしておけば何の問題もないはず。参考サイト、参考文献、著者、出版社、引用元、出典元、明確にしておけば問題ない(程度問題は別として)はずです。
そしてその慣行を前提に、相手の許可をとらずとも引用や参考にしてもよい、となっていると思うのですが、顧問弁護士は教えてくれなかったのでしょうか。

なぜ「あえて」しないのか。私はここが引っ掛かります。
自分のものに見せかけたいのでしょうか。どこそこのサイトにあったものを参考に作りました、とクレジットを入れることはなんとしてでもしたくない理由があるのでしょうか。

当方の指摘がその部分だとわかったそのアカウントは、後付けのように「配慮がなかった」と付け加えてきました。配慮?配慮……なにその、「誤解させたならすみません」的な。

ということで、法的な拘束力は一切ありませんが、そのアカウントがこのサイトの記事を参考にすることは禁止、とお伝えしました。サイトも記事も今後一切見ないでほしいと。それは了解されたようです。
クレジット表記をつけますという申し出がありましたが、お断りしました。そんな動画認めたくないので。関わりたくもない。

で、更新とお知らせのところに赤字ででかでかとその旨書き込んだら、多分ですけどその方からお怒りメールが来ていたようです。ようです、というのは、そのメールがどこ捜してもないのです。受信トレイに移す作業をしたところ、消えてしまいました。ゴミ箱も迷惑フォルダもすべてのトレイを確認しましたが、ない。

ちらっとですが内容は覚えていて、盗用したことは認めていないのだから盗らないでという表現は許せない、名指ししてある以上名誉棄損である、よって2週間以内に削除しなければ法的措置をとる、という内容だったと記憶しています違ってたらすみませんていうか猛々しいな。人の気持ちは考えないけど、自分のことはやたらと敏感なのか。

2週間ものっけてていいのか?とちょっと戸惑ってるのですが、当初2~3日で消そうと思ってましたが、猶予あるみたいなんで、10日くらい置いとこうと思います。

事件系の動画はすごく面白いものもあって、私も見ます。ほとんどの方は独自で作られて、自分の動画は他とは違う、と、誇りを持ってると思います。

私も自分の記事をまとめるときに他人の取材したものや本などを参考にしています。が、それらはわかるものはすべて参考文献、引用元として、書籍名、著者名も記しています。文中でも、取材者の言葉や推察はそうであるとわかるようにしてあります。
なので、ネタ探しでこのサイトをみて、参考にしたのならばどうかそれを教えてください。言うのが嫌(?)なら、参考にしたことがわかるように動画の中(概要欄じゃなくて)に書いてほしいです。事件備忘録にではなく、そのもとにある参考サイトや文献、著者にも敬意を持ってほしいのです。

お願いいたします。

連絡先はこちら→jikencase1112@gmail.com

 

有料記事購入の仕方および特定商取引法に基づく表記

有料記事の購入方法

【11月17日追記】
対応ブラウザについて
codocが対応するブラウザは、Chrome、Safari、Edgeとなっています。IEでは見られないという報告があります。PCでの閲覧はご注意ください。(Firefoxは見られました)
Edgeのインストールはこちら
GoogleChromeはこちら

PCとスマホで若干画面、支払い方法に違いはありますが、概ね以下の通りの手順で購入できます。

【前段階としてcodoc にて会員登録をしていただくとスムーズかつ便利に読んでいただけます(しなくても読めます)】

①該当記事を開いて、無料部分を読む(スクロールする)
②有料部分に差し掛かると、以下のような状態になります。

このような画面が出ます。青い部分をクリックすると、すでに会員登録がお済みの場合は以下のように画面が変わります。

会員登録が済んでいない場合は、この時点で
〇会員登録して購入、〇会員登録しないで購入、といった選択画面が現れますので、ご希望の購読方法を選択

③購入する場合は、「決済」ボタンをクリック

④スマホからの決済の場合は、クレジットカードのほかにApplepayも選択可能です
※codoc社によれば、デビットカードならびに各種プリペイドカードも使用可能とのことです。

⑤支払方法を選択し、クレジットの場合はカードの番号などの必要事項を入力

決済が完了すると、そのまま同じ画面で有料部分の閲覧が可能となります。
また、登録されたメールアドレスにも有料記事が配信される仕組みになっています。

会員登録している場合、一度決済したら、画面を閉じても再びアクセスすれば全文読めるようになっています。
また、codocのダッシュボードからも購入記事一覧が検索できます。
購入の際も、会員登録をしておくといちいちカード番号やメルアドを登録する手間が省けます。
当然ながら、codocへの登録自体は無料です。

なお、codoc社が採用しているstripe社の決済システムは、AmazonやGoogleといった世界的な企業をはじめ、120か国の企業から個人事業者まで幅広く活用されている信頼できる決済システムですので、セキュリティ面でも安心してご利用いただけます。

ご不明な点は、jikencase1112@gmail.com までお問い合わせください。

特定商取引法に基づく表記

URL https://case1112.jp
E-mail jikencase1112@gmail.com
販売価格 150円~300円(税込)
送料 電子書籍による販売につき送料はかかりません
お支払方法 クレジットカード、ApplePay
商品代金以外の必要経費 インターネット利用のために必要な通信料
商品引き渡し時期 代金決済後
商品引き渡し方法

商品購入後、商品ページが表示されます
メールアドレスにも配信されます

不良品について 商品画面が開かないなどの不具合があった場合は、ご連絡いただければ該当記事をメールにてお送りいたします
返品について 商品の特性上、購入確定後の返品、返金はお受けできません

※上記以外の事項に関しましては、お取引の際に請求があれば遅滞なく提示いたします。

 

コメントについて

いつもコメントをくださる皆様、ありがとうございます。些細なことでも大変励まされます。また、ご指摘については確認のうえ、事実関係が確認され次第訂正、補足などをいたします。そういったご指摘も含め、本当にいつもありがとうございます。

さて、コメントは当初より私が確認した上で公開、という形をとっています。というのも、サイトの性質上、デマや不確かな噂などが書き込まれると、それが広まってしまう可能性を危惧しているからです。
したがって、今後も私が確認した上で問題がなければ公開、という形を取っていきます。
また、ここ最近Twitterを見てくださっている方はご存知の方もいらっしゃるかと思いますが、コメントしてくださる方のごく一部の方の振る舞いに頭を悩ませております。
私としてもできる限り大切にしていきたいですし、どんなコメントへの返事もできる限り早く、丁寧にを心がけています。もちろん、嬉しくてしている事です。本当にありがたく思っています。

しかし、そういう私の対応を誤解なさる方もいて、なにか私を旧知の仲であるかのような錯覚に陥ってしまわれる方もいます。
個人的なことではありますが、私は仲の良い人であっても基本的にこのサイトでは「丁寧語」を使います。TwitterやDMでは砕けたやり取りをしていても、不特定多数の方が見るこの場所では、馴れ合いや身内にしかわからないような話をするのは失礼だと思うからです。
実際に仲の良い方々も、このコメント欄では私と同じように丁寧語で書かれますし、話題についても誰が見てもわかるような、事件についての話題ばかりです。
決して、自分の主張を発表する場に利用したりなさいません。自分の意見は自分の意見として、そして執筆者である私の考えも尊重してくださり、そのうえで意見してくださいます。
もっと言えば、コメントくださる方の9割以上は、常識的で社会性のあるコメントをくださっています。犯罪と地域性の関連性、新生児殺しについての考え方などなど、コメントしてくださった方によって話題が広がったものもあります。

が、残念ながら、ごくごく一部で、自分の主張を展開するためだけにコメント欄を使用する方がいます。
そこで、今一度、コメントするにあたってのお願い事を書いておこうと思います。

禁止事項としてお願いしたいのは以下になります。
①公序良俗に著しく反するような書き込み(暴力的、法を守らないような書き込み)
②性的、過激な言葉を使っての書き込み(死ねとかクソとか)
③明らかなデマ、嘘の書き込み
④他人を誹謗中傷(批判とは違います)する書き込み
⑤事件と無関係のサイトの宣伝
⑥事件と無関係の話題の書き込み
⑦意味不明の書き込み

これについては、公開もしませんし、即ゴミ箱行となります。
公開しない理由についての説明もしません。

加えて、以下は私のお願いになります。

①社会的に常識的な言葉遣いをしてください
②特定の国籍を愚弄するような書き込みはご遠慮ください
③事件に対する「推理」はほどほどに
④書いている人間を最低限、尊重してください

①は、敬語を使えというのではなく、大人なのですから常識的な言葉遣いをしてほしいということです。いわゆるタメ口は、見ていて不愉快に感じる人もいますし、馴れ合いを見せられているようで疲れることがあります。
②は、日本人だから、在日だから、といった、国籍や人種を事件に結び付けること。
特に、沖縄の中学生殺害、月ヶ瀬の事件、大分の資産家殺しなどは、犯人の国籍こそが事件を起こした要因だと言わんばかりの主張を目にします。
が、そもそもその国籍が正しいという確証もなければ、事件が起こった要因がそれ、ではありません。
③は、事件からさまざまな背景を考えることはいいのですが、事件そのものを勝手に推理して事実と違うことを書かれても、お返事に困ってしまうのです。
私も推察を書いていますが、中には証拠があって確信を持っているものもあります。
が、それを書けない事情があるために「推測ですが」としているケースも多いのです。
④は、おこがましいのですが、私が個人的に趣味でやっているサイトであり、それなりに調べ、裁判を傍聴し、ありとあらゆる書籍や新聞記事を調べ上げてまとめている大事な記事たちです。
それを、「初めて知った事件」であるにもかかわらず、まるで私の存在を無視するかのように勝手に考察し、上から目線であれこれ言われると、非常にしんどいです。
少なくとも、関係者の方でない限り私のほうが調べています。そこはどうかご理解いただきたいのです。

長くなりましたが、今後とも有意義なコメント欄にしていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 

おもいあがり~愛媛・高知同居男性傷害致死死体遺棄事件④~

12月1日のできごと

公判2日目、死亡する前の野田さんの行動についての検証が行われた。
平成29年7月以降、おそらく、光洋が野田さん宅に頻繁に寝泊まりするようになって以降に絞った検証と思われた。
続きを読む おもいあがり~愛媛・高知同居男性傷害致死死体遺棄事件④~