誤算~赤穂・祖父母殺害事件~

平成28年2月5日午後1時過ぎ

兵庫県佐用町の土木建設会社。
社長の携帯に、従業員の男性から電話がかかってきた。
電話の主は、1年前に高卒で就職してきた19歳の男性社員。社長はその男性社員のことをとある事情からいつも気にかけていた。

「祖父が透析治療に行ってないと母から連絡が来ました。会社の車で家に戻っていいですか?」

男性社員の家庭の事情を知る社長は快くそれを了承した。若いのに、まじめで家族思いの男性社員。ある時は、夜通し病弱な祖父の背中をさすっていたと聞く。社長はいつも感心して見ていた。

しかしその時、すでにその男性社員の手は、夥しい血で染まっていた。

事件

平成28年2月5日午後1時25分頃、兵庫県赤穂市西有年の民家で、その家で暮らしていた夫婦が血まみれで倒れていると、仕事先から戻った同居する孫の男性が110番通報した。
警察官が駆け付けたところ、家の中のリビングで、普段着姿の初老の男女二人が倒れており、すでに死亡していた。

亡くなっていたのは、豊住信夫さん(当時69歳)と、妻の初美さん(当時64歳)で、いずれも死後数日内、と見られた。
ふたりにはそれぞれ頭部や胸、背中などに刺し傷や切り傷があり、部屋には荒らされたような跡もあった。玄関や勝手口もカギは開いたままだった。

第一発見者で通報者でもある孫の男性によれば、信夫さんは週に3回透析のため病院に通っていたといい、その日、信夫さんが透析に現れないことから病院が親族に連絡、その親族を通じて、同居する孫の男性に連絡がきたということだった。
孫はその日朝から出勤しており、その電話を受けて自宅へ戻ったところ、倒れている祖父母を発見した、という話だった。

捜査本部では、強盗ではなくトラブルの可能性が強いとみて、信夫さん、初美さんの交友関係やトラブルがなかったかなどを重点的に捜査していたが、6日になって、孫の男性がふたりを殺害したことを認めたとして殺人容疑でその孫を逮捕したと発表した。

逮捕されたのは、信夫さん夫婦の娘の子であるA少年(当時19歳)。
Aは、2月3日午後3時以降、発見される5日の午後1時25分までの間に何らかの方法で信夫さん夫婦を殺害したとみられた。
その後、本人が「3日の夜に頭などを殴った」「3日の夜から外出して家に戻っていない」と話していたことから、夫婦は3日の午後3時以降その夜にかけて殺害されたとした。

山間の静かな集落で起きた凄惨な老夫婦殺害。その犯人は、まさかの「心優しき孫」だった。

少年

この事件が報道された際、多くの人が疑問に思ったのが、祖父母と10代の孫、というこの家族構成だった。
この孫のことを、仮に「亮太」と呼ぼう。亮太はこの赤穂で生まれ育ったわけではなく、さらにこの祖父母とも、一緒に暮らしたことがあったわけではなかった。

亮太は両親と関東地方で暮らしていたが、その生い立ちは少々複雑だった。
5歳の時に実の両親が離婚しているが、亮太には父親の違う兄がふたり、弟が一人という4人兄弟の中で育った。
中学の頃はクラスのムードメーカー的な存在であり、学業もそこそこ優秀、剣道部に所属してそれなりに青春を謳歌していた。
友達もおり、表向きは特に問題などないように見えていた。

群馬県内の高校に進学した亮太だったが、入学直後、
「兵庫の山奥のじいちゃんばあちゃんのところへ行くことになった」
と、突然転校していってしまう。
周囲には、祖父母の家を継ぐため、と話していたというが、急な話だったようだ。

赤穂に来てからは、県立高校へ編入、成績も優秀で、中学から続けていた剣道部にも入部した。
放課後には友人らと遊ぶこともあり、本人も周囲になじみ、むしろ群馬にいた頃より充実しているような生活ぶりだったという。

高校を卒業後は、学校推薦で地元の土木建設会社へ就職。同居する祖父が現場監督の職に就いていたこともあり、「じいちゃんみたいな立派な監督になりたい」と勤務先の社長らに話していた。
勤務態度は今時珍しいほどまじめで、社長はじめ社員らからも信頼され、将来も期待されていたという。

ただ、同居の祖父が透析治療を行わなければならない体だったことで、亮太が仕事のほかに介護や地域の行事ごとに祖父の代わりに出席しているということに、会社の社長らは感心すると同時に「無理をしなければいいが」といった懸念も抱いていた。

当の亮太は、疲れを見せることはあったというが、特に愚痴をこぼすこともなく、祖父母を連れてスーパーへ行ったり、農作業を手伝うなど、周囲からは献身的な孫として賞賛に値するレベルと評価されていたようだ。

しかし、亮太は1年もたたない間に、心に蠢く闇を増大させていた。

その日

事件が発覚した日は、冒頭の通り亮太は朝から普通にに出勤していた。
しかし、実はその時点ですでに祖父母を殺害していたことになるわけだが、いったいこの心優しき少年になにがあったのか。

亮太は就職して以降、月16万円あったという給与のうち、11万円を自分の生活費込みで信夫さんに渡し、残りの5万円は亮太名義の口座に貯金していた。
渡した11万円の生活費の中から、亮太は1万円だけ受け取って小遣いにしていたという。

どういった経緯でそのような取り決めになったかは不明だが、常識的に考えて19歳の男性が月に1万円の小遣いしか渡されないというのはいささか不憫に思える。
通常、社会人一年目の人が家計に入れる金額といえば、食費や光熱費代として3万円から5万円、といったところではないだろうか。
もちろん、家庭によってはすべてを両親に渡したうえで、その中から小遣いをもらう、という人もいるだろうが、それにしても月に1万円、というのでは友人らと出かけることもままならなかったはずだ。

亮太は祖父母殺害の動機として、まさにこの点を挙げていた。

「自由に使える金が欲しかった」

亮太と信夫さん、初美さん夫妻は、祖父母と孫、という関係ではあったが、同居するに際して養子縁組を行っていた。孫ではあるが、戸籍上は子供という扱いになったのだ。
これが意味するものはいろいろあろうが、この前提がある以上、普通の孫と祖父母の関係とは違っていたわけだ。

子供であれば、同居する親を扶養するということはあるわけで、たしかに上記のような家計の成り立ちも全く理解できないとは言えない。
しかし、それはあくまで亮太本人が十分に納得していて初めて成り立つことであり、今回亮太はそれを不満に思っていた、いや、正しくは思うようになっていったのだ。

平成28年の1月頃、亮太がインフルエンザに罹患したこともあり、20日間にわたって会社を休んだことがあった。
それを境に、亮太の心の闇はどんどん急速に肥大していったと思われる。

その日、仕事を終えた亮太はそのまま一人でボウリングを楽しみ、友人にLINEで205点というスコアの写真と、自分専用のボールを購入したことを知らせるメッセージを送っていた。
その後自宅に戻り夕食を信夫さんらと囲み、皿洗いを終えた後に信夫さんらを殺害している。
この時何が家族の間に起きたのか。

亮太は、小遣いが減り、追加を祖父母に頼もうと考えたものの、小言を言われることが煩わしく言い出せなかったと話した。
そのうえで、もとはといえば自分が稼いだ金であり、なぜそれを引き出すのにいちいち小言を言われなければならないのかと考えるうちに、殺してしまえばいい、と思うようになった、とも述べた。

一旦自室に戻った亮太は、8時21分、再び祖父母がいる居間へと戻った。
その手に、石頭ハンマーを握り締めて。

世間の同情

結果として二人の高齢の男女、しかも血縁にある祖父母を殺害した少年事件として、世間には衝撃をもたらした。

一方で、その祖父母と10代の孫の生活、というものに対してもそうだが、時間が経つにつれ亮太と祖父母の生活の実態が少しずつ明らかになっていくと、世間は亮太に同情し始めた。

先にも述べたとおり、亮太は決して恵まれた幼少期は送っていない。実母との関係も希薄で、その後同居した実母の内縁の夫との折り合いも悪かったという。
虐待も受け、周囲に相談することもできないまま、表向きは友達にも恵まれたどこにでもいる少年として亮太は成長したが、突然、祖父母の養子になることが決まった。

表向きは「祖父母(実母の実家)の跡を継ぐため」だったが、実際は実母が生活に困窮したことが原因だった。
なぜ養子縁組まで行ったのかは定かではないが、おそらく亮太の知らないところで、信夫さん夫婦と実母の間で勝手に話がまとめられたのだろうと思われる。
亮太が高校卒業後は群馬に戻ることを考えていたということからも、もしかしたら亮太は養子縁組の意味もよくわかっていなかったのではないかとすら思える。

時代錯誤というか、あまりにも子供の気持ちを無視したこの取り決めも、世間の同情を誘った。

裁判でもこの一連の亮太に対する周囲の大人らがした扱いについては、同情に値する部分として認定されているが、それにしてもだからって突然殺すか??という感情は否めない。
最近でも、20歳代の孫にあたる女性が、たったひとりで祖母の介護を押し付けられ、仕事と介護、加えて周囲の理解のなさ、そして被介護者である祖母の心ない言葉などで限界を超え、祖母を殺害したという事件があったが、それとは本質的に違うような印象がある。

確かに、若い世代の孫である点、周囲の親族(信夫さんらの実子含む)が夫婦と距離を置いていた点、たった一人が担っていた点などは共通点だ。
しかし、信夫さんは透析の必要はあったものの、認知症や寝たきりといった重度の要介護者ではなかったし、妻の初美さんは体調を崩すことはあってもそこまでではなかった。
週3回の透析にはヘルパーが付き添っており、その都度亮太がつきっきりだったというわけでもない。

それでも亮太を知る会社の社長らは、皆亮太の苦しみ、悩みに気付いてやれなかったと嘆き、このような事件を「起こさざるを得なかった」として、亮太の心を思いやった。

しかし、亮太は取り調べに対しても、裁判でも、
「遊ぶ金が欲しかった。」
と述べ、介護が辛かった、という話はしていなかった。

甘え

当初検察は、信夫さんが管理していた通帳から現金を引き出していることから、強盗殺人も視野に入れていたというが、結局は殺人での起訴となった。
しかし裁判で検察は、動機に関し「被害者両名の生命と遊興費などを天秤にかけ後者を優先した」などとしていて、亮太の犯行を利欲的犯行として強調していた。

たしかに、世間が思っていたような「介護をたった一人に押し付けられた末の」というケースとは色合いが違う事件ではあった。

月1万円の小遣い、というパワーワードが独り歩きした部分もあったが、実際には生活費として信夫さんに渡していた11万円の中から足らない部分は出す、ということはあったという。ようは、その11万円は信夫さん夫妻と亮太3人のもろもろの生活費だった。
一部報道であったような、すべてを取り上げて信夫さん夫妻が好きに使っていた、という質のものではなかった。

また、そもそも亮太が信夫さん夫妻のところに来たのは、実母の生活苦のためだったわけで、信夫さん夫妻は高校3年間は少なくとも亮太にバイトをさせて稼がせたりもしていないし、就職に際し必要な車の免許取得費用、ならびに自動車購入費用も信夫さん夫妻が出していたという話がある。
自然に考えても、生活苦の実母がその費用を出したとは思えないし、亮太自身、3年間の高校生生活は非常に充実し、楽しかったと話していることを考えると、亮太がその費用を工面するためにバイトに明け暮れたという風には思えない。
やはり、免許取得と自動車購入費用は信夫さん夫妻が捻出したと考えるのが自然だろう。

ただ、信人さんと亮太の関係は、周りが思っているようなものとは少し違っていた。
亮太は会社の同僚や社長に対し、じいちゃんを尊敬している、体が良くないから辛そうなときは寝ずに背中をさすっているなどと話していて、誰が聞いても祖父母思いの少年であり、祖父母との関係は良好に違いないと思っていた。
しかし実際は、信夫さんとの関係は良くなかった。

信夫さんは週に3回の透析が必要な身でありながら、たびたび医者の言いつけを守らず体を壊すことがあった。
その都度、看病し、余計な通院でかさんだ通院費を支払うのは結果的に亮太だった。

先ほどの11万円の生活費についても、事件が起こる直前にはその意味合いが変わっても来ていた。
夏ごろから度々、亮太が入れたその11万円が、信夫さんと初美さんの個人的なクレジットカードの支払い等に充当されるようになったという。
信夫さん夫妻には年金収入はあったが、12月に支払ったクレジットカードの代金は20万円を超え、ふたりの年金額と照らし合わせて考えた際、最初から亮太の給与を見込んだうえでのクレジットカード決済だったと思われた。
これは、表向きはあくまでも信夫さん夫妻の亮太に対する「借金」だったという。しかし、夫妻の年金額ではそもそも返済も難しく、信夫さんの中で亮太に対する甘えのようなものがあったのは否めない。

12月には亮太は会社からボーナスの支給も受けた。額は定かではないが、おそらく月給の一か月分程度だと思われ、それの半分を生活費に、残りは亮太の取り分だったというが、この時にもエピソードがある。

信夫さんはその日、亮太を外食に誘ったという。これは別にどうという話ではないが、信夫さんはボーナスのうち亮太の取り分を「使って」外食しようと持ち掛けた。
ものすごく、いやらしい。なんと表現すればいいのだろう、ズルいというのとも違う、もっとじめじめしたものを感じる。
亮太もさすがにドン引きしたのか、とっさに友人と約束があると言ってその申し出を断ったという。

亮太の欠勤が目立ち始めたのは、この後である。

インフルエンザに罹患したこともあったが、それでも連続して20日も欠勤し、さすがに社長が心配して様子を見に家に来たという。
その際には、信夫さんが「自分が孫に迷惑をかけている、申し訳ない」と謝罪していたというが、信夫さんは亮太に対しては「仕事に行け」と叱責していた。

信夫さんが仕事に行けと言ったのは、もちろん社長に迷惑をかけてはいけないという意味合いもあったろうが、それ以上に、亮太の給与をあてにしていた。

信夫さん夫妻には亮太の実母以外にも子供がいたというが、彼らは信夫さん夫妻と距離を置いていたという。そのあたりにも、なにかこの事件の本質部分が隠されているような気もする。

自由

亮太は無期懲役を求刑されたが、神戸地方裁判所姫路支部は、懲役10年以上15年以下の不定期刑の判決を出した。
検察側が強い言葉で亮太の動機を身勝手だと批難したが、そもそも亮太が自由に使える金を得るためとはいえ、その原資は亮太自身が稼いだ給与だ。単に管理を信夫さんがしていたというだけで、身勝手だと糾弾するのはためらわれる、とした。

また、強盗殺人ではなく殺人での起訴であるにもかかわらず、ことさらにその金目当て、という部分を強調することは実質強盗殺人で処罰することになりかねず、相当ではないという判断もあった。

そのうえで、犯行の結果は重大だとしながらも更生が期待できるとして、無期懲役に比べれば大幅に軽いといえる10年以上15年以下の不定形を言い渡したのだ。

結果として亮太の生い立ちや信夫さん方での生活状況が大きく情状酌量されたと思われるが、それでも謎は残る。
信夫さん夫妻が亮太に依存していたのは紛れもない事実だろう。高校を卒業した後は群馬に戻ろうと考えていたのを阻止したのは信夫さんだった。自身の体調不良を盾に、亮太を手放さなかったという。免許費用や自動車購入費用を信夫さんらが工面したのも、もしかしたら「アメ」のつもりだったのかもしれない。

一方で、亮太には小学生の頃から「万引き」をはじめとした問題行動があったという。
しかし赤穂へきて以降、その問題行動がぴたりと止んだというのだ。
亮太にとっても、高校3年間は非常に充実した楽しい3年間だったというし、少なくともこの頃の亮太は大きな不満もなかったのではないか。

社会人になっても、亮太は祖父母を支えるつもりはあったと思われる。
しかし、信夫さんは距離感を見失ってしまった。孫の尽力、献身が、いつの日か当たり前になってしまった。亮太も、それがなんだかおかしいぞ、と気づいた時には、もう言い出せないほどの既成事実が積みあがっていた。

1月のインフルエンザでの病欠は、実は詐病の可能性が高いのだという。その間、亮太と遊びに出かけた友人の存在もあった。信夫さんが叱責したのには、そのあたりのこともあったのかもしれない。

祖母の初美さんとの関係は、むしろ良好だったという。亮太が持って出る弁当は、初美さんが作ってくれていた。一部では、亮太が渡したお金の一部を、亮太名義の口座で初美さんがためていたという話もあったが、事件後亮太が持ち出した口座の残高はほとんどなかったという。

信夫さんの頭部と胸を石頭ハンマーで叩いた後、驚いて立ちすくむ初美さんに迫った。
向かってくる亮太に対し、初美さんは「あかん!あかん!」といって手で制しようとしていた。
亮太はそれを無視し、石頭ハンマーを初美さんの頭部に振り下ろし、頭を割られて壁にもたれるように崩れ落ちた初美さんが生きていることを確認すると、とどめを刺すために初美さんの首を何度も切り付けた。

Googleストリートビューでは、平成25年時点の信夫さん方を見ることができる。この時すでに亮太はこの家で暮らしており、楽しい高校生生活を送っていたと思われる。
家庭菜園が趣味だったという初美さんの後姿が悲しい。

自分の金を自由に使いたい。亮太がそれを思いついてから、わずか3時間での出来事だった。

亮太はそのまま家を出ると、車でカラオケボックスへ行き、一人カラオケをした。
わずかな、自由なひと時を楽しんだのか。いずれ来る長い孤独な生活を見越してのことだったのか。
亮太はその後家には戻らず、車中泊をしながら2月5日にようやく家へと戻り、そして、第一発見者を装った。

事件後、亮太の実母がその更生に尽力すると誓約したという。

なにもかも、遅すぎた。

*********************

参考文献
産経新聞社 平成28年2月6日大阪朝刊、2月8日、10月19日
読売新聞社 平成28年2月6日大阪朝刊、3月23日大阪朝刊
朝日新聞社 平成28年2月6日大阪夕刊
毎日新聞社 平成28年2月7日大阪夕刊

<赤穂夫婦殺人>19歳「給料全額渡して小遣いは月1万円」毎日新聞社 平成28年2月7日21時9分配信

参考サイト
凶行後「1人カラオケ」で〝自由〟実感? 祖父母殺害の19歳少年…献身介護でため込んだ「激情」

平成28年10月19日/神戸地方裁判所姫路支部/刑事部/判決
平成28年(わ)183号

D1-Law 第一法規法情報総合データベース