おもいあがり~愛媛・高知同居男性傷害致死死体遺棄事件①~

平成32年1月27日

「被告と被害者は、一心同体だったのです」

高知地裁204号法廷。
その裁判は、こんな弁護人の冒頭陳述から始まった。
被告人席に座るのは、長身で面長、銀縁の眼鏡をかけてうつむく男。長身のわりに、どこか自信のなさそうな、気の弱そうな印象を受ける。
男は2年前の冬、愛媛県西条市で同居していた60歳の男性に暴力を振るい、そのあげくに死亡させ、さらには遺体を高知県いの町まで運んで焼き棄てた疑いで起訴されていた。

罪状は、傷害致死および死体損壊、遺棄。先に起訴、審理された死体損壊と遺棄については男も認めている。

しかし男は、傷害致死を否認していた。

「犬を焼いたんよ」

平成29年12月16日の早朝、高知県吾川郡いの町桑瀬の寒風山茶屋付近の排水路で、測量のために訪れていた作業員らが男と遭遇した。
ここは寒風山トンネルが開通する前に利用されていたいわゆる隧道沿い。愛媛県西条市と高知県いの町の境目である。今でも登山やサイクリングなどで人が訪れる場所であり、公衆トイレや何台か車が停められる駐車場もあって人がいること自体は何ら不自然ではなかったが、その男は開け放ったバンに、何かを積み込もうとしていた。

訝し気に見守る作業員に気付いた男は、自分の方から作業員らに近づき、「許可とってないんやけど、犬が死んだけん燃やしたんよ」と話した。
バンの荷台に載せられたものは布団でくるまれており、犬にしては大きく、そもそも犬を燃やしてそれを持ち帰るというのは異様な光景だった。

作業員らが測量を開始して橋の下に降り立ったところ、橋の真下で何かを燃やしたような跡を見つけた。
午前9時、遅れて到着した別の作業員が事情を聞いて男に何を燃やしたのか再度確認したところ、男は同じように「犬」であると話した。
しかしあまりに不自然な行動であったため、作業員らは布団をめくるよう求めた。男は「犬やけん、気持ち悪いよ?」などと言い、はぐらかそうとしたという。
布団からは、灯油のような臭いが鼻をついた。
なおも詰め寄る作業員らは、棒を拾ってそっと布団の端をめくった。
そこに現れたのは、黒焦げの人間の顔だった。

「これ、人間やないんか!!」

仰天した作業員らは110番通報、男はそれでも当初は犬だと言い張ったという。
しかし110番されて観念したのか、「同居しとった男の人。」と白状した後、「死にたいよう」などと呟き始めた。
作業員らが男が自殺しないよう見張っていると、男は自分から話し始めたという。

「病気で死んだと思う。でも、死んどると思わんかった……」

憔悴した様子の男は、その後トイレに行きたいと言い始めた。
外で待っとるから、と男をトイレに入らせたものの、中からは用を足す音は聞こえなかった。代わりに、なにかカサカサという音がしばらく聞こえていたという。

トイレから出た男は、その後到着した警察官に対し、「私が焼いた。10日くらい前に焼いて埋めたものの、この場所で作業が行われると聞いて遺体を動かそうとした」などと話したため、その場で緊急逮捕となった。

逮捕されたのは、愛媛県西条市の職業不詳・神野光洋(当時40歳)。この時点では遺体の身元は判明していなかったが、光洋の供述や遺体の大きさなどから子供ではないとされていた。
そして、その後の調べで、遺体は光洋が数か月前から同居していた西条市在住の野田育男さん(当時60歳)と判明した。

ふたりの出会い

光洋は西条市で両親と兄の4人暮らしだった。
西条高校を卒業後、大阪の外語専門学校へ進み、その後は通関士助手として働いていた。
しかし数年前からは地元へと戻り、派遣の仕事を中心に働いていたが、逮捕された時点では職業不詳とされた。
婚姻歴はなく、地元へ戻ってからはずっと実家で生活していたようだが、ある時から知人宅と自宅を行き来するような生活を始めていた。

被害者の野田さんは、西条市内の氷見という土地で両親と妹と暮らしていたが、父親を亡くし、その後妹も亡くし、平成16年には母親も交通事故で死亡していた。
野田さんは、詳しいことはわからないが誰かの支えがなければ生活する力がなく、母親が死亡して以降はその生活は完全に崩壊していた。
幸いに住む家は残されていたため、寝泊まりする場所はあったものの、仕事もしておらず、残された貯蓄はどんどん減っていったという。

平成23年、光洋はJR西条駅のうどん屋で野田さんと出会う。
野田さんは知人らしき数人といたようだが、どうやらその時その知人らの食事代も野田さんが支払っていたようなのである。
光洋は、そんな野田さんに対し、「おいちゃん、羽振りがえぇねぇ」と声をかけたという。
そして、ふたりが再会したのは平成27年のことである。
同じくJR西条駅で野田さんを見かけた光洋は驚愕した。あんなに羽振りがよさそうだった野田さんが、浮浪者同然の格好でうろついていたからである。

声をかけた光洋に、野田さんはにこにこと近づいてきて、「煙草をおくれ」といったという。
聞けば野田さんは一人になってから、金銭の管理が出来ないことにつけこんだ知人らにタカられていたというのだ。
母親の保険金なども底をつき、近隣の家を回っては物乞いをして日々を凌いでいた。時には寸借詐欺も働き、トラブルになったこともあったという。
そんな野田さんの境遇を知った光洋は、とりあえず弁当などを野田さんに購入してやり、それ以降野田さんと連絡を取るようになった。

連絡を取ると言っても、野田さんは「放浪癖」もあり、思いつくと何日も近所をうろついたりしていたため、光洋は野田さんの自宅を訪ねて野田さんの身の回りの世話をするようになっていく。
そんな光洋に、野田さんも嬉しそうだったという。

野田さんの家は電気もガスも止められていたため、光洋はひとまず滞納していた公共料金を支払ってやり、一緒に市役所へ生活保護の申請にも行った。
しかし、野田さんは自宅のほかに親から譲り受けた土地があったため、生活保護の申請は難航したという。
結局、生活保護申請がスムーズに受け付けられなかったために、光洋は野田さんに仕事を紹介する。その頃光洋は建設業などを営む知人らから人夫集めのような仕事を依頼されることがあったといい、野田さんを紹介したのだが、待ち合わせの時間に野田さんは姿を見せなかった。

結局、仕事もしない野田さんを放っても置けず、光洋は野田さん方で寝泊まりしながら野田さんの生活を支えようと決意したのだった。

献身とストレス

野田さんの度重なる家出は、特に何か予兆があるわけではなく、突然ふらりといなくなり、すぐ帰ってくることもあれば数日から数週間帰ってこないこともあった。
帰ってこないとき野田さんは、コンビニやコインランドリー、公民館の軒先などで寝泊まりしていたという。
このことで、何度も通報されることもあり、警察でも野田さんはいわば有名人であった。
野田さんが家出をするたび、光洋はあらゆるところを探し回った。最寄りのコンビニには電話番号を渡して、野田さんが来たら教えてほしいと頼んでいた。

野田さんは家にトイレがあるにもかかわらず、わざわざよそでトイレをするクセもあった。また、西条市は”うちぬき”という地下水が有名で、野田さんもうちぬきが好きだったのだが残念なことに野田さん宅はうちぬきが出ない地区だったという。
そのため、うちぬきを飲むためだけに出かけていったりもしていた。
光洋は野田さんを見つけては連れ戻し、汚れた衣服を取り換え風呂に入れて髭を剃り、少しでも栄養を、と野菜たっぷりの食事の用意もした。
一方で、野田さんの精神状態や体調に不安を覚えた光洋は、精神科のある西条市の道前病院を受診させる。そこで入院を勧められた野田さんだったが、泣いてそれを拒否したという。
理由は、野田さんの友達が精神科に入院した際、意に沿わない対応をされたと聞かされていたようで、とにかく入院はしたくないと訴えた。
もとより入院には親族の許可が必要で、光洋にその権限はなく、すぐの入院は無理だった。
そこで光洋は親族を捜して、野田さんの身元引受人になってくれないかと頼んでみた。しかし、あまり付き合いをしていなかった野田さんのことを親身に思う親族はおらず、「そんなに言うならあんたが面倒みればええ」などと言われる始末だった。

困り果てた光洋は、交番などにも相談に行ったものの、良いアドバイスはもらえなかった。

同時期、野田さんから妙な話を聞かされた。
「変な男が二人夜にやってきて、土地を売ってくれちゅうて言うんよ・・・」
神妙な顔で訴える野田さんは、その男たちが怖くて家にいたくないとも話していたという。
光洋自身も、野田さん宅にいた際、夜中にバイク(のような音がするもの)が敷地に入ってきたのを音だけではあるが聞いたことがあった。
野田さんの家出とそれに伴うトラブルなどで光洋もかなりストレスがたまっていた。

平成29年8月14日、光洋は野田さん方で野焼きをして、消防が出動する騒ぎを起こす。さらにその4日後、信じられない事件が起こる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です