🔓町田DV殺人事件

平成19年5月6日。

町田市森野2丁目のとある2階建てアパートの一室で、結婚間もない夫婦が暮らしていた。
当時34歳の夫・仁志は、健康食品会社に勤務しており、28歳の妻は細身の美人で福島の出身だった。 何の変哲もない、ごくごく普通の若い新婚夫婦に見えたが、妻はその外見からは想像がつかない一面を持っていたという。
入籍からわずか3か月後のこの日、夫は妻の細い首に手をかけ、そのまま殺害してしまった。 犯行後、夫は冷静に知人に事の顛末を電話し、さらには予定していた新婚旅行と挙式のキャンセルを業者に伝え、自身は自宅の外で警察官の到着を待ったという。 計画的に見えるこの殺人事件。この夫婦に何があったのか。

出会いと、妻の抱える病

仁志が妻と出会ったのは平成18年の夏。たまたま居合わせた居酒屋で、彼女の方が声をかけてきた。
可愛らしい顔立ちに惹かれた仁志は、電話番号を交換し後日デートをする。そして、その後すぐに同棲をはじめ、翌平成19年の2月には入籍まで済ませるほどの早い展開だった。

結婚を強く望んだのも妻の方であった。当初から仁志に対して強い愛情を示していた妻だったが、そのうち異様な側面を見せ始める。
「最初は普通の人だった」 とは、夫・仁志の弁である。若く可愛い妻は、かねてより仁志のことを知りたがり、常に一緒にいたいという考えを持っていたが、それらは女性にありがちな甘え願望によるものであり、すべては愛情がさせていることだと思っていた。
過去に付き合っていた女性のこともひどく気にし、卒業アルバムなどで顔と名前を確認したりもしていたが、それらもやきもちの一種とも思えた。

しかし、だんだんと妻は理解しがたい言動を見せるるようになる。 ほんの些細なことでスイッチが入り、途端に不機嫌になり怒り始めるのだった。
理由は様々だったが、「部屋が寒い」「会話が減った」「メールの返信に絵文字がない」といった、他人には到底はかりようのない彼女の基準によるものだった。
その感情の振れ幅は次第に大きくなり、部屋中のものを投げつけたり、家具を壊す、押さえつけなければならないほどに暴れる、果ては自傷行為にまで及んだ。 夫・仁志は当初知識もなかったため、とにかく抱きすくめて妻の感情が静まるのを待つほかなかったが、妻が「パニック障害」を持っていることを打ち明ける。そこで初めて、妻の病を知ることとなったのだ。

しかし、妻が抱えていたものは、「パニック障害」だけではなかった。

「🔓町田DV殺人事件」への6件のフィードバック

  1. 亡くなったDVの妻は今で言う「メンヘラ」「ヤンデレ」「サイコパス」とう人だったのでしょうか。
    下手したらこの奥さん、生きてたら殺人か障害事件を起こしてたかもしれませんね。
    加害者である旦那さん、「正義の殺人」をしたのですね。
    この3人の夫は本当に可哀想です。
    どうか事件後は幸せに生きて欲しいですね。

    1. 目がミケミケする さま
      コメントありがとうございます

      そうですね、この奥さんはメンヘラ、でしょうか今で言うところの。
      実際には境界性パーソナリティ障害となっていますので、サイコパスとはまた違うと思われます。

      どんな理由があっても殺人は正当化されませんが、奥さんの家族がしっかり現実を受け止めていれば、結果は違っていたのかなと思うと残念ですね。

  2. うーん。単なるDVの事件なのかな?という気がします。

    妻というかその家族は問題があるのかなと感じます。

    高校中退も気になります。理由はなんだったのだろうな?病気のせい?

    妻の家族は仁志と結婚するとなった時、ちゃんと話しはしたのかな?仮に娘が全く悪くないと思っていたら「しっかりやってくれよ!今までの奴らは全然駄目だったから」位の事は言うだろうな。

    仁志は「やるしかなかった」というのは、本当にそう思います。

    自分ならどうするか?デカいので押さえつける自信はあります。それで解決はしないですが。殺せるかな?他人を巻き込むのであればあるいは。

    口が上手いのは、頭がいいだけでは、と好意的に考えておきます。一応。

    所で、月2万で25年で600万。安いのか高いのか。なぜ600万なのか?

    1. ひめじの さま
      いつもありがとうございます!
      悪く言いたくはありませんが、妻の家族の罪は大きいと思っています。
      前科の件も、実家での大暴れの件も、言わなかったと言うより隠していたと思います。

      今の時代にこの裁判があったとしたら、違った結果になっていたでしょうね。

      仁志は抱きすくめて何とかしようとしたそうです。ぶっ叩いてとか、思いもつかなかったんでしょうね。

      最後の私の文章は非常に賛否がありまして(笑)
      ただ、ほんとにゾッとしたんですよね、仁志に同情しまくってましたから。
      口がうまい、というのは職業上でのこと、と私も思ってますが、もし語られていないなにかがあるとしたら、とふと、考えることもあります。

  3. 全記事楽しく拝見させていただいてます。
    今でこそ「メンヘラ」といえば大体の人に通じる共通語になりましたが、この時代ではなかなか理解されなく治療法も少なかったのかもしれませんね。

    多くの若い「メンヘラ女性」は、この被害者と同じボーダーを患っていて交際相手と毎度毎度共依存に陥るので、加害者の発言が丸々、口のうまさから出た作り話とは私には思えませんでした…。
    私自身も過去ボーダーを患っていて、相手を傷つけるほど重度のものではなかったものの、狂言に使えるなら自分の心身を傷つけることも厭わない感じでしたので(お恥ずかしい話です)
    でも、メンヘラを甘やかす、好かれやすい男性というのは何らかの被害を被る運命から逃れられない気もします。

    突然のコメントすみません。いつも記事楽しく拝見しておりますので、今後のご更新も期待しております!

    1. W さま
      コメントありがとうございます。被害者が持っていた障害を私よりも深く理解されている方からのコメント、非常にありがたいです。お辛いことも多いでしょうに、ありがたいなどと言ってよいのかわかりませんが…
      運命から逃れられないという一文にハッとしました。
      私も、この加害者と被害者は、出会ってはいけないタイプの組み合わせだと思っていたのですが、それは違う見方をすれば、その二人が出会ってしまったのはそれもまた運命と呼べるのかもしれないと思いました。
      うーん、こういうコメントをいただくとすごくこのサイトやっててよかったと思ったりします(笑)
      更新は遅めですが、気長にお付き合いいただけると嬉しいです。ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です