🔓悪意~相模原・小3女児暴行死事件~

平成11年2月26日午後4時30分

相模原市にある小学校の校庭で、少女が運動場のトラックを走っていた。
放課後の、人影もまばらな校庭を、もう、何週になるだろうか。時折、母親らしき女性や、同じ年頃の少女がその横を伴奏することはあったが、少女はひたすら走らされていた。

そのころ、帰宅した父親は家に家族が誰もいないことから、娘たちが通う小学校へと向かった。
時刻は午後6時、あたりはすっかり暗くなっていたが、少女はまだ、校庭を走っていた。
「またか。今度は何をやらかした?」
苦虫を噛み潰したような顔で父親は少女に近づいた。

事件概要

平成11年2月26日午後7時30分。相模原の消防署に119番通報が入った。相模原市横山台2丁目のその住宅では、畳の部屋に小学生くらいの女の子が仰向けに寝かされていたが、すでに呼吸をしていなかった。
救急搬送された先で懸命の治療が施されたが、翌27日の午後2時55分、女の子は息を引き取った。
死因は頭蓋内損傷。外からは大きな外傷が見当たらなかったが、急性硬膜下血腫、脳挫傷、くも膜下出血、びまん性脳腫脹、びまん性軸索損傷が発症していた。

警察は、対応した救急隊員らの話や、自宅にいた家族らの話から、女の子の父親で会社員の水野俊彦(仮名/当時36歳)を傷害致死の疑いで逮捕した。
亡くなったのは、俊彦の次女、永梨(えり)ちゃん(当時9歳)。
調べによると、日ごろから言うことを聞かないことがあった永梨ちゃんに対し、つねる、叩くなどの「しつけ」と称した体罰を与えていたといい、この日も反抗的な態度を示したことで俊彦が激高、永梨ちゃんを胸の高さまで抱き上げたところ、永梨ちゃんが暴れたために畳の上に落してしまったのだという。

永梨ちゃんはその時に頭を強く打ったとみられ、容体が急変、死亡した。

事件当時、家には母親と永梨ちゃんの一つ上の姉がいた。救急隊の質問に俊彦は答えることができず、母親が状況を説明していたという。
永梨ちゃんには、頭部の外傷のほかにも体にあざがあったことから、しつけと称する暴行は日常的に行われていた可能性もあった。
その一部始終を目撃していた母親と永梨ちゃんの一つ上の姉も、
「父親が永梨ちゃんを抱き上げ、そのまま手を離した」
という話をした。
さらに、一つ上の姉は、これまでにもしつけと称して抱き上げられては落とされるといったことを何十回もやられた、と話した。

家族らの証言や対応した救急隊員らの話から、父親である俊彦が永梨ちゃんと姉に行き過ぎた体罰を行った末の悲劇、そのような判断がなされたが、2か月後の4月20日、横浜地検は俊彦を処分保留で釈放する。

しかし、その1年後、横浜地検は俊彦を傷害致死容疑で起訴した。

【有料記事 目次】
・家族
・破られた連絡帳
・裁判
・懲役3年
・小さな悪意

はてしなく濃く、深く~宇佐市・知人男性殺害事件~

刑務所にて

「裁判員の人には感謝している。普通の人の感覚で質問してくれた。」

平成21年11月。読売新聞は大分刑務所で服役中の男に取材をしていた。
男は、大分県内初の裁判員裁判で懲役14年の実刑判決を受けていた。
「検察官とか、プロの人は決まりきった、慣れた聞き方しかせんでしょう。」
男はこの事件より前にも前科と裁判の経験があるため、検察官らの取り調べや法廷での質問がどんなものなのか知っていたのだ。

男は、知人男性を殺害した罪を背負っていた。
小さな田舎町の、どこまでも果てしなく深く、濃いその事件とは。 続きを読む はてしなく濃く、深く~宇佐市・知人男性殺害事件~

最悪~福井・26歳男性刺殺事件~

裸で逃げる女

福井署に一報が入ったのは、平成15年12月16日の午後7時半過ぎ。
通報があった福井市菅谷1丁目は川沿いの静かな住宅街で、その住宅街が騒然となっていた。

「裸の女の人が叫んでいる。何か追われているようだ。」

福井署員が現場に急行、あたりを捜索していると、冬の夜間だというのに玄関ドアが開きっぱなしになっている住宅を見つけた。
不審に思った署員が家の中を確認すると、そこには全裸の男性がメッタ刺しにされ息絶えている姿があった。

通報があった裸で追われる女と、それを追いかけていたという中年の男の姿はどこにもなかった。

続きを読む 最悪~福井・26歳男性刺殺事件~

有料記事購入の仕方および特定商取引法に基づく表記

有料記事の購入方法

【11月17日追記】
対応ブラウザについて
codocが対応するブラウザは、Chrome、Safari、Edgeとなっています。IEでは見られないという報告があります。PCでの閲覧はご注意ください。(Firefoxは見られました)
Edgeのインストールはこちら
GoogleChromeはこちら

PCとスマホで若干画面、支払い方法に違いはありますが、概ね以下の通りの手順で購入できます。

【前段階としてcodoc にて会員登録をしていただくとスムーズかつ便利に読んでいただけます(しなくても読めます)】

①該当記事を開いて、無料部分を読む(スクロールする)
②有料部分に差し掛かると、以下のような状態になります。

このような画面が出ます。青い部分をクリックすると、すでに会員登録がお済みの場合は以下のように画面が変わります。

会員登録が済んでいない場合は、この時点で
〇会員登録して購入、〇会員登録しないで購入、といった選択画面が現れますので、ご希望の購読方法を選択

③購入する場合は、「決済」ボタンをクリック

④スマホからの決済の場合は、クレジットカードのほかにApplepayも選択可能です
※codoc社によれば、デビットカードならびに各種プリペイドカードも使用可能とのことです。

⑤支払方法を選択し、クレジットの場合はカードの番号などの必要事項を入力

決済が完了すると、そのまま同じ画面で有料部分の閲覧が可能となります。
また、登録されたメールアドレスにも有料記事が配信される仕組みになっています。

会員登録している場合、一度決済したら、画面を閉じても再びアクセスすれば全文読めるようになっています。
また、codocのダッシュボードからも購入記事一覧が検索できます。
購入の際も、会員登録をしておくといちいちカード番号やメルアドを登録する手間が省けます。
当然ながら、codocへの登録自体は無料です。

なお、codoc社が採用しているstripe社の決済システムは、AmazonやGoogleといった世界的な企業をはじめ、120か国の企業から個人事業者まで幅広く活用されている信頼できる決済システムですので、セキュリティ面でも安心してご利用いただけます。

ご不明な点は、jikencase1112@gmail.com までお問い合わせください。

特定商取引法に基づく表記

URL https://case1112.jp
E-mail jikencase1112@gmail.com
販売価格 150円~300円(税込)
送料 電子書籍による販売につき送料はかかりません
お支払方法 クレジットカード、ApplePay
商品代金以外の必要経費 インターネット利用のために必要な通信料
商品引き渡し時期 代金決済後
商品引き渡し方法

商品購入後、商品ページが表示されます
メールアドレスにも配信されます

不良品について 商品画面が開かないなどの不具合があった場合は、ご連絡いただければ該当記事をメールにてお送りいたします
返品について 商品の特性上、購入確定後の返品、返金はお受けできません

※上記以外の事項に関しましては、お取引の際に請求があれば遅滞なく提示いたします。

 

【重要】記事一部有料化のお知らせ

記事一部有料化のお知らせ

いつも「事件備忘録」を楽しみにしてくださっているみなさま、ありがとうございます。

開設当初から、すべての記事を無料にて読んでいただいておりましたが、諸事情ありまして、一部記事(過去記事含む)を有料化することにいたしました。

私は過去にも、記事の有料化だけはしない、したくないと言ってきました。その思いは今もあります。
そこでGoogleアドセンスのアカウントを取得し、微々たるものではあるものの、読者の方のご負担なしで収益化が出来ていたのですが、ここへきてこのサイトのコンテンツそのものがGoogleアドセンスのポリシーに沿っていない、ひいては、広告主様への背徳行為といいますか、看過できない事態になってしまいました。

私としては、決して犯罪を助長したり、子供が犠牲になる事件を面白おかしく、PV集めのために利用することは一切ないと断言できるものの、やはり記事を事実の通りまじめに書こうと思えば思うほど、Googleアドセンスのポリシー違反である「衝撃的なコンテンツ」になってしまいます。
内容をしっかり読んでもらえれば、そういったサイトではないとわかると思っていますが、それでも現時点で事件備忘録内の多くのページが「ポリシー違反」と判断されています。

一方で、このサイトでアドセンスのアカウントを取得した際、審査に通っているわけで、その際の記事はコンクリ事件の記事でした…なぜ通った?
アカウントを取得したのが3年ほど前になるので、そのころと今とではポリシーの定義も変わったのかもしれません。
事件や事故をメインコンテンツに据えることはやめたほうがいい、という意見も随所で見られました。

ここ数日本当に熱が出るんかと思うほど悩んだのですが、結論として個別に記事を有料化する、という判断に至りました。
言うてること違うやんけーー、とお思いの方もおられると思います。申し訳ありません。
ただ、記事を作成するにあたってどうしても経費は発生しており、それがいつしか個人のお小遣いでまかなえるレベルを超えていました。そこで、OFUSE機能をつけてみたり、noteへの移行を考えたりしていたのですが、いろんな角度から考えて、優先順位を考えて、このままの形(サイトの形も変えない)でサイトは存続させ、過去記事も含め今後公開する記事の一部を途中から有料化する、これが一番バランスが良いのでは、と考えました。

手続等に時間を要するため、本格的な以降は11月1日からと考えています。
もしも過去記事でまだ読めてないものがある場合はどうぞお早めに。すべてではないですが、過去記事も文字数が多いもの、経費がかかっているものは有料化の予定です。

もちろん、これまで通り無料で全文読んでいただける記事もペースを落とすことなくアップしていく予定なので、かえってサイト自体は充実すると思います。
今まで取り上げるには文字数が足りないな、と思って後回しにしてきた事件や、資料が少なすぎて保留になってる事件なども、無料記事としてアップできると思います。

いろいろと言い訳を並べましたが、ようはGoogleアドセンスが停止し、1円も入らないとなるとこれ以上記事を書き続けることが難しい、そこが一番の理由です。

変更後はなにかとご不便をおかけすることもあろうかと思いますが、なにとぞよろしくお願いいたします。

事件備忘録@中の人