更新情報とお知らせ

【重要】
有料記事について、ブラウザによって購入ボタンが見えないという現象があります。
対応ブラウザは、Chrome、Safari、Edge となっています。IEでは見られないようです。
有料記事購入の仕方はこちらから

9月18日:ある少年の死~明石市・日本刀重過失致死事件~
記事公開しました

9月17日;🔓殲滅の焔~陸前高田・一家心中事件~
記事公開しました

9月8日:背後に地獄を従えて~納涼・怖い事件事故特集~
記事公開しました

8月18日:ボクは知らない~巣鴨・子供置き去り事件~
記事公開しました

8月7日:🔓幻愛~広島・小6教え子殺害事件~
記事公開しました

7月31日:解体する人々~いくつかのバラバラ殺人事件~
記事公開しました

7月28日:母の涙が問うもの~宇和島・6歳双子金網監禁事件~
記事公開しました(当分無料公開です)。

7月7日:🔓ママなんか怖くない~ひたちなか市・小1女児せっかん死事件~
記事公開しました

6月20日:殺す親、殺される子供~3つの子殺し~
記事公開しました

6月4日:🔓Motherly Love~今市市・主婦協力殺人事件~
記事公開しました

6月3日:仇討ち〜川崎・河原団地ペット殺人事件〜
    新聞母さんの涙と12人の隣人〜高島平・新聞配達員殺害事件〜
記事公開しました

5月26日:美しい人~愛媛・偽装事故による嘱託殺人事件~
記事公開しました

5月19日:🔓悖るひと~太宰府市・小学生男児殺害事件とその前後~
記事公開しました

5月9日:特集:こどものじけんぼ 記事公開しました

5月4日:昭和は遠くなりにけり~4つの昭和の事件~
記事公開しました
なーんにも考えてない男~大阪・義姉殺害死体損壊事件~
禁断の死出の旅路~福島・男女服毒心中事件~
🔓The Killing Fields~秦野市・カンボジア難民一家殺害事件~
怨焔~大胡町・不倫仲裁逆恨み隣人焼殺事件~

4月15日:🔓女たち~3つの殺された女の話~

妄想男の理不尽な憤怒~富里市・一家3人惨殺放火事件~
記事公開しました 続きを読む 更新情報とお知らせ

🔓殲滅の焔~陸前高田・一家心中事件~

一本の電話

平成18年6月27日、陸前高田市役所に電話があった。
匿名のその電話は女性で、「家庭内にトラブルがある。相談できないだろうか。」という内容だった。
市役所の職員は人権擁護委員を紹介し、実際にその委員が匿名の電話の主と面談。内容は違法性があるものだったようで、大船渡署に伝えられた。

「何かあったら連絡します。」

大船渡署から確認の電話を受けた相談者は、詳しい内容は話さずにそう言って電話を切った。大船渡署も現時点で相談者が介入を望んでいない以上やれるべきことがないと判断し、経過を見守ることで対応を終了した。

その2日後の6月29日未明。
陸前高田の住宅から火の手が上がった。

4人死亡の住宅火災

平成18年6月29日未明、陸前高田市気仙町の住宅から出火、約3時間後に鎮火したものの、木造平屋建ての住宅126平方メートルが全焼。
焼け跡からは3人の遺体が発見された。

火が出たのは、左官業を営む熊野正博さん(仮名/当時56歳)方。正博さんは仕事で関東にいたため難を逃れたが、この家には当時正博さんの妻・瑞穂さん(仮名/当時49歳)、長男・邦彦さん(仮名/当時26歳)、二男・友信さん(仮名/当時23歳)、三男・誠さん(仮名/当時19歳)、長女・泉さん(仮名/当時13歳)、正博さんの母親(当時84歳)の計6人がいた。

邦彦さんは逃げ出して軽いやけどで済み、年老いた正博さんの母親は別棟にいて無事だった。誠さんも救出されたが大やけどを負って意識不明となった。
邦彦さんは調べに対し、「家族間でトラブルがあって、みんなで死のうと、三男の誠が油をまいて火をつけた」と話していた。
搬送時に意識があった誠さんも、救急隊員の「火をつけたのか」という質問に対し、頷いていたという。

誠さんはその後、病院で死亡した。

焼け跡から発見された3人の遺体は、和室にあった。長男の話から、遺体は瑞穂さん、友信さん、泉さんの3人と見られ、その後断定された。

近隣の人らは衝撃を受けていた。3世代の大家族で、子供たちも両親も皆仲が良さそうに見えていたからだ。歳の離れた妹の泉さんも、学校では野球の試合のアナウンスを担当するなど充実した生活を送っていた。

ただ、気になる話はあるにはあった。

火を放ったとされる三男の誠さんは、高校を卒業後一旦は木材工場などで勤務していたというが、4ヶ月ほどで退職。その後は仕事を探してはいるようだったが、無職の状態だった。
無職であっても、庭の草刈りをしたり、特に何か問題を抱えているという様子はなかったと近所の人らは口を揃えた。
母親の瑞穂さんも、道で会えば明るく気さくに話をする人柄で、近所で孤立しているとか、夫婦仲が悪いと言った話もなかった。
市内の別の場所で暮らす実母を気遣い、よく世話をしに通っていたといい、その実母も家族仲が悪いという話はなかったと話した。
ただ、誠さんを含む子供たちの就職のことで悩んでいるといった話はあったようだ。

あの夜、一体何があったのか。

唯一助かった邦彦さんによれば、和室で家族会議をしていた際、誰からともなく「もう、死のう」という話になったのだという。
そして、三男の誠さんが灯油のポリタンクを持ち込み、灯油を自らかぶり床にも撒き散らした後、火を放ったのだと証言した。
火は瞬く間に和室に燃え広がり、誠さんと友信さんと瑞穂さん、そして泉さんを飲み込んだ。邦彦さんも当初は一緒に死ぬつもりだったというが、咄嗟に恐怖心で窓を割って外へ出て助かったのだ。

現場で遺体となって発見された友信さん、瑞穂さん、泉さんには目立った外傷はなかったが、それぞれの体からも灯油の成分が出ていたこと、邦彦さんの証言などから、警察では高齢の祖母と出稼ぎ中の父親を除く家族5人が一家心中を試みたとした。

しかしこの一家を心中に駆り立てたのは一体なんだったのか。

【有料部分 目次】
 玄関先の遺書
 長男の事情
 取り立て
 裁判
 焔の正体

ある少年の死~明石市・日本刀重過失致死事件~

ある夜の夫婦喧嘩

明石市内の団地のとある一室。そこで暮らす夫婦が囲んでいた夕餉は、冷え切っていた。
妻は前々日に夫が出かけたゴルフに、女性が参加していたことを知って不機嫌だった。夫も、酒を飲んでいい気分で帰宅したのに、妻はふくれっ面のうえ、食べている途中でしょうが状態のおかずを下げられたことでイラついていた。

「言いたいことでもあるんなら言えや」

二人は口論となり、酔いも手伝ってか夫は「ぶっ殺してやる!」と椅子を蹴った。妻も怯まず、台所から文化包丁を持ち出し、その刃先を夫に向けた。 続きを読む ある少年の死~明石市・日本刀重過失致死事件~

背後に地獄を従えて~納涼・怖い事件事故特集~

“And I heard as it were the noise of thunder
One of the four beasts saying come and see
And I saw
And behold a white horse”

人を殺した人の枕元に、被害者が立つという話は昔から聞かれる話だ。
もちろん、自責の念や良心の呵責にさいなまれた挙句の幻だったり、本気の妄想の可能性もある。

また、殺人現場や遺体遺棄の現場となった場所に心霊現象が起こる、幽霊が出るという話もよくある。
有名どころでいえば、秋田の連続児童殺傷事件現場において、誰もいるはずのない屋内の窓のところに人影が写った写真があるとか、秩父にある貯水槽付近で奇怪な現象が起きていたところ、実はその貯水槽から殺害され遺棄された妊婦が発見されたという話。
いずれも真偽のほどは私にはわからないが、実際にあったとする事件を絡めた怪談というものは掃いて捨てるほどある。ただその多くは、裏取りしてもそもそも該当する事件がない、という結末である。 続きを読む 背後に地獄を従えて~納涼・怖い事件事故特集~

ボクは知らない〜巣鴨・子供置き去り事件〜

令和3年8月、滋賀県内で6歳の女児がジャングルジムから落ちて死亡するという痛ましい事故が起きた。
しかしその後、女児の体に100箇所に及ぶ殴打痕があったこと、事故直前の未明にその女児が少年に連れられてコンビニにいたことで通報されていた事実が判明。
調べた結果、女児は事故死ではなく、その少年に暴行されたことで死亡したと判明した。

その少年は、女児の17歳になる兄だった。

この事件が報じられると、その生育歴や母親の状況などから、今から30年ほど前に起きたとある事件と重なる、そんな声も聞かれた。

その事件は、昭和63年に発覚した。 続きを読む ボクは知らない〜巣鴨・子供置き去り事件〜