京都伏見認知症母親心中未遂事件・その顛末②

行政、福祉とのすれ違い

康晴は、仕事を完全にやめてしまう9月までの間、何度か生活保護の申請のため福祉の窓口を訪れていた。
現状では近い将来、間違いなく収入が途絶えてしまう。働く意思は十分にあるが、何よりその仕事がない。誤解の内容に、だが、仕事がないという意味は、康晴と母親の生活スタイルを考慮したうえで、母子が最低限生活していけるだけの収入を得られる仕事、という意味だ。
自分の食べることより、とにかく母親の生活を維持しなければならないという思いがことのほか強かった康晴は、「良かれと思い」先に福祉窓口へ相談に行ったのだろう。

しかし、後から考えると、この相談に行ったタイミングが悪かった。そして、そのタイミングの悪さゆえにマニュアル通りの対応に終始してしまった福祉の窓口は、後に総バッシングされる羽目になる。

(残り文字数 5894文字)

康晴が最初に窓口を訪れたのは、工場をいったん休職したあとの7月中旬。それまでもハローワークなどにも通い、介護認定の申請を出した際にその窓口で「生活保護の申請もやっておくと良い」と助言され、出来ることは何でもやろうという思いから、生活保護の担当窓口に赴いた。
しかし、そこで康晴が受けた対応は、予想に反するものだった。
康晴がまだ働ける年齢、体力があることで、窓口は簡単に申請を受け付けてくれなかった。ただ、その時に「母親といったん世帯を分ければ、独居老人という形で母親の世帯に対して保護申請できる」という案も提示されている。
ここで、私のように他人になりふり構ってられないと思える人間なら、「形だけの世帯分離」を行うだろう。住所のみの転居手続きならば正直どうにでもできる。世の中そうやって偽装離婚し、生活保護や母子手当を受け取っている家庭は少なくない(ダメですよ)。
しかし、人様に迷惑をかけたり、ましてや税金を嘘をついて自分のために使ってもらうことなど、真面目で実直な康晴が思いつくはずもなく、「母親を一人に出来るわけがない」ということで康晴はその案を断念することになる。考える余地すらなかっただろう。

この行政、福祉窓口の対応はのちに裁判官からも苦言を呈されるほどに叩かれまくったわけだが、よくよく見てみると理由もなく「門前払い」したわけではない。
先ほども触れたが、最初に生活保護申請に難色を示したには実は理由があった。
当時康晴は無職ではなかった。休職中ではあったものの、派遣会社に在籍しており、その時点では仕事がいつでも再開できる状態にあり、役所としてもそうである以上は簡単に生活保護を受けさせることは難しかったであろうと推察される。
康晴はその後も、8月に1度、そして退職したのちにも再度窓口を訪れた。しかし、ちょうどその時期は「失業手当」が受け取れる時期と重なっていた。これは、本来自己都合の退職であるためもうちょっと先の受給開始のはずが、登録していた派遣会社の配慮で「会社都合による解雇」扱いとなっていたため、失業手当の受給が早かったのだ。
そのため、現時点では必要なしと判断されたとしても、わからなくはない。
また、康晴母子が住んでいた伏見区は、生活保護の受給率が高いこともあり、市の財政を圧迫していたという事情もあった。巷では不正受給の問題も取り沙汰されており、そのため新規の生活保護申請に対しては、厳しい態度で臨めという空気があったのかもしれない。
康晴母子は、真っ先に受給すべき対象であった。しかし、ひとりひとりに深く時間を割くことのできない現状もあってか、康晴の窮状は担当者に伝わらなかったと見える。

事情を聴いた介護の担当ケースワーカーが生活保護担当窓口に「なぜダメなのか」と問い合わせてもいるが、そこでも深く話が掘り下げられることはなかった。
介護担当のケースワーカーが、「介護資金という形でなら、社会福祉協議会が無利子で貸してくれる」と教えたが、康晴は結局申請をしなかった。
当たり前の話であるが、それには連帯保証人が必要だったからだ。借金の連帯保証など、迷惑の極みであると考えたのだろう、自身の窮状よりも、他人に迷惑をかけることを恐れた康晴は、わずかな貯蓄を頼りに、綱渡りの生活をせざるを得なかった。

受け取っていた失業手当も、12月で支給はストップとなっていた。

母親の回復と自分の死

貯蓄を切り崩す一方で、母親のデイサービスにかかる実費などで出費は減らせず、カードローンも限度額いっぱいまで借りていた。
これだけでも、亡き父に「借金するくらいなら自分が切り詰めればよい」と教えられ育った康晴にすれば、屈辱的な恥であったろう。
そうして、次第に自分の不甲斐なさを責めるようになった。
12月に入って失業手当が支給されなくなると、一気に経済状態は悪化していく。
一方で、母の病状に回復の兆しが見えるようになった。
というのも、母はアルツハイマー型の認知症と診断され、それに合った治療投薬を受けてきたのだが、母の様子を見ていたケアマネが、その診断に疑問を抱いたのだ。
康晴は、別の専門医に診せるよう助言され、あらためて診断を仰ぐと、母は「脳血管型」の認知症であったことが判明した。
全く意味のない治療をしていたことに康晴は呆然とするが、それまでの薬をやめると母の意識は以前よりもはっきりするようになったという。
しかし、康晴の職探しは困難を極め、デイサービスは12月に中止した。
年が明けるとさらに困窮し、康晴は食事の回数を減らしている。母には1日に2度きちんと食事をさせたが、自分はなんと2日に1度という食生活にしていたという。
もはや康晴には相談できる相手は誰一人いなくなっていた。
「残された時間を母と共に楽しく生きる」
そんなメモを書き残すようになったころ、康晴は自分が死ねば母親は行政が保護してくれるのでは、という思いを抱くようになり、ある時母に何気なくその話をした。
以前よりも意識がはっきりしてきていた母は、息子の不審な言動に不安を覚えたようで、それ以来時折、「康晴」と息子の名を呼び、頭をなでるようなしぐさを見せたという。
さらに、夜中トイレに立った際に、康晴の布団にもぐりこんで、「ここがええ」といって息子を抱いて寝た夜もあった。
まるで、遺された時間を悟ったかのように、遠い昔に戻ったように、母と息子はある意味「幸せな時間」を過ごしていた。

そして、最期の夜へ

どの時点で康晴が心中を決意したのかはわからない。少なくとも、2006年1月30日の夜中頃には、必要な道具を思いつくままに用意しているので、その頃には決意が固まっていたと思われる。
数日前から、康晴は子供のように泣いてばかりいた。母に、「もう泣かんでえぇ」と言われていた。
それでも、その夜康晴は涙を止めることは出来なかった。

1月31日の朝、前夜に用意したリュックを持ち、康晴は母に「どこに行きたい?」と尋ねると、「賑やかなところ」と母が言うので、京都の中心部へと向かうことにした。
その時までに、アパートをきれいに片付け、ディサービスの費用も支払いを済ませた。
康晴と母は、もうその部屋に二度と戻るまいと決めていた。

母子は思い出をたどるように、在りし日の父と3人で出掛けた場所を思いつくままに散策した。
西陣織の仕事は夏場はどうしても捗らないため、父は時間の余裕ができた。家族3人、映画館に行き、その帰りにはお気に入りの店で食事もした。
その店は、まだ同じ場所にあった。康晴も、母も、その店を覚えていた。
いつも忙しかった父が家にいるから、夏休みは楽しみだった。そんな父も、叱るときは厳しく、時には手が出ることもあったという。そんな時、決まって母が、「なにしはりますの!」と康晴をかばってくれた。
厳しくも人の道に外れぬよう教えてくれた父。その厳しさの反対側にいた、やさしい母。康晴は、父の教えも母の優しさも、両方しっかり受け継いで今日まで生きてきた。
それが、今、終わろうとしていた。

裁判

京都地裁で開かれた裁判は、異例の展開を見せた。
通常、このようないわゆる「心中」事件は、生き残ってしまった側は罪に問われるのがまず前提だ。それは、相手が「殺してくれ」と頼んだとしても、他人の命を奪うということがもしも許されてしまったら、それこそ「死人に口なし」でいくらでも悪用することが出来てしまうからだ。
そこで、殺人罪とは別に、「承諾殺人」という罪状が用意されている。これは、相手に殺害の申し込みを行った場合に、それを相手が受け入れ、自身が殺害されることを認めた場合に適用される。
康晴には、この承諾殺人罪が適用されての起訴となった。

承諾殺人罪は、単なる殺人よりはその性質上、刑罰も軽くなるのだというが、その線引きはいったいどうやって行うのだろう?
裁判は当初から、康晴の窮状、この母子がいかに社会から孤立していたかを検察が語るという、検察も弁護側も康晴に同情しているとしか思えない展開となった。
康晴はすべてを話し、自身の気持ちも素直に述べている。千人を超える減刑の嘆願書も届いていた。
近所の人も、職場の同僚たちも、誰一人康晴を非難する人はいなかったし、みんなが康晴の行動に理解を示し、母は恨んでなどいないと言った。

「生まれ変わっても、母の子として生まれたい」

そういってむせび泣いた康晴に、法廷も傍聴席も言葉を失くした。
検察官も、刑務官も、そして裁判官までもが涙をこらえていた。それほどまでに、康晴の窮状は悲惨であり、かつ、康晴の人柄、母子の絆の深さに感極まったのだろう。

判決は4回の公判を経てくだされた。

「懲役2年6か月、執行猶予3年」

裁判官からは、「母親は被告に感謝することはあっても、恨んだりはしていない。お母さんのためにもどうか幸せに生きてほしい」そう康晴を諭した。

康晴は弁護人に対し、ありがたい判決だった、しっかり生きて冥福を祈りたいと話したという。弁護人も検察も、これでよかったのだと思ったに違いない。

しかし。
事件から10年後、康晴はひとり、琵琶湖に身を投げた。そして今度こそ、母の元へ旅立った。

温情判決の是非

ここからは私個人の考えであるので、中には不愉快に感じる人もいるかもしれないが許してほしい。

私は当初から、求刑を下回る判決であっても、半年でも1年でもいいから執行猶予なしの実刑でなければならないと思ってきた。
理由は大きく分けて二つある。
ひとつは、「人の命を故意に奪うこと」の重大さにある。
どんな理由があっても、相手が誰であろうと、人を殺してはいけない。これは人として生きる以上当たり前のことだ。
だから、たとえ相手が悪人であっても、人の命を奪ったらしっかりと償わなければならないと思っている。
そもそも「心中」などという言葉があるのは日本くらいなもので、生きている人間が勝手に心中だと決めつけているケースもあるはずだ。
特に、親が子供を道連れに死ぬなど、心中などと呼んでほしくない。ただの殺人なのだ。
にもかかわらず、そこに悲劇的な要素や親子間の話になると途端に世間は加害者に対して同情的になってしまう。それはいいとしても、それでも刑には服すべきだ。

二つ目の理由はまさに加害者のためにことで、康晴のように愛するものを愛するがゆえに殺害してしまったケースなどは特に、自分を責め、その罪の意識を一生涯背負う人も少なくない。
だからこそ、司法によって「あなたが行った行為は罰せられなければならない」として罰してもらわなかったら、いったい誰が自分を罰し、そして許すのか。
それがなければ許されることは一生ないし、ということは幸せに生きることなどまず、無理なのだ。

NHKのクローズアップ現代において、この康晴の事件とその後の悲しい結末が特集された。その際、ゲストだった大村崑氏の発言は、まさに私が思っていることであった。
大村氏は、「みんなが感動した裁判官のあの説諭、あれが彼(康晴)には重すぎたのではないだろうか」と語った。そう、まさにその通りだと私も思う。
私のような能天気で自分本位の人間ならば、裁判が終わったと同時に罪の意識も薄れていくかもしれない。

私の幼いころの話だが、あるとき駄菓子屋でノートを一冊購入した。その際、お金をおばちゃんに渡して、ノートの山から一冊とったつもりが、家に帰ってみてみると2冊重ねて持ち帰ってしまっていた。
その時の私の心は、故意ではなかったが泥棒になってしまった、どうしよう、と恐ろしい思いでいっぱいだった。どうやって謝ろう、素直に話してわかってもらえるだろうか、黙っていてバレたら大変だ、と、子供心に気が気ではなかった。
結局、翌日再度その店に行き、同じようにお金を払い、ノートを買うふりをしてノートを受け取らずに帰った。そうすることで、つじつまを合わせようとしたのだ。
これで問題はなくなったはずだったが、誰からも罰せられなかったことはその後私の心を余計に苦しめた。
おばちゃんに怒られればよかった、そうすれば「済んだこと」になったのに、そうしなかったためにいつまでも済んだことにならなかったのだ。

適当な性格の私ですらそうだったのだから、もともと生真面目で他人に迷惑をかけられない康晴のような性格の人には、罰を与えないというのはかえって逆効果であったと思うのだ。
もしも半年でもいいから服役という「罰」を与えられていたら、康晴がここまで思い悩むこともなかったのではないか、とすら思うのだ。
裁判が終わって、みんな「良かったね、頑張って、応援するよ」とは、言ってくれた。世間はみな、康晴の味方だったはずだ。
なのに、なぜ彼は10年後、自身と母親をつないでいたへその緒を抱いて「一緒に焼いてくれ」と言い残し自死したのか。
罪の意識が日に日に大きくなる中で、ぽーんと実社会に戻されて「幸せになれ」「がんばれ」と言われて、彼はどう思っただろうか。しかも、その言葉の頭には必ず、「亡くなったお母さんのためにも」というフレーズがついていただろう。
自分がこの手で奪った母親の命。その罪を一番深く感じているのに、世間は罪に問わないという。では、この罪の意識はどうやって昇華すればよいのか。

服役というのは、罪を償う一番わかりやすい選択だと思っている。その間、様々な人と接し、服役後はむしろ康晴のような人ならば支援もあったかもしれない。
服役中に知り合う他の受刑者の話を聞けば、自分より大変で辛い人はたくさんいたのだと、少しはわかったかもしれない。人に頼ってもいいんだと思えたかもしれない。
しかし、裁判の結果、その機会は失われた。
康晴は、またあの現実の社会に放り出されたのだ。「がんばれ」という言葉の重石とともに。母のいない世界に、たったひとりで。

これまで頑張り続けて、もう駄目だと思って母親を殺して、その上まだ頑張れと言われた康晴の心を思うと、いたたまれない。

康晴は裁判後、滋賀へ移り住んだ。そこで木材加工などの仕事を得たようだが、60を過ぎて体の衰えもあり、職を失っている。
周囲の人は声掛けなどはしていたようだ。しかし、康晴のような人には、もっと立ち入らなけれなダメなのだということを、結局誰もわかっていなかった。
「相談してくれてれば…」よく後から聞く言葉だが、「相談してたら助けてたの?どうやって?」と聞いてみたい。

けれど、康晴は死んで楽になったのだと思う。
愛する母親のそばで、今は何も悩むことなく、母と子として穏やかに過ごしていることだけを願いたい。

「京都伏見認知症母親心中未遂事件・その顛末②」への4件のフィードバック

  1. こういう悲しい事件、何件か聞いた事があります。老老介護とかで。

    ま、こういう弱者を国と言うか世間はどれぐらい救う気があるのかと言うことを考えさせられます。(もちろん自分を含めてです。)

    何とか出来ないものか。かと言って人の心にどこまで踏み込めるのか。踏み込んだとして、救い出せるのか。そのために自分の人生全てを投げ出せるのか。

    あと、判決に関しての意見は、おおむね賛成です。むしろ10年ぐらい服役していた方が良かったと思います。

    言葉が悪いですが、正直、康晴の人生はあまりうまくいってなかったと思います。

    悲劇のヒーローにはなったけど、そこからどうやって生活するかです。芸能界デビューしてタレントみたいになれるわけでもないし。大体看護疲れがのこっているでしょう。

    そういう意味で、服役しながら疲れを癒していけばいいと思います。真面目な人は規則正しい生活がいいはずです。

    で、出所して新しい人生を送ればいいと思います。

    うちはまだ母親は元気ですが、要介護となった時はどうするか。本当に考えさせられます。

    1. ひめじのさま
      いつもありがとうございます☺
      この事件が遺した物は多いのですが、ありがちな「役所の怠慢」「会社の無理解」といったことは実はなかったんですよね。
      役所は完璧ではなかったにせよ、門前払いをしたわけではなかったし、ケースワーカーは尽力していた。
      会社もかなり融通をきかせていたし、母親が通っていたデイサービスもできる限りの対応をしてくれていた。
      けど、康晴にとって大事なのは多分そこではなかった。
      生活保護を普通に受けられたとしても、おそらくそれが彼を苦しめることになったろうし、母を預けられたとしてもそれもまた彼に自責の念を抱かせたかもしれない。

      彼にとって、人様に迷惑をかけることは有り得なかった。
      このケースで人に迷惑をかけられないと頑なに思う人に残された道は、もう死しかありません。
      せめて母が認知症でなかったら。
      人に頼る、お願いしてみる、難しいかもしれないけど、大切なことだと思います。

  2. 康晴氏の執行猶予については同意見ですが、理由は違います。親を殺して執行猶予なんてありえない、にもかかわらずなぜ執行猶予?そもそも裁判官や検察が被告の肩を持つなんて考えられない。要するに行政が責められないよう手を打ったと見ています(≒執行猶予付けたるよってに、行政の不手際は忘れたってくれや)。康晴氏がほんとに望んだのは刑の軽減や裁判官の似非涙なんかじゃなく、もっと血の通った行政の弱者支援体制だったのではないでしょうか。そのためにも康晴氏は実刑判決を受けてそれに対して行政がマスコミからパッシングを受ける。そういう図式が必要だったと思います(効果があったかどうかはわかりませんが)。
    自分も今介護離職中でいつ第二の片桐康晴氏になるかわかりません。そういう点で本件は語弊はありますが自分にとってはいい反面教師です。行政サービスはもとより近所や親せきなんかもあまりあてにしないようにしています。

    追伸:case1112様のことですから康晴氏がふがいなさすぎるといわれるのかと思ってましたがそうでもなかったんですね。

    1. おさむさんがそのように思われるのはご自由だと思います。
      当時の福祉行政は今よりも酷かったのは否めませんし、実際に片桐さんが望んだのはおっしゃる通り、減刑や執行猶予ではなかった、と私も思います。
      おさむさんは介護をなさってるんですね。私はもう15年ほど前ですが、義祖母の介護を経験しました。もちろん、片桐さんやおさむさんとは状況が違いますが、それでも苦労しましたから、それ以上の事だと想像します。
      あてにしない、とは仰いますが、それでも外部を遮断することはなさらないで欲しいです。
      追伸について、あなたは私を誤解しています(笑)
      コメントありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です